DSC_0688_R
8007側が倉に突っ込まれ、SIV設置作業中??

いよいよジャカルタの鉄道を巡るネタも枯渇が酷い(しかも天気が最悪・・・)ですので、1ヵ月弱しか経っていませんが、再びデポック電車区ウォッチングをしてきました。この1ヵ月、デポック電車区では東急8500及びメトロ東葉5000/1000の廃車回送準備と東急8500系8604Fの増結用4連(8007-8008)の復旧作業が同時並行的に続いており、目が離せない状況にはなっていましたが、結局、月末までにどちらも動きが見えませんでした・・・。





1ヵ月前の様子はこちらから

月末までには何らかの動きが出てくるだろうというのが、大方の現地鉄の予想でしたが、結局、工場機能のロックダウンが大きい(というか作業者やその家族にも相当数の陽性反応者が出ている模様)ようで、車輪交換もそうですが、一気にスピードダウンしてしまった感があります。特に、去る7月27日には5月に就任したばかりのKCI新社長、Mukti Jauhari氏がコロナ感染で亡くなられており、社内的にもかなり大変な状況なのではないかと思われます。

WhatsApp Image 2021-07-01 at 14.12.31
Innalilahi wa innailaihi roji'uun・・・

E43WinVUUAELdLN
先日空港線会社Railinkにお伺いしたときは異動直後で社長室もそのまま
残っており、是非ジュアンダ本社でと思っていたのですが、叶わずに終わってしまいました

KAIディディック-KCIムクティ(慣例からすると、ディディック氏はKCIの監査役員になっているはずです)新体制で、アフターコロナに向けていよいよ動き出すという頃合いだったにも関わらず、残念な限りです。来年からの車両調達等に影響が出なければ良いのですが・・・。ご冥福をお祈りいたします。

さて、先に動きが無いとネタバレしてしまっているのですが、とりあえず手前の橋から見ていきましょう。

DSC_0608_R
全ての廃回対象車は4両ずつに分割され、運転台が中央を
向くように配置されています

先月の時点で、ほぼ4両ずつに組み替えられていた廃車車両ですが、さらに整理が進み、廃車置き場の一番端の2線に集約されました。1080Fが半分に分割され、運転台を向かい合わせにして留置中。一番奥は1090Fの4両と8608Fの4両。

DSC_0623_R
反対側。8829という車番が読み取れましたので、
やはり8608Fですね

DSC_0629_R
ブルーシートに覆われた8612も見える位置に戻ってきましたね

脱線事故当該の8612号は運転台側の連結器が機能しないでしょうから、変則的に8608Fの4両の反対側に連結されています。それと向かい合わせに8612Fの残りが続きます。緩急車と牽引罐が到着次第、いつでも発送出来そうな気配ですが、非常用の鎖の溶接されていませんので不要不急と判断され、しばらく留置が続くのかもしれません。

DSC_0634_R
これも向かい合わせでの留置になってしまいましたが、
あくまでも休車

ちなみに、前回、6108Fと連結する形で構内移動していた6126Fの2両は編成からバラされて、こんな位置に止まっていますね。05-112F、05-105Fと同じく休車状態の05系に囲まれています。というか、05-112F、先月までサークルPで動いていましたが、いつのまにかまた休車になってしまったのですね・・・。7月上旬現在のプリオク線運用は7123F,05-104F,05-110Fとなっています。

DSC_0689_R
第二の橋へ

大きな変化も無いのでさっさと第二の橋へ。大ネタは8007-8008で、冒頭でお伝えした通りです。細帯の姿のご尊顔を拝めただけでも良しとしましょう。願わくば、構内入れ替えでもあればよかったのですが、パンタも下がっており、まだ通電出来る状態ではないのでしょう。せめての動きは車輪限度値割れで暫定10連化中のM65編成、このところ運用に入っていなかったのですが、ちょうど車輪削正に入りました。

DSC_0703_R
削正線に入るM65
奥のモーターカーの後ろには全検入場中のハエ24が
既に新塗装化され繋がっています(長さからして10連??)

DSC_0668_R
ヤード側
東急がポツンと1両だけ

廃車編成の話に戻しますが、実は洗浄線に1090Fのうちの4両と思われる車両が入っていました。撮りようがない(裏まで行く気がしない)ので、割愛しますが、それに加えてヤード内には忘れ去られたように1両の8500系が。おそらく、12連化の際に余剰となった8607Fの一部で、残り3両がBalaiyasa Manggaraiに留置されており、これの到着をまって、ようやく配給用の4連に組成されると思われます。となると、まずはマンガライからの配給の設定が、廃車回送開始へのゴーサインとなるのかもしれません。この配給、日中に設定されたら良いのですが・・・。

◆いつもご覧いただきましてありがとうございます◆
ブログの継続運営の為、TETSUDO.COMバナークリックにご協力お願いします!!
鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット