8003F SF12
前代未聞の8000系12連
Foto:Mas Andi

8月3日、8003Fが8007Fから中間車4両を組み込んだ12連で試運転を実施しました。運転報ではDepok~Manggarai~Bogor~Depok間でしたが、Manggaraiでの信号トラブルもあり、Depok~Manggaraiの往復のみの施行でした。画像はいつもお世話になっておりますAndi様からの頂き物です。このところ、業務多忙に付き、個人的に全くレポート出来ておりませんで、恐縮です。さて、8000/8500の10連化or12連化の動きは、実は前々から噂されていたもので、1000、5000が終われば次はいよいよ東急車か!といった状況でした。さらにおあつらえ向きにも、HBを8610Fに譲り、休車状態だった8007Fは増結用タネ車として最適。そして、案の定それを活用する形で、8M4T組成で12連化されました。
8003F
特に意味もないですが、後追い
Foto:Mas Andi

しかし、電装解除された2両も、床下機器は付いたままで、さらにパンタも上がっている状態で、一見すると10M2Tというトンでも編成になっているのですが、確認したところ2両は機器をぶら下げたまま、Mカットにしているようです。新たな編成は以下の通り。

◆8003Fの12連化:8003,8202,8104,8832,8735,8204,8108,8263,8142,8213,8103,8004
8204,8108:Mカットされている車両。

いやいや、しかしまさか12連にするとは思いませんでした。8007Fをバラして、4本分に分け、10連を増やすとばかり思っていました。というのも、年末までにTangerang線も10連化するとか言い出していますので、4本用意できればちょうど良い計算なわけで・・・。ただ、もう12連化されてしまったのですから、今更さらに組み替えるとも思えず、一体どうするのでしょうか。まあ少なくとも、残りの8007F4両は8500のいずれかと組み、12連はもう1本出来ますので、それと2017年度第3陣の6000系2本と合わせて、Tangerangに4本分捻出する腹積もりでしょうか。しかし、それではBogor線の10連がいつまでたっても増えないんですけど・・・。

ともあれ、8000系列の12連化が可能、ということがわかれば、12両編成にご執心のファディラ社長からの東急車追加譲渡のGoサインも出るということなのでしょうか??