DSC_0265_R
なんと、こちらも暫定10連化

7月上旬頃から、武蔵野線205系M62編成が車輪限度値割れの為、暫定10連化されています。欠車したのはMM’397で8M2T化されています。自動的にMT比こそ下がったもののハイパワー編成であることに変わりはありません。こうなると、やはり気になるのが、同時に暫定8連化されているM52編成との関係です。また、これにより、メルヘン顔の12連が一時的に全て消滅したことになります。





果たして組み換えは発生するか?

既報の通り、6月中旬からM52編成も暫定8連化されており、10M2T組成を解消するにはまたとない機会です。これで何ら動きが発生しないとなれば、もはやKCIはMT比など考慮していないということになります。6ドア4両も解消したくらいですから、やるとは思うんですけどねぇ。

DSC_0267_R
シングルアームのMM'399を抜き取ればスッキリしますが

暫定組成は以下の通り。
◆M62編成の暫定10連化
・204-146, 204-399, 205-399, 204-400, 205-400, 204-396, 205-396, 204-395, 205-395, 205-146

なお、欠車したのはMG付きのユニットですので仮にこのままM52編成の中間クハを組み込んだ場合、MGが不足してしまいます。よって、組み替える際には欠車したMM’397とクハ205/204-149を挿入する代わりにMGの無いユニット(MM’399又はMM’396)を抜き取ることになるのでしょう。

まあ、こんな予想をすると、ことごとく外れますので期待しないで待ちましょう。と、言うか暫定組成増えすぎでしょう・・・。本当に工場業務がオーバーホール他の定期検査機能を除いて停止してしまっている印象ですね。レッドゾーン指定されたとかしないとかいう話ですが、大丈夫なんでしょうか。もう電車ごと一旦止めて、ロックダウンにするしかないような気もしますが。それでも大統領は意地でも平常通り走らせろ!!と言うんでしょうけど。もはや精神論の世界になってきましたね。

◆いつもご覧いただきありがとうございます◆
読み終わりましたらTETSUDO.COMバナークリックのクリックをお願いします
鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット