DSC_0312_R
満を持して登場したメラプティラッピング

シーズンごとのお楽しみとなりつつあるKAIのラッピング罐。クリスマス、レバランと大型イベントに合わせ登場してきましたが、ついに大本命とも言えるインドネシア独立記念カラーが登場しました。ご承知の通り8月17日のインドネシア独立記念日に合わせるもので、移動制限の締め付けが強化されている中、果たして施行されるのか気がかりでしたが、予定通りの実施となりました。




DSC_0316_R
76周年の表記は側面に施されています
残存するKAI75周年ロゴと共演

ディディック社長の肝いり案件ともいえる季節のラッピングですが、流石に前回レバランで当初の茶色の他、緑色を追加登場させるというサプライズ掲出の反省?ご時世を反映して??からなのか、数的には控えめで、今のところCPNに2両(CC2061501・CC2061502)とBDに2両(CC2061381・CC2061382)の計4両のみとなっています。もっとも規制緩和が進んでいるとは言えど、長距離移動には原則ワクチン接種証明書が必要で、要急の通勤電車ではありませんのでKAIも大々的に走らせるわけにはゆかず、運行本数が再び大削減されています。8月1日の午前中のジャカルタ発はわずか以下の5本にまで減少しました。午後もガンビル、スネン発、それぞれ2~3本あるのみ・・・。スネン発の夜発の夜行列車は全運休となり、16:45発の急行Jayabaya、17:10発の急行Jayakartaで最終とは悲しすぎます・・・。

PSE6:30  急行Bengawan
GMR8:00 特急Argo Bromo Angrek
GMR8:30 特急Argo Dwipangga
PSE9:20 急行Tegal Ekspres
PSE9:30 急行Serayu

※GMR6:50発のArgo Parahyanganは指定日のみの運転に格下げ・・・ 

DSC_0309_R
KCIも新色編成にこんな感じで帯を巻いてくれませんかねぇ

こんな状況では罐にも大量の休車、余剰車が発生しており、そもそもこれ以上のラッピングは不可能だったのかもしれません。ただ、本数が少ないので充当列車を割り出すのは簡単です。8月1日からの運転開始との報を受け、早速朝のブカシ線に足を伸ばしましましたが、順当にArgo Bromo Angrrekでやってきてくれました!!電車に乗れない中、ブカシ界隈まで来てラッピング無しではトホホ過ぎましたが、回収出来て何よりです・・・。今回、数が少ないので毎日の固定運用にはなっておらず、狙うなら明らかにCPNから出区してくる初日しかないと思っていましたので。朝のArgo Parahyanganすら走っていないと保険もないですからねぇ。なお、運転開始初日の朝はジャカルタからArgo Bromo Anggrek(CC2061501)が、バンドンからArgo Wilis(CC2061382)がそれぞれスラバヤに向けて発車しました。夕方発はジャカルタからGajayana(CC2051502)、バンドンからParahyangan(CC2061381)←折り返しジャカルタ夜発のParahyanganと、予定されていた全機が出区したようです。とはいえ、ジャカルタ口では当面撮影可能な列車はArgo Bromo Anggrekしかなく、コマ数を稼ぐのはほぼ絶望的ですね。

DSC_0323_R
客車にもラッピングを実施

客車には従来からときどき掲出されていた独立記念ラッピングですが、今年は罐と合わせて掲出となっており、この辺は社長の拘りとも言えるのかもしれません。客車用のラッピング代もあって罐の方の数が少なくなったのかもしれませんね(笑)ともあれ、こんな財政状況が芳しくない中でファンサービスを続けてくれるKAIには感謝です。あとはKCIが去年のようにお召旗が出るのか、それとも自粛で終わってしまうのか、はたまた側面のみのラッピングとなるのか・・・ですね。この紅白罐は非常に似合っていますので、205系も1本顔を白く塗って、罐同様の前面赤帯でやってくれませんかねぇ。

◆今月もたぶんマズイ棒!!◆
TETSUDO.COMバナークリックのクリックのご協力をお願いします
鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット