DSC_0161_R
今週もこのアングルから

何もいないゲート前です。BalaiyasaManggaraiからH28、Depok電車区からハエ14がそれぞれ出場しています。なお、先週末の時点では8月分入場編成は確認できませんでした。前回お伝えしている通り、8003F12連化と6108Fの暫定8連化が実施されており、さらにH28、ハエ14の出場とネタだらけの先週末でした。ただ、あまりにも何もないゲート前というのは、ですので、本題の前にこちらを・・・。

DSC_0162_R
205系の廃車輪と廃冷房

形だけのゲート前画像を撮り、電車待ちしているとBukitDuriからDjokoTingkirが出てきまして、Depokへの資材の配給輸送でした。が、積載物はBukitDuri又はBalaiyasaManggarai(台車はBukitDuriでは抜けないはず)で発生したと思われる廃棄品。新しい車輪ならばネタだったのですが。しかし、車軸が入ったままというのが謎ですね。しかも、軸には養生までされていますし。Depokで軸と車輪を外し、軸だけ再利用ということでしょうか。

DSC_0268_R
乗車した電車の後続を追いかけてきました

DSC_0157_R
工事が始まったManggrai上り方
ここも、もう撮影地として使えなくなりますね

ちなみに、ManggaraiのCikini,Sudirman寄り分岐部でも線路切り替え工事が始まろうとしています。既存高架線から、Manggrai駅2階ホームへのアプローチをどのように処理するのか気になります。

では、先週の動きをどうぞ。

・8003F12連化
DSC_0313_R
5つのパンタを上げて、8000系が行く

既報のとおり、8月3日に12連化後の試運転を実施していた8003Fですが、8月6日夕方より運用を開始しました。再掲ですが、編成は以下の通り。

◆8003Fの12連化:8003,8202,8104,8832,8735,8204,8108,8263,8142,8213,8103,8004
※8204,8108:Mカットされている車両。

目まぐるしく移り行く、ジャカルタの鉄道事情において、もはや旧聞ですが・・・、これは壮観です・・・。よりにもよって、10連すら組んだことのない8000系が12連というのは。ましてや、8003Fって、出自を辿ると、元大井町線用の編成。誰が12連を組むと想像したことでしょう。

DSC_0246_R
後追いですが、定番のJuandaにて

DSC_0360_R
ちょいと曇りましたが、Bogorからの折り返しをもう一発

とにかく走っているうちが華。当分の間、8003Fの動きに合わせてそ撮影を強いられそうですね。

・6108F8連化

DSC_0018_R
VVVF編成では初の8連となった6108F

こちらも前回書いた通りですが、車輪限度値割れにより、5号車,6号車(6708,6808)を抜き取った8連で運用されています。とりあえず、編成は以下の通り。

◆6108Fの8連化:6108,6308,6408,6508,6608,6208,6908,6008

既に交換用車輪の調達は完了しているようですので、来週には10連に戻されるでしょうか。

DSC_0263_R
日曜日はBekasi線を朝だけ運用でBukitDuri入庫でした
(が、今のところまだ8連のようです)

・H28編成全検出場、営業復帰

DSC_0383_R
今のところ安定感のあるManggarai仕様での出場

先週11日に出場試運転を実施し、週末から早速運用に復帰しています。広告も入場前と変わらず、大きな変化はありません。スカート周りの塗装も、横浜線タイプになっており、支柱まで塗装されています。
DSC_0389_R
小窓です、とりあえず・・・

DSC_0392_R
検査表記。書類上は2017年7月31日出場です。

・ハエ14編成全検出場、営業復帰

DSC_0472_R
ハエ26に引き続き、HMステーが黄色塗装になっています

ハエ14編成も先週11日に出場試運転を実施し、週末から早速運用に復帰しています。ご覧のとおり、先月出場分に準じたDepok仕様で、スカート支柱は黒です。

DSC_0479_R
特に・・・ですね

2本ともまだ未乗車ですが、一部車両のモケット交換が実施されているものと思われます。ラインデリア増設はもう諦めたのでしょうか・・・。

DSC_0492_R
こちらも検査表記を

・広告車の動き
DSC_0225_R
H25,H24

DSC_0229
サハ204-125
Good moodです

DSC_0232_R
モハ205-67

昔と同じデザインだったのでノーマークでしたが、新たに設置されていますね。毎度思うのですが、BOSCHとは一体何者なんでしょ。

DSC_0285_R
ハエ24

DSC_0291_R
モハ205-188

上のBOSCHを撮って、こっちの存在にも気づきました。ラッピングされてから、たぶん1ヶ月以上経っていますよね・・・。

DSC_0182 (2)_R
H27,H14

DSC_0185_R
モハ205-357

DSC_0109_R
ナハ3,ナハ36
方向幕修繕されていますね

DSC_0117_R
モハ204-58
例のペンキ屋さんです

DSC_0418_R
6126F

DSC_0423_R
6926

珍しくメトロ車への広告ラッピングとなっていますが、自社広告でした。そういや、前にも自社広告は6134Fだかに出していましたね。別に契約期間があるわけでもなく、検査のタイミングで剥がせばいいという考えなのでしょう。

・その他のネタ編成

DSC_0524_R
暫定8連のナハ10,ナハ13

ついにJatinegara幕ゲットしました!!

DSC_0526_R
幕拡大

来週にはこれももう10連に戻ってしまうでしょうか。

DSC_0039_R
さよなら、8604F8連

先出しネタになりますが、8604Fは今週入ってから運用に入らず、Depok電車区内で、編成組み換えを行っている姿が目撃されており、16日に10連となって試運転を実施しています。こちらのネタは追って報告いたします。

DSC_0151_R
5817F撮りなおし。

DSC_0047_R
1080Fも順調に稼働中です。

DSC_0119_R
マト66とようやく相性が合ってきたかな??

DSC_0064_R
遜色Parahyangan再び

レバラン輸送後、しばらく本線上から姿を消していたK3 17 Premiumですが、先週末より再び臨時ArgoParahyangan(列車名はArgoParahyangan Premium!!)に充当されています。今回、従来の臨時スジとは異なる時刻での運転で、1日2往復設定されています。Premiumとは名ばかりに、本来の一等Argoと比べたら、リクライニングはするものの、シートピッチは狭く、窓割りも合わないという、乗り損列車。しかし、輸送力はすさまじく、1両80人×10両というわけで、定期ArgoParahyanganの約2倍近い輸送力を誇ります。それでも、軒並み満席となっており、バンドン線の需要の高さが伺えます。だったら、なんでかつての毎時1本に戻さないのよ!と言いたいのですが。なお、Premium車を活用して、9月からYokjakarta~Cilacap間に1日2往復の定期列車が設定される予定です。これまで1日1往復しかなかったCilacap支線の増発は朗報です。