DSC_0056_R
女子大生踏切で今年こそは6106Fを!!と思っていたら
広告が付いてしまいました;;

コロナ禍で約2年弱、車両ラッピング収入がほぼゼロに近かったKCIですが、11月頃から政府系広告以外の通常の広告も徐々に増え始めています。12月末時点で、かなりの数が編成中1両程度の広告が入るようになってきました。活動制限PPKMがレベル1まで引き下がり、ほぼ平常の日常が戻ってきており、インドネシアの経済活動も再開の兆しが見えてきました。今度こそは、アフターコロナの時代に突入してもらいたいものですね。




DSC_0059_R
広告が付こうがなんだろうが、やっぱり撮っておきたい6106F

各編成をピックアップしていてはキリがないですので、トップバッターはやっぱりネタはメトロ6000系6106Fを。もはや覚えている人は少ないでしょうが、6106Fは2018年末から2019年にかけて約10か月ほど車両トラブルに伴う休車になっており、一時はそのまま廃車 or サークルP入りも危惧されていました。しかし、2019年の全検出場後は、このように頻繁に広告ラッピングが施されるほど、安定した稼働を見せています。コロナ禍でラッピング無しになる期間が長かったものの、それを覗けば、ほぼ広告を掲出している常連の編成です。

DSC_0064_R
洗剤というか、香料付き柔軟剤の広告

DSC_0067_R
こちらは政府広報
11月14日はWorld Diabates Day、だそうです
11月14日は埼玉県民の日だろ!!(笑)



以前、広告を付けた途端、車輪限度値割れ等で欠車するという事案が複数発生しており、広告主からクレームの嵐でしたので、近年、サークルPを含めた稼働が不安定な車両、また入場が近い車両等には基本的にラッピングが為されません。つまり、チョッパ車にあっても、広告がラッピングされたということは、KCIからお墨付きが与えられているわけで、一度は三途の川を渡りかけた編成が、このように元気に走り続けているということは何とも喜ばしいことです。なお、6106Fの床下機器は従来のままで、補助電源の更新は確認されませんでした。

◆いつもご覧いただきありがとうございます◆
1日1回のTETSUDO.COMバナークリックにご協力下さい鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット