DSC_0476_R
顔が新しくなってからソロ空港駅(アディスマルモ)で撮るのは初ですね

先日お知らせした通り、ジャカルタ~バンドン高速鉄道連絡に改造されたKRDE「新幹線リレー」編成の充当も始まっているソロ空港線。沿線撮影の翌日は、車内も観察しようと乗り鉄と決めていたのですが、なんと翌日から運用が差し替わってしまい、いつものKRDIに・・・。初日に撮っておいて正解ではあったのですが。まあ、KRDIでもジョグジャ空港線開業に合わせ、顔が更新されてからはこちらで撮っていなかったので良しとしましょう。





乗車は次回のお楽しみに・・・

というのも、従来、2運用1予備とされていたソロ空港線快速BIASですが、昨年末のコロナ再拡大以降、大幅に本数が削減されており、1運用2予備体制が継続されています。配置数自体はかわらないので、1本しかない「新幹線リレー」編成に当たるかどうかは運次第。一度予備車に入ってしまうと数日間は動かないという・・・。

ソロ空港線と言えば2020年3月から始まるコロナ禍も何のその、最短30分、概ね60分毎の平常ダイヤでの運行を維持してきました。当然、客など乗るわけもなく、完全なる空気輸送と化しており、走っていることが奇跡とも言えました。趣味的にはソロ~ジョグジャ間の気動車快速プラメクスが廃止されたにもかかわらず、東側区間のソロ~クラテンのみは、快速BIASとして、架線下気動車が残ってしまった(しかも半数程度はプラメクスと同じKRDE Holecという・・・)というチグハグぶりがなんとも面白かったわけですが・・・。

DSC_0459_R
この日も貸切状態・・・

DSC_0445_R
ソロバラパンの空港線用ホームも本当に無駄な投資・・・

とにもかくにも、ジョグジャ側の空港快速YIAが、コロナ禍以降、日に2往復まで減便していた中、一体どうしてソロ側だけを平常通り走らすのか、本当に理解しがたい状況でした。ただ、ジョグジャ側も空港ターミナル乗り入れを昨年8月に果たしており、これ以来立場が逆転しました。既報の通り、昨年11月下旬からは空港快速YIAが10往復まで拡大していますが、その裏で空港快速BIASは日にわずか3往復(空港発着基準)にまで削減されてしまったのです。YIAはご承知の通り、道路アクセスが非常に悪く、おかげで鉄道利用者数は好調に伸びているわけで、これは妥当な施策と言えますが、逆にソロ空港線の存在意義の無さが益々際立つことになりました。市内から車で15分~20分で着く空港に鉄道を引いたこと自体が間違っているとしか・・・。ジョコウィの出身地ですから、ジョグジャ王朝に負けるな!と鶴の一声だったんでしょうね・・・。

そんなわけで、昨年末以来のソロ空港線の時刻は以下の通りです。なんと、空港に行かない空港快速まで出現しています(コミューターラインとして走らせれば客乗るだろ!!)。

soro
空港鉄道としての使命を放棄したとも言える本数・・・

ちょうど昨日、3月8日から国内移動の諸規制が撤廃され、大手を振って国内旅行が出来るようになったわけですが、今後、ソロ空港線は果たしてどうなってしまうのでしょうか。クラテン~ソロ間では、205系やKFWの合間を縫って、KRDE Holecがじゃんじゃん走っていた頃が懐かしすぎます。そもそもHolec顔編成は、もうBIASに入る機会もほぼ無いのでしょうし、やはり撮っておいて良かったとしみじみと思います。

今後、旅行需要が戻ったとしても、ソロ空港線に競争力が無いことは明らかで、本数を戻したところで空気輸送になるのは目に見えています。流石に運輸省もマズイと思っているようで、先日、ジョグロ線電化開業1周年のウェビナーでは、空港線とウォノギリ線の直通運転が公式にアナウンスされました。リレー編成が転出しないで残っているうちにこれを開始してくれれば、高速鉄道カラー気動車が路面区間を走ると言う珍百景も拝めるわけで、これはこれで新たなネタになりそうです。早期の直通運転希望です!!(クラテンまでの直通は完全廃止??)

また、客をほぼ乗せないまま丸2年が経過してしまったソロ空港線ですが、ソロバラパン~カディピロ間の高架化工事が進行中で、車窓風景が様変わりしています。この区間は低所得者集落が密集しており、線路際ギリギリまでに迫っていましたが、この数か月で破壊、強制立ち退きになっており、高架化用地が出現しています。

DSC_0463_R
線路脇のバラック小屋が全て撤去されました

DSC_0494_R
半年後には高架支柱がお目見えしていそうですね


ちなみに、今回帰路で初めてソロ空港(アディスマルモ)を利用しましたが、空港線開業前後にリニューアルしたようで、こじんまりとしていながら、そこそこの広さを持つ快適な空港でしたが、私が乗った16:00発のジャカルタ行きが最終という・・・。飛び石で最大9連休という週末で、どこもかしこも密密でしたが、ソロ空港だけは閑散としており、ジョグジャ新空港が出来て、ソロ空港自体の地盤沈下ぶりも伺えました。国際線ターミナルは当然閉鎖されているわけですが、今までマグウォの発着枠が限られていたから良いようなものの、YIAが出来てしまっては、今後、ソロに国際線を飛ばす会社が出てくるのでしょうか。そういう意味でも、ソロ空港線は無駄な投資に終わったと個人的には思います。

◆いつもご覧いただきありがとうございます◆
1日1回のTETSUDO.COMバナークリックにご協力下さい鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット