DSC_0539_R
今週末のゲート前

203系マト66編成が出場し、静かになった?ゲート前。SIV故障で臨時入場していた8003Fも無事、出場しています。左の6134Fは車輪削正、中央に欠車中の205系中間車、そして右側には205系ハエ31編成が入っています。暫定8連のため、完全に奥の方にはいってしまっており、よく見ないとわかりません。※既に10連復帰済でした。お詫びして訂正いたします。なお、このハエ31編成が4月分の全検(P48)入場車で、出場と同時に10連復帰の見込みです。デポック電車区にもナハ37+ナハ42編成が入場しました。




さて、この週末と言われていたマンガライ駅線路切り替えですが、結局間に合わず、次週以降に持ち越しとなりました。それでも、あとは分岐器を設置するだけという状況になっており、ブカシ線の環状線直通運転化は目前まで来ていることを思わせます。また、この白紙ダイヤ改正に伴う車両不足を補うため、週明けより、順次タンゲラン線の12連運行が終了し、ボゴール線、ブカシ線の輸送力増強に充てられます。タンゲラン線は数年ぶりに8連、10連運用に戻ることになります。朝ラッシュの毎時4本化が実現していますし、近い将来空港線と一体運行になるのでしょうから、これが適正でしょう。

そんなわけで、渡り線部分を車内から観察してきましたので紹介します。ブカシ線の下り車内から見た様子です。

WhatsApp Image 2022-04-09 at 18.31.28
作業員が集まっているところが今回のメイン、環状線への渡り線です
かつて、ボゴール線高架化工事の途中で、ボゴール線下り
だった急カーブ線路を一部流用し、復活させるかたちですね

WhatsApp Image 2022-04-09 at 18.32.09
手前の線路が、現状のブキットドゥリ電車区に繋がる入出庫線

WhatsApp Image 2022-04-09 at 18.32.33
ここがもう一つの肝
かつてボゴール方面に繋がっていた奥側の線路から
ブカシ方面への分岐が新設されます

WhatsApp Image 2022-04-09 at 18.32.55
そして、手前から伸びるのが今後のブカシ線下り線路
ブキットドゥリ電車入出庫線で分断されていますが、
入出庫線も今後、奥側の線路になります

これが完成すると、ブカシ線下りは現状の6・7番線(ボゴール線高架下)発、ブカシ線上りは現状の1~3番線発となり、線路容量が分散されます。これに伴い、ボゴール線は早朝、深夜の一部の運用都合の直通を除いて環状線直通は無くなり、全て高架ホーム発着の中央線直通に切り替わる予定です。いくら乗客団体が騒いでも、ボゴール線だけでパンク状態の6・7番線にブカシ線が入るなど、あり得ず、将来的なボゴールからの環状線直通に含みを持たせながら、強硬的にダイヤ改正を実施するものと思われます。また、このダイヤ改正と同時にマトラマン駅も営業開始するものと思われます。

先週の話題と言えば、なんと言っても203系マト66編成。4月5日から運用復帰しましたが、その後もトラブルが続いています。1週間の動きは以下の通り。

4月5日 朝1往復のみ
4月6日 終日運用の予定が、トラブルにより車両交換、結局朝1往復のみ
4月7日 故障箇所修理後、再試運転デポック~マンガライ~デポック
4月8日 朝夕運用(日中入庫)
4月9日 初の終日運用、しかも環状線直通!! で、とりあえず1日乗り切った模様・・・

DSC_0491_R
期せずして、7日の試運転をキャッチ
全然午後に動いていなかったので、撮れてラッキーでした

しかし、この試運転で運を使い果たしたのか、ブカシ線直通に備えて先月から設定された唯一の環状線直通12連という昨日の激レア運用、定番のスディルマンで待っていたのですが見事被られました(笑) E103系さんが別の場所で撮っていたらしいので、こちらを紹介します。

IMG_1566-2
場末の環状線を行くマト66編成
撮影:E103系

実は被り率の高い?スディルマンで待っていたのには訳があり、本命はこちら。

DSC_0573_R
都心のど真ん中に客レが帰って来た!!

こちら、マト66編成と5分差で運転されていたスカブミ線への送り込み列車。2015年(であってたかな?)にマンガライ客車区が廃止されて以来、環状線のタナアバン~マンガライ間には、Balaiyas Manggaraiの定期入出場スジで運行される珍ドコ短編成以外の客車は設定が無く、久々の堂々フル編成の客車をここで撮ってみることにしました。スカブミ線の試運転状況は以下の記事にまとめており、既に客を乗せた1日だけのソフト開業を果たしており、今更また試運転?と思ったのですが、その後の公式発表で、営業運転に備えた送り込みと言うことが判明しました。


ちょうど1週前の日曜日に、週末までに開業するぞ!!と発言した運輸相ブディカルヤ
ですが、まさかの有言実行となったようです
(そりゃ散々馬鹿にされたら火が付きますわなw)

DSC_0581_R
電源車・食堂車込みで9両編成、長い!!

この送り込み編成、最後部に冷改ボロのK3 PSOが2両連結されており、こりゃまたスゴイ編成で来たなと思ったのですが、これはスカブミ東線の普通Siliwangi号用の送り込みで、ボゴール~スカブミ間の西側区間複線化工事中は入れ替えが出来ておらず、今回、丸々2年ぶりの車両入れ替えとなったようです(工事開始前には予備車を含め、多めに送り込んで対応していた模様)。

撮影時には、まさか翌日から正式運行を開始するとは思っておらず、だいたいボゴール~パルンクダの信号が完成していないし・・・、再調整用の試運転かと思っていたのですが、なんとこれが正式な車両送り込みだったとはねぇ。夕方になって、KAIは公式SNS上で翌日からのスカブミ線営業再開をアナウンス。KAI Access上でもさっそくチケット予約が可能になっていました。にしても、もう半日を切っている段階で、急すぎるだろ!! ボゴール~パルンクダ間の無信号問題はどう解決するの??

一度線路が全て剥がされた区間が、
まさかこんなすぐに開業してしまうとはねぇ

WhatsApp Image 2022-04-09 at 22.22.36
今回はしっかりチケット販売システムにも登録されていました
一番列車は駅でしかチケット買えないことも多いのに珍しいですね

278213936_5094178363980022_5598109179768409072_n
時刻表
ボゴール~パルンクダの信号は開業時までには開通させる模様・・・

しかしながら、本数も所要時間も工事前のまま。これでは、何のための複線化なんでしょうね。編成が若干長くなっただけじゃないですか。おい、ブディカルヤ!! 本数が増えて、所要時間が80分になると先週言ってたじゃないか!! これぞカルヤ仕事、線路は増えても車両が無いと言うね・・・。コロナ運休中なので、機関車、客車共にゆとりがあるとは思いますが、どうするんでしょうね。チピナンで寝てるCC300をまた入れて増便するんですかね??それでも6往復にしかなりませんが。

何はともあれ、本日スカブミ線複線化開業です。営業再開おめでとうございます。

※スカブミに行く用事など今後も無いので、スカブミ線複線化開業関連の記事は、このマンガライレポートでかえさせていただきます。

◆収支がかなりマズイ棒◆
1日1回更新維持の為、TETSUDO.COMバナークリックにご協力下さい
鉄道コム

◆最新情報はツイッター版でもお知らせしています◆
ご登録よろしくお願いします

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット