DSC_0208_R
先週までの賑やかさはどこへやら

今週末のゲート前です。Balaiyasa Manggaraiも一足早く、レバラン休暇モードなのか、なんとゲート前は真ん中にDjokoTingkit代用となっている欠車中のH6+H8中間クハがあるのみです。そんなに早く休暇に入れるほど、作業量に余裕があるわけでもないのですが、2年ぶりの帰省許可とあって、有給取得者続出なのでしょうか・・・。かつては、レバラン月は全検入場車無しということもありましたが、近年はそんな呑気なことやっていられません。内部では全検入場中のハエ31編成のみの作業が続いているのでしょうか。




DSC_0273_R
1日前の金曜日

そんなこともあろうかと、金曜日の出社前にもゲート前を観察したところ、こんな入れ替えをやっていました。手前の205系は欠車中のMM'5029で、車輪削正のみで車輪交換はありませんでした。

DSC_0265_R
さらに後ろにはメトロ6134F

6134Fも車輪削正を終えており、翌日(昨日土曜日)から2週間ぶりの運用復帰となりました。1本出ると次の編成と言うようにいつもなら、入れ替わり立ち代わり入場がありますが、今回はそれがなかったようですね。

マンガライ駅工事の方も、レバラン前までに切り替え工事が間に合わないとわかったのか、一気にフェードダウンしてしまい、特に進展は無し・・・。レバラン前に切り替えを済まし、マトラマン駅も開業させないと、全国ダイヤ改正が実施出来ず、遠くパルール電化開業もレバラン前までに出来なくなってしまうと思うのですが・・・。というか、パルールも入線試験クリアしているのに、全く音沙汰無しでおおかしいですよね・・・。レバラン前には電化延伸という話だったはずですが。腫れ物(マンガライ線路切り替え)に触れるなという感じなのでしょうか。

と、いうわけで世の中2年ぶりのレバランムードです。既に今週末からは続々ジャカルタから田舎へ戻る動きが加速しており、空港も駅も高速道路も大混雑です。鉄道はこの2年間、運輸省からの横やりで、ロクにレバラン時期に列車を設定出来なかったため久々の繁忙期を迎えています。例年に比べればまだ本数が少ないですが、定期列車比では、これでほぼ100%になりました。チケットの売れ行きも好調で、これから来週までの1週間はほぼ満席か残席僅かという状況です。

光線も回り始める時期ですので、今週末はブカシ線で気持ちよく客車撮影に励みました。昨年に続き、2度目となるレバランラッピングも登場しているわけですし。なお、レバラン臨等の注目の列車は後日、別記事でお知らせします。

DSC_0284_R
まずは朝日を浴びるSenja Utama YK
今後、ジョグジャを目指す日本人も多数利用しそうですね

DSC_0003_R
続いて、コンテナ満載のスラバヤ行き貨物
おや?後ろ半分は??

DSC_0013_R
鉄鋼コイルとコンテナの混成なんて珍しいですね

チルゴンのクラカタウ製鉄からの鉄鋼コイル貨物は不定期運行で神出鬼没ですが、1編成借り上げの専用貨物で、コンテナと一緒に運んでいるのは初めて見ました。最後尾の監視小屋は相変わらず律儀に連結されていますね。

DSC_0034_R
オール白新型エグゼクティブのArgo Muria

コロナ期間中、ステンレス車以外は基本的に休車がかけられ、16-17年製の新型でさえも例に漏れず久しくお目にかかれなかったわけですが、その間に旧塗装車は消滅し、いつのまにか新塗装に統一されています。機関車からオレンジ色の帯が連続しているので、なかなか似合っているとは思いますが、非常に新鮮な印象です。新塗装客車自体はコロナ前にボチボチ姿を現していたわけですが・・・。

DSC_0038_R
こちらもずっと運休中だったSawunggalih
検査明け間もないのかCC201の床下が綺麗で良し

DSC_0121_R
え?どうして・・・
もう、ラッピングテーマがガドガドなParahyangan

で、ようやくやってきたラッピング罐。が、なんと未だにクリスマス・・・。もう4月も終わりですよ。というか、クリスマス罐×レバラン客車という、各々の原理主義者が見たら卒倒しそうな組み合わせも発生しているそうです。ご都合主義のインドネシア、Bhinneka Tunggal Ikaを体現しているかのような編成はそれはそれで撮ってみたいですが。残念ながらやって来たのは、クリスマス×G20×独立76周年という3色混合。本来なら、クリスマスを撤去してG20に交換すべきですが、G20罐が一向に増えない理由はやっぱり??

DSC_0130_R
それにしても酷い、ガンビル8:10発のParahyanganの10分続行、
Argo Bromo Angrekがまたもクリスマス
どうなってるんだ??

で、まさかの2連続クリスマス。客車はG20・・・。だから、G20罐増やしなさいよ。栄光のArgo Bromo Angrgekくらい正調編成にしましょうよ!! 色褪せ過ぎでみっともない。

DSC_0137_R
白新型のArgo Cheribon
年末年始ぶりにガンビル8:30発が復活

DSC_0149_R
ラッピング率の高いArgo Dwipangga
しかし、創立記念・・・

そして、さらに続行でやってくるDwipanggaは、ラッピングなあるものの、今度は創立記念・・・。客車はG20なのにねぇ。まあ、この位置で撮ったことないから、これはこれで良いですわ。

DSC_0170_R
最後は場所を変えて

最後はお馴染みTaksakaで〆としますが、ようやくやってきたレバランラッピングです。しかし、罐は真っ白ノーラッピング・・・。今回も社長さんの罠が続きますねぇ。何回通えば撮らせてくれるでしょうか・・・。それにしても、まばらなブカシ線を2年間眺め続けてきましたので、ようやく客レ街道復活を感じました。これなら2時間待っても飽きません。ブカシ線は電車の本数がボゴールほど多くなく、車種のバラエティにも欠けるので、やはり客レがじゃんじゃん来てなんぼです。



◆収支がかなりマズイ棒◆
1日1回更新維持の為、TETSUDO.COMバナークリックにご協力下さい
鉄道コム

◆最新情報はツイッター版でもお知らせしています◆
ご登録よろしくお願いします

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット