DSC_0680_R
Railink移行後、初乗車しました

ビジネスレベルでの出張者は5月に入り激増していますが、英字のワクチン接種証明の準備や、行動追跡アプリへ接種証明をリンクさせるのに、保健省に申請する必要があるなど、煩雑さがぬぐえず、まして短期滞在ではアプリに反映される前に帰国というトホホな結果になる可能性もあるわけで、ゴールデンウィークを見ていても、わずかに線路際に立つ旅行者も見られましたが、あくまでもごくわずかと言った印象です。ただ、夏休みに向けて、訪問者も増えるでしょうから、利用者トラブルの絶えないジョグジャ空港線の注意喚起を再掲します。






こちらも記事もご参照下さい

お知らせしている通り、4月1日からジョグジャ空港線の運行が、KAIからRailinkに移管されました。その為、チケット購入方法や各種規定が大幅に変更されています。KAI公式アプリ、KAI Accessからのチケット購入、さらには駅窓口でのチケット購入が出来なくなり、基本的にネットからの事前購入、又はクレジットカードによる駅券売機での購入に限られることとなりました。さらに、大きいのは、Railinkでは立ち席を認めていない為、座席定員になり次第、チケット販売が中止となることです。30分毎にあるジャカルタならまだしも、日に10往復しかなく、しかも代替手段がほぼ無い(タクシーで1時間半~2時間かけて行くしかない・・・)中で、この対応は痛いですよね。

DSC_0666_R
チケット券売機はここに設置されました

気になるRailink参入によるジョグジャ駅窓口のレイアウト、バカの壁が撤去されたことは前回お知らせしていますが、券売機はこの通り、KAI側に設置されました。しかし、向かって右奥のKCI側にも有人窓口(Loket KA Bandara)があり、スタッフが配置されていました。ということは、窓口での手売り発券もあるのか?と思ったところ、この窓口でチケットの販売はしていないとのこと。じゃ、あんたは何の為にそこに座っているんだ??

WhatsApp Image 2022-05-29 at 13.21.52
空港線チケットは券売機で買ってね
現金は使えませんよ!!とのこと
じゃ、このスタッフの存在意義は?

DSC_0668_R
そして券売機に行ってみれば18:00の便まで満席とのことで・・・
無慈悲過ぎますね、Railink

券売機前にもRailinkスタッフが対応をしていましたが、12:55に乗れると思って券売機前には人だかりが出来ており、皆この画面を開いてから、えっ?どうすればいいのよ・・・と。窓口入り口に18:00まで満席です!!と張り紙を出すか、スタッフが案内すれば良いのにね・・・。これ、下手したら飛行機逃してしまいますよ。国内線なんて、そんなに余裕見て空港に向かわないでしょうから。

ま、Railink移行前から立ち席が出る程高い乗車率を誇っていたジョグジャ空港線ですので、こんなこともあろうかと、クッソ使い勝手の悪いRailinkアプリをダウンロードし、事前購入していたので事なきを得ました。いやぁこのアプリが本当にクセもので、素人が作った非公式アプリ並みの操作性、KAI Access見習えと言いたくなります。KAIグループで統一しろよと。アクティベーションするのに、5回メールアドレスと電話番号入れて、やっと承認されましたよ。で、今度はジョグジャ地区の駅名が2~3度スクロールしないと表示されないという・・・。ホント、使えないですよ。日本人の方なら、クレジット払いでしょうから、アプリではなく、スマホでRailinkのブラウザ開くか、KAI Accessからのリンクで飛んで(ブラウザ版に飛ばされます)、購入した方が絶対ラクです。私の場合、QR決済する都合上、アプリ版でないと対応していないので・・・。

WhatsApp Image 2022-05-29 at 13.52.04
アプリ画面


DSC_0672_R
アプリ版では券売機で本券に交換する必要なく、
このまま改札機にかざすだけ

なお、私は空港に行く用事は無く、単純にRailink移行後のオペレーションを見たかっただけですので、途中のワテスで下車。空港線開業以来、全く使われていなかった空港線専用改札が供用開始していました(ということは、開業時からRailink移管を見据えていたことになりますね)。

DSC_0684_R
KCIの非電化区間ジョグジャ~クトアルジョの本数が少ない為、
その代用として地元客の利用もかなりあります(2000ルピアしか変わりませんからね)

DSC_0745_R
せっかくなので、お山の中で空港線の折り返しを撮影
ロゴはいつ、KAI Bandaraに張り替えられるのでしょう??

DSC_0870_R
帰りは久しぶりのボロボックス急行

そこそこ天気が良かったので、夕方まで撮影し、帰りの空港線は良い時間が無く、さらにジョグジャでKCIとの接続もよろしくない為、ちょっとお高いですが、昔ながらの急行列車にワテスから乗車し、ソロまで直通で戻りました。これは撮影地で列車待っている間にKAI Accessから購入。国内旅行に関しては、コロナ禍前の水準に戻った、というか反動でそれ以上という感じで、こちらも残席僅かでしたが、アプリのおかげでなんとかなりました。便利なものです。窓口行ってHabisと言われたら、どうしようもないですからね・・・。

とにかく、インドネシアの鉄道はKCI等の都市鉄道を除いて、事前のネット購入が基本。特に、ジョグジャ空港線で、空港に向かう際は、フライト時間に合った列車を、少なくとも前日までに予約されることをお勧めします。高速道路が開通するまで、鉄道以外のロクなアクセスがありませんので、今後も高い乗車率が見込まれます。予備のKRDIを入れて、早期に増発が為されれば良いのですが・・・。INKA、早く増備車を改修して納品しなさいよ!!

※Railink移管に伴い、この記事からカテゴリに空港線情報を追加しています。

◆収支がかなりマズイ棒◆
1日1回更新維持の為、TETSUDO.COMバナークリックにご協力下さい
鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット