DSC_0069_R
先週末のゲート前

土曜に甲種回送された2本目の空港連絡線車両がまだブルーシート被ったまま留置されています。1本目は倉の中で以前と変わらず。入場編成もこちらにH27,14、Depokにハエ25と動きがありません。しかし、当ページの更新頻度を見てもわかるとおり、ネタの多い1週間でした。但し、大統領列車の返却回送、空港線甲種輸送、8604F12連化試運転という大ネタは別記事で取り上げてしまいましたので、残る小ネタをいくつかピックアップです。

今年も残り3ヶ月。いよいよ9月に入り、先月までは光線が悪く撮影出来なかった場所でも今季からは再び訪れることが出来そうです。あっという間に太陽の位置が変わるので撮影地選びも一苦労です。

・マト52編成方向幕使用開始(再掲)

_MG_71037
BEKASI幕を提出し、堂々12連にて通過

_MG_70547
夕暮れ迫るJATINEGARAにて。

これはかっこいいですね!
しかし、上記画像の通り相変わらず上り方の方向幕は白幕でした。(別日に撮影)

同様にマト69編成も方向幕の使用が開始されています。方向幕は上下方共に順調に動いています。


_MG_71807
ANGKE幕を提出しボゴール線を上る

しかし、相変わらず本番だけ太陽が見えてきて突然マンダーラになるのはいつもの仕様でしょうか・・・
 

 
205系関連の小変化は以下の通りです。

・ナハ10,13、12連復帰
DSC_0604_R
ようやく本来の編成に復帰

BalaiyasaManggaraiに留置されていたクハ204-134、クハ205-131が、車輪削正を終え、編成に組み込まれ、元の編成に戻っています。

DSC_0610_R
もう、当分の間ネタ幕は見られませんね

・ハエ7、10連復帰

_MG_71357
10連に戻り、早速Serpong線運用に(日曜にはBukitDuriに戻ってきましたが)

こちらのMM'256も車輪削正だけだったようで、10連に戻りました。それだけなんですが。

・H22,21、12連復帰

_MG_71637
H7同様、赤い靴の広告の裏は青でしたね

MM'55,クハ204-82,クハ205-81も車輪削正を終え、復帰しています。

DSC_0035_R
削っただけですので、車輪は薄い・・・です

・H13、10連復帰

CSC_0102_R
暗くてすみません・・・

大統領列車やら、12連試運転を優先していたため、Bekasi運用だったH13が後回しになってしまいました・・・。10連に戻っただけですから、いつでも撮影できるから良いのですけど。

CSC_0101_R
わかりにくいですが、新しい車輪になっています

CSC_0100_R
約2ヶ月(もう3ヶ月??)ぶりに復帰したMM'209

非常に8連の暫定編成期間が長かったH13ですが、MM'209の車輪交換を実施し、10連に戻りました。庫の前Balaiyasaで見たときは、まだ交換前でしたので、車輪の在庫がありさえすれば、そこまで時間のかかる案件ではないのだと思います。またお気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、1年の長きにわたり掲出されていた銀行ラッピングが復帰し際して、剥がされています。しかし、新しい車輪といえど、205系向けのものって、元から薄いですよね。製造元は某金属に変わりはないはずなのですが、これではまたすぐに限度値割れを起すと思うのですが、そういう悪徳商売なんですかね(笑)

・広告車の動き
DSC_0489_R
H11

DSC_0499_R
サハ204-111
保険広告の6ドアバージョンです

205関連の広告は動きが少なかったのですが、この他に6105F、6123Fにも広告(しかもKCJ社内広告ではない一般広告!!)が出ています。おいおい、アルミ車へのラッピングはもう懲りたんじゃなかったのかよ。よりによってネタ編成に出すなといいたいところですが、仕方ないですね。なお、2本ともTangerangに入っていましたので、未撮影です。



・その他のネタ

続いて、先週からの撮り貯めた撮影分となります。
ここ最近は晴れの日が多く、日没まで綺麗に太陽が見えていましたのでコマ数は多いです。


_MG_70627
彩り豊かな野菜市場と、その脇を駆け抜ける東急の画

列車が来る度に野菜が吹き飛ばされそうになっている辺り、かつてのDuri市場を彷彿とさせる姿でした。Duriの線路市場しかり、ここでは当たり前の日常が日常で無くなるのがとても早いのです。
目まぐるしく変わり行くインドネシアと共に、日本車もいつまでも撮れると思ってはいけませんね。


それでは、朝からボゴール線で張り付いた成果を。


東葉&東西5000

_MG_70717
素晴らしきコルケードの編成美

_MG_71447

この日は午後にも再会。どちらも順光下で撮影出来ました。10連化され調子良くほぼ毎日のように活躍していますが、こんな姿もいつまで見られるのでしょうか? 


_MG_70947
しばらくして5009Fも南下。

_MG_70987
先日車両交換された?5017Fも一枚。かっこいいですね。

先日運用途中で差し替えられていましたが、今日は順調に動いていました。

6000系のネタ編成

_MG_71497
僅か3ヶ月程でローピンになってしまった6132F....

遠くからでも容易に判別出来るほど色褪せてしまい、一昔前のようになってしまいました。
6132Fと同時期に出場している6119Fもこのような褪せ具合となっています。

 
_MG_70737
輝くような車体の白さを保つ6107F
 
大半の田窓はタンゲラン線にいますが、6107Fはボゴール線運用でした。


_MG_70817
今話題の6124Fですが、LEDは1/320まで落としても写りません


_MG_70927
何の変哲もありませんが、6126F


_MG_71917
最後はスコールを抜けてきた6115F
以上