DSC_0517_R
空港連絡線車両早くも3本目が到着。いつまで続くこのペース?

Madiun9月9日発で、ARS系?3本目の甲種輸送が設定されました。基本的に前回のスジを踏襲していますが、9日走行区間において、何らかのトラブルがあったのか6時間遅れとの目撃情が上がっており、これヤバイかな?と思いましたが、Semaranから先、運転報を裏切り50km/hでグイグイ追い上げ、Jatinegara通過はほぼ定刻通りの通過。今回も最高の光線状況下で撮影できました。

それにしてもジャカルタ日曜到着ということで、どこもかしこも凄い人出でしたね・・・。ここまで沿線に現地ヲタが出たのは初めてかも・・・。前回とほぼスジが同じということも大きかったのかもしれません。時間的に、毎度定番のPondok Jatiでの撮影ですが、時間が近づくにつれ、ゾロゾロとヲタがやってきて、総勢10名以上いたんじゃないかって感じです。罵声軍団の連中が、おとなしくしていたのがせめてもの救いでした(笑)線路内乱入とかするからね、あいつら。ちなみに、前方にはどこかで見た顔の、日本人グループもいらっしゃいました。後方からのPKD接近が確認できない上、いざというときに言い訳できない位置ですので、背景優先でここより前進するのは、あまりお勧めは出来ませんよ。

DSC_0527_R
ブルーシートなければ、本当に最高なのですが・・・

前回お知らせしたとおり、11月開業を目指すと公式ガセ情がなされた空港連絡線ですが、このペースでの増備が続くと、11月までに6~7本は用意出来そうですね。もちろん、整備~試運転そして運輸省許可取得までを考えると、仮に11月末に暫定営業が開始されたとして、充当できるのは3~4本程度?となると、まずは毎時1本程度のお試し運転からということになるのでしょうか。もっとも、11月末に営業開始出来るなどという根拠はどこにもなく、車両も必要ですが、今から生贄も用意しておいたほうが良いのではないでしょうか。

DSC_0571_R
Sudirmanに先回りして再撮影

DSC_0579_R
ブレーキ力増強のため?客車を3両連結
(これが50km/hに向上した原因か?)

DSC_0583_R
Madiunから丸1日半かけて、終着Manggaraiへ

DSC_0602_R
Balaiyasa内満線のため、バックヤードに一時保管の模様

なお1週間経っても、2本目が未だにブルーシートを被ったままで、整備が開始されていません。1本目の試験が終了しないと、次の編成に手を付けられないのかもしれません。Bekasi線内で夜間試運転が実施されている1本目も、当初水・木・金の早朝の予定でしたが、土曜が追加され、計4日間連日試運転が繰り返されました。これでひとまず終了となり、2本目に移行するのか、引き続き1本目で試運転を行うのか、このあたりも気になるところです。

以上