IMG-20170914-WA0000
またも複線ドリフト
画像提供:KaoriNusantra様

9月14日、朝9:40頃、JakartaKota発Bekasi行き1340列車がJakartaKota発車直後、9番線~10番線~上り本線への渡り部分で脱線しました。脱線当該は、モハ205-198(進行方向後方台車のみ?),モハ204-198,サハ204-109。ジャカルタでの脱線事故の主要因は曲線通過速度低下による輪重抜けによるせり上がり、あるいは分岐器早期転換による泣き別れ。しかしながら、今回の脱線現場は、ご存知の通り、9番線発車直後からの急曲線、そして分岐器通過という、起こるべくして起きたという事故になるでしょう。特にオランダの置き土産とも言える、ManggaraiとJakartaKotaのダブルスリップポイントを多様した構内配線は、日々利用していても、いつか事故が起きるのではないか(いや、既に過去に事故は度々起きています)といつもヒヤヒヤしながら見て、乗っているわけですが、まさにピンポイントで脱線したな・・・と思います。画像はいつもお世話になっておりますKaoriNusantara様初めとした皆様から頂きました。ありがとうございます。
IMG-20170914-WA0001
今回最も大きく線路から外れている7号車モハ205-198後方台車
一部損傷していると見え、復旧にはしばらくかかりそうです
画像提供:Kaori Nusantara様


2017_09_14-JAKK-1
続けて8号車前後台車、さらには9号車前後台車まで脱線したようです
画像提供:KaoriNusantara様

上の画像を見る限りでは、9番線。10番線合流部のダブルスリップ上で脱線し、泣き別れが発生しているように見えるのですが、何故かそのダブルスリップ通過前とも思われる9号車サハ204-109の前後台車もレールから外れているようです。
anjilok JAKK
※赤線が本来の進路
即席で作っただけですので、実際とは一部異なりますが、大体略図にするとこんな感じでしょうか?
便宜上直線にしてありますが、かなり9番線からの本線合流は弓なりになっています

anjilok Jakk kcj
KCJ公式より
確かにサハ204-109後方も脱線してるように見えます

9番線からのJakartaKota発車時の速度などたかが知れており、10km/h~20km/hそこらかと思いますが、何故3両も脱線するまで停車しなかったのでしょうか。それとも7号車後方が脱線し、連鎖的に8号車、9号車も脱線したのでしょうか(そんな脱線の仕方ありますかね)。原因究明は果たしてなされるのか、疑問ですが、既にKCJが最近やたら神経を尖らせている車輪削正しとの関連性も指摘されそうな気もします。が、H9て直近で削正入っていないと思います。また、これで削りすぎが発生するようでは、なんだか本末転倒な気がするのですけどね。

NW JNG
Jatinegara機関区から客車版DjokoTingkirも出動
foto:Mas Bennie Pratomo

なお、当該編成が、上下線とも塞いでしまっているため、中央線は12時までManggarai~JakartaKotaで運転を見合わせ、Bogor線はManggaraiで折り返し運転(一部環状線直通に振り替え)、Bekasi線はPasarSenen経由での運転(一部はManggarai折り返し)となりました。とりえず、復旧作業は脱線していない1号車~6号車をDjokoTingkirで引き出すことから開始され、上り本線と12番のみの使用が可能となり、12時よりGambir~JakartaKota間単線による間引き運転を開始しました。

anjilok JAKK kcj02
1号車~6号車はBukitDuri電車区に収容された模様
KCJ公式より

DSC03523
続く7号車~9号車の復旧作業
Foto;Mas Argo Sakurai

DSC03586
最後まで復旧に難航したのが、やはりモハ205-198
しかし、こう見ると複線ドラフトがよりはっきりわかります
Foto;Mas Argo Sakurai

なお、KCJ公式SNSによると、16:05に復旧作業終了とのことで、夕方ラッシュ時間までにはなんとか、中央線区間の運転が完全に再開されたようです。また7号車~10号車はDepok電車区に収容されているようです。脱線当該車両の修繕が長引く場合、無傷の6両が他編成の12連化に活用されることもあるのかもしれません。

しかし、この手の脱線はどうしても防ぎようのない部分もあり、この脆弱なインフラで、これだけの本数を裁くというのは、リスクがあるということです。30年以上前のレールをそのまま使用しているところなど、いたるところにあるわけで。車輪を削ればいいとかそういう問題ではないのは明らかです。