DSC_0210
2017年度分第三陣!!

9月19日夕刻、8月24日に東京木材埠頭を出港していた貨物船がTanjungPriok港入港。19日夜から翌昼までにかけて、6120F、6129Fの順に20両の水切りが実施されました。これにて2016年~2017年導入予定数であるメトロ6000系VVVF編成120両の輸送が終了しました。撮影枚数が膨大なため、いつものことですが、まずは速報版で・・・。

なんとか日没までに、1両目が吊り上るか、と期待していたのですが、港湾内混雑の影響からか入港が遅延。最初の水切りは、もうどっぷり日が沈んだあとからでした・・・。

DSC_0041
MRTJ幹部の方々も視察に

それにしても、今回ギャラリーの数が多く、大手を振って撮影できました。事前情報によるとMRTJ社長もいらっしゃるとのことで、緊張していたのですが、入港遅れにより、社長視察は行われませんでした。

DSC_0368
相変わらず暗い、Pasoso駅。10両目の6020

まず、最初の6120Fは鉄板作業を挟まずに、約6時間強でPasoso駅に全車10両揃いました。非常に順調なペース。が、そもそも船の着岸が遅れたため、注目すべきはDepokまでの配給を早朝のうちにするのか、しないのかということ。とにかく、営業時間帯に基本的に配給を設定しない方針ですが、配給しないとなれば、Pasoso及びTanjungPriok駅構内に2本を留置せねばなりません。特に2本目の6129Fを丸2日留置することになります。で、判断が下された結果、規定ギリギリの4時までに発車させることに。それでも、Depok到着時はラッシュの度ピークなんですが、下りなので許容の範囲内ということでしょうか。まあ、そうと決まれば先回り。Depok界隈で撮れば、まあ光量もそこそこあるでしょうというわけで。

DSC_0494
着岸から配給までのフルコース♪

その後、すぐにPasosoに戻ると、6129Fの5両が作業終了。ちょうど、鉄板作業中でしたが、その後しばらくして6両目が到着。仮眠中だったBukitDuriのスタッフを起こしにいく羽目に(笑)

DSC_0379
珍しく、罐を使った構内入れ替え
(通常はDjokoTingkir使用、なければ人力です)

DSC_0407
作業開始から約15時間、皆様お疲れ様でした!!

来年も、またこのメンバーで出来るといいですね!!

後日、加筆します。