DSC_0167_R
試験を終えて、BukitDuriに帰る

9月28日、Cikarang電化開業に向けた試運転が再度実施されました。今回、この試運転にはハエ13編成及び6131Fの2本が充当され、2本を続行で運転し、架線電圧等の測定が実施された模様です。平日Cikarangに行くのなんて、怪社の業務範囲を考えたら、至難の業ですのであくまでも証拠写真をManggaraiにて・・・。RangkasBitung電車入線試験と異なり、開業後は車種関係なくCikarangには何でも入りますので、初めてメトロ6000が入線したと言えど、そんな風景1ヵ月後にはいつでも見られるようになるのですし。

DSC_0166_R
試運転列車から降りてきたKCJ本社一行を迎撃

じゃか新に妙なガセ鉄記事書く記者がいますが、こういうところに現れて然るべきと思いますが、なんなんですかね、あの新聞社は。言論統制された(というか取材能力がない)現地紙翻訳しても意味なんですけど。

DSC_0171_R
こちらは運輸省軍団。公務員シャツですが、微妙にデザインが違うのです。

DSC_0172_R
Kota行きに乗り込むFarilah社長以下幹部ご一行

DSC_0173_R
Juandaで下車する白シャツ軍団

で、気になる開業日ですが、突撃して問いただしたところ、10月1日開業、出来るわけないよねぇ。だって、この時点で運輸省許可すら下りていないんですよ!!2日前のこの時点で!! ニヤっと笑われ、mudah mudahanと。一言。出た、このきめ台詞!! 10月上旬までに開業、するのかな??流石に社長に対して、電車区イベントで10月1日開業って言ったじゃないですか!!とは言えませんでした(笑)