DSC_0439_R
運行初日にはリバイバルカラー充当という大サービス
ガンビル駅に停車中の青帯罐、これが原風景だという方も多いのでは?

レバラン輸送では通常、一斉予約開始に合わせてレバラン臨の設定も公開され、定期列車と共にチケットが発売されますが、レバラン直前に需要の多い路線を対象に特発が設定されること恒例となっています。しかし、今年はレバラン輸送が始まっても特発のアナウンスは無く、相当の車両が余っていることが予想されるにも関わらず増発しないのか?と不思議に思っていましたが、4月5日、突如翌日からのガンビル~ジョグジャ間1往復増発を告知しました。無名特急(KLB Tambahan)として設定され、エコノミプレミウム・エグゼクティブの2等級併結、新型客車(SSNG)での運転となることが判明しました。




DSC_0456_R
あいにくの逆光時間帯ですが・・・
往年の青帯罐が新しい青い客車を牽引
(良い時間帯にバシっと撮りたい組み合わせ!!)

客車は4月5日にINKA工場から発送(すでに試運転はマディウン地区で実施済)されてホヤホヤの編成で、4月5日にマディウンからジョグジャカルタに配給されたばかりでした。この配給の牽引にリバイバルカラー第6弾となるCC203 02 03 SDTが車両トラブル(MG故障)の後の復帰初運用として充当されており、現地鉄がざわつきましたが、なんとそのままジョグジャカルタからジャティネガラまでの回送もそのまま担当、そして翌日のKLB Tambahanにも充当されるという出血大サービス!!今年のレバラン、ことごとく臨時や新型車両での一番列車にネタ罐を投入していますが、ここまでやるとは・・・。ともあれ、CC203 02 03のMG故障が長引かずに良かったと思います。

WhatsApp Image 2024-04-14 at 13.03.04
上り10555レ
下り10574レ
臨時Manahanの救済臨のような設定ですね

ジャカルタ地区でなかなか撮れないこの罐、3月27日ジョグジャ初のSenja Utamaに充当され、ようやく午後の上りで撮れるかなと思ったら、ピンポイントでMGトラブル、チカンペックにてバカ停の後に罐交換(次位に無動でぶらさがり)になってしまい、その後Balaiyasa YK送りに・・・。そんなわけで、晴れて復帰初運用でジャカルタ入りとなれば、撮らないわけにはいきませんよね。とうか各駅先端大パニックでした。まあ、罐の方はいずれ良い時間帯に撮り直せることを期待して、問題は客車の方です。

最新のSSNG、窓枠カラー編成は先日お伝えした通り、第9編成が臨時Manahanに入っていますが、やはり設定時間が悪く順光下での撮影が出来ません。今回の特発臨は完全に臨時Manahanの続行で走るという設定になっており、やはり撮りようがありません。それにしても最近の南線ジョグジャ方面の高需要は半端ないですね。北本線は高速道路になんだかんだ言って相当数が流れてしまっているものと予想・・・。

さて、今回の第10編成はさらに新色が発生したエコノミー併結ということで、撮らずにはいられません。車体カラーを分けて来たことから、ここ十年来見ることの出来なかった混色が実現しているわけで・・・。これまた禁断の等級別カラー分けに手を出して(等級ごとに列車が分かれていた時代はこれが当たり前でしたが、1列車に複数等級を入れることになってから塗装の統一化の流れになりました)おり、編成美を気にする上層部の鶴の一声で、これもまたいつご破算になるかわからないので、走っているうちが華。列車名ロゴ入りに懲りて、等級別カラーに先祖返りした可能性はありますが、ガンビル発は基本的にエグゼクティブ1本ですので、次回いつ見れるかどうかと言ったら、定かではありません。噂によれば、バンドン~スラバヤのLodayaに入れるなんて話も聞いていますので、今撮っておくに越したことはありません。

DSC_0094_R
順光時間帯に撮る裏ワザがありました

でもこの設定時間ではどうにもこうにも撮れないと諦めていたのですが、中距離のParahyanganやArgo Muria、Purwojayaを除いて、車両整備、給水、清掃の為に特急はガンビル到着後、そのままジャカルタコタまで回送され、ジャカルタコタ客車区に入ります。が、ジャカルタコタ客車区は容量が狭く、これ以上臨時を受け入れる余地が無いようで、今回のKLB Tambahan設定にあたり、2015年以前の手順となるガンビルでの機回し、そしてチピナンまでの返却回送という扱いが復活しています。というわけで、朝、到着した編成の返しを中央線内で撮れるというわけで、いつもの朝練には早い時間で影落ちが確定ですが、あまり気にならない薄晴れの日にチャレンジしてみました。中央線内の逆エンド走行も2015年以来、配給列車以外に存在しないため、これまたレアな光景になっています。CC206ならば営業列車さながらですが、CC203指定運用のようですね。

DSC_0111_R (2)
というわけで、これが正しいK3 SSNG
Majapahit編成もそのうちこれになるのでしょうか?

DSC_0113_R
青とピンクの境目
上記画像のピンク側は食堂車
(オールエコノミー編成は食堂車だけ
ピンクにするのか青にするのかも見もの)

DSC_0119_R
食堂車同様、等級区分のなくなってしまった電源車
今後、同形式内にピンクと青を混在させるのでしょうか?

編成は以下の通り、【P0 24 04 , K1 0 24 15, K1 0 24 16, K1 0 24 17, K1 0 24 18,M1 0 24 04, K3 0 24 17, K3 0 24 18, K3 0 24 19, K3 0 24 20, K3 0 24 21】で、K3はMajapahit編成の続番、K1は臨時Manahan編成のおおむね続番ですが、K1 0 24 14が抜けています。予備車でジョグジャカルタ客車区に配置されているのでしょうか。また謎であるK1 0 24 01~05の存在が確認出来ないのも気になりますね。食堂車、電源車は順当に24年製4両目です。

◆収支がかなりマズイ棒◆
1日1回のTETSUDO.COMバナークリックにご協力下さい
鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット