DSC_0642_R
今週末のゲート前
空っぽです・・・

レバラン休みを挟みまして、2週間ぶりのゲート前です。前回のマンレポにて既に4月の全検(P48)入場編成205系武蔵野線M2編成の姿が確認出来ていましたが、消えてしまいました。前回時点で車体塗装に入るところでしたので、もう出てくる頃かと思いきや・・・。というのも、レバランで工場業務は2週間弱止まっており、今月の出場まではしばらく時間がかかりそうです。ツイッター版をご覧の方はお気づきと思いますが、昨年2月に要検(P24)出場したものの約1年前ほどから運用実績のなかった東急8618Fが突如、4月18日から運用復帰しましたが、復帰早々の朝に車両トラブルでデポック電車区に自力回送されており、その後の再復帰には至っていません。そのままGCUを行うとかで、復帰はしばらく先になりそうです。





DSC_0636_R
車輪削正にいるのがM2か?と思いましたが、M27編成でした

DSC_0638_R
車輪交換待ちのハエ13も動きがありません

マンガライ駅の改良工事も目に見える変化がないですので、こちらのネタを。

3月14日の終電後に最後の線路切り替え工事が実施され、7年の歳月を経て本設上りホームの供用が開始されたタンブン駅の様子を紹介します。

DSC_0430_R
本来の上り本線及び副本線に切り替えが完了
極悪仮設ホームも完全に撤去されました

DSC_0234_R
配線都合で4番線が本線化されています

従来から完成している下り線は、1番線が副本線、2番線が本線となり、常時、電車の通過待ちが行われていますが、完成後の上り線は3番線が分岐側になっており、4番線が本線というインドネシアでは珍しい形態です。追い越しがない電車も3番線にわざわざ入れているのが印象的でした。

DSC_0431_R
3・4番ホームから上り方面を望む

いずれ暫定的に使われていた旧3・4番線の線路も撤去されることになると思いますが、この敷地自体は将来的なチカランまでの複々線化用地に流用される予定で、果たして何年先の話になるのかわかりませんが、再び線路が再敷設されることになります。もっとも、この用地だけでは不足しており、新たに用地を取得した上での複々線化ですから、これはもう10年そこらじゃ完成することはないような気がします。上記画像の森の部分、これまた交渉が難航しそうな予感(笑)

おまけ
WhatsApp Image 2024-04-20 at 11.09.32
新設駅であるMetland Telaga Murniは
既に複々線化準備工事がなされています

◆お知らせ◆
4月20日より、ジャボタベック管内車両走行距離調整の為
の時刻修正が入っています

【2023年6月ダイヤ改正4月20日修正版】
上記タイトルをクリックするとPDF版時刻表
がダウンロード出来ます

各線、朝ラッシュ時を中心とした土休日運休列車が
大幅に増えています。ご利用の際がご注意ください。

◆収支がかなりマズイ棒◆
1日1回のTETSUDO.COMバナークリックにご協力下さい
鉄道コム

中古車両 海外譲渡 ジャカルタ KRL CommuterLine JABODETABEK

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット