DSC_0731_R
M21編成に遅れること1日、M2編成も運用復帰

前回のマンレポでお知らせしている通り、4月のBalaiyasa Manggarai全検(P48)入場編成、205系武蔵野線M2編成が出場、5月3日に試運転を実施し、5月5日から運用に復帰しています。白い顔の205系もどんどん減っていきますね。これと言って書くこともないのですが、毎度ながらチェックポイントを順番に見て行きましょう。




DSC_0734_R
ロゴはスタイルが良く遠目にはステッカーですが、こちらもステンシル
もうこれがデフォルトになった感じです

M2編成はこのところ大きな動き無く、安定した稼働を続けており、あまり注目していなかったのですが、組成が微妙に変わっていますね。おそらく、これ去年の10月の暫定8連から10連に復帰した際に変わっているものと思われます(過去記事のMM'5004の位置からして)。新組成は以下の通り。

◆M2編成の10連復帰(2023年10月)
・204-105, 204-5004, 205-5004, 204-5003, 205-5003, 205-104+204-104, 204-5002, 205-5002, 205-105 

DSC_0766_R
速発は古いもののままですね

DSC_0763_R
検査表記
サバ読みSOで4月30日

DSC_0770_R
後追い
BYMの切り詰めスカートは形状が安定しています

◆収支がかなりマズイ棒◆
1日1回のTETSUDO.COMバナークリックにご協力下さい
鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット