DSC_0263_R
ばく進!!CC300!!

J●CAぶら下がりの某コンサルによる北本線スーパー特急化改良事業のF/S調査を受けて(まだ終了していない模様です。お詫びして訂正いたします)、運輸省による北本線巡察が、6日Gambir~Cirebon~SemarangTawang~Surabaya PasarTuri~SurabayaGube ng~Madiun間で実施(Surabaya PasarTuri~Madiun間は回送)され、また前日にMadiun~SoloBalapan~SemarangTawang~Cirebon~PasarSenen~JakartaKota間で送り込み回送が行われました。事業可ありきの何がF/Sだよ、そして何が巡察(ド素人軍団が100㎞/hで片道だけ乗って何がわかるのさ?)だよと、突っ込みどころは満載なのですが、何を血迷ったのか、巡察でおなじみのWijayaKusumaでなく、罐牽引。そしてその罐に抜擢されたのが、なんとまぁCC300!!まともに客乗せて走ったことのない自称ハリボテ国産DLが初めて北本線を100km/hで連続走行だと??Surabaya経由、Madiun~Jakartaって、1000㎞弱?を走破って、この罐耐えきれるのか?そしてCC300初のJakarta乗り入れと、現地ヲタは大騒ぎです。


そんなわけで、私もこれは撮らずにはいられません。Jakarta走行シーンこそが今回最大の肝なのかもしれませんが、この前の大統領列車の例もあり、朝の高架区間では高確率で被り、そしてPKD巡回強化、さらにはヲタ殺到というカオスの中で、果たして落ち着いて撮れるのか、さらにはCC300は送り込みだけやって、炎上するのではないかという、ひねくれた解釈も加わり、だったら出張中にまったりとCirebonの田んぼからやればいいやと、送り込み回送を撮ってきました。しかし、この田舎でもしっかり通過前にはPKDが巡回しにきましたよ。まあ、こっちは田んぼの中なので、完全スルーされていましたが。あとは御覧の通り、ドン曇り。雨期なので期待はしていませんでしたが、定刻で通過していれば、なんとか青空の下で撮れていただけに残念な限り。

DSC_0175_R
着いたときはこんなに晴れていたのですがねぇ・・・

DSC_0193_R
定刻で来ていれば、練習電だったTegalEkspres

踏切小屋からKAI無線を傍受するなり、送り込み回送は60分延ということで、待ちぼうけです。

DSC_0210_R
後続のTegal Bahari

TawangJayaの後続を追いかけて来るぞということで、予定到着時刻は16:50頃。

DSC_0237_R
TawangJaya。お化け雲乱入で爆死。

DSC_0257_R
本番。さっきよりかは幾分マシかもしれない?

とはいえ、天候云々差し置き、CC300の幻の本線走行を拝めただけでもラッキーでした。既に当ブログにもCC300は登場していますが、毎度小屋の中で限られた角度からしか撮れず、サイドビューが撮れたのもポイント高し、でしたね。

DSC_0272_R
本邦初公開?のCC300側面。誰も喜びませんが;;
充当されたのはCC300 12 02でした
DSC_0275_R
背景と相まって、一瞬レッドベアーに見えました・・・

ちなみに、本番8日の運転時刻はGambir~SurabayaPasarTuri間を9時間10分で走破するという完全なる特急スジ(最速ArgoBromoAngrekで9時間)。マジで大丈夫なのという気がしますが、この記事が投稿される頃、列車はまだまだ走行中ですので、結果はお楽しみに。また、朝Gambir出発時に、疑惑の運輸相BudiKaryaの囲み取材が実施されるはずですので、その口からどんなガセ情が出るのかも、注目です。明日までには報道各社が記事を出すことでしょう。完全国産車両でジャカルタ~スラバヤ9時間。2022年には5時間に!!と書き立てることでしょう。この日限りの列車の何が国産車両だ。こんな列車、危なくて毎日走らせられません。完全に国威高揚列車に仕立て上げられてしまっています。そして、140km/h~160km/hで走れるDMU、そんなの作れるのは中車か、シーメンスアルストムに決まってるだろ(それでも私は、中華の言いなりな中速鉄道とか、準高速鉄道という名称は使っていませんからね!)。記事が出次第、また何か書きますわ。

おまけ

本日の客車(運輸省所有の高官専用特別車)

DSC_0277_R
SI 0 16 01(Mendawai)


DSC_0278_R
SI 0 09 02(Kapuas)


DSC_0279_R
SI 0 11 02(Kahayan)

DSC_0280_R
SI 0 11 01(Barito)


DSC_0281_R
MP3 0 10 03(Martapura)

BudiKaryaお手ふり用の展望車の連結を期待しましたが、連結されていませんでした。この編成には専用の電源車もはずはずですが、なぜか2010年製冷房エコノミ、KMP3の続番が、特別塗装になって連結されていました。どれも製造年バラバラで、運輸省は年に数回の利用のために、何両客車を持っているのでしょう。

さらにおまけ

いつもお世話になっておりますAndi様がJatinegara罵声大会に参戦されたとのことで、画像を頂きましたので紹介します。しかし、今回のヲタの発狂ぶりは凄まじかったようですよ。

CC300 JNG
電化区間に現れたCC300!!

CC300 JNG04
Jatinegaraに停車中の送り込み回送
以上2点、Andi様提供

追伸、7日の巡察本番はほぼ定刻で今のところ走行している模様です。案外しぶといな、この罐。