DSC_0932
栄光の1列車ArgoBromoAngrek(画像は下り2列車)

耳の早い当ブログの読者の皆様はもうご存知かとは思いますが、北本線スーパー特急化に関して溜まっていたものを、ご縁あって東洋経済さんの方に吐き出させていただいております。過激表現はだいぶカットされておりますが、肝の部分はしっかり残っていますので:) まぁ、今更言われなくとも・・・という部分が多いと思いますが、まだ御覧でなく、興味のある方は以下のリンクからどうぞ。なお、当方としては、上下編構成で記事を作っていましたので、タイトルは違えど、順番通りに通しでお読みになることをお勧めします。

◆インドネシア在来線高速化も中国が奪うのか(北本線高速化日本のジレンマ上)
http://toyokeizai.net/articles/-/198592

◆日本企業が入札できない?鉄道輸出の矛盾点(北本線高速化日本のジレンマ下)
http://toyokeizai.net/articles/-/198593

(   )内タイトルは当初私が想定していたタイトルです。1本目のタイトルにわざわざ中国と出すと、それこそプロパガンダのようで、私的には蛇足かな?とは思いましたが、やはり世の中PVの世界ですし、ネトウヨの皆さんを刺激して、炎上させるのも一考(笑)←ただ現実にはそうなりませんでしたが;;

それよりも、あれですね。そもそもインドネシアがいかなる国かというのをわかっていない方が、一般読者の方には多いようで。なんというか、20年~30年前のインドネシアの固定観念がそのまま引き継がれているというか。加えて、バンドン新幹線の一件が尾を引いて、インドネシア=親中、だったらインドネシアから手を引けという論調、これこそが中共の思う壺であって、インドネシアこそが反中の最後の砦、あるということに気づいていらっしゃらない方が多い。インドネシア在住の日本人の子供もそうなんですが、インドネシア<越えられない壁<マレーシア=タイ<シンガポールと考えている。しかし、これは大きな誤解。何故ASEAN本部がジャカルタにあるのかよく考えてみなさい。実際は真逆ですよ。シンガポールなんて、資源もなけりゃ技術もない。チャイニーズマネーが崩壊したら、即終了。ことに鉄道においては、インドネシアは東南アジアトップですからね。これは揺るぎない事実。3分毎の通勤電車、L特急の如く走る都市間特急、そしてスマトラの石炭輸送。これをトータルでオペレーション出来るというのは、途上国レベルで見てもインドネシアしかありません。

そして、タイ・マレーシアこそが華人の持ちたる国。インドネシアとて、富の9割方を華人が握っているというものの、人口比で見ると華人は圧倒的マイノリティであり、歴史的に見たら弾圧の対象です。東南アジアの街中で漢字がここまで氾濫していない国って、インドネシアくらいですよ。タイにしろ、マレーシアにしろ、どんなに田舎に出ても、漢字を見なけりゃやっていけないわけで。マレーシアではもはやF/Sすら日本には回ってこないでしょう(特にバンコク~クアラルンプール~シンガポールはほぼ中国で確定とみています)。

なので、今後はそういう部分も記事に盛り込んでいかねばならないのかな、と感じております。誤解のないように、言っておきますが、何も私は通り一辺倒にインドネシアにケチをつけているわけではないですよ。インドネシアは日本の生命線である、これを旗印に国内に蔓延るインドネシアに対する疑念・妄想を、正しい情報を提供することによって晴らす、そしてインドネシアに来ていただく方をもっと増やし、実際の目で見てもらう、それこそが当ブログの開設当初からの使命です。