DSC_0795_R
先週末のゲート前

最後の運輸省試験を終えたARS系Ts10がちょうど蔵の中へ入っていきました。H24,25が出場していますので、このタイミングでは入場編成なし。蔵の中に見える205系中間車はMM’206と思われます。なお、その後の情報によると、11月度分全検入場として、Manggaraiにハエ13が、Depokにハエ1が入場しています。さて、空港線関連でドタバタした1週間でしたので、こちらは軽めに行きます・・・。
・H2編成全検出場、運用復帰

DSC_0046_R
Depok仕様のH2編成

10月度分全検としてDepok電車区に入場していたH2編成が出場、運用に復帰しています。としかコメントのしようがありません・・・。

DSC_0052_R
ちなみにこの位置、Manggarai立体化絡みでクレーンが配置されてしまい、ちょっと邪魔です

DSC_0058_R
これもデフォルトとなった避障器の追設

しかし、車輪はどうやら交換されていないようです。先頭車を集中的に交換しているように見えていたのですが、何だったのでしょう。

・H24、H25編成全検出場、運用復帰

DSC_0166_R
被られたので、微妙な切り位置・・・

10月度分全検としてBalaiyasa Manggaraiに入場していたH24,25編成が出場、運用に復帰しています。横浜線編成ですので、H2共々支柱も赤塗装が為されていますね。

DSC_0054_R
やはり気になる人は気になりますよね、あのクレーン・・・

この時期はBogor線朝の下りは、Manggarai以南でもだいたい撮れますので、撮影される方はそちらに向かわれた方がいいかもしれません。


DSC_0185_R
で、こちら。避障器もなければ車輪交換もしていない。

う~む、何がしたいやら。しかも、両編成とも先頭車輪結構薄いですけど??

・H9編成8連化

DSC_0103_R
10連の姿はやはり撮っておいて良かったかも

H9編成が、冒頭画像にあるMM'197を欠車する形で、8連化しています。なお、最新ニュース欄でお知らせしている通り、8連化されていたH13編成が形態を変更したうえで、10連に復帰しています。オール4ドア10連のT車位置に統一(横浜10連でも2パターンあったわけですからね)するものと思われ、もしかしたらH9もこの後形態変更が実施されるかもしれません。

・H6,8編成12連復帰

DSC_0815_R
コロコロと両数の変わるH6,8

前回、MM'361,クハ205−66,クハ204−68、4両の欠車した姿をお伝えしていますが、すぐに12連に戻りました。車輪に関する動きが、本当に読めなくなっています。JRE共々試行錯誤しているとは思うのですが・・・。

DSC_0822_R
車輪交換したわけでもなく、何をしたのでしょう

そんなに脱線をビビっているならPQ軸導入すればいいじゃないですか。

・東急車にも進路表示灯設置が続く

DSC_0918_R
8604F

DSC_0836_R
8610F

見た感じ、東急車にもほぼすべての取り付けが完了していそうですね。残る未設置形式は1000、5000あたりになってきますね。まあ、まだ当分使う気ですから、いずれ設置するのでしょう。

・広告車の動き

DSC_0865_R
満身創痍なハエ31・・・、12月分で入場??

DSC_0868_R
モハ204-51

映画のラッピングになっています。cnta cintaとは何とも安直なタイトル・・・。

・その他の編成

DSC_0999_R
せっかくのCikarang行きなのに白幕・・・

DSC_0002_R
側面は出ていたのに・・・(泣)

12連に戻ったマト52の撮り直し。それだけです。

DSC_0666_R
何故がDuri表示でやってきた6129F

放送では普通にAngke行きと言っていましたけど。

・Duri駅停止位置変更

DSC_0637_R
空港連絡線用駅本屋部がひとまず完成

空港線工事の関係で、約4両分ほどTanahAbang方面にずれていた停車位置が本来の位置に戻りました。しかし、空港線駅として開業後、どのように空港線客とCommuter客を分離するのか、Duriだけは本当に謎です。Commuter全通過なんて、暴挙はさすがに出来ないですし。Duri名物オカマさんたちが空港線電車のManggarai方面に乗っちゃいますよ(笑)あいつ等乗ってきたら、外国人はマジで仰天するでしょう。もはや、オカマになりきれていないからね・・・。

DSC_0633_R
Angke方を望む

突如出現した0番線(将来の1番線)も、着々と敷設が進んでおり、本線との合流まであと少しです。上下線間の片渡りが2か所連続していますが、0番線側への分岐を設置したときに、手前の渡りは撤去でしょうか。

DSC_0644_R
便所を破壊して出来た0番線。結構衝撃的な風景・・・。

DSC_0641_R
仮設ホーム下に吸い込まれる現2番からTangerang線3番への渡り

詳細は以前の配線図を参照していただければと思いますが、上記写真の分岐で、停止位置が本来の場所に戻ってもホームと干渉しますので、現2・3番線ホームは空港線専用で6連化??あるいはさらにAngke側にホームを伸ばすのでしょうか。Tangerang線各駅では今後の10両編成化のためホーム延長工事を行っているくらいですので、ここの分岐までに10連が納められるのか、結構厳しいものを感じますけど。

DSC_0658_R
Tanahabang側を望む

前回の状況から、順調に工事が進んでいます。ここを見ると、新1・2番が環状線内回り、外回りになりそうなのですが、Angke側に、新3番から新2番への渡りがないと実現できないのですよ。でもそれをしない限り、空港線を捌けない。しかし、環状線の新1番・新2番からTangerang線の新5番への乗り換えが発生すすため、それはそれはで、地下に乗り換え通路を作るなりしないと、やはり空港線との分けが出来ないのですよね・・・。どのように処理するのか、完成が楽しみです。