received_1737040173029606
こうなってしまってはインドネシア流に上げざるを得ません。

26日15:00頃、JakartaKota駅で電車撮影中の日本人大学生が車両に接触したとの情報を受けました。その後の情報によると、線路内で撮影していたとのことで、セキュリティー室で取り調べを受けているとのことです。当方の方にも氏名・大学名が送られてきておりますが、流石にそこは伏せておきます。何も落し物のスマホの持ち主を探すわけではないですからね。インドネシア語が話せないのか、黙秘を続けており、なんとかしてくれと言われてもねぇ。邦人救護なんて任務、私はしませんよ。
received_1737047633028860
原文ママ

先日、月刊マンガライレポートの冒頭でも、こんなことが起きるのではないかと危惧しているとの文面を上げたばかりでの事故で、衝撃を受けております。セキュリティー小屋に連行されるというのは、車内でのスリ・痴漢行為と同罪になっているものと思われます。以前、バリ島で外国人カップルが風紀を乱したとして、路上でさらし者になったのとニュースが日本国内でも報じられましたが、これは当地では日常茶飯事で、犯罪行為を犯した者は人権がないと捉えられているようです。そのため、Manggarai駅のセキュリティー詰所前で、地方民族と思しき小さいおっさんがしばしば、裸にプラカードを持たされさらし者になれていたり、海兵隊監視下で、公開腕立て伏せなどが行われていますが、線路内に立ち入っての撮影が判明した場合、どうやってもセキュリティへ言い逃れすることは出来ません。ホーム上での撮影ですら、注意されるのに、それが線路内に侵入という営業規則破りとなると、そりゃそうですよね。ましては接触事故まで起こしてしまうと・・・。Kotaの詰所前への個人情報張り出しは免れないかもしれません。

とにかく海外鉄は、全てが自己責任になると肝に銘じてください。見た目は限りなく日本に近づいていますが、ここはインドネシアです。さらに、日本国内以上に一人の勝手な行為が他人に迷惑をかかるということも、よくよく思い返してください。せっかくKCJも駅ホームでの撮影に関して、徐々に緩和に向けて動いてくれていた矢先の事故ですので、当面の間セキュリティーは相当ピリピリしている(利用者に怪我を負わせたという点で、KCJはセキュリティ-にも監督不行として、罰を与えますので)と思われますので、駅撮りする際にも、十分にご注意下さい。

ジャカルタ鉄する際には安全の為、以下の点をご確認ください。
・前方後方からの列車の接近に十分注意する。
・後方からのセキュリティーの接近に注意する。
・撮り鉄オーラを出しすぎない。特に駅撮りの場合は気配を消す。
・三脚の使用は禁止。常に軽装で。
・念のために退路の確認をする。袋小路での撮影は危険。
・可能ならば逃走手段の確保。オジェックを待たせるか、アンコタやバジャイの多い道路近くでの撮影が好ましい。

コメント

コメント一覧

    • 急行なにわ
    • 2017年12月26日 20:08
    • はじめまして。いつも拝見しております。正直なところ、遂に発生してしまったか。と言うコメントに尽きます。何となくPKDとはうやむやでやり繰り出来ていた時代も、この事故以後はもはや過去の話になるかも知れませんね。彼には深く反省そして自粛を願いたいものです。
    • パクアン急行
    • 2017年12月28日 00:02
    • <急行なにわ様
      こちらこそ初めまして。いつもご覧いただきありがとうございます。私も同感ですね。ときおり、妙に線路に近づいて撮影している輩をチラホラ見ていましたから、ついにやらかしたかという感じです。ちょっと駅撮りは難しくなってくるでしょうね。沿線で撮れない人にとっては辛い時代になるでしょう。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット