DSC_0634_R
祝!プレ開業!!

26日にプレ開業した空港線ですが、なかなか乗車するチャンスがなく、ようやく今朝乗ってきました。
ハード面ではなんとか営業開始出来るレベルまで引き上げられ、方々で報じられている通りですが、次なる課題はソフト面ですね。これは知っておかないと、右往左往する人が出てくるでしょう。じゃか新さんには、これこそ書いてもらいたいのですが・・・。さすがに今回は不用意なガセ情を先に流すようなことはなく、少しはマトモになったかなと思いきや、インドネシア語の翻訳で失敗してますよ。1日42往復とか、本開業後の本数ですから。プレ開業中は21往復42本でしょ!!いや、これはインドネシア語というか、日本語の問題か!!しかもUjicoba untuk umumを本開業と捉えているし、何が何だか・・・です。


では、本題に移りましょう。

DSC_0292_R
全く駅の案内なく、初めて来た人はわからんでしょうね。
徒歩客はそのまま下の道を直進。

まだ夜も明けぬ、Sudirman5:51発の空港行きから(何か列車愛称がつくのかと思ったら無名列車なんですね)スタート。が、なんとなくは予期していましたが、さっそく問題発生です。

DSC_0296_R
律儀にタクシーが待っていた

DSC_0297_R
ここから駅舎内へ

DSC_0626_R
案内が不親切ですが、券売機はエスカレーターでさらに上へ。
(後から撮った画像です)

DSC_0308_R
券売機
ここから格闘開始です!!

わかりますね?そして、いかにKCJが真面目に仕事しているかということも。確かにもうとうの昔に報道されていたのですが、開業するする詐欺にばかり目が行ってしまい、しかも開業初日の混乱としても全く報じられませんでしたので、Tidak apa apaなのかと思っていましたが、全く改良されていないじゃないですか!!

しかも、じゃか新さん、電子マネーもOKなんて書いていますけど、唯一対応しているのってBRI発行のBrizziだけじゃないですか。ふざけるな、ですね。朝から職員とバトルですよ。インドネシア人の何パーセントがクレカ持っていると言うんだよ?華人調子乗んな!!(←ここまでは言っていない;;)おい、あんた答えられるのか!!あと2時間後にフライト出るんだよ、おい、どうしてくれるんだ(大嘘)!!

すると、職員はそそくさと待合室で待っている金持ちそうなオッサンに、クレカ貸して下さいと頭を下げ、私はそのおっさんに現金手渡しで一件落着した点は良しとしましょう。しかし、インドネシア人アスリが来るたびに、こんなやり取りをしているのでしょうかね。開業初日の昼頃にはカンプンから出て来たような、イブーとバパと子供が長蛇の列を作っている様子が出ていましたけど。公式では、きっぷ購入方法がわからない人が多い(というか個人情報入力で時間がかかる)とのことでしたが、実際はクレカの貸し借りが横行していたのではないか、と今更ながら推測。

DSC_0309_R
チケットを選択

DSC_0310_R
行先を選択
というふうに進めて行ってください。最後に支払い場面になります。

文句ばかり言ってもしようがないので、評価できる点も。空港線はKAIの長距離列車と同じ扱いですので、まさか発車1時間前にきっぷ販売終了なんてことはないよな・・・と不安がよぎりましたが、さすがに直前でも買えましたね。が、実は駅舎に入るときに、セキュリティーから乗る列車と切符の有無を聞かれ、見栄張って、持ってるにきまってるだろ、と言って通してもらったのですが(笑)4時半に起きて、乗れませんでしたでは、まじでぶちギレますよ・・・。また。個人情報入力も、携帯番号のみに変更されましたし。

が、プレ開業期間中は座席定員制(座席指定なし)でやっているので、本開業後、全車指定席になったときにどうシステムが変わるかは、定かではありません。

DSC_0326_R
改札にQRコードをかざして入場です

DSC_0344_R
乗りましょう

さて、一件落着、発車10分前にホームに入りましたが、なんと5分前にもう列車が入線してきました。って、早朝だからだよな・・・。朝ラッシュ時間帯にこんなことされたら、Commuter利用者はたまったもんじゃない・・・。

列車は5:51、定刻に発車。いきなり、次はManggaraiですとの自動放送。いい加減、GPS使うのやめろ。

Duriには当面のデフォルト4番線に到着。ドアは開きません。3番線に6:00発のTangerang行きのCommuterが停車しており、どうするのかな?と思いきや、Commuterが先に発車。で、こちらはというと10分間の馬鹿停でしたね。空港線30分毎の規格ダイヤ、Tangerang線は空港線開業までの特別ダイヤのままで、朝は20分サイクルなので、こんなことも起きるでしょう。まあ、馬鹿停のおかげで、Tangerang線内も快調に走行。RawahBuayaでの追い越し、通過待ちは行わないとのことで、中線には空港線工事で使用した各種機材が留置中。今回、使用出来る状態になったかたという理由だけで、停車することになったBatuCeperには約5分早着(というか、そういうダイヤなんだろう)。入れ替わりでSudirmanBaru行きが発車していきました。さすがにスジ屋の基本はわかっているようです。当然ここでは乗降ナシ。

DSC_0372_R
BatuCeperにちょっとした線路市場が出来ました

DSC_0380_R
SudirmanBaru行きの電車

空港線内は50㎞/h強の速度で走行。そして、定刻ピッタリで空港着。お見事!の一言です。なんというか、定刻運行を実現するために、ここまで余裕自分取っているんでしょうね。朝も日中も、所要時間は全く同じですから、Duriの10分馬鹿停は先行列車がなくてもやっているわけですし。

DSC_0461_R
1か月ぶりの空港駅

DSC_0465_R
券売機の場所がめちゃくちゃわかりにくい。
(SkyTrain側から入って右です)
将来的には2階に移動するんだろうな。

さて、懐かしの?空港駅。SurirmanBaru以上に何もありません。コンビニも看板だけで営業していません。二階も空っぽで、エスカレーター止めてました。とりあえず、先に帰りの切符を買っておきますが、貧乏人の私には当然買えないので、また職員と喧嘩。しかも、ここの職員、たちが悪く、先ほどのような機転が利かない。これは大喧嘩ですわ。しまいには、今はプレ営業中だからと言い出す始末。本開業しても、何も変わらないだろうが、ボケ。現金払い受け付けませんとかいう鉄道が世界のどこにある?そんなことしているのは、おたくの親会社のKAIと、それからTJくらいしかないんだよ、ベゴ、ギラ、コジキ!!三拍子そろってますわ、あんたの会社!!

というわけで、帰路は車窓風景でお楽しみください。

DSC_0504_R
空いているなら、ここが絶対おすすめ。

座席未指定期間中は、やはり急行秩父路号の法則で、中央のボックス部分がお勧めですね。マジでワイドビューですよ。日本のデザイナーズトレインの100倍マシ。ちゃんと乗客のこと考えてますよ。さすが、モノ言う金持ちの為に作られた列車。

DSC_0509_R
空港線内からは晴れていれば素晴らしい車窓風景が楽しめます

DSC_0511_R
私のホームグラウンドが近づいてきました

DSC_0521_R
おっさん、腹出して何をしているのかな?

DSC_0529_R
Duri手前の大?カーブ。
ぺチ被って上半身裸というのがシュール。

DSC_0547_R
Kampung Duriの皆様!!
しかし、手を振ってくれませんねぇ・・・。

帰路はDuriに4分程度停車してスイッチバック。

DSC_0550_R
Duri着。
ホームないので降りてはいけませんよ。

DSC_0554_R
私の親戚が寝ていました

DSC_0575_R
このギリギリ感がたまらん!!

DSC_0592_R
バラックは芸術だ!!

DSC_0599_R
通勤客で込み合うTanahAbangを軽快にスルー

そして、SudirmanBaruにはやっぱり定時着。すごいね。

DSC_0631_R
私の天敵、運輸省職員もわらわら

DSC_0653_R
運賃は前払いで、こちらにタッチ

一応、今日乗りに来た理由はこちらね。SudirmanBaruとGambirを結ぶ低床TJが運転を開始しました。TanahAbangの低床バスと異なり、こちらは有料。現金払いは受け付けません!!各銀行会社発券の電子マネーをご用意ください。料金はTJの均一運賃、Rp.3500。このあと開業式典が行われるのかTJ職員がわんさかいました。

TJに興味ないので、私はそのまま怪社へ直行。

え?Sky Train?もう宇進の汚物には何も言えませんわ。アプリから時刻表ダウンロードして確認してから乗って下さいなんて言っている時点でアウト。時刻表見ないと乗れない空港内APMって、何だよ。皆さん、空港道路横断でお願いします(笑)

で、これから海外進出を考える鉄ヲタの皆さん、最低限クレジットカードは持ちましょう・・・。なんて、こんなにこの業界、クレカ未保持率が高いんでしょ。悪いこと言わないから学生のうちに、5枚10枚と取ってしまいなさい、と言いたいですね。持っていたって。KAIの決済、難癖付けて弾いてくるんですからね(Tiket.comで格闘されてる方は、よくお分かりだと思いますが)。あと、JCBは全く使い物にならないからダメですよ。



 





⇒真面目な話は、月刊マンガライレポート12月号でお知らせします。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット