DSC_0972_R
橋桁吊り上げ用の機材が一部落下した模様

本日4日早朝(読み違いをしておりました。昼ではなく正しくは朝でした。お詫びして訂正いたします。)、Manggarai~Jartinegaraの複々線化工事で,橋脚間の橋桁を吊る機材の片側が崩落し、作業員数名が病院に搬送されている模様です。なお、この事故による既存線への影響はありませんでしたが、傍から見ていてもなかなか冷や冷やする作業が行われており、ついにやらかしたか、という感じです。
今年のアジア大会に向け、市内はいたるところでLRT、フライオーバー建設絡みの高架橋の架橋工事が至る所で行われており、突貫工事が災いして、既に数か所でのクレーンの崩落事故が発生し、世論的にもジワジワと安全性を疑問視する声が高まっています。今のところ、MRT関連では、報じられてしまうような事故は発生しておらず、この辺もうまくアピール出来れば良いのですが・・・。

DSC_0965_R
報道を見ていると、ちょうどこの部分でしょうか
(たまたま昨日撮っていました)
画像左上の紅白の機材の台座が外れたのか、既に仮設されていた橋桁の上に落ちたようですね。

DSC_0966_R
角材を挟んで仮置きしているだけですが、大丈夫なのかな?

DSC_0968_R
Matraman駅も姿を現してきました

Manggarai駅もヒョロヒョロの鉄筋だけで、既に三層目の工事に入ろうとしています。こちらにもクレーンがお目見えしていますが、無事工事が終わって欲しいですね。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット