DSC_0215_R
イモムシ型巡察車、再びジャカルタへ

1月11日にジャカルタに初お目見えした新しい巡察車(日車KRDをタネ車とする改造車)ですが、早速仕業についており、昨日2月17日には、Semarang Tawang~Gambir間の片道で運転されました。前回まで、現地鉄道ファンの間では、New Rail Oneと呼ばれ、さらに車両側面にはKereta Inspeksi2とペイントされていましたが、その後、KAIから公式でRail Twoと命名されています。つまりBandung所属の巡視車、Rail Oneの後継ということなのでしょう。
さて、先月ジョグジャから配給されていたこの車両ですが、実はその後車両不具合があり、再度BalaiyasaYKに返却されておりました。修繕の後、2月11日深夜にジャカルタに配給されていたのですが、その翌朝にジョグジャ特別州政府の役人を乗せ、再び遠征に。当方、12日朝はどうしても撮影の都合がつかず、まあまた戻ってきたら撮ればいいやと、思っていたのですが、お誂え向きにも祭日の17日に戻ってきました。Gambir終着になっていたところをみると、帰りも何らかのお客さんを乗せていたのでしょう。

DSC_0221_R
しかし、せっかくのチャンスも直前ドン曇り・・・

今回のスジ、あまり現地ヲタに出回っていなかったのか、Cirebonを1時間延で発車したのを最後に目撃情が途絶えており、待ちぼうけするのも嫌なので、Manggaraiスタバで内職をしつつ、万一のこともあるので定刻の30分延くらいのタイミングで、Pondok Jatiの築堤に行ってみました。すると、なんとまぁ、ドンピシャでJatinegaraカーブから姿を現したではないですか。が、しかし、下りCommuterの205が、Jatinegara入線待ちで抑止・・・。こりゃまずいと、慌てて下がると、今度はドン曇りですか!

まぁ、待ちぼうけしてからの被り・曇りのダブルパンチよりかはダメージが少ないです・・・。しかも、2両ですから被りはなんとか回避出来ました;;嫌な汗をかきまくりましたけど。

と、いうわけで延長戦突入。幸い客扱いをしていたので、一旦Gambirに行ってから、Tanah Abangに入区ですので、オジェックでSudirmanまで飛ばしてもらいました。

DSC_0033_R
執念で雲を飛ばしました・・・

で、なんとかリベンジ成功です。逆に今度はピカピカの車体に午後の光線が反射しまくりで、ピントがなかなか合わずまた冷や汗でした・・・。

DSC_0034_R
そんなもんで、シャッターが下りず2枚目は串りましたが、まあいいや

DSC_0040_R
後追い

なお、所属表記がTHBになっていましたので、今後目撃することも増えるのでしょう。現地ヲタの間ではRail Oneを置き換えるのではとの憶測が広がっていますが、THB配置になると、WijayaKusumaの余命の方が危うくなってくるのではないでしょうか・・・。








コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット