DSC_0206
前とアングルも客車もほとんど同じですが・・・

K3 0 18に遅れること数日、既にジャカルタ入りし、所属表記もJAKKと印字されていることも現地ファンに確認されていた18年製ステンレスエグゼクティブ車が、2月27日夕方の臨時ArgoParahyanganより営業を開始しています。実は、先月末Cirebon近郊での大洪水の影響で、JAKK客車区の編成不足を補うため、2月23日Gambir発のArgoLawuにピンチヒッターで充当され、正式にはそれが当編成営業開始第一号ではあったのですが・・・。(流石に唐突すぎ、しかも夜なので撮影していません)

DSC_0213
K3の帯が直線なのに対し、K1は波を描いています

27日・28日にそれぞれ1往復突発的に設定されていた臨時ArgoParahyangan、先週末の土日からは従来の臨時便にさらに追加する形で1日2往復の臨時便が設定され、いずれもこのK1 0 18の第一編成が充当されています。一時期は高速バスやマイカーの攻勢で、房総特急の如く(かつてはL特急並みの本数、牽引罐もParahyangan専用車は国鉄特急色でした;;)の減便・減車の嵐で、もはや瀕死の状態だったParahyanganですが、第二Cikampek高速、LRT、そしてインドネチナ高速鉄道(新幹線)建設に伴う車線規制により、週末のジャカルタ~バンドン間の高速道路経由での所要時間6時間とも7時間とも言われており、業を煮やした車ユーザーが鉄道に戻ってきているというのは皮肉なことです。そんなわけで、昨今KAIはArgoParahyanganの大増発を実施しており、オール3等Ekonomiにも関わらず、ArgoParahyanganPremiumを名乗る(何でEkonomiなのにArgoなんじゃい??)不思議な列車すら登場しているというのは周知のとおり。てっきりこの新車でPemiumを置き換えるのかと思っていましたが、純増とは・・・。いやぁ、ジャカルタ~バンドンの鉄道が息を吹き返すというのは目出度いことなんですけどね。在来線が復権すれば、もはや新幹線なんていらないだろうと。あわよくば、四国2000系をKAIが購入し、ここに投入すれば、市内外れからしか発着しない新幹線に十分太刀打ちできるわけで!!

当面の間のArgo Parahyanganの時刻は以下の通りです(Gambir発)。

5:05 Argo Parahyangan20
6:15 Klb Argo Parahyangan Tambahan 11232(新型車で運転)
7:15 Argo Parahyangan Tambahan 7052
7:50 Argo Parahyangan Premium 7058
8:45 Argo Parahyangan 22
10:30 Argo Parahyangan 24
11:30 Argo Parahyangan 32(臨時から定期格上げ)
12:35 Argo Parahyangan 34(臨時から定期格上げ)
15:30 Argo Parahyangan 26
17:02 Klb Argo Parahyangan Tambahan 11234(新型車で運転)
18:00 Argo Parahyangan Premium 7060
18:45 Argo Parahyangan 28
20:00 Argo Parahyangan 30
23:20 Argo Parahyangan Tambahan 7050

新型K1を撮るには朝イチでBekasiに向かうしかないですね(あとは夕方の上りという手もありますが)。この前のTawang Jawa Premiumは6:45発でしたが、今回さらに30分早い6:15発!!ただ、まだ日の出が早いこともあり、なんとか撮れ、早起きが無駄にならず良かったです。是非、早いうちに乗りたいですが、Bandungに行く用事なんてない・・・。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット