DSC_0460_R
前面の剥げ具合は入場まで直される気配がありません

1月下旬から、前面幕の撤去がされていたナハ7,8ですが、修繕(メンテナンス?)が終わったのが、再度設置されています。その後、現地幕を装備した編成が増えない為、幕式での行先表示器復活は諦めたのか・・・とみられていましたが、まだ直す気はあるのですね。今後増やすかは知りませんけど。武蔵野編成は一部LEDに変えている編成もあり、LEDのみ純正ROMを使うのか、それとも全て自前で改造するのかも注目です。
DSC_0471_R
側面はそのまま

この方向幕は、元々装備していたものに、正式な方法で加刷しているため、何かと手間がかかっているようです。ですので、側面幕が抜き取られているのを見ると、どこかのタイミングで、加刷したものが納品される可能性もあり、当面観察が必要ですね。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット