DaLYuW5UQAI6P-h
Duri駅の緊急視察を行ったBudi Karya運輸相
Budi Karyaの公式SNSより拝借

空港線の増発とスピードアップに伴うTangerang線減便、Duri駅の発着番線変更に伴うDuri駅の大混乱、乗客の怒りはついに運輸相を動かしました。傍から見ても、その状況は上尾事件手前とも見て取れ、運輸省側もさすがにマズイ・・・と思ったのでしょう。しかし、最近表舞台に出てこないBudi Karya久しぶりに顔を見た気がします。
DaLZDeQVQAAAYMK
乗客の不満を聞き取る運輸相
Budi Karya公式SNSより拝借

このTangerang線大カオス状況を見かねたBudi Karyaは混乱に対する謝罪と、今後の対策について声明を出しています。それによると、今月中にも特例的にCommuterLine乗客をDuri~Batu Ceper間限定で、空港特急への乗車を可能とする特例を設けるとのこと。安価な立ち席特急券を枚数限定で発売するのか、コメット保持者のみ特典として空港特急への乗車を可能とするのか、はたまた乗車整理券を枚数限定で発車時刻前に無料で配布するのか、その辺の具体的な中身は語られていませんが、すぐに出来る対策としては、空気を運んでいる空港特急の有効活用意外にないですからね。ただし、それもBetu Ceper利用者しか恩恵を受けることは出来ず、15分毎化したときの空港線がTangerang線内各駅停車となるのか、そのあたりも気になるところです。少なくとも、空港線のさらなる増発ないし、Bekasi延長も早ければ今月に行うとの発表がありますので、そのタイミングと合わせて、なんらかのTangerang線利用者の救済策が講じられるものと思われます。というか、空港特急のDuri停車はCommuter客の乗降専用でもいいいですよね。空港利用者なんて絶対にここで乗降しないんですから。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット