JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

編成情報

また組成変更ですか?3月下旬、205系横浜線H24+25編成が再び組成変更を行っています。同編成は今年1月下旬にオール4扉化のため組み替えを行っていますが、わずか数か月で再び変更が加えられることになりました。今回差し替えが行われたのはH24側に入っていたMM'67でH7編成
『205系H25+24編成、再組成変更』の画像

10連編成の8連化また始まる?205系横浜線編成H19編成が車輪限度値割れの為、3月下旬頃から8連化されています。10連運用中はSerpong線に行ったきりでほとんど撮影ならず、Bogorに戻ってきた途端8連とは・・・。なお、H19編成は1月下旬にハエ24編成のMM'188とMM'221を差し替
『205系横浜線H19編成8連化』の画像

今度はM13編成それにしても顔が汚い・・・3月中旬頃より、205系武蔵野線M13編成が車輪限度値割れの為、暫定10連化されています。先日のM15編成に続いて立て続いて武蔵野編成が短縮化されています。暫定10連化ということで、サハ2両(205-216,205-150)が欠車しています。
『205系武蔵野線M13編成暫定10連化』の画像

8連に戻った武蔵野線3月中旬頃より205系武蔵野線M15編成が車輪限度値割れの為、8連化されています。205系10連編成が復帰し始めたと思いきや、今度は12連車が続々と短縮していますね。一時は12連余りの状態が続いたものの、一時は12連不足に転じるなど不安定な運用繰りが続
『武蔵野線205系M15編成暫定8連化』の画像

2か月ぶり?に運用復帰したマト68編成3月16日にBalaiyasa ManggaraiからBogorまで配給されたマト68編成のサハ203-116及びクハ203-108ですが、19日に試運転を実施。その翌日から運用に復帰しています。マト68は昔から元気なイメージで、今回もすんなり営業に入り、連日運用
『203系マト68編成車輪交換、運用復帰』の画像

元組成に戻ったナハ39+34編成2月下旬の脱線事故の影響で、暫定8連化されていたナハ39+34編成ですが。3月中旬に台車修繕が終わり、12連に復帰しています。南武6M6T編成は組成変更の渦中にありますが、差し替え相手の武蔵野0番台もおらず、元の組成に戻っています。現状、6
『205系南武線ナハ39+34編成12連復帰』の画像

当面の組成変更最終章?そんなわけで、武蔵野0番台8連3本の4M4T化に関わる組成変更の最終回はナハ10+13編成です。一昨日の更新で既にネタバレしているとは思いますが、M52編成と同じく3月7日~8日にかけて組成変更が実施され、9日から運用に就いています。シングルアームのM52
『205系武蔵野線ナハ10+13編成組成変更(オール4ドア化)』の画像

世界最長タイトル奪還(?)2020年1月のBalaiyasa Manggarai全検入場分となっていたマト52編成。既報の通り、MM'4の不具合により、4M6Tで2月下旬から運転を開始しています。その後MM'4は再度Balaiyasa Manggaraiで故障修理を受けることになりましたが、再度試運転をしては不
『祝!!203系マト52編成12連復帰』の画像

お久しぶりなハエ14205系埼京・横浜編成の暫定8連の10連復帰が進んだことにより、Bogor線でもここ数週間で長らくSerpong線に封じ込めになっていた各編成を見る機会が増えました。そんな中、3月中旬頃からハエ14編成が暫定8連になっています。10連が1本減った程度では、運
『205系埼京線ハエ14編成車輪交換&8連化』の画像

というわけで、6ドア組み込みネタ最終回3月7日~8日にかけて一気に組成変更が進んだ武蔵野0番台車ですが、最後の1本M52編成が3月9日から、6ドアを組み込みの上、運用に復帰しています、どうもM52編成とは相性が悪く、これまた曇りカットばかりでしたが、やっとこさ16時
『205系武蔵野線M52編成組成変更(4M4T化)』の画像

どうもこの編成とは相性が悪いようで証拠写真・・・そんなわけで、本日はM52と一部MM'ユニットが差し替えられたナハ37,42編成を。シングルアームのモハ205同士を入れ替えているので、パンタの数が一基増えたのみで外観は床下機器の色をチェックしない限り、特に違和感ありま
『205系南武線、ナハ37+42編成、再組成変更(オール4ドア化)』の画像

M51編成も4M4T化8連のまま残る205系武蔵野線の0番台編成の組成変更の動きが活発です。先日お伝えした通り、M65編成の4,5号車のMM'ユニットとナハ35+44編成に組み込まれていた6ドア車2両が差し替えられ、M65編成が6ドア組み込みの4M4T、ナハ35+44編成がオール4ドアの8M4Tに
『205系武蔵野線M51編成組成変更(4M4T化)』の画像

混迷を極める205系の12連組成・・・先日の6ドアメルヘン爆誕の記事はやはり物凄い反響でした。さて、そのM65編成から抜き取られた中間モハユニットMM'405ですが、順当にサハ204-41,47とトレードされるかたちで、ナハ35+44に組み込まれています。ナハ35+44と言えば昨年12月
『205系南武線ナハ35+44編成、再組成変更(オール4ドア化)』の画像

南武4+4編成がまたもや登場既報の通り、2月25日に脱線事故当該となっているナハ39+34編成ですが、脱線したMM'52及び6ドア車2両を抜いた4M4Tで暫定8連化されています。埼京・横浜10連が全て10連に戻ったと思えば、南武12連の8連化が立て続けに発生している格好(但しナハ12+
『205系南武線ナハ39+34編成暫定8連化』の画像

一体何のための8連化だったのか半年の休車~6ドアを外して6両での回送、そして暫定8連での運用復帰、と昨年から不思議な動きを見せているハエ25編成ですが、3月上旬しれっと6扉を組み込み10連で運用復帰しています。復帰に際して試運転を実施していないことから、車輪交換
『205系埼京線ハエ25編成10連復帰』の画像

12連化に先んじて4M4T化されたM65編成3月7日夕方出庫運用より、205系武蔵野線M65編成が4M4T化されています。当日朝まではオリジナルの6M2T編成で走っていましたので、夕方から組成変更して運用入りと聞いて驚きました。試運転をするかしないかの判断基準がわかりませんね
『【6ドアメルヘン爆誕!!】205系武蔵野線M65編成組成変更(4M4T化)』の画像

元組成に戻ったM27編成を定位置より12月下旬より車輪限度値割れの為10連化されていたM27編成ですが、2月上旬頃より車輪交換を終え、12連に復帰しています。暫定10連時はアンバランスな組成になっていましたが、組成変更されることはなく、元組成に戻っています。アップが
『205系武蔵野線M27編成12連復帰』の画像

先頭ラッピングも同時に施されたナハ37+421月中旬頃より車輪限度値割れのため暫定8連化されていたナハ37+42編成ですが、2月中旬頃より12連に復帰しています。また、画像の通りクハ205-26が広告ラッピング化され、その代わりに中間クハに入っていたラッピングは撤去されて
『205系南武線ナハ37+42編成、12連復帰』の画像

12連車の8連化が止まりません・・・2月上旬頃より205系横浜線H22+21編成が車輪限度値割れの為、暫定8連化されています。暫定8連だった10連車の多くが元組成に復帰する中、ここに来て12連車の欠車が増えています。武蔵野を組み替えまくりましたから12連車には余裕があるので
『205系横浜線H22+21編成暫定8連化』の画像

屋根上に注目!!昨年7月頃より車輪限度値割れの為、8連化されていた205系埼京線ハエ11編成ですが、2月上旬ようやく車輪交換を終え、10連に復帰しました。これにより、埼京編成はハエ25を除いて全て10連に復帰。10連の205系全体でも残るは横浜線H9編成(2月に入ってから全く
『205系埼京線ハエ11編成10連復帰&INKA冷房試験搭載』の画像

4+4がまたもや登場2月上旬頃より205系南武編成ナハ12+11編成が車輪限度値割れの為、8連化されています。欠車したのは、205-126,204-106,204-359,205-359の4両。この前のナハ37+42に引き続き、再び非貫通8連が登場しました。
『【組成変更の前触れ?】205系ナハ12+11編成暫定8連化』の画像

悪天候にかまけて上げ忘れていました昨年12月下旬より車輪限度値割れの為、205系埼京線ハエ12編成が8連化されています。なお、同編成は2月上旬に10連復帰しているのが確認されています。10連復帰後、これまたすぐにSerpong線に行ってしまったため、画像は当面の間お預けで
『205系埼京線ハエ12編成8連化』の画像

めでたく本来の組成に戻ったハエ1編成既報の通り1月14日にSerpong線内の脱線事故の影響で8連化されていたハエ1編成ですが、修繕が完了し10連に復帰しています。2月8日朝の時点ではまだ8連でしたが、夕方環状線内でSerpong線送り込み運用を待っていると、なんと10連に戻っ
『【脱線事故当該】205系埼京線ハエ1編成10連復帰(2月8日)』の画像

組成変更したと思ったら・・・(直前雲り、しばらくして雨模様に)1月中旬頃より、205系南武線ナハ37+42編成が車輪限度値割れの為、暫定8連化されています。昨年12月に6扉2両組み込み化による組成変更を受けたばかりでしたが、さっそくサハ204を含んだ4両が欠車しています。今
『【南武4+4】205系ナハ37+42編成暫定8連化』の画像

あるべき姿?になったM15編成大人の事情で異例の12連化試運転後にさらに組み替えが実施された205系武蔵野線M15編成。(これまでの動きはこちらからご確認下さい→【復活!!】武蔵野線205系M15編成)そのゴタゴタでせっかく装備された現地方向幕が中間運転台に入ってしまうとい
『205系武蔵野線M15編成方向幕移設』の画像

10連の撮影は大変です・・・間隔が開いてしまいましたが、既にお知らせしている通り、1月下旬にハエ24編成のMM’188とH19編成のMM'221が差し替えられています。10連はすぐにSerpong線に行ってしまいますので、なかなか撮影機会がありませんでしたが、ようやくBogor線に戻っ
『205系横浜線H19編成組成変更(MM'ユニット差し替え)』の画像

5本中4本がこの形態に一昨日の投稿の通り、205系横浜線H27+H14編成のサハ204-114と南武線ナハ39+ナハ24編成のサハ204-144が差し替えられています。これにより、5本存在していた南武6M6T編成のうち4本が6ドア2両組み込みとなりました。この調子でいくと、残るナハ12+ナハ11
『【のこり1本】205系ナハ39+ナハ34編成6ドア2両組み込みへ』の画像

オール4ドア化されたH27+H14昨日の投稿の流れでH27+H14編成を。10M2Tという驚異の組成になったM62編成を8M4T化するため、中間クハとMM'357をトレードし6M6Tから8M4T化されたH27+H14編成ですが、昨日お知らせした通り、MM'357がH24+H4のMM'227と差し替えられています。さら
『205系横浜線H27+H14編成、再組成変更(オール4ドア化)』の画像

変化が激しすぎるH23+H4編成車輪限度値割れの為。昨年10月中旬より暫定8連化、さらに11月下旬からクハ204-83でLEDヘッドライト試験が始まったりと、話題を振りまいていたH23+H4編成ですが、1月に入り12連に復帰しています。が、それも束の間、再度の組成変更となりました
『【LED点灯中動画追加しました】205系横浜線H23+H4編成12連復帰&組成変更』の画像

またもSerpong線内で脱線1月14日午後、Serpong線Rangkas Bitung~Citeras間でRangkas Bitung発Tanah Abang行き2017列車が脱線しました。当該はモハ205-238の進行方向前側の台車。現場は緩いカーブ区間で、毎度の如くのせり上がり脱線と思われます。このところ脱線するのは
『【事後報告】205系埼京線ハエ1編成脱線事故当該、暫定8連化』の画像

また組成変更ですか?昨日の更新で大団円と思ったら大間違い。そうジャカルタは甘くありません。なんと、一連の組み替えでオール4ドア化され、編成バランス的も改善されていたハエ24編成が再び形態変更。サハ位置が中途半端な場所に来ると共に、MM'188をH19編成のMM'221と
『205系ハエ24編成再組成変更(MM'ユニット差し替え)』の画像

オール4ドアの12連になったH25+H24編成ドン曇りなので、逆光側から昨年末のジャカルタ鉄界隈を賑わせた、突如の205系再組み替え劇。現在、初回の組み替えはいったん終わり、次の動きが見えない状況ですが、実はあと1本忘れられている存在がありました。それがこちら、H25+
『205系横浜線H25+H24編成12連復帰&組成変更』の画像

スルポン送りになる前に手堅く撮影12月下旬頃から車輪限度値割れにより8連化されていたH28編成ですが、デポック通信でお知らせしている通り、車輪交換を終えて10連に復帰しています。なお、復帰に際して組成が若干変更になっていますので合わせてお知らせします。
『205系横浜線H28編成10連復帰&組成変更』の画像

久々の登場H28編成12月下旬頃より車輪限度値割れの為、205系横浜線H28編成が8連化されています。欠車したのはMM'43の2両。なお、このDepok行き運用をもって、10連に復帰しています(詳細は次回デポック通信で)。8連になってからというものの、Tangerang線の朝夕運運用に専
『205系横浜線H28編成8連化』の画像

12連だと思っていたので立ち位置を間違えました・・・12月下旬より205系M27編成が車輪限度値割れの為、10連化されています。欠車したのはサハ205-89,サハ205-90の2両。欠車時に組成をいじっていない為、単純にサハを2両抜いただけのアンバランスな組成になってしまっています
『205系武蔵野線M27編成10連化』の画像

アクアラッピングが消えたM13編成と、いうわけで昨日に引き続きこちらのネタ。12連化時にアクアラッピングのMM'5029とサハ205‐153がM13編成に組み込まれてしまいましたが、再度それをM15編成に戻すかたちで、こちらも組成変更が同時に行われています。変化としては小さい
『205系武蔵野線M13編成再組成変更』の画像

何が何だか・・・な展開アクアのラッピング繋がりで本日はこちら。12月15日に12連化試運転を実施したM26編成(M15の両端クハは中間運転台化)ですが、18日から運用に入っています。が、それもつかの間、再度編成組み替えが実施されることになりました。どうも、元々M15編成
『【復活!!】武蔵野線205系M15編成(M26編成組み替え)』の画像

12連で菱形・シングルアーム混成は初10M2Tから8M4T化されたM62編成に遅れること1日、差し替え相手となった205系横浜線H27+14編成も8M4T化され運用に復帰しています。貫通12連の横浜編成は初登場です。貫通編成で前後でクハ車番が異なるというのも初の事例と思われるかもし
『【横浜+武蔵野+南武】205系H27+14編成、編成組替え(12月25日)』の画像

この位置で5丁パンタを撮りたかった・・・12月9日から10M2Tの組成で運用開始しているM62編成ですが、結局当初予定されていた8M4Tに組み替えられることになり、24日から新組成で運用に就いています。運用開始当初から組み替えれば良いものの、ここまでずれ込んだ背景には12連
『【10M2T消滅!!】205系武蔵野線M62編成、編成組替え(12月24日)』の画像

貫通オール4ドア12連となったハエ24編成引き続きの組成変更ネタになりますが、ひとまずの最後となるのがこちら、ナハ35+44に6ドア車を取られてしまったハエ24編成です。ナハ35+44からサハ205-59とサハ205-141を組み込んでいます。本当に謎な動きですよね。単純に南武の8+4
『205系ハエ24編成オール4ドア化』の画像

6ドア2両はどこからやってきた??連日お伝えしている、南武線6M6T車の組成変更が続きます。ナハ10+13とトレードするかたちで、サハ205‐59を組み込み一旦はオール4ドア化されたナハ35+44なのですが、朝ラッシュ運用のみか、予備車としてほとんど運用されず、撮影出来ない
『【南武+埼京】205系ナハ35+44編成6ドア2両組み込みへ』の画像

6ドア組み込みが続きます・・・ナハ37+42に引き続き、ナハ10+13編成にも6ドアが新たに1両追加されています。今回の組み替えでは、運用開始前の試運転が実施されず(10連の形態変更などと同じ扱いなのでしょう)、その把握が非常に難しいのですが、12月中旬には既に新たな組
『【もはやカオス】205系ナハ10+13編成、6ドア2両組み込みへ』の画像

6ドアのない横浜線というわけで、続いてはサハ204‐125をナハ37+42に供出してしまったH25+24編成です。8+4で6ドアの入らない12連を期待していたのですが、同時に車輪限度値割れで8連化されてしまいました。ただし、8連化と同時に形態も変更されています。
『205系横浜線H25+24編成オール4ドア&暫定8連化』の画像

形態統一に向かっていた205系に新たな組成が誕生!!10連、12連(6M6T、8M4T)とで、ドア数に関わらず形態変更がようやく達成されると思われていたジャカルタの205系。2019年も暮れ、完成版の編成表が永久保存できるかと思っていた矢先、まさかの組成変更が開始されました。
『【2020年は大波乱の予感?】205系ナハ37+42編成6ドア2両組み込みへ』の画像

さらに短くなった8604F・・・11月11日にしばらくの離脱から10連で復帰した8604Fですが、11月下旬には早くも8連になってしまいました。12月上旬からは車輪限度値割れの為8003Fも離脱したことから、12連で残る東急車は8618F1本のみとなっています。果たして東急車が向かう先は?
『東急8500系8604F、今度は8連に・・・』の画像

忙しくてアップするの忘れていました・・・10月下旬より車輪限度値割れの為、205系H19編成が暫定8連化されていました。欠車していたのはMM'218。なお、12月1日ダイヤ改正からSerppng線の運用が増加するため、11月30日に10連復帰し、さっそくSerpong送りになっています。そろ
『205系横浜線H19編成、暫定8連化』の画像

環状線内に東急車再び11月上旬頃より東急8500系8610Fが車輪限度値割れのため、8連化されています。MG故障で8604Fが12連から10連化されたばかりですが、8610Fまでも短縮化されてしまいました。暫定8連化された203系が全く12連に戻る気配がないところを見ると、東急車もこの
『東急8500系8610F8連化』の画像

Gambirケツ振りは10両編成がV11月中旬ごろから205系南武編成ナハ39+34編成が車輪限度値割れの為10連化されています。今回欠車したのはサハ205‐144,サハ204‐124の2両。久々の南武編成の6+4組成の誕生でSerpong線での運用も実施されています。ネタな編成ではありますが
『【6両+4両】205系南武線ナハ39+34編成10両化』の画像

12連に復帰したM12編成10月下旬より、暫定10連化されていた205系武蔵野線M12編成ですが、11月中旬より、12連に復帰しています。以前こちらの記事で、M12編成の10連化とSerpong運用充当をお知らせしており、欠車2両は車輪限度値割れでないと案内しておりましたが、サハ205‐11
『205系武蔵野線M12編成、12連復帰&組成変更』の画像

2本が12連に戻ったと思えば、また暫定8連が出現10月中旬より205系横浜線H23+4編成が車輪限度値割れの為、暫定8連化されています。せっかく、H17+15、ナハ12+11が12連に戻ったと思えば、再びの短縮編成誕生です。10連も含めると、ハエ20が10連復帰、H18も全検明けと当
『205系横浜線H23+4編成8連化』の画像

↑このページのトップヘ