JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

記録撮影

あくまでも証拠写真です7月中旬から長らく暫定10連化されている205系武蔵野線M35編成ですが、9月に入りスルポン線での運用が確認されています。メルヘン顔のスルポン運用と言えば、やはり暫定10連化されていたM64編成が7月に入線を果たしていますが、VVVF車であるM35編成
『スルポン行きメルヘン第二弾!暫定10連の205系M35編成と現在の運行情報』の画像

コタで並ぶ205系M2編成と6124F名実共にアツい!!ジャカルタの夏が終わりました。7月下旬から順次進んでいた独立記念日に合わせた各編成への国旗掲出ですが、8月末から撤去が進んでいます。やはり山場は最後の土日だったようです。ご承知の通り、8月中頃より、一部編成で旗の
『さらばメラプティ!1か月間楽しい思い出をありがとう!!』の画像

8618Fもお召し仕様にさて、一部の方が疑問に思われている東急車の国旗掲出がどうなっているのかについてお答えしましょう。現地鉄がツイッター等にアップするのも205系や6000系ばかりで東急車の国旗の扱いがどうなっているのか、皆さん気になっているのではないかと思います
『東急8500系8618F「東急車の国旗掲出が注目されなかったわけ」』の画像

先頭車の上部の旧塗装はそのまま放置デポック通信7月分でお知らせしている通り、メトロ6000系6108Fの先頭ラッピングが解除されています。解除時に帯も新たに貼り直しているようですが、腰部のみで上の帯は太いまま、かつ位置も中間車と異なってしまっています。特にデビュー
『斜めカット復活!!メトロ6000系6108Fラッピング解除』の画像

こちらも斜めカット復活レモニロラッピングの解除が続々と進んでいます。既にこちらでもお知らせしている6106F、6108Fに引き続き、同じくラッピングを施したまま全検入場していた6124FもKCIカラーに戻っています。いずれの編成も先頭車にラッピングがなされていたことから、
『メトロ6000系6124F広告ラッピング解除&斜めカット塗装復活』の画像

前面新色、側面旧色チャンプルー編成の登場7月上旬、一世を風靡した?オーガニック系インドミーの新製品、レモリロラッピングの解除が始まっています。今年1月頃から一気に増えた緑色のラッピングですが、半年間の契約が終了した模様です。新製品ということもあり、広告費に
『【斜めカット復活!!】メトロ6000系6106Fラッピング解除』の画像

広告ラッピング撤去が進むMRTJMRTジャカルタ開業から早くも1年が経過しています。順風満帆にも思えたMRTJ、わずか1年後にコロナ禍に直面し、このように閑古鳥が鳴いてしまうとは誰が予想したでしょうか・・・。KCIとは対照的に中間層以上のマイカー利用者の転移を目指しただ
『【原色復活!!】MRTジャカルタ、Jak Lingkoロゴ設置』の画像

プリオク専属になってしまった6107F外出自粛規制解除後も、引き続き私の怪社は自宅勤務中ですので、逆に線路際に出る機会は増えております(笑)しかし、本当に感じるのはこの半年でメトロ車8連、つまりチョッパ制御編成をめっきり見かけなくなってしまったことです。今年に入
『【出場したものの・・・】先行き案じられるメトロチョッパ車3本』の画像

2月以来3か月ぶりに撮影今年2月の10連復帰と同時にI-COND ACI-4202の試験搭載を行っている205系埼京線ハエ11編成ですが、月検査でスルポン運用を外れ、珍しくブカシ線に入っていました(この時期、ボゴール線ではクハ205-99側を順光でほぼ撮れない・・・方転しない限り)ので、つ
『【冷房換装】205系埼京線ハエ11編成(撮り直し)』の画像

ネタではあるが、事故なんて起きないに越したことは無い・・・5月18日夕方、205系武蔵野線M65編成が環状線内で踏切事故に当該(バイクと接触)しており、クハ205-149のスカートを損傷しています。幸いスカートのみの損傷で良かったですが、この編成は今年3月にも踏切事故で、この
『【美人薄命】205系M65編成、再び踏切事故当該・・・』の画像

何故かタンジュンプリオク線でデビューを果たした205系武蔵野線M33編成トホホな前面が気になります205系M33編成、そしてメトロ05系104Fと、デビュー&休車明け復帰早々にタンジュンプリオク線運用に押し込まれていた2本。その後も1~2週間ほどその運用で固定されていましたが
『【撮り直し】205系武蔵野線M33編成&メトロ05系104F』の画像

週末はライスビューでリフレッシュ結局、KLB号の撮り直しのため、週末は田舎エリア(といっても電化区間ですが)まで足を延ばしてみました。ブカシ線のBekasi以東はご承知の通り、極端に本数が減るわけで、この炎天下の下で1時間に2本あるかどうかのところで、張り込むのは
『【残り1本】貴重な細帯を纏うメトロ6000系6118F』の画像

6105Fが久々にボゴール線に復帰、これが意味するものは?当ブログをいつもご覧の方ならば、もう耳にタコが出来るほど聞かされ重々承知とは思いますが、次に運用落ちするメトロ車は6000系6105Fと05系05-102Fとみて間違いないでしょう。おいおい、もう1年以上前から聞かされて
『いつ落ちるかわからない!!今撮るべき東京メトロ車2本』の画像

6129Fもフルラッピングに先日、メトロ6000系の広告ラッピング車を紹介しましたが、その後新たに6129Fもフルラッピングとなりました。しかも、今回は10両とも同じ広告で統一されています。クリーム色なだけに、肌荒れ用?クリームの広告のようです。6132Fにも半分だけ出てい
『【広告ラッピング】カラフルメトロ6000系その2』の画像

前面車番まさかの復活!!3月下旬頃より、東急8500系8618Fの前面車番が復活しています。この編成は一部車両の車輪削正のため一時的に運用を離脱していましたが、その間にBukit Duri電車区の遊び心で前面貫通扉部分に車番を入れています。おそらくKCIロゴが欠落間際で、な
『東急8500系8618F前面車番復活』の画像

フルラッピングになった6132F3月に入り、メトロ6000系への広告ラッピングが一気に拡大しています。以前、アルミ車へのラッピング再解禁後、6131Fがフルラッピングになっていますが、そちらは3ヵ月程で解除。その後も拡大の兆しは見られなかったのですが、ここにきて爆発的
『【広告ラッピング】カラフルメトロ6000系』の画像

ついにメルヘン顔のロゴも欠落3月21日撮影(この数日後にホワイトボードに・・・)3月下旬、205系武蔵野線M64編成のクハ205-148の前面ロゴが欠落しているのが確認されています。品質に問題のある新ロゴですが、何故かメルヘン顔とは相性が良いのか、1本もトホホ顔が発生してい
『【メルヘンもトホホ】205系武蔵野線M64編成ロゴ欠落』の画像

アルミ車ラッピングが解禁されて数か月・・・205系のしょうもないネタばかり上げていても仕方ないので、最近ご無沙汰気味なメトロ6000系を。昨年末にラッピングが再解禁され、ジワジワを増えつつあるのですが、いっときほどの急激な増加は見られず、今のところは安心していま
『メトロ6000系のラッピング車動向』の画像

Angke行き幕で停車中のナハ3+36さて、Depok電車区の橋の上から駅に戻ると、Angke行きで12連の205系が停車していました。環状線の12連運用は昨年9月のダイヤ修正で誕生したものの、Karet駅が10連分のホーム有効長しかないことから、あくまでも暫定的な扱いで、運用の組み替
『205系南武線ナハ3+36編成(環状線10連運用代走)』の画像

9日ぶりに運用入りした5000系5817F1月4日の朝ラッシュ運用を最後に、Depok電車区で休車状態が続いていた5817Fですが1月13日の夕方出庫運用に充当されました。引退か続投か、様々な憶測が飛び交う中、昭和の古豪ここにあり!!と存在感を見せつけています。とは言え、いつ落
『最後の1本!!メトロ5000系5817F(67F)』の画像

さよなら、ノーラッピングの美しい姿・・・メトロ車への広告ラッピングが再開されている今日この頃ですが、同じくアルミ車への解禁ということで、203系マト69編成へのラッピングが12月下旬頃から確認されています。205系導入前、いっとき広告だらけという時代がありましたが
『【ラッピング復活】203系マト69編成』の画像

一部に熱狂的ファンを持つ6106F毎度紹介している通り、なかなか撮れないメトロ車トリオの一つ6106Fですが、最近Bogor線内でいくらか撮影機会がありました。2018年の出場編成ですが、塗装のノリも良く、ピカピカな状態が保持されています。KCIロゴが未撤去というのも好印象
『メトロ6000系6106F(ブレーキシューのメーカー試験中?)』の画像

青い京浜東北線ラッピング?11月下旬頃より、これまで広告化の対象から外れていた205系武蔵野線編成、及びメトロ6000系VVVF車へのラッピング施行が相次いで確認されています。某所に投稿している通り、KCIは中国とズブズブの関係にある国営企業省(新政権での国営企業省はま
『205系武蔵野線M15編成フルラッピング化』の画像

ある意味、ロゴを撤去してもらいたかった編成・・・このところ205系のアップばかり続いてしまいましたので、5000系にでも登場してもらいましょう。10月20日・21日と205系武蔵野線の8連が3本が組み替えのため運用できなくなりましたので、やはりそのタイミングで5817Fはし
『孤軍奮闘!メトロ5000系5817F』の画像

床下チャンプルーなM36編成10月20日に相次いで12連化後試運転を実施した205系武蔵野線M36編成とM34+29編成ですが、翌21日より営業に復帰しています。今更ですが、順光で撮り直しましたのでアップしておきます。まずは、8連時代になかなか撮影機会のなかったM36編成。「
『【12連化後】205系武蔵野線M36編成&M34+29編成』の画像

ようやくBogor線に戻ってきたマト698月分の全検入場編成だったマト69編成、出場後はさっさとSerpong線に送り込まれてしまい、しかも基本はParung Panjang常駐の予備車という立ち回りで、その留置シーンを撮って以来、全くご無沙汰でしたが、その任も解かれようやくBogor線に
『検査明けの203系マト69編成走行画像を』の画像

12両中7両がネスレのラッピングになったH6+89月上旬頃より、205系H6+8、ナハ3+36、ナハ43+38編成にネスレの加工乳ラッピングが施されています。いずれも先頭車を含む7両に実施されており、あたかもアドトレインのようになっています。組成が安定するまで武蔵野編成にラッピン
『太っ腹?ネスレラッピング、205系H6+8編成他』の画像

パッと見、臨時Parahyanganにしか見えません朝の中央線内に日が回るようになったので、今更ながらArgo Cheribonを撮りました。武蔵野五陣の12連を待ち構えている間にやってきたというのが正しいのですが。真っ当な新列車ならすぐにでも撮りに行きますが、これじゃわざわざ待
『ぼったくり特急Argo Cheribonを撮る』の画像

せっかくの6107Fが!!各編成のロゴ撤去が止まりません。当初のメトロVVVF車を皮切りに205系12連車、そして全検明け編成にはそもそも設置しないという流れになってきましたが、Depok電車区をねぐらとしているメトロチョッパ車も例にもれません。現時点で逆にロゴが付いている
『トホホなKCIロゴ粛清される・・・メトロチョッパ車編』の画像

閑散期ながら突如現れたボロ客車特急正体は?先日、74周年記念パラヒャンガンを撮りに平日朝練をしていたときのこと、謎の列車が現れました。臨時列車の設定などない閑散期の平日に、一体何事かと思いましたが、サボを見るとTaksakaでした。すでにステンレス化されていながら
『【悲報?】特急Taksaka、ボロに戻る』の画像

安定した走りを見せる5M5Tの6000系武蔵野編成ばかりでマンネリですので、メトロ6000系6130Fです。ネット上に6130Fが故障しただの廃車になるだのいうデマが流れていますが、全く問題なく毎日運用に入っておりますのでご安心ください。9月4日夕方発生したManggarai駅北側での乱
『元気です!メトロ6000系6130F』の画像

広告ラッピングなしになったH1編成特にネタもないので、205系10連ものの回収にSerpong朝練をしてきました。細かい動きは、やはりこうしてチェックしないと見逃してしまいます。編成札なし、LED故障というわけで、ファインダー越しにH1編成かよ・・・とため息が出てしまったの
『ダサすぎる205系横浜線H1編成、汚名返上なるか』の画像

こちらもフルラッピングとなったArgo Parahyanganついに今年はCommuterへの国旗掲出が全廃になった反面、ハエ30編成をフルラッピングした特別列車を仕立てています。一方KAIの客レはCC201の第一エンド側には、まだまだ掲出しているのが見受けられますが、CC206の台頭で、その
『独立74周年記念パラヒャンガンを撮る』の画像

久しぶりに5000系でもアップここ1週間ほど205系のアップばかりで、失礼いたしました・・・。というわけで、昨日の朝練から5817Fをピックアップ。1080Fと共に俄かに注目編成となりつつあり、インドネシア人鉄だけでなく、日本人鉄から熱い視線が注がれているというのはなんだ
『なんとなくメトロ5000系5817F』の画像

編成札と前面幕を備えるM13編成トホホな武蔵野線編成ばかり上げていてもアレなので・・・(とはいえ、何故かアクセス数は稼ぐんですよね;;)、今回は数少ない格好いい武蔵野線編成を。退色やロゴ欠落が目立つ、205系武蔵野線編成の中で、比較的良好な状態を保つのは、第二陣
『今撮るべき武蔵野線の205系』の画像

Gambir発朝イチのParahyanganを迎え撃つジャカルタに居てもネタがないし、ガスってるし、なにより線路際に大宮BTがたくさん居るというので、ちょっくらバンドン方面に遠出しました。元々撮り鉄ではないので、わざわざ車を使ってまでして沿線撮影するのはどうなのよ、と思うの
『【遠足】バンドン山線余部俯瞰』の画像

化粧直しに期待するも・・・長らくSerpong線に行ったきりになっていた203系マト69編成が、運輸省による性能確認のため、先週中ごろDepokに戻ってきており、マト52の先例から、まさか塗装変更があるか?と期待しましたがダメでした。まあ、久しぶりにマト69が撮れたので満足で
『久しぶりに撮影も変化なし、203系マト69編成』の画像

曇りキング、6127F・・・お化粧直しネタばかりでは、飽きて来るでしょうから別のネタを。久々にメトロ車に広告ラッピングが出ました。よりによって6127Fかよ・・・とも思うのですが、C-Cornerなら仕方ないか・・・。いっときほどの勢いのなくなってしまったC-Cornerですの
『メトロ6000系6127F大窓に??』の画像

何の面白みもない臨時ArgoDwipanga新型客車を充当した臨時列車の続きです。全くネタでもなんでもありませんが、以前との比較ということで・・・。年始はCikiniの駅先端で撮っておりました。→【臨時列車撮影記】Argo Dwipanga Tambahan
『新型客車も早くも波動用に!特急ArgoDwipanga Tambahan』の画像

何のネタにもなりませんがTawang Jaya Lebaranなかなか終わりの見えてこないレバランネタ・・・。この前の更新で、新型客車がレバラン臨に回っているという話をしましたが、そういえばこんな列車もありました。Purwosari Tambahanのちょうど30分前を通過したTawang Jara Leba
『新型客車も早くも波動用に!急行Tawang Jaya Lebaran』の画像

帰ってきたK9こんなの上げて需要があるのかどうかですが、旧Argo Bromo Angrek専用車が果たしてどこへ消えたのかと気になっている方も一定数いるかと思いますので、アップしておきます。Argo Bromo Angrekのステンレス化後、余剰になっていたK9車ですが、台車設計上、北本線
『定期列車にも変化あり!特急Argo Muria』の画像

化粧直しの波は7000系にも波及7月上旬、7000系7117Fの前面が2019年仕様の明るい赤色に再塗装され、営業運用に復帰しています。当面、前面塗装乱れの激しい6120,6121,6129Fにのみ再塗装を実施するものと思っていましたが、検査後2年が過ぎ、一部剥がれが発生している編成も再
『メトロ7000系7117F化粧直し』の画像

ビジネス5両+エグゼクティブ5両の堂々たる急行Mataramダラダラ続けているレバラン臨シリーズですが、こうしてみると細かい部分でかなりの変化があったわけなのです。ひとえに、ステンレス客車の大量増備ということになりますが、そのあおりで新型からボロに戻ってしまったと
『このまま定期列車格上げか?急行Mataram』の画像

荷物車+K3×6+KMPという田舎の急行列車という表現がピッタリのSerayuだらだらとアップを続けている、レバランの客レシリーズですが、ちょっと一休み。逆に変化が全くない、伝統の急行Serayuです。いっとき、荷物車が消えた時期もありましたが、また復活しているのですね(ここ
『レバランもなんのその!我が道を行く急行スラユ』の画像

編成札が設置されたM12編成。ロゴが・・・Bukit Duri電車区とBogor電車区での配置換えの影響で、色々な動きが出ている205系ですが、Depok所属だった12連2本もBukit Duriに転属となっています。というか、205系武蔵野編成を12連にするためにBukit Duriに転属させているので、
『205系武蔵野線M12編成,M16,10編成、所属区変更により編成札設置』の画像

定期白銀編成の復活もはや旧聞に値してしまいますが、レバラン輸送に合わせた5月26日より、Argo Bromo Angrekに続く第二弾として、Argo Diwipanga、Argo Lawu、Taksaka、Gajayanaへのラグジュリークラスの連結が始まっています(8両が落成したものと思われます)。今回、この車
『定期列車にも変化あり!Luxury2連結の特急Argo Dwipanga!!』の画像

ボロと言えば、こちらも忘れられないTaksaka LebaranPurwojayaに負けず劣らずな、Taksakaです。定期列車こそステンレス化されてしまい、かつての面影はなくなってしまいましたが、臨時となるとボロ客車が健在です。大窓、小窓に元青胴の珍ドコぶりをお楽しみください??
『ボロの代名詞!特急Taksaka Lebaran』の画像

時間が時間だけに逆光承知です・・・今年初登場の謎多き臨時列車、Argo Jati Tambahanです。昼下がりに出るCirebon行き臨時と言えば、前のムハンマド昇天祭臨において、Gambir14:30のKLB Cirebon Tambahanというトンデモ列車が設定されていましたが、あくまでもCirebon客車
『初登場!!13:20発の特急Argo Jati Tambahan』の画像

レバラン恒例、臨時Purwojaya先日、レバラン時刻表をアップしましたが、一点書き忘れていたことがありました。毎度お馴染みの臨時Purwojayaですが、今年からK2の連結がなくなり、オールエグゼクティブ化されました。定期列車からビジネスが廃止されて久しく、かろうじで臨時
『安定のボロさ!特急Purwojaya Lebaran』の画像

囚人護送列車の如く、客車カラーの荷物列車が行く前回の記事でレバラン臨時刻表をアップしましたが、今回は時刻表に載らないレバラン臨を。レバラン期間中は道路も鉄路も人間輸送を最優先すべく、貨物輸送が一切ストップしますが、そんな中設定される荷物列車がこちら、MOTIS
『恐怖のAling Aling五重奏!!臨時急行貨物MotorGratis』の画像

↑このページのトップヘ