JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

記録撮影

ついに晴れカット在庫切れです・・・月曜日から一度も晴れずに終わったジャカルタ・・・。全く撮影にも出ていませんが、この1本だけ駅撮りで回収です。2月15日付けの記事にてお知らせしている通り、2021年1発目の全検(P48)出場編成となるH1編成が運用を開始していますが、運用開始
『【車内画像も】205系横浜線H1編成前面ロゴ設置』の画像

JakLingkoロゴ+オリジナル帯はやはり貴重な存在に?結局この1週間、曇りのち雨で終わってしまいました・・・。色々KCIでアップしなければならない編成があるわけですが・・・気分転換でMRTでも。先週、不思議と怪社所用で乗車する機会が何度かありまして、ついでに撮影。開業後半年
『【ジャカルタ地下鉄】経済回復の兆し?MRTJ、広告ラッピング徐々に増える』の画像

新ロゴ化も無く、見た目に変化はありませんが・・・このところ205系ばかりのアップでいい加減飽き飽きしている頃合いと思いますので、地下鉄電車を。とはいえ、何ら変わり映えのしない画ではありますが・・・、実は7122F、昨年末頃から2~3か月ほど運用を離脱していました。理由は
『7117Fから部品もぎ取りか?メトロ7000系7122F久々の運用入り』の画像

新色もすっかりジャカルタに馴染んできましたねようやく編成札も設置武蔵野第11陣の2本、ジョグジャのオレンジ帯編成が話題を振りまいていますが、ジャカルタの濃いオレンジ帯編成にも小変化です。デビュー当時から新塗装を纏うことになった武蔵野第12陣3本はM20編成を除いて
『【武蔵野第12陣】205系M4,17,20編成編成札設置続々』の画像

え?何これ?と思った人も多いはず1月下旬頃より、昨年末から今年初めにかけて化粧直しが実施された一部の205系に対してさらなる塗装変更が加えられています。塗装変更と言っても微修正といった程度のことなのですが、これまでの処理とは明らかに異なるデザインとなり、違和感
『旧塗装車に今更の新仕様発生…205系横浜線H23+4編成他』の画像

場末地帯を行く新塗装8連のまま運用開始した205系武蔵野線第12陣編成ですが、早速前面のトホホLED化が進んでいます。年末までにM20編成を除く2本がLED化されているのが確認されています。年末年始、連日の雨で撮影に行く気すら起きないのですが、そんな中、M4編成が年末から
『205系武蔵野線M4編成、前面表示器LED化&プリオク線運用へ』の画像

このご時世でまさかのフルラッピングとなった6131F昨年3月以来のコロナ禍では、乗客の5割減に加え、第二の収入の柱としていた広告収入も激減しており、KCIの財務事情は非常に厳しいものになっています。特に広告費の高い車体ラッピングは、3月以降、基本的に政府系広告のみと
『【真っ白な6000系】メトロ千代田線6131F再びフルラッピングに』の画像

結局8連のまま2020年が終わろうとしています・・・画像は8604Fさて、気づけば大晦日。コロナ禍にはいっこうに終息の兆しが見えず、3月中旬以来のステイホームで、例年以上に1年が一瞬で過ぎ去りました。もちろん、時が経つのが早いというのは、それだけ鉄ネタに充実していたとい
『来年もあると思うな!?東急8500系8連(8604F,8610F)』の画像

203系で唯一新ロゴ化されたマト66編成残存3本のうち2本が暫定短縮化されている203系。特にマト66編成は7月26日に12連化されたものの、わずか1週間で暫定8連化されています。さらに、僅かに先んじてマト69編成も同じく暫定8連化されており、それより後から短縮化された205系
『元組成復帰はまだ?203系常磐線マト66編成&マト69編成』の画像

美しく蘇ったH17+H15205系塗装劣化編成の化粧直しが続々と進んでいます。今回は9月下旬から暫定8連化されているH17+H15編成を紹介します。というか、この編成、最近記事に上がる頻度が高すぎるのですが・・・、帯部分がシミかソバカスのように色あせが進んでいましたので、皆さ
『【暫定編成のまま再塗装】205系横浜線H17+15編成化粧直し』の画像

不調なのか??こちらも全然撮影できず・・・昨日アップした205系M51編成と合わせ、全く撮影チャンスのなかったのがこちらメトロ6000系6120F。10月7日に試運転を実施し9日から運用復帰していますが、これも復帰に際し、新ロゴステッカーを掲出しています。ある意味、ロゴ無し試運
『新ロゴで運用復帰!!メトロ6000系6120F』の画像

約3か月ぶりの運用復帰!!10月10日に車輪交換明け試運転を実施していた205系武蔵野線M51編成ですが、12日より運用に復帰しています。またこれに合わせ、前面ロゴの新ロゴ化が実施されています。せっかくのネタ編成がトホホ状態とはとにかく残念で、このような正調な姿に戻っ
『新ロゴで運用再開!!205系武蔵野線M51編成』の画像

薄曇りですみません・・・205系ばかりが続いたお詫びに、本日はメトロ車の話題を。9月下旬頃(※要出典)メトロ6000系6105Fが前面の再塗装を行い運用に復帰しています。これまでの流れで行くと要検(P24)を受けているはずですが、検査表記は未更新のままで確証はありません。要検
『【要検出場?】メトロ6000系6105F前面化粧直し』の画像

8604Fにも新ロゴ設置旧KAIロゴとの共演!!最近、205系ばかりの更新で恐縮です。気分転換に昨日のデポック通信に登場した8604Fを。ロゴ無し編成に新ロゴが優先的に貼られていることから(運用にほとんど入らないのに05系なんてほとんど新ロゴになっています;;)、処遇が注目され
『これもレア貴重?東急8500系8604F新ロゴ設置』の画像

今だけの光景です元M61編成のMM'ユニット(5064)を組み込むことから、ゲテモノと呼ばれているらしいM32編成。しかし、偶然なのか、わざとなのか長らく組み替え対象から外され、8連のまま運用に就いています。ただし、先日お知らせしている通り車輪限度値割れ絡みでサハ2両がM
『さらなるゲテモノへ?205系武蔵野線M32編成新ロゴ設置』の画像

神出鬼没の205系10連モノは動向把握が大変です・・・でもこれからは・・・9月中旬頃??(※要出典)、205系横浜線H19編成が要検出場し前面を再塗装の上運用に復帰しています。H19編成は2018年2月に全検出場し、2017年~2018年前半にかけて流行していたHMステーの黄色塗装化が実施され
『【要検出場】205系横浜線H19編成前面化粧直し』の画像

化粧直しでロゴ撤去9月下旬頃、メトロ6000系6133Fが前面再塗装を実施し、運用に復帰しています。前回出場が2018年1月と既に2年以上経過していますが、当時の塗料は質が良かったのか、最近までも非常に状態が良かったものの、このタイミングでの化粧直しとなりました。それよ
『メトロ6000系6133F前面化粧直し』の画像

一瞬、どの編成が来たのか理解できませんでしたよ・・・H6+8?でも編成札が赤いなと、混乱しました化粧直し編成が増えています。9月中旬、武蔵野線205系M27編成が前面化粧直しを実施し運用に復帰しています。いよいよトホホな武蔵野編成にメスが入ったと言えそうですが、もっと
『205系武蔵野線M27編成前面化粧直し』の画像

ゼッケンのような新ロゴ貨物牽引の206なら似合うかも??9月28日のKAI創立75周年記念式典にてお披露目されたKAI新ロゴですが、本社のお膝元BD所属車と第1事業部JNG所属車を中心に着々とロゴ更新罐が増えています。また数が数だけに相当の時間がかかると思われますが、客車につ
『さらば旧塗装、新旧入り乱れのブカシ朝練』の画像

え?マト52がまた短くなった??いえ、マト66です9月中旬頃から、一部の塗装が劣化している編成にて前面の化粧直しが始まっています。これで、ようやくトホホな武蔵野線が消滅するかと思いきや、まずやってきたのはマト66でした。まあ、確かにマト66もだいぶ肌荒れが進んでいま
『203系常磐線マト66編成、前面化粧直し』の画像

あくまでも証拠写真です7月中旬から長らく暫定10連化されている205系武蔵野線M35編成ですが、9月に入りスルポン線での運用が確認されています。メルヘン顔のスルポン運用と言えば、やはり暫定10連化されていたM64編成が7月に入線を果たしていますが、VVVF車であるM35編成
『スルポン行きメルヘン第二弾!暫定10連の205系M35編成と現在の運行情報』の画像

コタで並ぶ205系M2編成と6124F名実共にアツい!!ジャカルタの夏が終わりました。7月下旬から順次進んでいた独立記念日に合わせた各編成への国旗掲出ですが、8月末から撤去が進んでいます。やはり山場は最後の土日だったようです。ご承知の通り、8月中頃より、一部編成で旗の
『さらばメラプティ!1か月間楽しい思い出をありがとう!!』の画像

8618Fもお召し仕様にさて、一部の方が疑問に思われている東急車の国旗掲出がどうなっているのかについてお答えしましょう。現地鉄がツイッター等にアップするのも205系や6000系ばかりで東急車の国旗の扱いがどうなっているのか、皆さん気になっているのではないかと思います
『東急8500系8618F「東急車の国旗掲出が注目されなかったわけ」』の画像

先頭車の上部の旧塗装はそのまま放置デポック通信7月分でお知らせしている通り、メトロ6000系6108Fの先頭ラッピングが解除されています。解除時に帯も新たに貼り直しているようですが、腰部のみで上の帯は太いまま、かつ位置も中間車と異なってしまっています。特にデビュー
『斜めカット復活!!メトロ6000系6108Fラッピング解除』の画像

こちらも斜めカット復活レモニロラッピングの解除が続々と進んでいます。既にこちらでもお知らせしている6106F、6108Fに引き続き、同じくラッピングを施したまま全検入場していた6124FもKCIカラーに戻っています。いずれの編成も先頭車にラッピングがなされていたことから、
『メトロ6000系6124F広告ラッピング解除&斜めカット塗装復活』の画像

前面新色、側面旧色チャンプルー編成の登場7月上旬、一世を風靡した?オーガニック系インドミーの新製品、レモリロラッピングの解除が始まっています。今年1月頃から一気に増えた緑色のラッピングですが、半年間の契約が終了した模様です。新製品ということもあり、広告費に
『【斜めカット復活!!】メトロ6000系6106Fラッピング解除』の画像

広告ラッピング撤去が進むMRTJMRTジャカルタ開業から早くも1年が経過しています。順風満帆にも思えたMRTJ、わずか1年後にコロナ禍に直面し、このように閑古鳥が鳴いてしまうとは誰が予想したでしょうか・・・。KCIとは対照的に中間層以上のマイカー利用者の転移を目指しただ
『【原色復活!!】MRTジャカルタ、Jak Lingkoロゴ設置』の画像

プリオク専属になってしまった6107F外出自粛規制解除後も、引き続き私の怪社は自宅勤務中ですので、逆に線路際に出る機会は増えております(笑)しかし、本当に感じるのはこの半年でメトロ車8連、つまりチョッパ制御編成をめっきり見かけなくなってしまったことです。今年に入
『【出場したものの・・・】先行き案じられるメトロチョッパ車3本』の画像

2月以来3か月ぶりに撮影今年2月の10連復帰と同時にI-COND ACI-4202の試験搭載を行っている205系埼京線ハエ11編成ですが、月検査でスルポン運用を外れ、珍しくブカシ線に入っていました(この時期、ボゴール線ではクハ205-99側を順光でほぼ撮れない・・・方転しない限り)ので、つ
『【冷房換装】205系埼京線ハエ11編成(撮り直し)』の画像

ネタではあるが、事故なんて起きないに越したことは無い・・・5月18日夕方、205系武蔵野線M65編成が環状線内で踏切事故に当該(バイクと接触)しており、クハ205-149のスカートを損傷しています。幸いスカートのみの損傷で良かったですが、この編成は今年3月にも踏切事故で、この
『【美人薄命】205系M65編成、再び踏切事故当該・・・』の画像

何故かタンジュンプリオク線でデビューを果たした205系武蔵野線M33編成トホホな前面が気になります205系M33編成、そしてメトロ05系104Fと、デビュー&休車明け復帰早々にタンジュンプリオク線運用に押し込まれていた2本。その後も1~2週間ほどその運用で固定されていましたが
『【撮り直し】205系武蔵野線M33編成&メトロ05系104F』の画像

週末はライスビューでリフレッシュ結局、KLB号の撮り直しのため、週末は田舎エリア(といっても電化区間ですが)まで足を延ばしてみました。ブカシ線のBekasi以東はご承知の通り、極端に本数が減るわけで、この炎天下の下で1時間に2本あるかどうかのところで、張り込むのは
『【残り1本】貴重な細帯を纏うメトロ6000系6118F』の画像

6105Fが久々にボゴール線に復帰、これが意味するものは?当ブログをいつもご覧の方ならば、もう耳にタコが出来るほど聞かされ重々承知とは思いますが、次に運用落ちするメトロ車は6000系6105Fと05系05-102Fとみて間違いないでしょう。おいおい、もう1年以上前から聞かされて
『いつ落ちるかわからない!!今撮るべき東京メトロ車2本』の画像

6129Fもフルラッピングに先日、メトロ6000系の広告ラッピング車を紹介しましたが、その後新たに6129Fもフルラッピングとなりました。しかも、今回は10両とも同じ広告で統一されています。クリーム色なだけに、肌荒れ用?クリームの広告のようです。6132Fにも半分だけ出てい
『【広告ラッピング】カラフルメトロ6000系その2』の画像

前面車番まさかの復活!!3月下旬頃より、東急8500系8618Fの前面車番が復活しています。この編成は一部車両の車輪削正のため一時的に運用を離脱していましたが、その間にBukit Duri電車区の遊び心で前面貫通扉部分に車番を入れています。おそらくKCIロゴが欠落間際で、な
『東急8500系8618F前面車番復活』の画像

フルラッピングになった6132F3月に入り、メトロ6000系への広告ラッピングが一気に拡大しています。以前、アルミ車へのラッピング再解禁後、6131Fがフルラッピングになっていますが、そちらは3ヵ月程で解除。その後も拡大の兆しは見られなかったのですが、ここにきて爆発的
『【広告ラッピング】カラフルメトロ6000系』の画像

ついにメルヘン顔のロゴも欠落3月21日撮影(この数日後にホワイトボードに・・・)3月下旬、205系武蔵野線M64編成のクハ205-148の前面ロゴが欠落しているのが確認されています。品質に問題のある新ロゴですが、何故かメルヘン顔とは相性が良いのか、1本もトホホ顔が発生してい
『【メルヘンもトホホ】205系武蔵野線M64編成ロゴ欠落』の画像

アルミ車ラッピングが解禁されて数か月・・・205系のしょうもないネタばかり上げていても仕方ないので、最近ご無沙汰気味なメトロ6000系を。昨年末にラッピングが再解禁され、ジワジワを増えつつあるのですが、いっときほどの急激な増加は見られず、今のところは安心していま
『メトロ6000系のラッピング車動向』の画像

Angke行き幕で停車中のナハ3+36さて、Depok電車区の橋の上から駅に戻ると、Angke行きで12連の205系が停車していました。環状線の12連運用は昨年9月のダイヤ修正で誕生したものの、Karet駅が10連分のホーム有効長しかないことから、あくまでも暫定的な扱いで、運用の組み替
『205系南武線ナハ3+36編成(環状線10連運用代走)』の画像

9日ぶりに運用入りした5000系5817F1月4日の朝ラッシュ運用を最後に、Depok電車区で休車状態が続いていた5817Fですが1月13日の夕方出庫運用に充当されました。引退か続投か、様々な憶測が飛び交う中、昭和の古豪ここにあり!!と存在感を見せつけています。とは言え、いつ落
『最後の1本!!メトロ5000系5817F(67F)』の画像

さよなら、ノーラッピングの美しい姿・・・メトロ車への広告ラッピングが再開されている今日この頃ですが、同じくアルミ車への解禁ということで、203系マト69編成へのラッピングが12月下旬頃から確認されています。205系導入前、いっとき広告だらけという時代がありましたが
『【ラッピング復活】203系マト69編成』の画像

一部に熱狂的ファンを持つ6106F毎度紹介している通り、なかなか撮れないメトロ車トリオの一つ6106Fですが、最近Bogor線内でいくらか撮影機会がありました。2018年の出場編成ですが、塗装のノリも良く、ピカピカな状態が保持されています。KCIロゴが未撤去というのも好印象
『メトロ6000系6106F(ブレーキシューのメーカー試験中?)』の画像

青い京浜東北線ラッピング?11月下旬頃より、これまで広告化の対象から外れていた205系武蔵野線編成、及びメトロ6000系VVVF車へのラッピング施行が相次いで確認されています。某所に投稿している通り、KCIは中国とズブズブの関係にある国営企業省(新政権での国営企業省はま
『205系武蔵野線M15編成フルラッピング化』の画像

ある意味、ロゴを撤去してもらいたかった編成・・・このところ205系のアップばかり続いてしまいましたので、5000系にでも登場してもらいましょう。10月20日・21日と205系武蔵野線の8連が3本が組み替えのため運用できなくなりましたので、やはりそのタイミングで5817Fはし
『孤軍奮闘!メトロ5000系5817F』の画像

床下チャンプルーなM36編成10月20日に相次いで12連化後試運転を実施した205系武蔵野線M36編成とM34+29編成ですが、翌21日より営業に復帰しています。今更ですが、順光で撮り直しましたのでアップしておきます。まずは、8連時代になかなか撮影機会のなかったM36編成。「
『【12連化後】205系武蔵野線M36編成&M34+29編成』の画像

ようやくBogor線に戻ってきたマト698月分の全検入場編成だったマト69編成、出場後はさっさとSerpong線に送り込まれてしまい、しかも基本はParung Panjang常駐の予備車という立ち回りで、その留置シーンを撮って以来、全くご無沙汰でしたが、その任も解かれようやくBogor線に
『検査明けの203系マト69編成走行画像を』の画像

12両中7両がネスレのラッピングになったH6+89月上旬頃より、205系H6+8、ナハ3+36、ナハ43+38編成にネスレの加工乳ラッピングが施されています。いずれも先頭車を含む7両に実施されており、あたかもアドトレインのようになっています。組成が安定するまで武蔵野編成にラッピン
『太っ腹?ネスレラッピング、205系H6+8編成他』の画像

パッと見、臨時Parahyanganにしか見えません朝の中央線内に日が回るようになったので、今更ながらArgo Cheribonを撮りました。武蔵野五陣の12連を待ち構えている間にやってきたというのが正しいのですが。真っ当な新列車ならすぐにでも撮りに行きますが、これじゃわざわざ待
『ぼったくり特急Argo Cheribonを撮る』の画像

せっかくの6107Fが!!各編成のロゴ撤去が止まりません。当初のメトロVVVF車を皮切りに205系12連車、そして全検明け編成にはそもそも設置しないという流れになってきましたが、Depok電車区をねぐらとしているメトロチョッパ車も例にもれません。現時点で逆にロゴが付いている
『トホホなKCIロゴ粛清される・・・メトロチョッパ車編』の画像

↑このページのトップヘ