JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KAI COMMUTER JABODETABEKの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

記録撮影

1080FにもKCJロゴ設置5817Fとは裏腹に、逆にロゴが設置されて、キリっとした印象になった1080Fです。東急車と同様に、ロゴがないと、なんだか微妙な顔つきでしたので。検査期限で行くとあと1年しか余命がないことになりますが、ロゴが付いたことで、果たしてどうなるでしょう
『東葉高速1000形1080F』の画像

編成札設置、ロゴなし状態の8508F約1年間続いた東急車のロゴなし(8604Fのみ、KAIロゴが残存)の姿。どうも、顔が引き締まらず、なんだかなぁと思っていたのですが、旧車番部分にKCIロゴが付くことで印象が変わりましたね。まぁ、そのお顔は今後しばらく拝めるでしょうから、見
『東急8608F(ロゴなし)』の画像

12月31日時点で、まだKCJロゴだったマト664M6Tのまま活躍しているマト66、唯一女性専用ラッピングが残る203系でもありますが、残念ながらKCIロゴの姿を撮れぬまま、当方一時帰国(半分仕事・・・)となってしまいました。おそらく今年中に全検入場でしょうし、これもKCIロゴ姿
『203系マト66編成』の画像

ラッピング処理のKCIロゴは貴重?2017年中に入場できず、2018年の全検に繰り越しになってしまったハエ31。埼京編成で一番遅いデビューでしたので、まあ自ずと最後となってしまうのでしょうか。しかし、ロゴ更新だけはしっかりされており、あとわずかな期間、この姿の運用にな
『205系ハエ31編成』の画像

スマートな印象の05‐104Fどうしても、私が昔から東西線とは縁のない生活を送っていたことからなのか、当ブログでの05系の登場頻度が下がっている(それだけ何もトラブルがないという意味でもあり、良いことなのですが;;)わけですが、ロゴ更新した姿をアップしてくれと言わ
『メトロ05系05‐104F,05‐105F』の画像

今年中の入場は確定ですが、早くお化粧直ししてもらいたいナハ7,8ナハ7,8の広告が増えています。また、KCIロゴも掲出されましたが、相変わらず剥げだらけの前面です・・・。
『205系ナハ7,8』の画像

これはダサすぎる・・・現地ヲタからもクレームの嵐・・・。5817FヘのKCIロゴ掲出です・・・。現場の人だって、本来のロゴ位置は運転台窓の上、オデコ部分というのは知っているでしょうに、単なる手抜きです。これはいただけんなぁ。
『メトロ5000系5817F』の画像

曇りなので手抜き撮影地またJトラスト銀行の新しい広告です。それだけ・・・。
『205系ナハ43,38編成』の画像

最初で最後?ロゴなしの姿上げそびれていたロゴなし編成があったのでアップ。最近、そもそもあまりネタとして上がらなかった6115Fです。次に撮るときはもうKCIロゴですね。
『メトロ6000系6115F,6133F』の画像

新ロゴ続々というわけで、12月23日のナハ10,13、ナハ39,34を皮切りにスタートしたロゴ交換ですが、その後急ピッチで進んでおり、他形式にも波及しています。が、急ピッチになればなるほど、貼りつけもいい加減になり、一部傾いているものがあったり・・・。もう少し、前倒し
『メトロ7000系7117F,7122F』の画像

その後増えなくなった方向幕編成ナハ37,42に、チナ製スマホの広告が出ています。もう1本あると書いたっきり、上げそびれていました。それだけです・・・。
『205系ナハ37,42編成』の画像

長続きしなかった細帯Depok仕様なかなかお目にかかれない、2017年初頭に登場した前面細帯205系。Serpong線から久々にBogor線に戻ってくると、編成札付きになっていました。なお、12月号の月刊マンガライレポートでは、205系の全検出場記録をお伝えし、細かい形態変化の表も挿
『205系ハエ99編成』の画像

22日にKCIロゴに更新されたもう1本南武線でさよなら運転を行った車両も含む、ナハ39,34もいつの間にか編成ステッカーが剥がされ、現地仕様の編成札に。帯も通常仕様となり、前面方向幕が元南武編成であることを証明しています。そして、今度はロゴ更新・・・とまさに日々変化
『205系ナハ39,34編成』の画像

なんか来たので貼っておきますおなじみのWijayaKusuma。クリスマス・年末年始輸送前の幹部視察でしょうか。Bandungからの帰り道だったようです。日車KRD,MCW302系改の元祖でもあるWijayaKusumaですが、RailOneのように妙な改造が為されずに、このままの切妻顔を誇示してもら
『WijayaKusuma SI 3 82 01(MCW302)』の画像

103系亡き今、注目編成となった1080F10連このところBekasi線運用に入ってしまい、見かけていなかったのですが、いつの間にか編成札が設置されました。もはや1000はこの1本しかないわけで、番号による識別など要らないと言えば要らないのですが。
『東葉高速1000形1080F』の画像

6000系に続々とアジア大会が増殖しています・・・6105F、6107Fと注目度の高い田窓編成ですが、6107Fにもラッピングが出てしまいました。なんだかなぁ・・・。あとは6108Fの早期復帰を願うしかなくなってきますね。
『6000系6107F』の画像

マト66にも編成札設置前のマンガライレポートで証拠写真だけ上げていましたが、その後ずっとBekasiに行ってしまい撮影機会に恵まれませんでしたが、ようやくBogor線に戻ってきました。
『203系マト66編成』の画像

特徴的な顔立ちの05‐110Fロゴ撤去が急ピッチで進んでおり、ロゴ付き編成の撮り納めもせねばならないのですが、逆に不可抗力により、元々ロゴがなかった編成は、この機に新ロゴが設置される可能性があり、これはこれはで、記録しておかねばなりません。
『05系110F,108F』の画像

8618Fにも編成札設置205ばかり貼っていると、昔からの読者の方からクレームを頂きそうですので、東急車を上げますよ。8604Fで赤い編成札が出ましたが、8618Fはこれまで通りの緑でした。被りで、この1カットしかありませんので、この前に来た8604Fも貼っておきます。
『8500系8618F,8604F』の画像

ハエ25にも編成札設置曇りシリーズで、手抜き撮影地です。通常ならば、逆にここ、面は当たらない(昼前には一瞬当たるようですが)のですが、どうせこんな天気だから・・・と待っていると逆に晴れてきたりするんですよね・・・。実際、この後に来た8003Fは完全に面潰れでした。
『205系ハエ25編成』の画像

先日、アジア大会広告の掲出されたナハ35,44ですがまた広告が増えていました。それだけですので、なんともコメントのしようがありません。撮影場所はこの時期限定のCawang駅近くの踏切です。とはいえ、最近朝から曇りばかりで、どこで撮っても同じなのですが。
『205系ナハ35,44編成』の画像

やっぱり曇る6000系・・・せっかく無広告が続いていたメトロ編成ですが、6000系を中心に徐々に増えつつありますね・・・。特にアジア大会広告、かなりの数を出しているようで、205系だけに収まらず、6000系に波及しています。前に6133Fを上げていますが、6111Fでも確認。
『6000系6111F』の画像

編成札掲出。格好いいDepok仕様で完璧の仕上がり。編成札設置と、広告車のお知らせです。続々と編成札掲出編成が増えており、正直把握できておりません・・・。撮れ次第、順次上げていく方針で。ダブっていたらすみません・・・。
『205系ハエ14編成』の画像

H12編成、Serpong駅。編成札は掲出済。曇ってきたので、上下ともイケてしまいます。BukitDuri所属の編成ですので、とうに編成札は出ています。
『205系H12編成』の画像

曇ったところに、色が焦りまくりのH1登場。チサダネ橋梁編成札もなく、LEDも故障中で、萎えます・・・。が、広告が地味に増えています。E103系さんが回収してくれないので、私がやるしかありません。
『205系H1編成,ハエ7編成』の画像

Serpong駅にてH7。編成札掲出済。と、いうわけで新カテゴリ―、撮影記録のトップバッターはH7編成。読んで字のごとく撮影の“記録”です。所謂、撮り鉄ブログではありませんので、クソ画像を量産してゆきます。
『205系H7編成』の画像

↑このページのトップヘ