JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

ニュース

数か月ぶりに運用復帰した05-104F昨年末頃から機器故障のため運用を離脱していたメトロ05系104Fが3月30日に故障修理明け試運転を実施しています。さらに31日にはDepok~Jakarta Kota間で回送されており、同日夕方からKPB Feederで運用復帰しています。故障内容は明らかに
『メトロ05系104F修繕完了、運用復帰』の画像

順調な走り出しとなった7123F3月16日に出場試運転を実施した7123Fですが、今回は特にトラブルなく順調な運用再開となっています。MRTJの一席明け乗車を観察すべく、Sudirmanに行ったところ、7123Fが戻ってきそうだったため、しばし待ってみました。というか、いつのまにか
『東京メトロ7000系7123F全検出場、運用復帰』の画像

マルティ坊やも風邪気味です3月16日からジャカルタ州傘下のMRT、TJ、LRTにおいて削減ダイヤが試行錯誤の中、続けられてきました。初日の大幅削減は逆に混雑の悪化を招き、逆効果という批判を浴びて翌日から方針転換。乗車定員制のみ残し、MRTとLRTは平常運行、TJに至って
『【コロナダイヤ】3月23日からの運転計画【KCI,MRT,TJ,LRT】』の画像

ついに撤去されたBekasi駅5番線昨年、Jatinegara~Cakung間の複々線化が完成してもなお、全く着工の気配の無かったBekasi駅ですが、ようやく駅前土地ヤクザとの決着がついたのが、1月下旬頃より工事が開始されています。それに伴い貨物側線として存在し、石炭貨物の廃止後
『ブカシ駅複々線化、いよいよ着工へ』の画像

この前と全く同じアングルですが・・・3月7日に出場試運転をしたものの、その後数日は何だか不調が続いていたようですが、最近は連日運用されており、すっかり元の調子に戻ったようです。ロゴは復活する気配ありませんが、入場で完全に撤去され、剥がれた後がない姿はやはり
『メトロ05系108F全検出場、運用復帰』の画像

ダサい塗装のまま出場した7123Fさよならまでこのスタイルとは残念です・・・2月度の入場分としてBalaiyasa Manggaraiで全検を受けていたメトロ7000系7123Fが出場、Manggarai~Bogor~Manggarai間で試運転を実施しました。ようやくKCIスタンダードカラーが確立する中、これま
『メトロ7000系7123F全検出場、試運転実施+α(3月16日)』の画像

この頃はこの頃で楽しかったぁな当時のBukit Duri電車区には都営6000の他、RheostatikやKRLIも健在3月12日終電後、9本目となるKFWのINKA配給がManggarai~Madiun間で設定されています。当方、多忙に付き今回の夜練習はパス。そこで、今回配給されたTs6の画像がないかとHDD
『【残り1本!!】KFW Ts6、マディウン配給(3月12日)』の画像

貴重な田窓!!6107Fが晴れて運用復帰2020年一発目となる1月分の入場としてDepok電車区にて全検を受けていた6107Fですが、2月8日の出場試運転後も不具合が続き、二度目の試運転も施行。しかし、その後も不調は直らず、2月下旬に一度運用に復帰したももののまたも離脱。結局1
『メトロ6000系6107F全検出場運用復帰!!』の画像

最悪のコンディションですがサボに免じて許してください2月20日にジャカルタ入りしている武蔵野線第8陣ですが、先日施行されたM1編成に続き、残るM5編成及びM33編成の社内試運転が3月10日に実施されました。M5編成が午前、M33編成が午後の施行で、試運転区間はDepok~Mang
『205系武蔵野線M5,M33編成社内試運転(3月10日)』の画像

チョッパ制御車、Depokからの最終出場?Depok電車区に2020年2月分の全検として入場していたメトロ05系108Fが出場、Depok~Manggarai~Bogor~Depok間で試運転を実施しました。なお、05系108Fは2018年9月に前回の入場を行っており、わずか1年半での入場となりました。205系
『メトロ05系05-108F出場試運転(3月7日)』の画像

ニコニコの軍隊がめちゃ怖いボードには乗車前後の手洗いの励行とマスク着用せよとの文言が書かれています3月2日、インドネシアで公式的は初となるコロナウイルス患者(感染元は日本人)がDepok市で発見されたことから、KCIでも関係機関と協力してBogor線の警戒を強化してい
『駅でコロナを封じよ!!Rail Clinic4、デポック・ボゴールへ(3月5日)』の画像

サボなしの残念試運転2月20日にジャカルタ入りしている武蔵野線第8陣ですが、現地化改造が終了し、1本目となるM1編成の社内試運転がDepok~Manggarai~Depok間で実施されました。今回は3本とも全てがDepok電車区に配給されているため、原色での試運転は設定されませんでし
『205系武蔵野線M1編成社内試運転(3月5日)』の画像

除幕式まで実施され設置されたODA銘板ですが・・・MRTJがなんだかんだで走り出して早1年。去年の今頃は絶賛公開試運転中、物議をかもしたお粗末開業式は3月24日ですから、1年と表現しても相違はないでしょう。本当にあっという間、とうか去年はホント忙しかったなぁとしみじ
『【ジャカルタ地下鉄】日の丸銘板がようやく設置された話(12月26日)』の画像

珍ドコ列車がやってきた既報の通り、Balaiyasa Manggaraiにて2020年1月分の全検入場となっていたマト52編成ですが、MM'4に車両故障があり、暫定10連で運用復帰しています。運用開始前に実施されていた2度目の出場試運転はManggarai~Bogor~Depok間での施行であったため、
『203系マト52編成MM'4ユニット、マンガライへ配給(2月23日)』の画像

駅前大踏切を行くM5編成205系武蔵野線第8陣3本目となるM5編成、2時間ほどコタ駅のスタバで内職し、プリオクに戻ると既にPasosoで組成完了。が、やっぱり最後は上手くいかないのがジャカルタ流。Tanjung Priok駅構内が、貨物列車とEkonomi Lokalで満線・・・。こりゃ、貨物
『武蔵野線205系M1,M33,M5編成、Yokoso! Tanjung Priok!! M5編成連絡線通過編』の画像

4M6T化されたマト52編成205系以外のオーバーホールは課題山積みです。2020年一発目、1月度全検入場となった203系マト52編成とメトロ6000系6107Fですが、大幅に遅れての運用再開となっていますが、まずはこちらから。2月14日に出場試運転を実施した後も、全く運用に入らず
『203系マト52編成、全検出場&運用復帰』の画像

正月デザインのジャカルタ幕を掲げ、しばし留置されるM33編成205系武蔵野第8陣、2本目となるM33編成です。そんなわけで家で2時間ほど仮眠し、TJでタンジュンプリオク直行。前回と同じ手はずで、コタからのプリオク線始発の到着と合わせて撮影開始です。M33編成もかなりの
『武蔵野線205系M1,M33,M5編成、Yokoso! Tanjung Priok!!M33編成駅留置編』の画像

Depok電車区に推進運転で押し込まれるM1編成205系武蔵野線第8陣となるM1,M33,M5編成を積載し2月7日に千葉港を出港していた貨物船が2月20日早朝にジャカルタ、タンジュンプリオク港着岸、21日の朝までにかけてオンレール作業が実施されました。なお、実際に作業が開始され
『武蔵野線205系M1,M33,M5編成、Yokoso! Tanjung Priok!!M1編成配給編』の画像

従来に比べて格好良くなった検測車、Kereta Ukur2月17日~21日にかけて、KAI保有の検測車Kereta Ukurによる恒例の線路検測が実施されています。検測区間は第一事業部管内の全線で、遠くはSukabumi、Merak、そして空港線、Tanjung Priok線にも入線しています。運輸省保有の検
『【塗装変更】KAI検測車、ジャカルタ管内検測2020年2月』の画像

一見ふつうのK3客車ですが今日も引き続いて冷房の話。12月1日ダイヤ改正より、北本線経由でジャカルタPasar SenenとスラバヤSurabaya Pasar Turiを結ぶエコノミ急行Gaya Baru Malam SelatanがリニューアルK3+K1での運転になっています。従来、冷改K3は床下に家庭用冷房を搭載
『急行Gaya Baru Malam Selatanにリニューアル冷房K3連結開始(12月1日~)』の画像

さながら撮影会1月20日頃から7117Fと交換するかたちで、メトロ5000系5817FがDepok Baru中線に留置されています。これまでもハエ23や6117Fなど、長期休車編成の疎開留置場所として活用されたDepok Baru中線ですが、いずれの車両も車輪交換ないし全検入場を果たし、運用
『メトロ5000系5817F、デポックバル中線へ』の画像

やっと撮れたのにロゴが既に欠落していた(泣)もはや旧聞に値しますが、1月18日より武蔵野線第7陣編成となるM19,M52,M65編成は一斉に運用を開始しています。しかし、このジャカルタの曇天具合に加え、M52編成・M65編成はトコトン運用に入らず、特にM52編成は運用開始後しば
『武蔵野線第7陣205系M52編成ジャカルタデビュー(1月18日)』の画像

4両編成のキハ、ジャカルタへ再び現る2月8日から2月9日にかけて、日車KRDことMCW302系気動車改造のCSR専用車、Rail Clinic4が所属先のSolo Balapan~Tanaha Abang間で回送されました。Rail Clinic1~3が全てスマトラ転属しているため、ジャワ島管内に残る最後のRail Clini
『【日車KRD】Rail Clinic4、タナアバンへ回送(2月9日)』の画像

通いなれたManggaraiを発つKFW Ts4撮影:E103系2月4日終電後、Balaiyasa Manggarai敷地内に留置されていたKFW 第4編成(Ts4)がINKA工場に返却の為、Manggarai~Madiun間で配給されました。用途が無くなって久しいKFWの“逆Madiun配給”ですが、2019年9月14日のTs5以来の設
『KFW第4編成、マディウン返却配給(2月4日)』の画像

群衆に見送られKebayoranを発車するシンカンセンこと、Rail Four(Kereta Inspeksi 4)10日ほど前に改造元のBalaiyasa YogyakartaからTanah Abangまで回送されていた元日車KRD,MCW302系Rail Fourですが、1月30日、いよいよ初任務のときがやってきました。これまで2回ほどス
『【Rail Four】副大統領、日車シンカンセンでランカスへ(1月30日)』の画像

一瞬だけ薄日が差した瞬間・・・先日のM65編成の記事でもお伝えしてる通り、武蔵野線第7陣の3本は1月18日より一斉に運用を開始しています。ただ、連日の曇りに雨・・・。鉄には辛い季節・・・。今週末もブログを自動更新の設定だけして遠方に逃亡中です。そんなわけで、朝練
『武蔵野線第7陣205系M19編成ジャカルタデビュー(1月18日)』の画像

曇り続けて、早5日・・・Jatinegara行きのサボくらい出して欲しかった順調に社内試運転、運輸省試運転を終了した武蔵野線第7陣編成の3本ですが、ひとまずは組成変更されることなく8連での運用入りとなり、M19,M52,M65の3本が1月18日から一斉投入という珍しい展開となりました
『武蔵野線第7陣205系M65編成ジャカルタデビュー(1月18日)』の画像

Serpong駅で記録撮影検明け編成シリーズManggarai分。既にお知らせしている通り、12月のBalaiyasa Manggarai入場分のH7編成は1月6日に出場試運転を実施し、運用に復帰していますが、予想通りの展開というか何というかSerpong線に送り込まれています。特にネタなしなので、
『205系H7編成全検出場運用復帰』の画像

この時期限定のお立ち台より1月15日から17日にかけて、205系武蔵野線第7陣編成の運輸省試運転が実施されています。このところ恒例となっている朝スジ、Depok~Jakarta Kota~Depok間の設定なのですが、連日大遅延&トラブルに巻き込まれるという悲惨な試運転となりました。
『【編成消滅!?】205系武蔵野線M65編成運輸省試験(1月17日)』の画像

帰ってきた6117F2019年最後、12月分の検査明け出場車が出そろいました。205系H7編成に遅れること、約1週間、Depok電車区に全検入場していたメトロ6000系6117Fが1月14日に出場試運転を実施、翌15日から運用に復帰しています。6117Fが10連に復帰するのは実に2018年3月以来、
『【復活】メトロ6000系6117F全検出場、運用復帰』の画像

何度見ても違和感ありすぎです・・・203系マト69編成の車両限界測定、物凄い反響でした・・・。おそらく当ブログ開設以来のアクセス数を記録したのではないかと思います。鉄道コムのトップページにこんな海外ブログが常に表示されちゃっていいのかよと思うほどですが、それだ
『【変態スカート!!】203系マト69編成車両限界測定試験』の画像

網無しジャカルタ幕はKCI色化後でもなかなか良いですね昨日に引き続き、武蔵野線第7陣編成となるM19編成、M52編成がそれぞれ朝スジで社内試運転を実施しました。M19編成はManggarai~Bogor~Depok間、M52編成はDepok~Manggarai~Depok間での施行。Depok電車区が満線のた
『205系武蔵野線M19編成、M52編成社内試運転(1月8日)』の画像

ロゴ無しでの出場撮影:Argo Sakurai様Balaiyasa Manggaraiにおける2019年最後の入場車、205系H7編成が全検出場、Manggarai~Bogor~Manggarai間で試運転を実施しました。入場前は暫定8連化されていたH7編成ですが、出場に際して10連復帰しています。週末までにはSerpong線
『205系横浜線H7編成出場試運転(1月6日)』の画像

年が明けてしまいました・・・ハエ20編成の全検明け&運用復帰記事にてお知らせしているとおり、Depok電車区に11月分で入場していたハエ12編成も順当に出場し、そして順当にSerpong線に入ってしまいました。郊外に出ないとロクな撮影地のないSerpong線ですので、どうせ陰湿な
『205系H12編成全検出場&運用復帰』の画像

こういう並びも良いですね12月11日に新潟西港を出港していた貨物船が、Tanjung Priok港に着岸。26日朝から27日早朝にかけて武蔵野線205系第7陣となるM19,M52,M65編成の水切りオンレール作業が実施されました。今回で新津経由の搬出は終了となったため、このところのデフォ
『205系武蔵野線M19,M52,M65編成Yokoso! Tanjung Priok!!(12月26日)』の画像

こちらは8M4Tのメルヘン12月8日に12連化試運転を実施したM64編成ですが、こちらも翌9日より運用に復帰しています。なお、12連化後はずっとBekasi線運用に就いています。というか、新ダイヤではBukit Duri所属の12連って、車両交換や臨時回送が無い限りBekasi線(+Tangeran
『【非貫通メルヘン】205系武蔵野線M64編成12連運転開始(12月9日)』の画像

5丁パンタで営業開始12月8日に12連化試運転を実施したM62編成ですが、翌9日から営業運転に復帰しています。実は9日に205系H14+27編成の方転回送が実施されており、これで編成向きがM62と揃ったので、その後8M4Tに組成変更か??とも思われたものの、今日に至るまで10M2Tの
『【10M2Tで運転開始】205系武蔵野線M62編成12連運転開始(12月9日)』の画像

午後も幕&サボしかし、本降りの雨・・・15日はM13編成に引き続き、M26編成(+M15編成)の12連試運転が実施されました。M26編成も先頭に現地化幕を装備している編成ですので、こんな天気ですがとりあえず張ってみることにしました。しかし、いよいよ本降りになってきたため、カ
『205系武蔵野線M26編成、12連化試運転(12月15日)』の画像

Mangga Duaの大踏切を渡る赤罐CC300Sukabumi線の増発要員として満を持して登板した国産罐CC300ですが、わずか数週間で戦線離、増発便は以後運休という、毎度ながらのトホホ案件となっているのは既にお伝えしている通りです。しかし臨時便のスジ自体はダイヤ改正後も残って
『CC300 12 02号機他、改修後試運転(12月16日)』の画像

幕とサボのダブルパンチ!!12月15日午前、205系武蔵野線M13編成が12連化され、Depok~Manggarai~Depok間で試運転を実施しました。日曜日の試運転は先週に引き続いての設定です。ダイヤ改正による運用増で、車両余裕のある休日にしか実施出来ないものと思われます。ちなみ
『205系武蔵野線M13編成、12連化試運転(12月15日)』の画像

M18編成は貫通12連化先日お伝えした通り、武蔵野第6陣のVVVF編成は8連3本を運輸省試験通過後すぐに12連2本に組み替えられています。というわけで、今回は残りのM18編成+M30の中間車で組成した12連をアップします。特筆すべき点もないので、組成状況だけの手抜き更新です
『【12両で運転開始】205系武蔵野線M18編成ジャカルタデビュー(12月2日)』の画像

10両フルラッピングになった6131F(205系にも掲出されているネスレの謎牛乳)数年前までメトロ車でも頻繁に見られた広告ラッピングですが、ラッピングを剥がしたあとの汚れが問題となり、203系を含めたアルミボディへのラッピングは長らく中止されていました。そのため、201
『メトロ6000系10連車にも広告ラッピング開始』の画像

車輪交換するも、8連で復帰半年以上に渡り、Depok Baru中線で留置が続いていた205系ハエ25編成。ようやく車輪交換の目途が立ち、10月25日に6連でDepokからManggaraiまで自力回送されています。その後、Balaiyasa Manggaraiで欠車していたMM'389と共に全車車輪交換を終え、
『約半年ぶりの運用復帰!!205系ハエ25編成暫定8連で復活』の画像

オリジナル顔では日本よりも早くLED化10月中旬頃より車輪限度値割れの為暫定8連化されている205系H23+H4編成ですが、そのうちクハ204-83のヘッドライトが11月下旬頃より試験的にLED化されています。車内蛍光灯のLED化は数年前から始まっていますので、現地ヲタもこちらに
『205系横浜線H23+H4編成、ヘッドライトLED化試験』の画像

12月8日は午前・午後2本のメルヘン試運転でした※当初公開時の編成番号が間違っておりました。お詫び申し上げます。8日には午前スジで実施されたM62編成に引き続き、午後スジでM64編成も12連化試運転がDepok~Manggarai~Depok間で実施されました。これにてメルヘン顔の12
『恐れていた!!メルヘン顔封じ込め!!205系M64編成12連化試運転(12月8日)』の画像

ダイヤ改正で復活!!Manggarai発Parung Panjang行き先日、出場試運転を実施した11月分全検入場編成のハエ20編成ですが、12月7日より運用復帰しています。12月1日ダイヤ改正からSerpong線の運用数が16本から18本に増加している(空スジの運用がさらに2運用もある!!)ことから
『205系ハエ20編成、営業運転復帰』の画像

5丁パンタのメルヘン!!武蔵野線第6陣到着編成の編成組み替えが着々と進んでいます。12月1日ダイヤ改正の運用増に合わせ、M18,20,30はそれに先立ち12連化されていますが、メルヘン顔編成のM62,63編成も第5陣到着のM64と合わせ12連化が始まりました。8連のメルヘン顔は短命
『恐れていた!!10M2Tの武蔵野線!!205系M62編成12連化試運転(12月8日)』の画像

↑このページのトップヘ