JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

ニュース

サボなし試運転、一瞬午後出庫の定期列車かと思いました6月16日、約2ヵ月近くもの間、運用を外れていた6105Fが故障個所の修理を終え、Depok~Manggarai~Tanah Abang~Jatinegara~Manggarai~Depok間で方転スジで試運転を実施しました。6105Fは昨年10月に全検を受けています
『メトロ6000系6105F故障修理明け試運転(6月16日)』の画像

オールビジネスの勇姿2019年3月1日のSenja/Fajar Utama YKのステンレス化により、オールビジネスクラスの定期ジャカルタ乗り入れは全廃。ビジネスクラス自体、1等2等混成のGumaranに残るのみという風前の灯と化していました。ですので、このレバラン臨は期間限定で復活したオ
『レバラン限定!オールビジネス!!臨時急行Sawunggalih&Mamtab Lebaran』の画像

橋上駅舎に見えますが、券売所・改札共に一階にあります今更・・・ですが公式SNSで案内されている通り、Bekasi線Cibitung~Cikarang間に新駅、Metland Telaga Murniが暫定開業し、5月18日からソフトオープンを行っています。Bekasi線Bekasi Timur~Cikarang間は2017年に円借
『ブカシ線、Metland Telaga Murni駅ソフトオープン(5月18日)』の画像

4月12日以降、急ピッチで解体が進んでいたJatinegara1・2番線4月12日のBekasi線一部複々線供用開始に伴い、使用が停止されていたJatinegara駅1・2番線ですが、この度ほぼ更地化が終了しました。オランダ時代から続く、伝統的な上屋はあっさりと姿を消してしまいました。まあ
『さよならJatinegara駅1・2番線上屋』の画像

とりあえず、記録写真だけ・・・5月度全検分として、Balaiyasa Manggaraiに入場していたハエ22編成が出場、5月31日に出場試運転を実施していた・・・のですが運転報に反して、Manggarai~Bogor~Depokで、Manggaraiに戻って来ず・・・。で、6月2日の朝だけ運用から復帰してい
『205系ハエ22編成、全検出場・運用復帰』の画像

ようやく他編成とのイメージ共通化が図られた110F5月度全検分として、Depok電車区に入場していた05系110Fが出場。Depok~Manggarai~Depok間で試運転を実施しました。4月の入場が205系だったこともあり、ペースがアップしており、なんと検査表記通りの5月31日の出場、6月1日
『メトロ05系110F出場試運転(6月1日)』の画像

Serpong線は安定の曇りですが、顔が明るいので許容の範囲内!4月度入場分として、Balaiyasa Manggaraiで全検を受けていたハエ30編成が出場し、運用復帰しています。出場試運転は5月9日に実施されていましたが、やはり週末になかなか運用に就かず、そのままSerpong線に行って
『205系ハエ30編成、全検出場運用復帰』の画像

ステンレス客車に準じた塗装の電源車(P)が登場写真は臨時Argo Parahyanganの回送今年に入り、検査出場した電源車がステンレス客車に準じたオレンジ帯塗装になっている姿が多数目撃されています。当方、なかなか遭遇出来ずにいましたが、最近立て続けに見かけることがあり、徐
『KAI客レ、再び塗装変更の波が来るか??』の画像

鮮やかな赤色になったハエ23編成4月度入場分としてDepok電車区で全検を行っていたハエ23編成が出場、運用復帰しています。なお、出場試運転は5月7日に実施していたものの、週末にはことごとく運用に入らず、さらにその後Serpong線運用になってしまったため、回収が遅れていま
『205系ハエ23編成、全検出場運用復帰』の画像

光線微妙ですみません・・・先日のデポック通信でお知らせしている通り、暫定8連中の203系マト66編成がMM'122をマト68から借り入れ、5月5日から暫定10連化されています。なお、これに伴い従来の4M6Tから、一時的に6M4T化されています。マト68は今年中に全検入場予定のため、
『203系マト66編成組成変更&スルポン線へ』の画像

被られました!!5月24日から、立て続けに2本の12連武蔵野線編成が登場しています。車輪限度値割れの編成短縮が進む中、最後の切り札ということでしょう。レバラン明けにはその予備車輪もようやく届くとかで、10連、12連が増えれば、Tangerang線の12連運用増、Serpong線の12
『8+4で12連化!! 205系武蔵野線編成M16+M10編成ジャカルタデビュー(5月24日)』の画像

M12編成は貫通12連に5月21日の夕方のみ8連で運用に就いたM12編成ですが、5月24日より12連化され、運用に就いています。なお、12連化に際して本線試運転は実施されず、構内試運転を行ったのみで、その翌日から運用入りとなりました。ようやくの武蔵野線編成12連化です。これは
『武蔵野編成も12連化開始!205系M12編成12連運用開始(5月24日)』の画像

みんな大好きM32編成、まずは8連で運用開始この位置から撮れるのも今だけのお楽しみ205系武蔵野線第四陣のうち、3本目となるM32編成が23日より運用開始しています。なお、M12編成は21日の夕方のNambo運用に入って以来、その後営業に就いておらず、M12,M10,M16の3本を12連2本
『ゲテモノ!205系武蔵野線M32編成、ジャカルタデビュー(5月23日)』の画像

札も何もないので、何番だかわかりませんが、M34です・・・武蔵野線第四陣編成のうち、M34編成が5月21日より運用を開始しています。いよいよ武蔵野線編成の12連組み換えが始まろうとしていますので、8連で走行する姿は貴重になってくるでしょう。なかなか良い時間帯に来てく
『205系武蔵野線M34編成ジャカルタデビュー(5月21日)』の画像

Tanah Abang機関区で一時的に留置されるKRDIジョグジャ空港快速向け予備車確保のため、南スマトラ、ランプン近郊で運用されていたKRDIがジャワ島に凱旋、21日夜、Tanah Abang~Yogyakarta間で自力回送しました。なお、この編成は5月16日にTanjung Priok港に海送されており、
『KRDI(南スマトラ車)ジョグジャへ(5月22日)』の画像

投石防護網は設置されました・・・撮影:Pascal様5月18日、205系武蔵野線編成のうち最後まで残っていたM10編成がDepok~Jakarta Kota~Bogor~Depok間で運輸省試験を実施しました。着岸後10日以内の運用開始は、諸般の事情で実現出来ませんでしたが、第3陣までのグタグタ具合
『205系武蔵野線M10編成運輸省試運転(5月18日)』の画像

Bogorを目指すM32編成撮影:Pascal様一昨日に引き続き、運輸省試運転が設定されています。この日、試運転が実施されたのはM16編成とM32編成で、午前と午後にそれぞれ実施されていますが、午後のM32編成はDepok~Jakarta Kota~Bogor~Depokという変則的なスジで実施されました
『205系武蔵野線M16,M32編成運輸省試運転(5月17日)』の画像

暗雲立ち込める中、Bogorへ向かうM12編成撮影:Pascal様早々に設定された社内試運転とは裏腹に、諸般の事情で遅れていた運輸省試運転。その初回が5月15日に施行され、朝スジでM34編成、午後スジでM12編成で試運転が実施されました。なお、本日もいつもお世話になっておりますP
『205系武蔵野線M34,M12編成運輸省試験(5月15日)』の画像

記念装飾を掲げ、Sukabumiに到着したCC3001202撮影:Pascal様今年2月には既に設定されるはずだったスカブミ線臨時列車・・・・。しかし、政治的理由から、チケットを既に発売開始後であったにもかかわらず急遽の設定取りやめ。結局、今回の選挙でも、2年がかりの金のばら撒き
『スカブミ線、臨時Panrango号ついに運転開始(5月14日)』の画像

Sudimara駅に入線するマト69編成4月26日夕方より、203系マト69編成がSerpong線運用に充当されています。これは、205系10連編成の不足に起因するものです。通常、205系に統一されているSerpong線ですが、203系の入線は2017年12月依頼のものになります。
『203系マト69編成、スルポン線へ再び』の画像

最後の1本、M34編成!!クハ205-16時刻は16:30を回り、環境は徐々に日没モードとなってきました。もう、どこの撮影地も影が伸び、ましてこのバリ晴れの下では、ロクな写真が撮れなくなってきます。ですので、クハ205-16の走行を後ろからジャカルタLEDと一緒に狙うのがベストな
『武蔵野線205系M12,M10,M16,M32,M34編成 Yokoso ! Tanjung Priok !!(4月30日)M34編成編』の画像

残りの6本も運用開始!!画像はTs14武蔵野第四陣ネタで、アップが遅くなりましてすみません。既報の通り、5月2日よりMRTJ南北線は当初計画通り「14運用2予備・朝夕5分毎、日中10分毎」のフル営業を開始しました。5月1日ではなく、5月2日となったのは1日は祝日だったためです
『【ジャカルタ地下鉄】5月2日、本格営業開始!!』の画像

網なし、ロゴなしの状態で出てきたM12編成連日の社内試運転ですが、いよいよ最終回です。Tanjung Priokでは一番最初に水切りされ、4月30日終電後にDepok電車区に配給されていたM12編成ですが、他編成に先んじて、塗装変更作業を開始。側面はステッカー帯ですが、前面は塗装の
『【ようやく完成形】武蔵野線205系M12編成社内試運転(5月7日)』の画像

巨大な貨物船から引き上げられるモハ205-5064E103系氏とプリオク駅前で別れ、港湾オジェックで埠頭へ直行します。んん?これまでのドン曇りにの中、俄に青空が見えてきたか??しかし、港湾の中があまりにもひっそりしているのは、メーデーだからなんですかね。入り口のセキ
『武蔵野線205系M12,M10,M16,M32,M34編成 Yokoso ! Tanjung Priok !!(4月30日)M32編成編』の画像

ピンポイント曇り!3月度入場としてBalaiyasa Manggaraiで全検を受けていた05-112Fが4月22日から運用に復帰しています。出場試運転は21日に設定されていたようです。これにて、直近で全検を受けていない05系は05-110Fを残すのみとなりました。何故かKKWラッピングを未だに纏
『メトロ05系112F全検出場、運用復帰』の画像

第四陣、最後のオリジナル姿での試運転M16編成引き続き、連日の社内試運転が行われています。5月6日には、M10編成がDepok~Manggarai~Depok間、M16編成がManggarai~Bogor~Depok間で社内試運転を実施しました。1度に2本の試運転とは、スジはあるものの、いつ来るかわからな
『【2本同時施行!!】205系武蔵野線M10, M16編成社内試運転(5月6日)』の画像

プリオク日本車3並びは2012年末の6000系到着時以来か仮眠と靴裏洗浄のためコタ往復し、再びのプリオクへ。作業は順調に進んでいるようで、M16編成の半分ほどがPasosoでオンレールしているようです。ここまでが幕編成ですので、季節柄入りのジャカルタ幕をしっかり収めておき
『武蔵野線205系M12,M10,M16,M32,M34編成 Yokoso ! Tanjung Priok !!(4月30日)M16編成編』の画像

撮影地消滅が先が、5000消滅が先か・・・5月5日、Depok電車区で車輪交換を実施していた暫定8連メトロ5000系5817Fが方向転換も兼ねて、Depok~Manggarai~Kampung Bandan~Jatinegara~Manggarai~Depok間で車輪交換明け試運転を行いました。今回、車輪交換を実施したのは5017
『メトロ5000系5817F車輪交換明け試運転(5月5日)』の画像

完全武蔵野帯での試運転となったM32編成LED風、ジャカルタ幕も残存!前日のM34編成に引き続き、205系武蔵野線M32編成が現地化改造を済ませ(塗色変更部分を除く)、Depok電車区への送り込みも兼ねてManggarai~Bogor~Depok間で社内試運転を実施しました。なお、武蔵野線帯での
『【快速ジャカルタ表示!!】205系武蔵野線M32編成社内試運転(5月5日)』の画像

この先を考えて、Tanjung Priok駅4番線に入線したM10編成Sudirman Baruから、プリオクに直行したもののまだ日の出前。しばし駅前の屋台で仮眠(笑)、それにしてもRp.4000の水を買って仮眠とは、いくら場末のプリオクと言えども酷い乞食です。空が薄っすら白みを帯び、小鳥がさ
『武蔵野線205系M12,M10,M16,M32,M34編成 Yokoso ! Tanjung Priok !!M10編成編』の画像

Depok電車区到着後、わずか1日で設定された社内試運転4月30日から5月1日にかけて陸揚げされた205系武蔵野線編成第四陣ですが、なんと早くも社内試運転が設定されています。遅々として作業が進まなかった第二陣、第三陣が嘘のようですが、一部幹部入れ替えの人事異動によるジ
『【前面オリジナル帯!】205系武蔵野線M34編成社内試運転(5月4日)』の画像

Purwakartaは晴れ、ジャカルタは雨・・・前にBekasi線内で武蔵野編成を撮ろうとしたところ、直前を通過したParahyanganに自転車マークが付いていまして、あっけに取られていたのですが・・・先日Purwakartaに行ったとき、ちょうどその列車に乗りまして再度確認してみたところ
『特急Argo Parahyanganにサイクルトレイン登場か!?』の画像

Pasosoでオンレールのときを待つ、第四陣第一号クハ205-43とにかく、第四陣は数が多い・・・。というわけで今回の作戦はズバリ!「体力温存」。無駄な深入りはせずに、撮るべきもんだけ撮って即撤収。これは単純に耐久戦に備えるだけでなく、小遣い稼ぎに奔走するイミグレ対
『武蔵野線205系M12,M10,M16,M32,M34編成 Yokoso ! Tanjung Priok !! M12編成編』の画像

武蔵野線2本がTanjung Priokで並ぶ(M10編成とM16編成)去る4月18日に武蔵野線205系M12,M10,M16,M32,M34編成を積載し新潟西港を出港していた貨物船が、4月30日午前Tanjung Priok港に着岸。5月1日夜までにかけて、新津配給順に水切り、オンレール作業が実施されました。一気に40
『武蔵野線205系M12,M10,M16,M32,M34編成 Yokoso ! Tanjung Priok !!(4月30日)速報版』の画像

3度目の正直、KFW返却配給令和明けましておめでとうございます。新年?1発目の撮影はKFWの返却配給となりました(笑)。4月30日終電後、2019年3本目となるKFW Ts8がMadiunに向けて旅立ちました。1回目、2回目といずれも終電後の施行で、不発に終わりましたが、ようやく定時での
『KFW、INKA返却配給3回目(Ts8)』の画像

再び大山脈がお目見えするのか?廃車両が山積みになる駅・・・として世界的に?有名になってしまったPurwakartaですが、今年1月にはついに解体作業に着手。その後の流れは当ブログでお知らせしてきましたが、別にKAIとしても、この不名誉を払拭するためでも何でもなく、単純に
『プルワカルタの廃車山脈、再び造成が始まる』の画像

なんだか撮りにくいM26編成205系武蔵野線編成第三陣のうち、最後となったM26編成が4月7日から運用開始しています。なお、運輸省試験は4月5日実施されていました。これにより、2018年度導入編成9本全てが運用入りすることとなり、Depok電車区の休車ゾーンが一気に空くこととな
『205系武蔵野線M26編成ジャカルタデビュー(4月7日)』の画像

環状線を行く、送り込み回送※画像はTs94月15日終電後、最後まで稼働可能状態でBukit Duri電車区に残っていたKFW第3編成がManggarai~Madiun間で配給されました。なお、3月27日に第9編成が先んじて配給されていますが、27日以降、Tanjung Priok線、Kampung Bandan Feeder共に
『KFW Ts3、INKAへ返却&ジャカルタ地区での運用終了(4月15日)』の画像

UJI COBA表示でDepokへ入線4月19日、メトロ6000系6101FがDepok~Manggarai~Depok間で車輪交換明け試運転を行いました。どうせ時間に来ない試運転、天気も天気なのでDepokの橋の上ウォッチングを済ませ、駅に戻ると、ちょうど入ってきました。薄い薄いと言われ続けた中間3両
『メトロ6000系6101F車輪交換明け試運転(4月19日)』の画像

M7編成と瓜二つのM9編成205系武蔵野線編成第三陣のうち、M9編成が、M7編成と同日の4月5日の夕方から運用を開始しています。なお、運輸省試運転もM7編成と同じく4月4日に実施しています。インドネシア帰国後(?)回収ノルマが多くててんやわんやしております。M9編成はデビュー
『205系武蔵野線M9編成ジャカルタデビュー(4月5日)』の画像

まさかの全検出場を果たした6119F違いがわかりますでしょうか?昨年12月にお色直しをしたものの、車輪限度値割れの為長らく休車、3月にようやく運用復帰したかと思えば、再び運用離脱してしまい、車両故障と噂されていた6119Fですが、なんとDepok電車区3月入場分として全検を
『メトロ6000系6119F全検明け運用開始』の画像

特製編成札が掲出されたM7編成205系武蔵野編成の動きが活発化しています。3月下旬から相次いで開始された武蔵野線205系第二陣・第三陣の運輸省試運転ですが、第三陣編成も順調に運用入りしています。当方、日本に出張に出ていたこともあり、ご報告が遅れまして申し訳ございま
『205系武蔵野線M7編成ジャカルタデビュー(4月5日)』の画像

なんじゃこりゃ!と叫びたくなる組成当地、4月3日はムハンマド昇天祭で祭日。飛び石連休ですが、こうなると皆さん勝手に休んでしまいますので、水曜~日曜まで5連休という状況になり、列車も飛行機もチケットが取りづらい状態。KAIもお馴染みの臨時列車を設定し対応していま
『【バンドン車なのにチレボン行き!?】特急臨時Cirebon設定される』の画像

列車線を通過する貨物列車待望のBekasi線複々線化が、暫定的ではありますが、ついに供用開始です。元を辿れば、2001年に円借款締結された「ジャワ幹線鉄道 電化・複々線化」(土地収用遅れ等から、既に円借款事業から外されている)であり、約20年越しでの一部完成に漕ぎつけた
『ブカシ線、Jatinegara~Cakung間複々線供用開始!!(4月12日)』の画像

茶銀編成となったArgo Parahyangan気づけば、Argo ParahyanganがPangandaran含め、オールステンレス化されています(一部の臨時を除く)。2月の中旬頃くらいからでしょうか。混色編成を早めに撮っておいて正解でした。やはり、意識高い系を自負するKAIは、編成美を目指している
『特急Argo Parahyanganもオールステンレス化へ』の画像

平凡な列車となってしまった、Argo Bromo Angrek3月19日より、ジャカルタ~スラバヤ間を最速で結ぶ1列車~4列車、特急Argo Bromo Angrekがステンレス客車化しています。これまで、当列車には97年に鳴り物入りで投入されたボルスタレス高速客車K9が専用編成として充当されてお
『【栄光の1列車】特急Argo Bromo Angrekもステンレス客車化へ(3月19日~)』の画像

10連復帰は諦めてしまったのか3月23日に落雷事故後の復旧試運転を実施していた1080Fですが、8連のまま早くも運用復帰しています。しかしながら、このところ相次ぐ新編成のデビューで、老朽化の著しい1080Fは、この先どうなるかもわからず、先週末は撮れる範囲で1080Fを撮影し
『東葉高速1000形1080F、8連にて運用復帰』の画像

104Fに遅れること数日、105Fも運用復帰2月度分としてBalaiyasa Manggaraiに全検入場していた05-105Fが運用復帰しています。21日に104Fと同時に出場試運転を実施し、24日から運用に入っていたものの、午前中に車両故障のためDepokで車両交換を実施しており、撮影するのは1週間
『メトロ05系105F全検明け運用復帰』の画像

8610Fも12連化3月31日に試運転を実施した8610F12連ですが、その後Balaiyasa Manggaraiで車輪削正を実施し、早くも4月2日から運用を開始しました。これにより、運用中の東急8連車は消滅し、稼働全車が12連という陣容になりました。残る8607F、8608F、8612Fが今後どのような形
『東急8500系8610F12連運用開始』の画像

せっかくの幕車、M13編成ですが、ドン曇り6130F、205系M32編成と営業開始ラッシュが続いておりますが、先日運輸省試験を終えていたM13編成、M29編成も4月1日より晴れて運用開始となりました。本当に運輸省試験を待っていたという感じですね。MRTJに運輸省鉄道局の人間が割か
『205系武蔵野線M13編成,M29編成ジャカルタデビュー(4月1日)』の画像

↑このページのトップヘ