JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

ニュース

4連のKRD改、再び12月10日、Serpong線Maja~Rangkas Bitung間複線化開業及び、沿線TOD開発起工セレモニー開催のため、エディKAI社長、ブディカルヤ運輸相・リニ国営企業相・バスキ公共事業相他を乗せた(あのときと全く同じ顔触れですね)来賓輸送列車がGambir~Manggarai~Tan
『アルビノ+イモムシ、再びスルポン線へ(12月10日)』の画像

Majaから先も複線化12月8日終電後から早朝にかけて、Maja~Rangkas Bitung間で線路切り替え工事が実施されました。なお、9日早朝の一部列車はRangkas Bitung~Citeras間区間運休となりました。これにより、Serpong線電化区間全線が複線化となり、ボトルネック区間が解消し、R
『祝!!Serpong線Maja~Rangkas Bitung間複線化(12月9日)』の画像

全96両の搬入が終了12月1日にTanjung Priok港に着岸していたMRTJ第五陣ですが、3日夜から陸送が開始され、8日朝までに全24両の搬入が完了しました。これにて、第一期開業分の96両全車がLebak Bulus車両基地に搬入が終了したことになります。関係者の皆様、お疲れ様でした・・
『祝!!MRTJ南北線車両、全車ルバックブルス車両基地へ搬入完了(12月8日)』の画像

譲渡組ラスト1編成も遂にジャカルタへ向けて陸送 こんにちは、E103系です。周知の通り、12月4日・6日の2回に分けて6000系ジャカルタ譲渡編成最後となる6130Fの陸送が新木場CR→東京木材埠頭へ向けて施行されました。流石に平日夜ではありましたが、記念すべきラストという事
『Sampai Jumpa! メトロ6000系6130F 東京木材埠頭へ陸送(12月4・6日)』の画像

約2か月ぶりに本線上に姿を現したマト69編成撮影:Pascal様9月下旬頃から、車輪限度値割れの為運用を離脱していたマト69編成がBalaiyasa Manggaraiにて車輪交換を終え、Manggarai~Depok~Manggarai間で試運転を実施しました。なお、画像はいつもお世話になっているPascal様か
『203系マト69編成、車輪交換明け試運転(12月5日)』の画像

もはやパラヒャンガン、カオスです10月末頃?からオールエコノミなのにArgoを名乗るバンドン線のネタ列車、Argo Parahyangan PremiumにPriorityが連結されています。初め見たときは、ヲタが奇をてらって、PremiumにPriorityを連結したのでは?と思ったのですが、改めてネット
『特急Argo Parahyangan PremiumにもPriority連結』の画像

気づけば最終陣、MRTJ11月下旬に豊橋港を出港していた貨物船が12月1日朝Tanjung Priok港着岸。昼頃から、深夜にかけて6連4本、計24両の水切り作業が実施されました。これにて、MRTJ南北線第一期Lebak Bulus~Bundaran HI間向け、予定96両の輸送が全て完了しました。第二陣以
『MRTJ第五陣(最終陣)Yokoso ! Tanjung Priok!!(12月1日)』の画像

3例目になるDepok Baru疎開11月中旬より、203系マト68がDepok Baru中線にて疎開処置が取られています。武蔵野線205系第2陣の到着にあわせて、実施されている一部車両疎開ですが、6129Fが2週間ほど留置されたのち、入れ替わりで6107Fが疎開され、それを狙って行ったのですが、
『203系マト68編成、Depok Baru疎開』の画像

陸送され、ズラリと並ぶMRTJ車両どうも、着岸時が不完全燃焼でしたので、懲りずにLebak Bulusへ。月・水・金と6両ずつ実施された今回の陸送、時間の取れた中日にちょっくら見てきました。この日に陸送されてきたのはTs4の6両でした。なんだか、こうやってトレーラーの載った
『MRTJ第四陣、ルバックブルス車両基地へ陸送完了(11月24日)』の画像

当たり前の風景になってしまったステンレス特急10月29日より、特急Argo Jatiが新型ステンレス客車化されています。205のことを考えたくないので、現実逃避です(笑)従来、2009年、2010年製の小窓新製Argo客車を充当していたArgo Jati、特にこの小窓客車は居住性が高く、置き換
『特急Argo Jatiもステンレス化』の画像

形態変更したのに・・・11月21日18:10頃、Parung Panjang発Tanah Abang行き2051列車がCicayur~Cisauk間のカーブ上で脱線しました。当該はハエ14編成のサハ204-28。先月にもSerpong線内では脱線事故が起きたばかりで、再びの発生。しかも、いずれも当該が6扉車サハ204とうの
『205系ハエ14編成脱線事故当該(11月21日)』の画像

午後の日差しを浴びて、Bogor線を上るM29編成11月19日午後、2018年譲渡分武蔵野線205系第二陣のうち、2本目に水切りされたM29編成がDepok~Manggarai~Depok間で運輸省試験を実施しました。朝スジのM32編成に引き続いての試運転です。先日の橋の上ウォッチングで確認出来なか
『205系武蔵野線M29編成、運輸省試運転(11月19日)』の画像

Tanjung Priokで並ぶ2つのINKA電車INKAで製造されていたLRT Palembang向け車両第8編成が11月18日~19日にかけてMadiung~Tanjung Priok間で甲種輸送されました。何を今頃?という気がするのですが、第7編成が輸送されたのが確かアジア大会の直前。つまり、約3か月もブランク
『LRT Palembang Ts8甲種輸送(11月19日)』の画像

大型試運転サボを掲出してBogor線を下る11月19日午前、2018年譲渡分武蔵野線205系第二陣のうち、最初に水切りされたM36編成がDepok~Manggarai~Bogor~Depok間で運輸省試験を実施しました。通常、社内試験からの運輸省試験という流れでしたが、事前情報他、証言などももとに
『205系武蔵野線M36編成、運輸省試運転(11月19日)』の画像

夕立ち上がりの、怪しい空の下・・・11月上旬に豊橋港を出港していたMRTJ第四陣、18両が11月15日早朝、Tanjung Priok港に到着しました。未だに日中の吊り上げを撮れていないMRTJ車両、これまでのドンより空が嘘のように晴れ上がった今朝、行きたかったんだけどなぁ、6105Fの
『MRTJ第四陣 Yokoso ! Tanjung Priok !!(11月15日)』の画像

久々に晴れてくれてBagus!でした月刊マンガライレポートで先行的にお知らせする予定だったのですが、DLマーケットのサーバー不具合は依然として修復せず、実車の方が先に出てきてしまいました・・・。Depok電車区10月度入場分として、全検を受けていた注目の6105Fがついに出
『田窓復活!メトロ6000系6105F出場試運転(11月15日)』の画像

11月9日より、Buaran駅は新駅での営業Bekasi線複々線化工事の進捗に伴い、今年に入り各駅部の工事が本格化しているのは既報の通り。基本的に各駅は、従来の対向式ホームを島式化、さらに駅本屋を橋上化し、線増スペースを確保しており、10月以降、Cakung、Kelenderでは橋上駅
『さよなら、Buaran旧駅(11月8日)』の画像

Depok Baru中線にパン下げ留置される6129F武蔵野線205系第二陣3本の受け入れのためDepok電車区が満線になっている関係から、メトロ6000系6129Fが10月下旬よりDepok Baru2番線に疎開しています。編成入れ替えがあるわけでもなく、1週間ずっとこの状態が続いています。機器不調
『メトロ6000系6129F、Depok Baru疎開』の画像

改造線へ向けて?動き出したM13編成今週末も相変わらず、クソな空模様で萎え萎えです。ですので、引き続きロクでもない画像が続きますので、たまには気分転換。ネタ画像でも上げておきましょう。あまりにも酷い天気なので、じゃあ久しぶりにDepok電車区の橋の上にでも行って
『205系M13編成、Rangkas Bitung幕で構内入替』の画像

武蔵野線内各駅停車の旅は、いよいよ終着地へ10月24日にTanjung Priok港に着岸した2018年度導入分の武蔵野線205系第二陣ですが、いずれも無事オンレールを完了し、既報の通り、25日早朝にM36編成が、また25日深夜にM29編成がDepok電車区に配給されています。というわけで、い
『【武蔵野線】快速(武蔵野線内各駅停車)Yokoso! Tanjung Priok!!』の画像

Tanjung Priok駅で発車のときを待つ、M29編成10月24日に着岸した、2018年譲渡分205系武蔵野線編成、第2陣ですが、無事M36,M29,M13編成(前の記事でM7としていましたが、M13が正解です。お詫び申し上げます)の順に水切りを終え、全てのオンレール作業が終了しました。24日の夕
『【武蔵野線】(各駅停車)ジャカルタ Yokoso! Tanjung Priok!!(10月24日)』の画像

予定16本中9本が到着したMRTJ車両10月16日にTanjung Priok着岸していたMRTJ第三陣の18両ですが、17日夜から陸送が開始され、23日朝までに全てLebak Bulus車両基地へ搬入されました。一応、記録と言うことでずらりと並ぶMRTJ車両を俯瞰しておきました。なお、上の画像では1本
『MRTJ第三陣搬入完了(10月23日)』の画像

Djoko Tingkirに牽引され、Bukit Duri電車区に配給されるハエ12牽引側の運転士と連絡を取り合い、205側も力行しているのか?ようやく気持ちの整理が付きましたので(?)、やっとこさ更新。いや、単純にネタが多すぎただけです・・・。いやぁ、でもねぇ。PalmerahからTanah Abang
『脱線当該205系ハエ12編成その後』の画像

Ts5となるK1 1 18 259月下旬にMRT Jakarta向け車両を積載し、豊橋港を出港していた貨物船が10月16日早朝Tanjung Priok港に着岸。昼過ぎから翌早朝にかけて、3編成分18両の水切り(24両ではなく18両でした。お詫びして訂正いたします。)が行われました。あまり詳細に書きすぎる
『MRTJ 第三陣 Yokoso ! Tanjung Priok !!(10月16日)』の画像

白昼の環状線をゆく、CC30010月10日にTanah Abang入りをしていたCC300ですが、当初の予定通り今後のSukabumi線営業投入を目指し、Tanah Abang~Bogor~Sukabumi間の往復で試運転を実施しました。CC300 12 01の後ろには一般K1客車6両(うち1両は発電車)という、一般運用に近い
『赤熊CC300、スカブミ線内勾配区間試運転(10月16日)』の画像

05系も太帯に最新ニュース欄でお知らせしている通り、10月12日にBalaiyasa Manggaraiから出場した05-108Fが試運転を実施していますが、Depok電車区からは05-109Fの出場です。未入場の205系は今月分含めあと3本ということで、9月分の全検入場は2本とも05系という結果になりま
『メトロ05系05-109F出場試運転(10月16日)』の画像

事故直前のハエ12編成1961列車Tanah Abang行き10月13日10時23分頃、Tanah Abang発Parung Panjang行きKA1962がPalmerah~Kebayoran間で脱線、当該は進行方向前から2両目(9号車)サハ204-25の後方台車でした。S字カーブが続くPalmerah~Kebayoran間、いつ事故が起きてもおかしく
『205系ハエ12編成脱線当該(10月13日)』の画像

Tanah Abangへ初入線したCC3002012年にINKAで落成したものの未だに運用に就いていないCC300形液体式ディーゼル機関車、基本的にINKA Madiun工場から門外不出。走行機会と言ったら、ごくまれに近辺の工臨などに駆り出される程度。が、初めてお客さんというお客さん、しかも日
『南国のRED BEAR CC300、ジャカルタに三たび現る(10月10日)』の画像

10連復帰したハエ32/15編成撮影:ちいや10月8日、長らく車輪限度値割れの為8連化されていたハエ32/15が10連復帰、Depok~Manggarai~Depok間で試運転を行いました。なお、画像は最近うちの事務所(〇タバ)に勝手に出入りしている、ちいやから頂きました。
『205系ハエ32/15編成車輪交換明け試運転他(10月9日)』の画像

Uji Coba表示でManggaraiに入線車輪限度値割れ及び一部機器の部品取りのため、長期休車中だった6108Fが復旧し、Depok~Manggarai~Depok間で試運転を実施しました。約1年2か月ぶりの本線復帰です。現地マニアも注目するVVVF10連唯一の田窓編成ということもあり、駅や沿線には
『復活!田窓10連!!メトロ6000系6108F車輪交換明け試運転(10月3日)』の画像

引き続き有人のAPM、Sky Trainです・・・アジア大会終了後も、8月下旬に見たときにはB線は空港鉄道駅止まりのまま・・・。あの糞ダイヤを、通常ダイヤにしてしまうのかよ、とも思われたのですが、昨日お客様出迎えのため空港に行ったところ、A線B線共にT3~T1通し運転の13分
『空港Sky Train13分毎運転に戻る』の画像

本日はTidak Untuk Penumpang表示車輪限度値割れの為、長らく8連化されていた205系H18編成が、車輪交換を終え、Depok~Manggarai~Depok間で試運転を実施しました。なお、これに伴う形態変更はありませんでした。唯一形態変更H13編成が本当に謎です・・・。
『205系H18編成車輪交換明け試運転(9月29日)』の画像

Bukit Duri電車区より出区してきた8003F8月下旬頃から、車輪限度値割れにより10連化されていた8003Fですが、当該車両の車輪交換終え、Manggarai~Depok~Manggarai間で試運転を実施しました。なお、車輪交換はBalaiyasa Manggaraiで実施、Bukit Duri電車区で再組成を行ってい
『東急8000系8003F車輪交換明け試運転(9月22日)』の画像

オールK3 PremiumのWijaya Kusumaは見納めに2017年9月の登場以来、長らく毎日設定の臨時列車扱いで、Solo~Cilacap間を2往復(1往復はYogyakarta~Cilacap)していた快速Wijaya Kusuma。しかし、当初から乗車率は低迷しており、それでいながら収容力のあるK3 Pを7~9両程度ぶら
『さよなら快速Wijaya Kusuma(8月30日)』の画像

前に同じようなアングルで撮っていますがKCIの前身であるKCJが設立されてから、9月15日で丸十年(会社登記が2008年。実際の事業開始は2009年)が経ちました。設立当初は、PT.KAI Divisi JABOTABEK時代と変わらぬ混沌の世界。果たしてKCJは看板倒れで終わるのではと当時は思われ
『祝!KCI創立10周年(9月15日)』の画像

金帯K1 Kelas LuxuryがArgo Bromo Angrekの証すっかりラグジュリークラスも定着した1レ~4レ特急Argo Bromo Angrekですが、8月下旬より一般車による代走が発生しています。これは、通常の下膨れボディのK9車に改修箇所が発生したためで、専用車としてSBIに配置されている3本
『特急 Argo Bromo Angrek、一般車代走』の画像

6111Fに引き続き、2018年仕様?で出場した6126F2018年8月分の全検として、Depok電車区に入場していた6126Fが出場、Depok~Manggarai~Depok間で試運転を実施しました。Manggarai駅でのお手軽撮影です。予備部品の枯渇しているチョッパ車のメトロ編成ですが、順調に出場してき
『メトロ6000系6126F出場試運転(9月14日)』の画像

マト66の最後尾、クハ203-106が脱線撮影:赤白様9月11日10:30頃、Angke発Depok行き1606列車が折り返し運転の為、下り副本線からシーサスポイントを渡りDepok駅2番線進入時、最後尾(10両目)のクハ203-106のBogor側台車が、ホーム側にせり出す形で脱線しました。幸い、低速での
『203系マト66編成脱線当該(9月11日)』の画像

ステンレスのK1、K3併結編成がParahyanganにも登場16年製新型K3 Ekonomiの投入を受け、順次ビジネスクラスを置き換えていたArgo Parahyanganですが、第二事業部の車両不足を受けて、最後まで31レ・32レの1往復のみK2 Bisnisクラスを連結(厳密には2&3ボックスのボロK3も1両だ
『特急Argo Parahyanganからもビジネスクラス消滅』の画像

引きが足らず、カツカツになってしまった・・・9月6日に車輪交換明けの試運転を実施し、Bogor電車区に入区していた205系武蔵野線編成第一陣のうち、最後まで運用に入らずDepok電車区で休車状態だったM3編成ですが、7日夜よりひっそりと運用開始しました。それにしても武蔵野
『205系M3編成ジャカルタデビュー!(9月7日)』の画像

約3か月ぶりに本線上へ姿を現したM3編成2018年導入分の205系武蔵野線編成第一陣の3本のうち、当初からの車輪限度値割れの為、運輸省試験の後一度も運用に就いていおらず、Depok電車区で門外不出だったM3編成が車輪交換を終え、Depok~Manggarai~Bogor間で試運転を実施しまし
『205系M3編成車輪交換後試運転(9月6日)』の画像

ついに、Sawunggalihのビジネスクラスも廃止に9月26日より、ビジネス急行Sawunggalihがステンレス客車(K1,K2併結)による運転に切り替わっています。長らく朝のBekasi線のネタ列車として君臨(塗装統一化の流れで、最近の注目度は下がっていましたが、置き換えはやはり突然やっ
『ビジネス急行Sawunggalih、ステンレス化(8月26日)』の画像

4カ月半ぶりにゲート外に姿を現した7123F車輪限度値割れにより、1月中旬より運用離脱し、4月12日にDepok電車区から、Balaiyasa Manggaraiに回送され、長らく休車状態だった7123Fが車輪交換を終了。Manggarai~Bogor~Depok間で試運転を実施しました。2018年度分の車輪がよう
『東京メトロ7000系7123F車輪交換明け試運転(8月30日)』の画像

Lebak Bulus車両基地で並ぶMRTJ車両向かって左からTs1,Ts2,Ts8,Ts9既報の通り、8月18日に到着したMRTJ車両第二陣の4本24両ですが、今回は順調に水切り作業が続き、翌19日朝までには終了というハイペースな作業となりました。それに伴い、予定通り19日深夜から毎晩4両ずつの陸
『MRT Jakarta Ts7,8,9,10 Lebak Bulus車両基地へ搬入完了(8月28日)』の画像

公約通り4連運転が開始された有人APM、Sky TrainTs3+Ts6月刊マンガライレポート7月号でお知らせしている通り、8月上旬に空港Sky Train増備車となるTs4,5,6の12両が韓国宇進から納入されており、アジア大会輸送に投入する旨が発表されていましたが、アジア大会開幕の8月18日よ
『アジア大会特別ダイヤ実施中!!スカルノハッタターミナル間APM(SkyTrain)』の画像

乗車定員制が開始されたLRT Palembangもはや都市交通として終わってます日本でも某局が独占中継している通り、アジア大会がカタチだけは開幕(あの、お乞食登場シーンはもはや自虐なのか??)しました。果たしてこの人たちに海外からのお客様を迎えられるのか、どのように輸送
『LRT Palembang続報』の画像

開発が進むジャカルタ南部エリア外環高速に沿って、ゆっくり走るMRTJ車両第一編成(後撃ち)8月9日夕刻、ついにLebak Bulus車両基地から本線上に姿を現したMRTJ車両(この日は引き上げ線部分までの運行。一応、保安装置は稼働させているとの由。)ですが、翌10日夕方には20km/h程
『MRT Jakarta いよいよ地下区間乗り入れへ(8月20日)』の画像

↑このページのトップヘ