JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

空港線情報

公約通り4連運転が開始された有人APM、Sky TrainTs3+Ts6月刊マンガライレポート7月号でお知らせしている通り、8月上旬に空港Sky Train増備車となるTs4,5,6の12両が韓国宇進から納入されており、アジア大会輸送に投入する旨が発表されていましたが、アジア大会開幕の8月18日よ
『アジア大会特別ダイヤ実施中!!スカルノハッタターミナル間APM(SkyTrain)』の画像

逆サイドから撮らないとですね・・・205系にラッピングされて注目のJトラスト銀行萌えキャララッピングですが、まさかこちらのデザイン更新はないだろうと思われていた空港線のJトラスト銀行も、3両全車が痛電化しています。元々ここの銀行ラッピングが施されていたTs1のDuri
『空港線もTabugan萌え!』の画像

空港線乗り入れ対応工事の始まったJakarta Kota駅1~3番線スカルノハッタ空港線開業前から、空港特急のJakarta Kota乗り入れは報じられており、当初はManggarai駅の工事が間に合わず、暫定的にKotaに入れる(一応、ARS車両には可動式ドアステップついているし;;)のではとも
『空港特急ジャカルタコタ駅乗り入れへ』の画像

証拠写真ということで、Cakungを通過する空港特急かねてより準備が進められていた空港特急のBekasi延長ですが、突如本日6月19日から開始されました。レバラン連休もあと2日。毎日線路際で列車を撮っているのもバカみたいですから、色々溜まっているものを片付けようと思い、
『スカルノ・ハッタ空港線、Bekasi乗り入れ開始(6月19日)※料金追記しました』の画像

Bekasi駅に到着した1番列車既報の通り、空港特急の乗車率改善策として検討されているBekasi線乗り入れ案。4月にやると公式ガセ情を出してから進展なし、だったのですが、5月に入りBekasi駅で空港線改札口の設置工事がようやく始まり、いよいよ現実味を帯びてきたところですが
『スカルノ・ハッタ空港特急Bekasi乗り入れ試験実施(5月30日)』の画像

謎の?BNI CITY駅を通過する205系(背景に駅名の由来であるBNIビルを入れるために無理やり撮影・・・・)さて、とりあえず若者たちのゴールデンウィークのジャカルタ来訪ラッシュも一通り終えたと見え、これからはゴールデンウィーク中に従事されていたorゴールデンウィーク明
『ジャカルタ入門者の方へ(BNI CITY駅は正式駅名に昇格なのか?)』の画像

Jトラスト銀行ラッピングだったTs1がフルラッピングになりました空港線車両10本中2本、Ts1とTs3が広告ラッピング対象になっており、前にお伝えしている通りTs3がフルラッピング化。時をほぼ同じくして、Ts1もフルラッピングになっていたのですが、環状線やTangerang線で張っ
『ARS車両の広告車が増える、その2』の画像

全車ラッピングになったTs32月にTs1とTs3に広告ラッピングが出ているのをお知らせしていますが、引き続き広告車になっているのはこの2本のみとなっているものの、掲出車両が拡大し、いずれの編成も全車が広告ラッピング化しています。しかし、嫌と言うほど通過する空港特急の
『ARS車両の広告車が増える』の画像

3月29日からのTangerang線減便ダイヤ(下り)長らく乗客とKCI側でのいがみ合いが続いていた、空港線増発のためのTangerang線減便議論。KCI広報は12連車の導入と引き換えの本数減を利用者に強引に押し付けていた形ですが、最新ニュース欄でお知らせしている通り、12連対応のDur
『Tangerang線減便、空港線増発・スピードアップ(3月29日)』の画像

最近、順調な空港線先週・今週と、怪社のお客様の送迎で、バカみたいな回数空港線に乗っていますが、ようやくトラブルに巻き込まれることなく、走るようになりました。以前、弾かれていたクレジットカードもすんなり決済され、一体前のあの仕打ちはなんだったんだ?と呪いた
『最近の空港線』の画像

今度はTs3そんなわけで、銀行系のラッピングが続々増えています。この編成はローカル(チャイニーズ、シンガポール等々の血はたっぷり入っていますけど)の銀行の広告が、各車にそれぞれ出ています。
『ARS車両に広告車両現るその2』の画像

側面が青色になったARS車両2月中旬より、ARS車両にも早速広告車が登場しています。広告代理店はKCIと同じ業者なのか、第一弾はJトラスト銀行でした。しかも、最近の映画風のではなく、初期に登場した青色に日本語表記を大々的に配したタイプ。
『ARS車両に広告車両現るその1』の画像

実はこのカラーリング、後々貴重になるかも??2月に入り、空港線車両が地味に変化しています。まずはこちら。上の画像からではわかりにくいですが、各車両に号車表示のステッカーが掲出されています。また、車内にも同様のステッカーが出ているようです。
『ARS車両に小変化』の画像

運転再開との報6日夜より運転を見合わせていた、スカルノ・ハッタ空港線ですが、昨夜8日、SudirmanBaru19:51の列車から運転を再開しており、今朝からは平常運転に戻っています。しかしながら、依然と降り続く雨で地盤は緩んでおり、他の箇所で同様の事象が起きないことを願
『スカルノ・ハッタ空港線運転再開(2月9日)』の画像

公式SNSより2月6日の法面崩落事故により運転を見合わせているスカルノ・ハッタ空港線ですが、依然として運転再開のアナウンスはありません。そんな中、本日空港線内でDLを使用した荷重試験列車が入ったとの目撃情報があり、長雨により緩んだ路盤の安全性を確認しているものと
『空港線の運行状況について(2月8日)』の画像

崩落した法面Foto:Diky Gunawan5日夜に発生した盛り土崩落事故により運転を見合わせている空港線ですが、運転再開の目途は立っていません。通常ですと、金網入りの岩っころを土嚢の如く積み上げ、仮復旧にしてしまいますが、人を1人殺しているだけあって、勝手に復旧するわけ
『空港線引き続き運転見合わせ中(2月7日)』の画像

Duri新1番線を発車する環状線内回りAngke方面行き年の瀬も迫った12月下旬、旧駅舎がたった1日ほどで取り壊され、空港線用と共用の新駅舎での営業に移行していますが、配線改良も進み、以前に私が予想したものに近いものになってきました。駅本屋内は、なかなか計算されており
『Duri駅の全貌が徐々に明らかに』の画像

Sudirmanのビル群をバックに走る空港特急公式SNSにアップされている通り、1月19日より空港特急が21往復から、25往復に増発されるとともに、一部列車の時刻に変更され、早朝の一部列車が廃止、日中の2時間穴が解消され、概ね1時間に1本の運転間隔が確保されています。最初から
『空港特急、増発・一部時刻変更(1月19日)』の画像

私が乗ると、空港線は壊れるのかね?地味鉄庵さんをご覧の方は周知のとおり、1月初旬から1週間ほど怪社命令で一時帰国?(本当はあんな寒い国に帰りたくないのだが‼)しておりましたが、一昨日ジャカルタ戻りました。そして、もちろん今回も空港線に乗ってきました。“プレ”が
『【続】空港線、切符買って初乗車‼(まさかの現金払い・・・)』の画像

定期列車を抑止させ、大混雑のDuriに入線する大統領専用列車(Ts8)撮影:Kucing様各種報道が既に為されていますが、昨日1月2日、当初予定通りジョコウィ大統領出席の下、スカルノ=ハッタ空港駅にて開業式典が執り行われ、空港線正式開業となりました。これにて、壮大なる人体
『開業式典開催、空港線正式開業へ(1月2日)』の画像

祝!プレ開業!!26日にプレ開業した空港線ですが、なかなか乗車するチャンスがなく、ようやく今朝乗ってきました。ハード面ではなんとか営業開始出来るレベルまで引き上げられ、方々で報じられている通りですが、次なる課題はソフト面ですね。これは知っておかないと、右往
『空港線、切符を買って初乗車!!』の画像

営業ダイヤを用いての試運転が連日実施されています(Ts2)各報道、また公式SNSの情報によると、12月26日のプレ開業(プレ開業期間中はRp.30000の特別料金)、1月2日にジョコウィ大統領立ち合いの下の正式開業(但しManggarai駅は未開業)が、ほぼ確定したようです。18日開業
『【公式ガセ情】空港線26日プレ開業報道※開業しました‼時刻表追加。』の画像

画像はカット違いなだけで既出画像(12月3日の試運転)例によって東洋経済さんの方に書かせていただいております。北本線記事で、公権力からクレーム→出禁なんてことにはなっていませんので悪しからず(笑)こちらの読者の皆様にとっては、もはや今更・・・な記事ですが、もしよ
『空港線試運転絶賛実施中』の画像

信号さんが敬礼している相手は?KAIが宣言通り25日に、“開業”させたスカルノハッタ空港連絡線ですが、続いて28日、売国奴リニ国営企業相の巡視が実施されました。また、リニの同伴として、国鉄総裁も再度乗車、そしてやはり一般客(またしてもヲタがManggaraiからゾロゾロと
『スカルノハッタ空港連絡線国営企業相視察(11月28日)』の画像

ついにスカルノハッタ国際空港駅に入線を果たしたARS系(関係者立ち合いの下、特別に線路敷内から撮影)今回ばかりは、私が首を切られなければならないのかもしれません。仮にインドネシアにあったならば流行語大賞2017確定のHoax(噂、ガセ情→政権批判系メディアに対して誹謗
『スカルノハッタ空港連絡線、入線試験兼初客扱い(11月25日)』の画像

炎天下の下、しばし歩いてきましたさあ、いよいよXデーの11月25日を迎えます。相変わらず、情報は錯綜しており、未だに25日に開業するとするKAI側と、もはや諦めムードが漂ってきた運輸省側にはっきり分かれていますが、連日メディアを賑わしています。KAI側が24日までに用意
『開業前夜?空港連絡線進捗状況(11月24日)』の画像

↑このページのトップヘ