JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

インドネシア

混色列車は一瞬にして消滅かバンドンからやってきたエコノミ急行Logawa依然としてコロナウイルス感染者の拡大が止まらないインドネシア、今週末までに2000人の大台に乗ることになるでしょう。しかし、ジャカルタ首都圏を除いては普段通りの日常が続いており、KAIも各地を
『【コロナダイヤ】帰省を阻止せよ!!KAI事前予告なしで大幅運休を開始』の画像

小手先の対応だけでは収拾が付かなくなっていますね既に日本のメディアからも報じられている通り、周辺各国の対応に追随するかたちで、外国人の入国に対して大幅な制限を加えることが昨夜付で決定し、20日0時から適用が開始されるとのことです。ただし、各国の対応とは異なり
『【重要】春休みにジャカルタ渡航予定の方へ』の画像

この頃はこの頃で楽しかったぁな当時のBukit Duri電車区には都営6000の他、RheostatikやKRLIも健在3月12日終電後、9本目となるKFWのINKA配給がManggarai~Madiun間で設定されています。当方、多忙に付き今回の夜練習はパス。そこで、今回配給されたTs6の画像がないかとHDD
『【残り1本!!】KFW Ts6、マディウン配給(3月12日)』の画像

ニコニコの軍隊がめちゃ怖いボードには乗車前後の手洗いの励行とマスク着用せよとの文言が書かれています3月2日、インドネシアで公式的は初となるコロナウイルス患者(感染元は日本人)がDepok市で発見されたことから、KCIでも関係機関と協力してBogor線の警戒を強化してい
『駅でコロナを封じよ!!Rail Clinic4、デポック・ボゴールへ(3月5日)』の画像

フィリピン、PNR向け通勤型気動車と並ぶKFW Ts9 Repowering全くもって雨降り続きのジャカルタ・・・手持ちのネタも尽きてきましたので、先日取材の為、約7年半ぶりに訪れたINKA工場の様子をちょっぴり紹介します。前回と同じく、完成品ならば撮影&アップしてもOKと有難い
『KFWのふるさと~INKA工場再訪2020年3月~』の画像

従来に比べて格好良くなった検測車、Kereta Ukur2月17日~21日にかけて、KAI保有の検測車Kereta Ukurによる恒例の線路検測が実施されています。検測区間は第一事業部管内の全線で、遠くはSukabumi、Merak、そして空港線、Tanjung Priok線にも入線しています。運輸省保有の検
『【塗装変更】KAI検測車、ジャカルタ管内検測2020年2月』の画像

完成予想図だけは格好いいそして頑として川側に改札口を設けませんタナアバンリバーサイド新駅(仮称??)あっと驚く?内部資料が出てくることもある、突発的に駅へ出現するイメージジオラマ。先日、夜の5817Fを待っている間、普段は人いきれが凄まじく近寄れないTanah Abang
『環状線タナアバン~カレット間に新駅建設構想か』の画像

再掲ですがSerpong駅に停車中の205系H7編成さて、先日暇つぶしがてらに数か月ぶりに訪問したSerpong駅。かれこれ1年に渡り工事が進められていた電留線がほぼ完成状態になっていました。Parung Panjang電留線に続いて、Serpongでも着工されたことにはびっくり(駅前集落は
『スルポン線、スルポン電留線供用開始(12月1日~?)』の画像

トップバッターはマト68(2019年全検出場済)2019年もあっという間に過ぎ去ろうとしています。今年も元日から年中休まず(たぶん)更新してきた社畜ブログも本日が今年最後のアップとなりました。ふと、ちょうど1年前何をやっていたのか過去記事を開いてみると【ブカシ線複々
『【203/8000/5000】来年もあると思うな!大晦日レア車3連発!!』の画像

Mangga Duaの大踏切を渡る赤罐CC300Sukabumi線の増発要員として満を持して登板した国産罐CC300ですが、わずか数週間で戦線離、増発便は以後運休という、毎度ながらのトホホ案件となっているのは既にお伝えしている通りです。しかし臨時便のスジ自体はダイヤ改正後も残って
『CC300 12 02号機他、改修後試運転(12月16日)』の画像

残念ながらブルーシートがかかったままのオンレール10月8日夜、INKA Madiun工場を陸送で出発した自称国産国営LRT、LRT Jabodetabek向けの第1編成が10月10夜に搬入箇所であるLRT Jabodetabek Bogor線Cibubur駅に到着しました。LRT Palembangと異なり標準軌であるため、輸送方
『【CAF】LRT Jabodebek第1編成搬入【INKA】』の画像

逆光、スマホ鉄でスミマセン・・・昨日28日、インドネシア鉄道(KAI)は74周年の創立記念日を迎えました。今年はTanjung Priok駅等での一般向けイベントはなく、バンドンのKAI本社での社内向けイベントのみの開催でした。このイベントにはKAIの幹部クラスが勢ぞろいすることから、
『KAI創立74周年記念イベントに潜入(9月28日)』の画像

模型の世界でも客車の世代交代が進んでいます2014年末(だったかな?)に突如オープンした屋外型鉄道模型レイアウト。インドネシア初の公設レイアウトにして、いきなり屋外型かよ!と相変わらず斜め上を行くやり方には度肝を抜かれました。ちょうど我々も分割式レイアウト(Nゲー
『インドネシア型が走る庭園鉄道、レンバンフローティングマーケット訪問記』の画像

オレンジ色のRheostatikがもの凄い存在感を示していましたオランダ式の架線も懐かしい・・・先日の記事に書いている通り、9月でジャカルタ上陸10年を迎えました。この間、あまりにも多くのことが矢継ぎ早に起こりすぎて、全く実感が沸かないのも事実なのですが、当時やり遂げ
『ジャカルタの10年前を振り返る』の画像

Gambir発朝イチのParahyanganを迎え撃つジャカルタに居てもネタがないし、ガスってるし、なにより線路際に大宮BTがたくさん居るというので、ちょっくらバンドン方面に遠出しました。元々撮り鉄ではないので、わざわざ車を使ってまでして沿線撮影するのはどうなのよ、と思うの
『【遠足】バンドン山線余部俯瞰』の画像

車輪交換したのに8連のまま・・・長らく車輪限度値割れのため暫定8連運用中だったハエ13編成が7月上旬、車輪交換を実施しました。が、誰もが期待していた10連復帰は実施されず、クハ204‐121の1両のみが車輪交換されるという不思議な格好での運用入りとなりました。
『205系ハエ13編成、車輪交換実施』の画像

短い8連でBekasi線をゆくすでにお知らせしている通り、10連の205系0番台車と205系5000番台の間での所属区トレードが実施されています。これまで、Bukit DuriからBogorに転属した編成をこちらでアップしてきましたが、今日は5000番台を。ジャカルタデビュー後も、ケヨ区謹製の
『205系武蔵野線M32編成、所属区変更により編成札設置』の画像

先週末は203系がBekasi線に溜まっていました先日お伝えしている通り、203系マト66編成がマト68編成のMM'122を組み込んで運用に就いています。長らくマト69と66が2本揃ってSerpong運用に就いていましたが、予想通り全検出場したハエ22がBogor線内での数日間の走り込みの後、Se
『203系マト66編成暫定編成撮り直し』の画像

塗装は良いのに、ロゴが大外れな第4陣・・・ロゴの欠落が止まりません。M12と前後してM34のKCIロゴも消えて、真っ白の状態になってしまいました。もはやコメントが見つかりません。アタマの中も真っ白です。
『M34お前もか・・・(武蔵野線205系M34編成もロゴ剥離)』の画像

通常より4両も短縮されたマト52編成5月下旬より車輪限度値割れの為、203系マト52編成が8連化されています。車輪の納入は未だになされていないことから、しばらくの間8連での活躍が続きそうです。武蔵野編成を組み替えても、その分12連がこのように短縮しているわけで、いつま
『203系マト52編成8連化』の画像

なんだかねぇ5月21日より運用開始している205系武蔵野線M12編成ですが、運用開始後わずか1週間で、前面ロゴ(クハ205-43)の表面が欠落し、真っ白の状態になっています・・・。10番のケヨ区お手製札があるのはこちら側のみですので、札+ロゴの画はもう撮れなくなってしまいまし
『やっぱりトホホな武蔵野編成、205系M12編成早くも・・・』の画像

後追い画像5月中旬頃から、武蔵野線205系第三陣編成のM36編成に編成札が設置されています。これまで、Bukit Duri電車区で設置されていたものとフォントが異なるものになっており、今後他の区所でも設置が進むのかもしれません。
『205系M36編成、編成札設置』の画像

写真にするとあまり目立ちませんが・・・編成札無し・LED故障中、さらにKCIロゴ欠落という、大ハズレ編成H1編成ですが、ロゴ欠落部の塗装が剥げたようで、さらに酷いことになっています。半ばSerpong線専属編成になっているため、急ごしらえで黄色のスプレーを吹きかけたよう
『ダサすぎる横浜線トップナンバー、205系H1編成』の画像

Serpong線は安定の曇りですが、顔が明るいので許容の範囲内!4月度入場分として、Balaiyasa Manggaraiで全検を受けていたハエ30編成が出場し、運用復帰しています。出場試運転は5月9日に実施されていましたが、やはり週末になかなか運用に就かず、そのままSerpong線に行って
『205系ハエ30編成、全検出場運用復帰』の画像

顔が綺麗だったので、立ち位置を間違えました(汗)5月中旬、前面塗装が乱れ気味だったH6,H8編成が化粧直しを完了し、運用に復帰しています。赤色の退色が激しい、最近のKCIの一部編成ですが、H6,H8は1年くらい前から、前面黄帯があたかも、ソバカスのように小さな斑点が徐々に
『205系H6,H8編成、化粧直し』の画像

鮮やかな赤色になったハエ23編成4月度入場分としてDepok電車区で全検を行っていたハエ23編成が出場、運用復帰しています。なお、出場試運転は5月7日に実施していたものの、週末にはことごとく運用に入らず、さらにその後Serpong線運用になってしまったため、回収が遅れていま
『205系ハエ23編成、全検出場運用復帰』の画像

Tanah Abang機関区で一時的に留置されるKRDIジョグジャ空港快速向け予備車確保のため、南スマトラ、ランプン近郊で運用されていたKRDIがジャワ島に凱旋、21日夜、Tanah Abang~Yogyakarta間で自力回送しました。なお、この編成は5月16日にTanjung Priok港に海送されており、
『KRDI(南スマトラ車)ジョグジャへ(5月22日)』の画像

Purwakartaは晴れ、ジャカルタは雨・・・前にBekasi線内で武蔵野編成を撮ろうとしたところ、直前を通過したParahyanganに自転車マークが付いていまして、あっけに取られていたのですが・・・先日Purwakartaに行ったとき、ちょうどその列車に乗りまして再度確認してみたところ
『特急Argo Parahyanganにサイクルトレイン登場か!?』の画像

↑このページのトップヘ