JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

インドネシア鉄道

その名もKLB!!イスラーム世界における断食月、ラマダンも折り返し地点。断食が明けると、1年間待ちに待ったお盆休み、レバラン。例年であれば、お小遣いTHRを握りしめ、主にジャカルタから約2000万人が故郷へ帰省するわけですが、コロナ禍の今、各国がレバランの規制強化
『【コロナダイヤ】まるでNゲージ!!究極の減車!!無名特急「臨時」』の画像

従来に比べて格好良くなった検測車、Kereta Ukur2月17日~21日にかけて、KAI保有の検測車Kereta Ukurによる恒例の線路検測が実施されています。検測区間は第一事業部管内の全線で、遠くはSukabumi、Merak、そして空港線、Tanjung Priok線にも入線しています。運輸省保有の検
『【塗装変更】KAI検測車、ジャカルタ管内検測2020年2月』の画像

一見ふつうのK3客車ですが今日も引き続いて冷房の話。12月1日ダイヤ改正より、北本線経由でジャカルタPasar SenenとスラバヤSurabaya Pasar Turiを結ぶエコノミ急行Gaya Baru Malam SelatanがリニューアルK3+K1での運転になっています。従来、冷改K3は床下に家庭用冷房を搭載
『急行Gaya Baru Malam Selatanにリニューアル冷房K3連結開始(12月1日~)』の画像

2つの空港アクセス線開業に伴う運用増で、再整備&冷房化されたKRDI(Non AC)しばらく間隔が空いてしまいましたがジョグジャカルタ新空港(New Yogyakarta International airport:YIA)アクセス列車の紹介です。従来、ジョグジャカルタの空港は市内に近いアジスチプト(マグウ
『【時刻表が無い!!】お粗末すぎるジョグジャ空港アクセス列車』の画像

4両編成のキハ、ジャカルタへ再び現る2月8日から2月9日にかけて、日車KRDことMCW302系気動車改造のCSR専用車、Rail Clinic4が所属先のSolo Balapan~Tanaha Abang間で回送されました。Rail Clinic1~3が全てスマトラ転属しているため、ジャワ島管内に残る最後のRail Clini
『【日車KRD】Rail Clinic4、タナアバンへ回送(2月9日)』の画像

通いなれたManggaraiを発つKFW Ts4撮影:E103系2月4日終電後、Balaiyasa Manggarai敷地内に留置されていたKFW 第4編成(Ts4)がINKA工場に返却の為、Manggarai~Madiun間で配給されました。用途が無くなって久しいKFWの“逆Madiun配給”ですが、2019年9月14日のTs5以来の設
『KFW第4編成、マディウン返却配給(2月4日)』の画像

貫通から非貫通に改められ、切妻顔がさらに目立つようになったKRDE AC(K3 2 12 16~20編成)一昨日に続いてのジョグジャ編。まずはKutoarjo~Yogyakarta~Solo Balapanを結ぶ都市間快速、PRAMEKSで運用中のKRDE ACから。前回お知らせしている通り、このKRDEが昨年後半か
『【まさに食パン!!】元Holec電車、KRDE AC全検出場続々』の画像

久々のこの感覚;;実は今、ジョグジャがアツい?205系の組成変更ばかりダラダラ上げていても仕方ないので、気分転換にジョグジャに足を延ばしてみました。先日のシンカンセン巡視で触れた通り、もはや10年前のユドヨノ政権下にてほぼ決定していたジョグジャ~ソロ間の電化
『【ついに電化工事着工】ジョグジャカルタ工場先週末のゲート前』の画像

群衆に見送られKebayoranを発車するシンカンセンこと、Rail Four(Kereta Inspeksi 4)10日ほど前に改造元のBalaiyasa YogyakartaからTanah Abangまで回送されていた元日車KRD,MCW302系Rail Fourですが、1月30日、いよいよ初任務のときがやってきました。これまで2回ほどス
『【Rail Four】副大統領、日車シンカンセンでランカスへ(1月30日)』の画像

あっという間に月日は流れていきますね・・・迫力の大展望に酔いしれたKereta Istimewa貸し切りから早くも2か月が経過、つまり私の人生が廃回され、チカウム沼に沈められてからも同じ月日が経ったことを意味しているのですが(笑)、私は何も変わらぬ生活を送っております。年末の
『スーツ交通チャンネルさまにご紹介いただきました』の画像

晴れて鷲のマークの大正製薬!廃回列車はCikaumに停車することなく、無事終着Cirebonに到着しました・・・。いやぁ、可笑しかったですね本当に。KA Wisataから1週間半前に急きょCikaumの臨停が出来なくなったとお詫びの電話が入る。担当のお姉さんも珍しくメチャクチャ申し訳
『11月30日結婚式団臨運転報告』の画像

久々のジャカルタ凱旋となったRail Clinic/Library10月24日、Sukabumi線Cisaat駅で地元住民向けのCSR活動があり、第一事業部管内で久々のRail Clinic/Ribraryの出動となりました。送り込みは前日夜に実施されたため、撮影叶いませんでしたが、Tanah Abangへの返却はギリギリ
『【日車KRD MCW302】Rail Clinic/Library、Tanah Abangへ返却(10月24日)』の画像

晴れて再会です先日、KAI創立記念セレモニーにて公式リリースされたイモムシ改めKereta Istimewaですが、同日中にTanah Abang機関区に回送されており、ジャカルタでの公開を今か今かとまっておりましたが、10月2日にTanah Abang~Parung Panjang間往復でバンテン州の役人と軍
『【日車KRD MCW302】Rail Two改めKereta Istimewa、Tanah Abang機関区で内覧会』の画像

黄色い救援気動車Ⅱ世、ジャカルタに凱旋撮影:Pierre2427様エディ政権化で進められた一連の日本車輛製気動車、MCW302系改造シリーズとして唯一事業用に改造された、ピカチュウことK2​ 3​ 78​ 02​,K2​ 3​ 82​ 07の2両が常駐先のYogyakartaからTanah Abangに回送されま
『新しい救援気動車“ピカチュウ“Tanah Abangへ回送(10月13日)』の画像

ついにベールを脱いだLRT JABODEBEK車両10日夜にCibubur駅に到着していたLRT JABODEBEK(Tangerang方面への延伸予定がないため、公式パンフレットでも確認しましたがTAを外したJABODEBEKが正式名称のようです)第1編成、11日に1両だけオンレールするという謎の動きを見せていま
『【恐れていた!!】国産無人運転車両落成&到着記念式典開催(10月13日)』の画像

逆光、スマホ鉄でスミマセン・・・昨日28日、インドネシア鉄道(KAI)は74周年の創立記念日を迎えました。今年はTanjung Priok駅等での一般向けイベントはなく、バンドンのKAI本社での社内向けイベントのみの開催でした。このイベントにはKAIの幹部クラスが勢ぞろいすることから、
『KAI創立74周年記念イベントに潜入(9月28日)』の画像

パッと見、臨時Parahyanganにしか見えません朝の中央線内に日が回るようになったので、今更ながらArgo Cheribonを撮りました。武蔵野五陣の12連を待ち構えている間にやってきたというのが正しいのですが。真っ当な新列車ならすぐにでも撮りに行きますが、これじゃわざわざ待
『ぼったくり特急Argo Cheribonを撮る』の画像

閑散期ながら突如現れたボロ客車特急正体は?先日、74周年記念パラヒャンガンを撮りに平日朝練をしていたときのこと、謎の列車が現れました。臨時列車の設定などない閑散期の平日に、一体何事かと思いましたが、サボを見るとTaksakaでした。すでにステンレス化されていながら
『【悲報?】特急Taksaka、ボロに戻る』の画像

今日は罐出しなくバグース!!9月4日終電後、運用離脱後Balaiyasa Manggaraiで保管されていた残るKFWのうち、第5編成(Ts5)がManggarai~Madiun間で配給されました。INKA工場に再入場し、ジョグジャ地区の電化区間向けに再整備される見込みです。武蔵野第5陣の到着前までに、K
『久々の設定、KFW返却配給第5編成(9月4日)』の画像

こちらもフルラッピングとなったArgo Parahyanganついに今年はCommuterへの国旗掲出が全廃になった反面、ハエ30編成をフルラッピングした特別列車を仕立てています。一方KAIの客レはCC201の第一エンド側には、まだまだ掲出しているのが見受けられますが、CC206の台頭で、その
『独立74周年記念パラヒャンガンを撮る』の画像

Gambir発朝イチのParahyanganを迎え撃つジャカルタに居てもネタがないし、ガスってるし、なにより線路際に大宮BTがたくさん居るというので、ちょっくらバンドン方面に遠出しました。元々撮り鉄ではないので、わざわざ車を使ってまでして沿線撮影するのはどうなのよ、と思うの
『【遠足】バンドン山線余部俯瞰』の画像

何の面白みもない臨時ArgoDwipanga新型客車を充当した臨時列車の続きです。全くネタでもなんでもありませんが、以前との比較ということで・・・。年始はCikiniの駅先端で撮っておりました。→【臨時列車撮影記】Argo Dwipanga Tambahan
『新型客車も早くも波動用に!特急ArgoDwipanga Tambahan』の画像

何のネタにもなりませんがTawang Jaya Lebaranなかなか終わりの見えてこないレバランネタ・・・。この前の更新で、新型客車がレバラン臨に回っているという話をしましたが、そういえばこんな列車もありました。Purwosari Tambahanのちょうど30分前を通過したTawang Jara Leba
『新型客車も早くも波動用に!急行Tawang Jaya Lebaran』の画像

帰ってきたK9こんなの上げて需要があるのかどうかですが、旧Argo Bromo Angrek専用車が果たしてどこへ消えたのかと気になっている方も一定数いるかと思いますので、アップしておきます。Argo Bromo Angrekのステンレス化後、余剰になっていたK9車ですが、台車設計上、北本線
『定期列車にも変化あり!特急Argo Muria』の画像

ビジネス5両+エグゼクティブ5両の堂々たる急行Mataramダラダラ続けているレバラン臨シリーズですが、こうしてみると細かい部分でかなりの変化があったわけなのです。ひとえに、ステンレス客車の大量増備ということになりますが、そのあおりで新型からボロに戻ってしまったと
『このまま定期列車格上げか?急行Mataram』の画像

荷物車+K3×6+KMPという田舎の急行列車という表現がピッタリのSerayuだらだらとアップを続けている、レバランの客レシリーズですが、ちょっと一休み。逆に変化が全くない、伝統の急行Serayuです。いっとき、荷物車が消えた時期もありましたが、また復活しているのですね(ここ
『レバランもなんのその!我が道を行く急行スラユ』の画像

定期白銀編成の復活もはや旧聞に値してしまいますが、レバラン輸送に合わせた5月26日より、Argo Bromo Angrekに続く第二弾として、Argo Diwipanga、Argo Lawu、Taksaka、Gajayanaへのラグジュリークラスの連結が始まっています(8両が落成したものと思われます)。今回、この車
『定期列車にも変化あり!Luxury2連結の特急Argo Dwipanga!!』の画像

ボロと言えば、こちらも忘れられないTaksaka LebaranPurwojayaに負けず劣らずな、Taksakaです。定期列車こそステンレス化されてしまい、かつての面影はなくなってしまいましたが、臨時となるとボロ客車が健在です。大窓、小窓に元青胴の珍ドコぶりをお楽しみください??
『ボロの代名詞!特急Taksaka Lebaran』の画像

時間が時間だけに逆光承知です・・・今年初登場の謎多き臨時列車、Argo Jati Tambahanです。昼下がりに出るCirebon行き臨時と言えば、前のムハンマド昇天祭臨において、Gambir14:30のKLB Cirebon Tambahanというトンデモ列車が設定されていましたが、あくまでもCirebon客車
『初登場!!13:20発の特急Argo Jati Tambahan』の画像

コタに再び客レが集う、是か否か?向かって一番右端が客扱いを開始したJayakarta Premiumダイヤ修正ネタでもう一つ。今回のレバランを前にして、5月29日からJakarta Kota駅での長距離列車の客扱いが復活しています。2009年から5年間にわたるジョーナン改革で、エコノミー客、
『ジャカルタコタ駅での長距離列車客扱い再開他(5月29日~)』の画像

レバラン恒例、臨時Purwojaya先日、レバラン時刻表をアップしましたが、一点書き忘れていたことがありました。毎度お馴染みの臨時Purwojayaですが、今年からK2の連結がなくなり、オールエグゼクティブ化されました。定期列車からビジネスが廃止されて久しく、かろうじで臨時
『安定のボロさ!特急Purwojaya Lebaran』の画像

囚人護送列車の如く、客車カラーの荷物列車が行く前回の記事でレバラン臨時刻表をアップしましたが、今回は時刻表に載らないレバラン臨を。レバラン期間中は道路も鉄路も人間輸送を最優先すべく、貨物輸送が一切ストップしますが、そんな中設定される荷物列車がこちら、MOTIS
『恐怖のAling Aling五重奏!!臨時急行貨物MotorGratis』の画像

新製AC K3とエグゼクティブの混成はジャカルタ地区で初飛び込みネタが色々入ってきてしまいまして、レバラン臨ネタが後手後手に回ってしまい恐縮です。さて、タイトルの通り、今回はレバラン臨とは言いながら定期列車にフォーカスしてみます。2010年~2015年にかけて製造され
『定期列車にも変化あり!急行Gajah Wong(レバラン臨2019総論②)』の画像

朝日を浴びて、Bekasi線を行くCC3006月18日、政府高官輸送(運輸省関係者?)のため、CC300牽引のVIP列車がGambir~Serabaya Pasar Turi~Malang間で設定されました。なお、当編成は日曜日にMadiunから送り込まれています。なお、後日再びJakartaに戻る予定で、その後所属先のMa
『国産赤罐CC300、再び北本線をばく進(6月18日)』の画像

オールビジネスの勇姿2019年3月1日のSenja/Fajar Utama YKのステンレス化により、オールビジネスクラスの定期ジャカルタ乗り入れは全廃。ビジネスクラス自体、1等2等混成のGumaranに残るのみという風前の灯と化していました。ですので、このレバラン臨は期間限定で復活したオ
『レバラン限定!オールビジネス!!臨時急行Sawunggalih&Mamtab Lebaran』の画像

新登場の臨時列車、Purwosari Tambahanようやく長~いレバラン休暇も終わり、ボチボチ会社にも人々が戻ってくる頃合いです。うちの会社もやっと今日から8割方揃うかな(笑)ジャカルタに朝夕の通勤ラッシュも戻ってきましたが、レバラン臨については、概ね今週末まで設定され、
『こんなのアリか⁉臨時急行Purwosari Tambahan(レバラン臨2019総論①)』の画像

ステンレス客車に準じた塗装の電源車(P)が登場写真は臨時Argo Parahyanganの回送今年に入り、検査出場した電源車がステンレス客車に準じたオレンジ帯塗装になっている姿が多数目撃されています。当方、なかなか遭遇出来ずにいましたが、最近立て続けに見かけることがあり、徐
『KAI客レ、再び塗装変更の波が来るか??』の画像

なんじゃこりゃ!と叫びたくなる組成当地、4月3日はムハンマド昇天祭で祭日。飛び石連休ですが、こうなると皆さん勝手に休んでしまいますので、水曜~日曜まで5連休という状況になり、列車も飛行機もチケットが取りづらい状態。KAIもお馴染みの臨時列車を設定し対応していま
『【バンドン車なのにチレボン行き!?】特急臨時Cirebon設定される』の画像

列車線を通過する貨物列車待望のBekasi線複々線化が、暫定的ではありますが、ついに供用開始です。元を辿れば、2001年に円借款締結された「ジャワ幹線鉄道 電化・複々線化」(土地収用遅れ等から、既に円借款事業から外されている)であり、約20年越しでの一部完成に漕ぎつけた
『ブカシ線、Jatinegara~Cakung間複々線供用開始!!(4月12日)』の画像

茶銀編成となったArgo Parahyangan気づけば、Argo ParahyanganがPangandaran含め、オールステンレス化されています(一部の臨時を除く)。2月の中旬頃くらいからでしょうか。混色編成を早めに撮っておいて正解でした。やはり、意識高い系を自負するKAIは、編成美を目指している
『特急Argo Parahyanganもオールステンレス化へ』の画像

平凡な列車となってしまった、Argo Bromo Angrek3月19日より、ジャカルタ~スラバヤ間を最速で結ぶ1列車~4列車、特急Argo Bromo Angrekがステンレス客車化しています。これまで、当列車には97年に鳴り物入りで投入されたボルスタレス高速客車K9が専用編成として充当されてお
『【栄光の1列車】特急Argo Bromo Angrekもステンレス客車化へ(3月19日~)』の画像

↑このページのトップヘ