JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

ジョグジャカルタ

今後は合法的にKFW&Holecの正面並び画像が撮れそうです最近、こちらでの更新頻度も少なく、あまり動きのないように思われている第6事業部ですが、定期検札は続けています。以前のように毎月行くようなことは無くなりましたが、なんだかんだで2か月に1回くらいのペースでジョ
『ジョグジャ駅のレイアウトが変わります』の画像

国旗も誇らしげに田園地帯を行くKRDE Holec高速鉄道もLRTも開業せず、式典で大統領はスピーチすら残さなかった今年の独立記念日ですが、控えめながら一部列車への国旗掲出が行われています。まずは、先日、おっとっと様と足を伸ばしてきたジョグジャ地区から。昨年までジョグ
『78周年!!独立記念日に伴う国旗掲出KCIジョグロ編』の画像

国内外問わず、人気沸騰中のジョグジャ!!ジョグロ線は連日超満員が続いていますKCIは6月28日朝、6月28日からのジョグロ線増発をアナウンスしています(いや、だからどうして当日の朝発表なの?)。ジョグロ線は学級期間の観光需要対応の為、6月19日にも6月19日からの増発(全日土
『さらに増発!!ジョグロ線犠牲祭連休に15往復運転!!』の画像

画像はイメージですちょうど1年前くらいに撮影・・・6月19日、KCIは6月19日からのジョグロ線増発ダイヤを発表しています。これは6月1日ダイヤ改正時点で設定されている土休日運転の空スジを毎日運転の臨時列車として7月14日まで運転するものです。KCIでは、学校の夏休み期間中の
『夏休み期間中毎日増発!!ジョグロ線6月19日からの時刻表』の画像

帰って来たKRDEでも、過渡期の風景に終わりそうな予感6月1日のダイヤ改正をもってしても、1日わずか4往復という、世界一使えない空港鉄道としての汚名を貼られている(というか1日利用者数が十数名なんだから、名実ともに使えない鉄道なんですが・・・)ソロ空港線ですが、ジョコ
『1日4往復・・・でも高架化工事進捗中のソロ空港線沿線風景』の画像

公式からジョグジャ地区残留がアナウンスされたKRDE Holec改、新幹線リレー号多忙による画像ストック枯渇の為、隔日更新になってしまい申し訳ございません。が、そんなときでもインドネシアはネタをどんどん投じてくれるので助かります・・・。KCIが先日発表した6月1日改正ダイ
『【6月1日改正ダイヤ】ジョグジャ地区空港線時刻表』の画像

YIA Xpress運行開始!!ツイッター版でリツイートしておりますので、ご存じの方は多いかと思いますが、4月6日よりRailinkジョグジャ空港線にて、途中ワテスに停車しない空港~ジョグジャカルタ駅間ノンストップのYIA Xpress(YIAエクスプレス)の運転を開始しています。5往復が設
『【旅行者の方へ朗報】ノンストップ急行登場で21往復運転に!!ジョグジャ空港線新ダイヤ(4月1日)』の画像

酷い雨ですが、記録だけ・・・(この天気でも撮影者が3名もいました)3月24日、民間企業の福利厚生による貸切で、全車KAWIS特別車で組成された団体臨時列車がガンビル~ジョグジャカルタ間で往復運転(復路は回送)されました。先週はまさに雨季のピークという感じで、月曜から連日
『豪雨の中を行く豪華列車・・・パノラミック車連結の企業エクスカーション団臨運転(2月24日)』の画像

ロゴ設置位置に帯色と、過去最高傑作とも言えたM22編成ジャカルタ返却後の処理が注目されます既報の通り、9月14日、9月21日にジョグジャ地区配置の205系武蔵野線M22編成・M23編成がジャカルタ首都圏へ返却されています。国境解放後初となる本邦シルバーウィーク直前というタ
『追憶の205系ローカル運用、ジョグジャ地区で活躍した1年半の記録』の画像

パルール行きのKFW独立記念日となる8月17日に#サイレント開業を果たしたジョグロ線ソロバラパン~パルールの電化延伸区間ですが、その後もひっそりと営業が続いています。運行本数はわずか1日3往復と、一昔前のパルンパンジャン電化当初の頃を思い起こさせる対応ですが、KCI
『205系消えても・・・ジョグロ線電化延伸部ソロバラパン~パルールに乗ってきました』の画像

2時間遅れで日没ぎりぎりに通過ジョグロ線電化に合わせ第6事業部(ジョグジャカルタ地区)に配置されていた205系武蔵野線M23編成がジャカルタ首都圏に返却の為、9月21日にソロバラパン~デポック間で配給されました。牽引機はCC2039801 PWT。9月14日のM22編成に続いての配給で
『【JR東】さよなら205系ローカル4連!!武蔵野線M23編成、ジョグジャから返却配給(9月21日)』の画像

今年も始まったジョグジャ地区の国旗掲揚電化設備が完成し、試験営業も既に行っているジョグロ線の電化延伸区間、ソロバラパン~パルール間ですが、いっこうに開業の音沙汰がありません。本来ならば、去る5月のレバラン開業が果たされて然るべきだったのですが、そもそも進捗
『明日電化延伸??全編成国旗掲出中のジョグロ線』の画像

ソロ行き表示は今後、夜にしか見れないレア行き先になりますね兼ねてから複数回の試運転が繰り返されてきたジョグロ線の電化延伸部、ソロバラパン~パルール間ですが、いよいよ7月上旬に電化開業を迎える模様です。それに先立ち、今週20日月曜日から1週間の日程で、毎度おな
『電車は東へ!!ジョグロ線ソロバラパン~パルール間無料乗車会開始(6月20日~)』の画像

今頃、ジョグロ線はパルールまで延伸しているはずでしたが・・・無事、ジャカルタ首都圏の白紙ダイヤ改正が実行されたKCIですが、ジョグロ線はほぼほぼ変化がありません。土休日のみ運転の2往復が毎日運転に格上げされたくらいでしょうか。元々、レバラン前までのパルール電化を
『ブディカルヤ謝罪しろ!!どうした!?ソロバラパン~パルール電化開業』の画像

今回はクラテンからスタートしましょう2週間ほど前に、ガウォック、スロウォットの変貌ぶりをお伝えしましたが、今回はクラテンより東側区間を見てみましょう。前回、クラテンのピット線も、手前のKFWに被られて見えにくかったですので、再掲します。ピット線1本+事務所機能
『変わりゆく駅風景・・・【続】ここはどこ(何駅)?』の画像

顔が新しくなってからソロ空港駅(アディスマルモ)で撮るのは初ですね先日お知らせした通り、ジャカルタ~バンドン高速鉄道連絡に改造されたKRDE「新幹線リレー」編成の充当も始まっているソロ空港線。沿線撮影の翌日は、車内も観察しようと乗り鉄と決めていたのですが、なん
『本数9割減!!空気輸送の空港線、空港快速BIAS大減量ダイヤが継続中・・・』の画像

KFWにも地味な変化が去る3月1日、南本線ジョグジャカルタ~ソロ間(通称ジョグロ線)は電化本開業1周年を迎えました。あの「ジョコウィ御一行様乗車の為の運用変更祭り」から早くも1年ですか。この間、あまりにも変化が多すぎて、あっという間に過ぎ去りました。この間、果たし
『電化開業から早くも1年経過したジョグロ線』の画像

わずか4か月で浦島太郎です突然ですがジョグジャにスクランブル発進しております。そんなわけで今週末のゲート前は回収出来ておらず、マンガライレポートはお休みです。昨年10月中旬以来、4か月ぶりのジョグジャですが、あらゆるものが変わっています。鉄道沿線には雨後の筍
『【問題】ここはどこ(何駅)??』の画像

前回は開業していても乗れなかった空港線に遂に乗車でも観光客の皆さまは注意が必要です10月14日、インドネシアは宣言通り東南アジア最速の外国人観光客受け入れを開始しました。デルタ株流行に伴う感染拡大で予定よりも3か月遅れでの開国ですが、デルタの流行は宿敵タイ、マ
『開国しても外国人お断り!!ジョグジャ空港線乗車レポ』の画像

東南アジア最高峰Balaiyasa Yogyakartaのゲートをくぐる日が来ました先日のジョグジャ・ソロ出張では、SLの動態保存運転も一つのネタではありましたが、メインはこちら、ジョグジャ工場、Balaiyasa Yogyakartaです。Balaiyasaと言えば、お馴染みBalaiyasa Manggaraiですが、K
『新幹線リレー号用気動車遂に姿を現す!!ジョグジャ地区最新車両動向』の画像

運転再開を祝して?大挙押し寄せたソロ自治鉄の皆さま18日付け記事でお知らせした、北陸重機の小型事業用DLが牽引する2軸客車列車のタネ明かし。PP状態の後ろに繋がっていた本来のネタ(へそ曲がりでない真っ当な現地鉄は当然SL狙いです;;)、それがこちらの1921年ドイツ製のD
『【動態保存】ソロ名物!!路面を走るSLジャラダラ号運転再開!!(10月16日)』の画像

激レア罐!?の本線走行に沿線は再び大激パインドネシアに渡った黄色い日本製機関車と言えば、元神奈川臨海鉄道のDD55-512(運輸省保有)が有名ですが、アンバラワ線の復旧計画が白紙に戻った(勾配が運輸省新レギュレーションに適合しない為)ことから、もはや博物館(ただし留置場
『神奈臨だけじゃない!?インドネシアを走る日本製機関車』の画像

今日も空気を運ぶソロ空港線の架線下Holec前回のジョグジャ訪問から早1ヵ月。そろそろ美味しいヤギ肉が恋しくなり、9月14日以降KAI普通列車にも職業証明書STRP無しでの乗車が公式に解禁されており、ジョグジャ空港線の初乗りをしたい頃合いでもありますが、次回訪問は来月中
『空港新線本開業でどうなる?実はイメチェンした緑のHolec』の画像

もう走り出しています独立記念日に向けて急ピッチで工事の進んでいたジョグジャ空港新線クドゥンダン信号所~ジョグジャカルタ国際空港間(約5.4㎞)ですが、宣言通り8月17日に運輸省他の来賓を乗せた巡察列車の入線を果たし“公約“は果たされました。予定であれば、居合わせ
『自粛厨対策!!実は開業しちゃってます・・・ジョグジャ空港新線先取りレポート』の画像

ようやくリニューアル車の日中配給撮影が叶いました8月20日、ジョグジャカルタ地区向け7本目となるKFW第5編成(Ts5)がマディウン~チェペル間で配給されました。同地区ではご承知の通り6本、つまり8連換算で3本が既に運用をしており、205系4連2本と合わせ十分な数が配置されて
『リニューアル一旦打ち止めか?KFW第5編成INKA出場配給(8月20日)』の画像

ジョグジャで実現!!お召旗去る8月17日、76回目の独立記念日を迎えたインドネシア。8月2日付け記事でお伝えした通り、恒例となりつつある季節ラッピング第3弾としてジャワ管内4両のCC206に独立記念カラーが施された一方、昨年は盛大に国旗が掲出されたKCIの電車には、このコロ
『205系お召スタイル再び!!今年はジョグジャで(3日遅れの)祝76周年!!』の画像

場末のソロジェブレス駅を初訪問本日は気分転換にジョグジャネタを。6月末の訪問時レポート、なんとか鮮度を保っているうちにアップします。ご承知の通り、2021年2月に電化開業したジョグジャカルタ~ソロバラパン間ですが、開業後、さっそくソロバラパン~ソロジェブレス~
『コロナ禍でもぐんぐん進捗!!ソロジェブレス電車区工事を見に行く』の画像

まさかの1ヵ月の間に線路敷設、締結完了!!撮影:Muhammad Alif Asta Jaya様およそ1ヵ月前にお知らせしたジョグジャ新空港線の工事進捗状況、当時、公式からも線路・駅施設の進捗は4割とアナウンスされていただけに、運輸省計画通りの7月試運転開始は絶望的・・・と思われていたの
『8月17日開業報道!!ジョグジャ空港新線入線試験始まる(7月19日)』の画像

もはや4連の姿が貴重だったとも言えるジョグロ線の205系M22+M23編成こんな状況ですので不要不急のネタもなく、ジョグジャ詣では当面の間お預け・・・。ですので、先月の訪問時に回収してきたお話です。おおよその方が不思議に思われているジョグロ線の保守整備についてです。特
『【予備無し205系】KCIジョグジャ地区(第6事業部)の車両検査体制について』の画像

空港線、ソロ国際空港(SMO)駅に停車中のKRDE Holec今年2月10日のジョグジャカルタ~ソロ間の電化開業(KCIへの運行移管)により、お役御免となってしまったKRDE Holec。ダイヤ改正時点で5本(うち1本はジョグジャ空港快速YIA用に冷房改造された元非冷房ロングシート車:緑編成)が
『祝!!全車再就職!!当面安泰の元ジャカルタの電車KRDE Holec』の画像

出区する空港快速エアポートYIA用の新型KRDE(K1 2 18)先日投稿した通りグノースの罠を回避し、再びジョグジャに足を伸ばして来ましたので、ネタが陳腐化しないうちに、まずはこちらから紹介します。ジョグジャカルタ新国際空港(YIA)の建設と並行して進められている空港新線で
『ぶつけ本番運行の危機!?YIA空港線進捗状況レポート』の画像

今週末も密密先日のメダン行きに引き続き、怪社用務でもジョグジャ行きが舞い込んできまして、経費で落ちるのなら、せっかくですのでバスではなく夜行列車で行こうではありませんか。ただ、ここで究極の選択を迫られるわけです。どうして鉄道がこんなにも敬遠されるかと言え
『鉄道利用者離れの切り札になるか?恐怖のグノース実験体験レポート』の画像

午後は100%曇り・・・先日の記事で紹介した通り、5月6日から大幅な修正が入ったジョグロ線ダイヤ。運用を解析したところで、さっそく修正が入りました(笑)。そんなものかとKAI/KCI統合時刻表をまだ上げていませんでしたので、今回6月1日からの時刻表を改めてアップいたします。
『【時刻表付き】またも修正!!6月1日からのジョグロ線ダイヤを考察する』の画像

ようやく、順光8連の205系を確保出来ましたKCIは4月下旬に、レバラン連休を含む5月1日から31日までのジョグロ線の運転計画を発表しており、当ブログでも5月3日の記事にてお知らせをしています。しかし、なんと5月6日には大幅な時刻変更、運用変更を伴うダイヤ修正が実施され
『本数削減でオール8連化!!ジョグロ線大幅な運用変更発生(5月6日~)』の画像

すっかりご無沙汰の205系バティック色最後の遠征から早2か月・・・、あっという間に月日が流れていますが、その間にもジョグジャ~ソロ間の電車利用者は着々と伸びているようで、KCIは5月1日からのジョグロ線運転計画を発表しています。3月下旬から日中の全8連化を達成し、引き
『コロナ禍でも好調!!ジョグロ線5月1日からの運転計画発表!!』の画像

撮影時間帯が限られていた8連が大幅に増えました2月10日に電化開業したKCIジョグジャカルタ~ソロ間、通称ジョグロ線は昨日、無事2か月の節目を迎えました。引き続き、コロナ禍のソーシャルディスタンス確保のため1両74人の厳格な乗車定員制が敷かれており、気軽に乗車出来な
『開業2ヵ月!!好調のジョグロ線、日中の定期列車全8連化へ!!』の画像

早くも4両では輸送力不足?さて、先週末はムハンマド生誕祭、そしてヒンドゥー新年ニュピを含む連休で、コロナ禍始まって以来乗客減に苦しむKAIにあって、運休列車の相次ぐ運転再開(過去記事参照→【2021年ダイヤ改正】輸送力増強もコロナで発揮できず・・・不運の長距離列車)、
『終電40分繰り下げ!!土休日はジョグロ線さらに増発へ!!』の画像

この日、まだLED未稼働でした本題に入る前に先週の答え合わせから。ガウォック駅と共にもう一駅、上下線が競合してしまうボトルネック駅はルンプヤンガンです。先日公開された前面展望動画をご覧になればわかる通り、ルンプヤンガン駅はホーム上屋のある1番~3番線がいずれも
『ジャカルタ出戻りも視野?205系武蔵野線M22編成前面LED表示器設置』の画像

運輸省鉄道総局SNSより昨日3月1日、遅れに遅れていたソロ~ジョグジャ間電化開業記念式典が開催され、予定通りジョコウィ大統領がジョグジャカルタ11:55発7106列車でクラテンまで乗車しました。そしてこれまた予想通りにインドネシア自国予算と技術による電化開業を全面的に
『205系並び撮影会実現!!大統領乗車に伴う運用変更を見る(2月28日)』の画像

バティック帯、M22編成の4連単独は貴重な姿になるのか??昨日の記事の末尾で“205系の併結8連シーンは呉線の12連103系の如く短命に終わったと言えるのかもしれません??”と書いた手前で申し訳ないのですが、おそらくジョグジャにおける8連運転は消滅しないでしょう。それより
『【どうなる205系?】日中オール8連化目前!!土日にさらに増発とKFW増投入!!』の画像

開業前の試運転以来となるKFWの併結8連2月10日に正式電化開業を迎えたKCIジョグジャ〜ソロ間、通称ジョグロ線。既報の通り利用者数は開業当初のお試し乗車もあって大きく伸びています。一方、コロナ禍のソーシャルディスタンス確保のため、混雑時は乗車制限を行うことから輸
『大統領乗車で205系使用停止!!国産電車KFW、8連運用に進出(2月26日)』の画像

205系が留置されたことで一躍有名になってしまったガウォック駅庭園のような美しさの小さな駅ですが・・・いきなり仰々しいタイトルで恐縮ですが、こちらの画像に映っているソテツのような植物かなり危険です。ジャカルタでは見たことのない、というか他の駅でもお目にかからな
『今後のボトルネックか!?流血のガウォック駅で運転扱いを見る』の画像

元都会の電車が近代的区間を行くダイヤ改正直前のサプライズ??先日の更新でお知らせした通り、ソロ空港線、快速BIAS用の予備車として1月23日にソロバラパンに送り込まれていた白いHolecですが、1月下旬より快速BIAS代走運用を開始しています。それに伴い、検査のためKRDI1本
『架線下Holecまさかの継続か?ソロ空港線プラメクス車両で代走』の画像

4両編成が逆にレア貴重な姿となるのか!?2月10日に本開業したKCIジョグロ線(ジョグジャカルタ~ソロ間)ですが、連日大盛況の客入りが報じられています。需要があるにも関わらず、快速プラメクスの定員制導入の煽りで1日利用客数は1万人で頭打ちでしたが、これが撤廃されたこと
『【2021年ダイヤ改正】増客殺到で増結!増発!!ジョグロ線で8両運転開始へ!!(2月15日)』の画像

↑このページのトップヘ