JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

客レ

無念の3番線通過4月27日から1か月間、毎週土曜日幼稚園の遠足貸し切りでガンビル~ボゴール間に客車使用の団体列車が設定されています。現在、ボゴール線では客車の定期列車は設定されておらず(スカブミ線への送り込み、返却の1~3両の回送のみ)、仮に臨時で客扱いする客車が
『ボゴール線に客車入線!!幼稚園遠足臨がガンビル発で設定される』の画像

ピンク帯の2024年製造第3編成が待望の順光時間帯に走行にしても、ピンク帯発色が悪いですが・・・4月21日をもって今年度のレバラン輸送が終了し、臨時列車に使われていた客車も、各々の所属先に戻っていきましたが、臨時Manahan Tambahanに充当されていたピンク帯編成こと2024年
『特急Taksakaがピンク帯客車で運転される』の画像

最後まで非アルゴ元青胴編成を晴れで撮ることは出来ませんでした・・・ついでにレバラン罐もこの位置で撮れずじまい・・・(ラッピング対象機が少なすぎます!!)約1ヵ月近くに渡って引きずってきましたレバラン臨特集。今回でいよいよ最終回、というか一巡回ってSembraniに戻ってきま
『実はこれも共通運用でした・・・臨時特急Sembrani Tambahan&Gajayana Tambahan』の画像

実はこれ、超レア編成です青胴時代なら完全なるネタ列車でしたまだまだ続くレバラン臨ネタ。もう少々お付き合いください。Majapahitを待っている間、臨時Keretajaya先行してやってきましたのでせっかくなので上げておきます。家庭用冷房を引っ提げて走る昔ながらのPSO急行列
『実は共通運用でした・・・臨時急行Kertajaya Tambahan&Brantas Tambahan』の画像

日の出過ぎの早朝のブカシ線を下る一応記録だけレバラン罐来ましたし;;特に撮ろうとして撮ったわけでは無いのですが、撮れてしまったので備忘録的にアップしておきます。何度もこちらで書いている通り、ジャカルタ地区で撮影が容易なボロの巣窟と言えば、圧倒的にTaksakaだっ
『定期編成が臨時格下げ・・・臨時特急Taksaka Tambahan』の画像

これまたただの白いNI編成ですが・・・最高にマニアックなガンビル発着の列車、Purwojayaの臨時列車です。定期Purwojayaは1日1往復、ガンビルから出発する唯一、わずか日に1本のみのチラチャップ行きですが、レバラン等の繁忙期シーズンに限り、臨時で1往復が追加設定されます。
『コロナ禍後、初の設定!!臨時特急Purwojaya Tambahan』の画像

検査明け間もない床下グレーのCC203が牽引これにリバイバルカラー入れてくれ・・・レバラン輸送は今週末で終わりですが、レバラン臨ネタはまだまだ?続きます。ネタ列車的なものはだいぶ消化してしまいましたので、さほど面白い編成ではないですが、まずはこちら。立場が逆転と言
『史上最鈍足の特急誕生!!臨時特急Argo Merbabu』の画像

運行初日にはリバイバルカラー充当という大サービスガンビル駅に停車中の青帯罐、これが原風景だという方も多いのでは?レバラン輸送では通常、一斉予約開始に合わせてレバラン臨の設定も公開され、定期列車と共にチケットが発売されますが、レバラン直前に需要の多い路線を対
『ついに出た特発!!無名臨時特急、新型客車で運転』の画像

Taksakaも金帯車2両にこのレバラン輸送から定期列車にも地味な変化が起きています。その一つが毎度お馴染み特急Taksakaです。先日の記事で臨時特急Manahanに元Taksaka用の23年製ラグジュリーが2両組み込まれているとお知らせしていますが、では、本家Taksakaのラグジュリーは
『グリーン車2両がデフォルトに?特急Taksakaもラグジュリー増結へ』の画像

設定時間が悪く、ロクな写真になりませんがとりあえず記録だけ・・・続々増えるSSNG編成、既報の通りこのレバランから新型編成はMajapahit、Argo Bromo Anggrekと続々投入されていますが、それだけにとどまりません。昨年6月のダイヤ改正から従来の無名の特発臨時特急GMR-SLOを
『早くも塗装パターン変更!!臨時特急Manahanに新型客車追加投入!!』の画像

装いも新たな新生Argo Bromo Anggrekの先頭に立つ今年のレバラン罐Selamat Hari Raya Idul Fitri 1445HTaqabbalallahu Minna wa MinkumShiyamana wa ShiyamakumMinal Aidzin Wal FaidzinMohon Maaf Lahir dan Bathin
『【第16弾】Selamat Hari Raya Idul Fitri 1445H』の画像

曇りの日にしか撮れないMajapahit・・・荷物車付きですので120㎞/h対応の性能が活かせないですねKAIが今年のレバランで一押しの列車と言えば、急行Majapahitに間違いないでしょう。3月25日の上り215列車より(下りは26日から)ジャカルタパサールスネンとマランを結ぶ急行Majapahi
『もはやエグゼクティブ!!急行Majapahitも新型客車(SSNG)化』の画像

SSNG第5本目&6本目ピンク帯編成が本来のArgo BromoAnggrekで運用開始INKAで製造が続く23年~24年製新型ステンレス客車(SSNG:ニュージェネレーション)ですが、Argo Lawu/Dwipangga、Taksaka向けの4本が登場した後、増備が止まっていました。一部編成に不具合が出ており、2月に
『待望の!!Argo Bromo Anggrekピンクの新型客車での運行スタート』の画像

初日はあいにくの雨の中の通過でしたが、撮らずにはいられない!!先週末からいよいよスタートしたレバラン臨。3月31日から全レバラン臨(車両繰りの都合で一部は30日から運転開始)の運行が始まりました。臨時列車の運転時刻は前回のマンレポに上げた通りですが、目玉はINKAで落
『【レバラン臨2024】極上のボロ!!臨時特急Sembrani』の画像

ピンク帯編成デビュー記念として上げておきますジャカルタで撮ったら、何の証拠写真にもならないわけで・・・既報の通り、昨年12月からArgo Dwipangga、Argo Lawu、そして1月からTaksakaと順調に投入が続いていた23年製新型客車(K1 NG)ですが、Taksakaを最後に投入がありません
『恐れていた!!特急Argo DwipanggaをArgo Bromo Anggrek編成で代走・・・』の画像

これこそが本物のKAIだ!!撮影:IndraYana様我々が待っていた元祖KAIカラーが遂に登場しました。2月15日、Balaiyasa Yogyakartaにて全検(P72)入場中だったCC203 02 03 SDT(元番号CC203-40)が90年代~00年代風にリバイバルカラー化し、定期列車に併結される形でルンプヤンガン~
『リバイバルカラー第6弾!!CC203 02 03SDT全検明け試運転実施(2月15日)』の画像

被られたのでサイドからKAI公式からアナウンスされている通り、1月18日から定期Taksaka2往復が2023年製の新型ステンレスマイナーチェンジ客車(SSNG)が充当されています。既報の通り、この新型編成は年末年始の臨時Taksakaから先行投入されていましたが、臨時列車の運行が1月1
『さよならHype Trip!!特急Taksaka(定期)も新型車両へ(1月18日~)』の画像

赤罐復活先日、4両目のリバイバルカラーが衝突事故により失われてしまいましたが、昨年11月のYK全検入場にて、CC201 83 48 SDTが新たにリバイバルカラー化されています。しかし、従来のクリームに緑のいわゆるPJKA塗装ではなく、その後に登場し、現在でもスマトラ罐には引き
『リバイバルカラー5両目!!赤罐CC201 83 48 SDTジャカルタ上京(1月5日)』の画像

被られました・・・Argo Dwipangga、Argo Lawuとジョグジャ方面行きの特急に続々登場している23年製の新型ステンレス客車(SSNG)ですが、続いてTaksaka編成もデビューを果たしています。しかし、今回、Taksaka編成は、12月21日から臨時Taksakaに充当されており、年末年始の繁忙シ
『【モノクラス編成】2023年製新型客車、Taksaka色も運転開始(12月21日)』の画像

今年はだいぶイメージを変えてきましたね12月中旬頃より、恒例の季節の色罐第15弾として、2023年版クリスマスラッピングが機関車及び客車に掲出されています。当初、客車のみにしかラッピングがされていなかったことから、いよいよ機関車ラッピングは廃止かと思いきや、待つ
『【第15弾】今年はハレルヤ!!2023年版クリスマスラッピング始まる』の画像

待望の新型客車ついにデビュージャカルタ発の一番列車を無事に撮影9月末の鉄道記念日までには既に試運転が複数回設定されていた、23年製の新型ステンレス客車マイナーチェンジ車(内部やインドネシア人鉄の中ではSSNGと呼ばれています)ですが、大人の事情によりデビューが伸び
『2023年製新型ステンレス客車、特急Argo Dwipanggaで運行開始!!(12月13日・14日)』の画像

車両展示は黒山の人だかりというわけで、Balaiyasa Yogyakartaの翌日は、スラバヤに移動し、Balaiyasa Surabaya Gubengへ。今回、初めて足を踏み入れるBalaiyasa Surabaya Gubengですが、Manggarai同様の客車の重検査工場となっています。機関車のジョグジャ、そして客車のマ
『【鉄道の日】スラバヤ工場一般公開「Open House Bengkel Spoor」』の画像

画像は試運転時のものですKAIが公式リリースしている通り、今年の鉄道の日の目玉と言える個室寝台、コンパートメントスイートが10月10日夕方ガンビル発の特急Bima(Biru Malam Ekspres:ブルートレイン)から運用を開始しています。計3両が改造されたコンパートメントスイート
『復活ブルトレ!!個室寝台コンパートメントスイート運転開始(10月10日)』の画像

超豪華ガチャ列車、再び10月4日、招待制の団臨としてKAIが誇る豪華客車を複数繋げた臨時列車がガンビル~チルボン間往復で運転されました。既報の通り、このインフルエンサー団臨は鉄道の日を記念して9月29日にも設定されていますが、今回、食堂車、寝台車(コンパートメント
『さらに豪華に!!インフルエンサー限定特別列車、再び設定される(10月4日)』の画像

この編成はアツすぎる!!撮影:E103系やはり今年の鉄道記念日は一味違いました!!9月28日のインドネシア鉄道記念日≒KAI創立記念日に合わせ、9月29日、KAI自慢の最新の特別車を3種併結したガチャ列車を、完全招待制の団臨としてガンビル~スマランタワン間往復で運転しました。
『インフルエンサー限定!!豪華特急「鉄道の日2023年号」運転(9月29日)』の画像

もはや78周年のロゴすらない??明日は9月28日、インドネシアの鉄道記念日≒KAI創立記念日です。と、いうわけで先週中頃から、一部のCC206に恒例となりつつある創立記念ラッピングが施されています。先日の運輸省所有の特別車撮影ついでに10分後にやって来るParahyanganがラッ
『【第14弾】鉄道記念日!!KAI創立78周年記念ラッピング』の画像

全インドネシア鉄歓喜!!もうすぐ寝台車が帰って来る!!撮影:E103系なんと、3回連続の客車ネタです・・・。まあ、それだけ鉄道記念日が近いということなのでしょうが、今年は様々なサービスや新列車のアナウンスが来そうで楽しみです。鉄道記念日の定番と言えば、Djoko Kendilです
『待望のブルトレ復活!!元大窓ARGO改、個室寝台車BYM出場試運転(9月24日)』の画像

何度目の正直か・・・ようやく撮れた特急Manahan2週間近く通い続けて、やっと晴れ・被り無しの本来の立ち位置で撮れました。ダイヤ改正前までは、こんなの当たり前の構図でしたが、改正後、朝の下りはこれ1本ということになるとどうしても粘りたくなってしまうのは不思議ですね・
『唯一の電車線走行!!特急Manahanを撮る(その2)&乗る』の画像

まさかの復刻国鉄色の登場!!6月1日ダイヤ改正では、ジャカルタ地区にて「ネタ」と呼ぶべきいくつかの長距離列車が設定されていますが、ガンビルとスネンを同時刻10:30に発車する特急Manahanと急行Tegal Bahariは鬼門と呼ぶべき存在です。ダイヤ上はジャティネガラ~ブカシ間
『唯一の電車線走行!!特急Manahanを撮る(その1)』の画像

究極のネタ列車、急行Dharwawangsaは車種変更なく、引き続きのごった煮編成前々回のマンレポVol.314では、ブカシ線の朝を彩る長距離客レのうち、6月1日ダイヤ改正で変化した列車を中心に紹介しましたが、その時にアップ出来ていなかったネタ列車を改めて紹介します。では、さ
『【6月1日ダイヤ改正】ブカシ朝練、長距離客レ3時間勝負(撮りこぼし分)』の画像

リベンジオブMotis、見事に直前曇り・・・もう行きません(というか運行期間終了済)既報の通り、今期運転分からバイク輸送用の荷物車が減車される一方で、乗客の利用が解禁された無料バイク輸送サービスMotisですが、レバラン後半戦、一度は行っておかないと、ということでそこそ
『わずか運賃200円でどこまでも!!特大ネタ列車Motis Utala再撮影&レバラン臨2023まとめ』の画像

もぬけの殻・・・中央のメトロ中間車は引き続き6121Fでしょう2週間にも及ぶ今年のレバラン休みが明けましたが、こんなに長い休みの後では、まあ五月病ですよね(笑)大した動きが無い1週間でした。噂によると、今月の全検(P48)入場は205系武蔵野線M32編成とメトロ7000系7123Fらし
『何もいないゲート前・・・週刊マンガライレポートVol.311』の画像

実は今回が2回目12月13日、元スマトラ島DIVREⅢ(スマトラ島第3地域鉄道部)所属のCC2010403が定期単回に連結される形でタンジュンプリオク~チピナン間で無動力回送されています。これは、スマトラ島パレンバン(クルタパティ)~ランプン(タンジュンカラン)間の夜行特急Sriwija
『コロナ禍で廃止!!特急Sriwijaya用機関車・客車ジャワ転属(12月13日)』の画像

ポップ調のKAI77周年デザインCC206 1356 CN気づけばもう11月なのですが・・・9月28日の鉄道記念日≒KAI創立記念日に合わせて掲出されている記念ラッピングをアップするのを失念しておりました(滝汗)いや、忘れていたわけではないのですが、10月にもなると、一気に天気は下り坂。
『【第10弾】消えた鉄ヲタ社長・・・KAI創立77周年記念デザインラッピング』の画像

一躍有名になってしまったランチャエケック駅定点観測ですついにインドネシアに上陸した高速鉄道車両「レッドコモド」(レッドコモドについてはこちらの記事をご参照下さい)、通関検査もようやく終了し、予定通りなら昨夜、最初の2~3両がチリンチンの保税ヤードを出発し、今
『【高速鉄道車両到着記念】通勤線化改良工事の進むバンドン地区後方展望①』の画像

今年も登場、ムルデカラッピングですが、よりメラプティ(紅白)感があり良い感じ先日のマンレポVol.284でお知らせした通り、もういくつ寝ると独立記念日♪です。そんなわけで、そしてG20、そしてレバラン以来、しばらく間隔の空いていた(?)季節のラッピング第8弾!!ムルデカ202
『鉄ヲタ社長もついに息切れか・・・今年も独立記念ラッピング始まる』の画像

これが最後の上京か?5月18日、CC2039802JRがガンビル発の特急Argo Muriaに充当されています。ジャワ島管内では、唯一CC206以外へのレバランラッピング掲出例として注目されている同機ですが、なかなかジャカルタ上京時の天候とタイミングがなかなか合わず、撮れてもドン曇り
『【レバラン撮り納め】CC2039802牽引特急Argo Muria』の画像

この青空とレバランフルラッピングを待っていたのですが、2号車が・・・先日、朝から夕方まで雲一つない快晴に恵まれまして、被り無し、雲無しでようやくイスティカル前でレバランラッピングの撮影が叶いました。晴れれば白罐、レバラン来たと思ったら下り電と被りと災難が続い
『【贖罪しました】改めましてSelamat hari raya Idul Fitri 1443H』の画像

今年のレバラン攻略はかなり難易度が高め世の中では、Mohon maaf lahir dan batin!!と断食月の終了と、この1年間に積もり積もった罪と過ちが白紙に戻ることを祝っていますが、どうやら鉄ヲタはラマダン延長戦突入、レバランはそうそうに訪れないようです・・・。というのも、4月
『【延長戦確定】贖罪ならず・・・Selamat hari raya Idul Fitri 1443H』の画像

1両だけ大窓K1というネタ過ぎる編成2020年から始まるコロナ禍で断食明けのレバラン帰省が原則禁じられ、KAI最大のかき入れどきとも言えるレバラン輸送が消えて2年、鉄ヲタ的にも年に一度のお祭りであるレバラン臨を拝むことが出来ず寂しい思いをしてきました。しかし、今年は
『レバラン輸送で復活!!急行Tegal Bahari&急行Tawang Jawa Premium』の画像

先週までの賑やかさはどこへやら今週末のゲート前です。Balaiyasa Manggaraiも一足早く、レバラン休暇モードなのか、なんとゲート前は真ん中にDjokoTingkit代用となっている欠車中のH6+H8中間クハがあるのみです。そんなに早く休暇に入れるほど、作業量に余裕があるわけでも
『もぬけの殻のゲート前・・・週刊マンガライレポ―トVol.273』の画像

この日の試運転は客を乗せたフル編成での運行撮影:Pascal様3月22日から始まったスカブミ線の入線試験ですが、その後もホーム接触が後を絶たず、設定されては運転打ち切りor大遅延というトホホな状況でした。それでも、4月2日の試運転ではようやくスカブミまでトラブルなく到
『「鉄ヲタを死重に」スカブミ線もぶつけ本番走らせちゃいました(4月3日)』の画像

ジャティネガラに到着するガルットからの急行Cikuray先日の記事でお知らせした通り、去る3月25日、ガルット線チバトゥ~ガルット間が開業(厳密には営業再開)しました。ジャワ島管内各地で休止線の復旧プロジェクトが続いていますが、規模的にはスカブミ線スカブミ~チアンジ
『最長普通列車爆誕!祝!!ガルット線開業&直通運転開始(3月25日)』の画像

わずか1両の客車を従えてボゴールパレダン駅に到着した入線試験列車コロナ禍入りの2020年3月下旬以来、全列車運休処置が取られていたスカブミ線ですが、この全運休を受けて複線化&重軌条化工事が一気に進捗。2022年レバラン前後までの複線化開業を目指しています。年末時点で
『休止からの複線化!!丸2年ぶりの鉄路復活、スカブミ線入線試運転実施(3月22日)』の画像

↑このページのトップヘ