JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

客車急行

スカブミ駅が賑やかになるひと時1番線がチアンジュール行き普通列車(機回し前)スカブミ線乗り鉄、第4回目。複線化されたとか言われているスカブミ線の改良区間の乗車を終え、とりあえず当初の目的を果たしましたが、せっかくここまで乗ったのですから先を進みましょう。スカ
『死ぬまでに全線完乗は無理か?スカブミ線乗車記④』の画像

今日はマセン駅を発車しますスカブミ線乗り鉄、第3回目。前回最後に私が見てしまった、見てはいけないもの。結局、撮りそびれてしまったのですが、こちらの画像で気づいた方がいらっしゃるのではないでしょうか?そう、ボゴールパレダンを出てから、ずっと本来の下り線を走っ
『衝撃!!複線化したのに単線運転!!スカブミ線乗車記③』の画像

チリウン川上流に沿うように、クネクネとゆっくり走るスカブミ線スカブミ線乗り鉄、第2回目。ボゴール駅を定刻で発車したPanranggo号216C列車は、わずか2分ほどで道路を隔てたボゴールパレダン駅に到着。駅間、わずか200~300m。インドネシアで最短駅間か?と言いたいところで
『ついに複線区間をひた走る!!スカブミ線乗車記②』の画像

旅の始まりはボゴールから2020年3月にコロナ対策で運行停止に追い込まれて以来、2年ぶりに復活したスカブミ線ボゴール~スカブミ間。既報の通り、4月10日から運行再開しており、この運休期間中に複線化が完成し、いずれ乗りに行かなければと思っていたのですが、なんだかんだ
『道路を渡る必要なし!悲願のボゴール駅乗り入れ記念!!スカブミ線乗車記①』の画像

何のネタにもなりませんがTawang Jaya Lebaranなかなか終わりの見えてこないレバランネタ・・・。この前の更新で、新型客車がレバラン臨に回っているという話をしましたが、そういえばこんな列車もありました。Purwosari Tambahanのちょうど30分前を通過したTawang Jara Leba
『新型客車も早くも波動用に!急行Tawang Jaya Lebaran』の画像

ビジネス5両+エグゼクティブ5両の堂々たる急行Mataramダラダラ続けているレバラン臨シリーズですが、こうしてみると細かい部分でかなりの変化があったわけなのです。ひとえに、ステンレス客車の大量増備ということになりますが、そのあおりで新型からボロに戻ってしまったと
『このまま定期列車格上げか?急行Mataram』の画像

荷物車+K3×6+KMPという田舎の急行列車という表現がピッタリのSerayuだらだらとアップを続けている、レバランの客レシリーズですが、ちょっと一休み。逆に変化が全くない、伝統の急行Serayuです。いっとき、荷物車が消えた時期もありましたが、また復活しているのですね(ここ
『レバランもなんのその!我が道を行く急行スラユ』の画像

新製AC K3とエグゼクティブの混成はジャカルタ地区で初飛び込みネタが色々入ってきてしまいまして、レバラン臨ネタが後手後手に回ってしまい恐縮です。さて、タイトルの通り、今回はレバラン臨とは言いながら定期列車にフォーカスしてみます。2010年~2015年にかけて製造され
『定期列車にも変化あり!急行Gajah Wong(レバラン臨2019総論②)』の画像

オールビジネスの勇姿2019年3月1日のSenja/Fajar Utama YKのステンレス化により、オールビジネスクラスの定期ジャカルタ乗り入れは全廃。ビジネスクラス自体、1等2等混成のGumaranに残るのみという風前の灯と化していました。ですので、このレバラン臨は期間限定で復活したオ
『レバラン限定!オールビジネス!!臨時急行Sawunggalih&Mamtab Lebaran』の画像

新登場の臨時列車、Purwosari Tambahanようやく長~いレバラン休暇も終わり、ボチボチ会社にも人々が戻ってくる頃合いです。うちの会社もやっと今日から8割方揃うかな(笑)ジャカルタに朝夕の通勤ラッシュも戻ってきましたが、レバラン臨については、概ね今週末まで設定され、
『こんなのアリか⁉臨時急行Purwosari Tambahan(レバラン臨2019総論①)』の画像

↑このページのトップヘ