JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

常磐線

位置情に10両と出ていたので結局欠車か・・・と思っていたらなんと12両でした既報の通り、4月2日にマンガライ~ボゴール~マンガライ間で全検(P48)明け出場試運転を実施している3月Balaiyasa Manggarai入場分の203系マト66編成が、ついに昨日、4月5日から営業復帰しました。今年
『【JR東】12連で運用入り!!203系マト66編成全検出場、運用復帰』の画像

営業復帰後、良い天気で撮りたいですね~3月のBalaiyasa Manggarai全検(P48)入場分の203系マト66編成が4月2日に出場、マンガライ~ボゴール~マンガライ間で試運転を実施しました。既報の通り、マト66編成は2月16日にチルジット~パルンパンジャン間で脱線事故を起こしており
『【JR東】祝!事故復旧!!203系マト66編成全検出場、試運転実施(4月2日)』の画像

再び10連化されたマト52編成昨年12月上旬に電装解除されたMM'117を欠車する形で暫定8連化されていた203系マト52編成ですが、車輪削正だけだったようで、1月下旬、とりあえず10連に戻りました。マト52編成は本来の組成は12連であり、表記上、暫定10連としていますが、引き続き
『203系マト52編成、4M6Tによる10連化』の画像

暫定8連化で久々にボゴール運用に戻ってきました9月にMM'3が再び組み込まれて以来、ほぼスルポン線専属状態で順調な活躍を見せていた203系マト52編成ですが、12月上旬車輪削正or限度値割れのため暫定8連化されています。欠車したのは電装解除ユニットのMM'117。なお、マト52
『こちらは編成短縮・・・203系マト52編成暫定8連化』の画像

動きが激しい・・・マト66編成先日、原因不明ながらサハ203-112,111が欠車し、6M2T化されていた203系マト66編成ですが、12月上旬、今度はサハ203-116,115が再び組み込まれました。今のところMM'116,118に不具合は出ておらず、暫定10連化されていますが、また何が起こるかわかり
『サハ2両復活!!203系マト66編成暫定10連化』の画像

こんな天気ですが・・・動いているときにとにかく撮る!!スペアパーツの払底により不安定な状況が続く203系マト66編成ですが、11月27日の朝運用を終えブキットドゥリ電車区に入区後、欠車したMM'118がまさかの復帰を果たし、再び組成変更を実施しています。これに伴い、少なくと
『12連化も夢じゃない?203系マト66編成、今度は6M2Tで運用再開』の画像

前回投稿と変わっていないように見えますが・・・11月5日の投稿で近況をお伝えしたばかりの203系マト66編成ですが、不安定な状況が続いています。10月下旬に車輪交換後の試運転を10連で実施しているマト66編成、結局試運転でMM'116に不具合が出たのか、MM’116を欠車した8連で運
『またも車両トラブルで組成変更・・・203系マト66編成暫定8連化』の画像

およそ2か月ぶりの運用復帰も8連化・・・相次ぐ車両トラブルにより、今年5月から再び暫定10連化の続いている203系マト66編成ですが、10月下旬頃から、さらに短くなり暫定8連化されています。もはや12連復帰など絶望的な域に入りつつありますが、さらに不具合が出ればもはや8連す
『ついに命尽きるのか?203系マト66編成、車両交換も8連化・・・』の画像

シーズンオフ駆け込みでスルポン線へ今年に入ってからというものの、トラブルに次ぐトラブルで組成変更を繰り返していた203系マト52編成、このところ音沙汰がなかったのですが、実は7月中旬から車両故障により運用離脱していました。おそらく、マト66編成から組み込んでいたM
『まさかの!?2か月ぶりに運用復帰!!203系マト52編成組成変更』の画像

床下色に注目!!6月中旬頃、203系常磐線マト52編成が再び組成変更を実施しています。既に12連復帰は絶望的で、10連がもはやデフォルトと化していた中ですが、MM’3を欠車し、マト66編成から抜き取られていたMM'116を組み込んでなんとか10連を維持しています。
『相次ぐトラブル・・・203系常磐線マト52編成暫定10連化(組成変更)』の画像

結局12連は幻に終わってしまうのか!?撮影:E103系既にお知らせしている通り、203系マト66編成が再び車両故障に見舞われています。5月24日朝、マンガライ駅で発車出来なくなるトラブルが発生し、ブキットドゥリ電車区で当日予備だった205系武蔵野線M17編成と車両交換する形で、
『また故障!!203系常磐線マト66編成、暫定10連化』の画像

マト66編成の再12連化で去就の注目された203系マト52編成ですが・・・今年3月にMM’3、MM’6と立て続けに車両トラブルを起こしている203系マト52編成。マト66編成からMM’116から借り入れることで、何とか10連での運行を維持していましたが、当のマト66編成が5月3日に突如12連に
『不死鳥の如く復活!!203系常磐線マト52編成、MM’3を組み込み運用復帰』の画像

突如12連に復帰したマト66編成既報の通り、車両トラブルから12連化された203系2本がいずれも4M6T組成にて10連化されています。そのうちマト66編成は2月下旬に車輪限度値割れ当該車両の車輪交換を終え、12連化目前と思われていたさなかに10連化されています。これはマト52編成
『ジャカルタの奇跡?203系マト66編成まさかの12連復帰』の画像

やっと晴れたマト69編成4月9日付け記事で203系マト69編成の投石防護網撤去後の姿をアップしておりますが、そのままスルポン線送りになってしまいました。残存する203系3本、マト52,マト66,マト69編成全てがスルポン運用に入ってしまったというのも既報の通りです。しかし、ス
『【スルポン線落ち穂拾い】203系常磐線マト69編成(撮り直し)』の画像

組成変更と共に網も撤去3月上旬頃からMM’3の制御装置故障により暫定10連化されていた203系常磐線マト52編成ですが、既報の通り3月27日には再び車両トラブルで後続車両に救援される事態になっていましたが、MM'6が当該だったようで....1週間くらいして、営業に戻ってきました
『さよなら12連!!203系常磐線マト52編成、恒久10連化か』の画像

どん曇り画像で恐縮ですが・・・既報の通り、3月下旬から突如として始まった前面投石防護網の撤去。ボゴール電車区所属の205系を皮切りに、その後はデポック電車区、さらにBalaiyasa Manggaraiでの検査明けにも撤去が実施されています。205系をメインに撤去されている印象ですが
『撮影者に朗報!!203系常磐線マト69編成も網撤去!!』の画像

やっとこさ撮れました・・・朝しか動いていないので影落ちが酷いです・・・車輪限度値割れの為、昨年8月上旬から暫定8連化、そして一足先に昨年11月には10連に戻っていたマト66編成ですが、2月下旬からサハ203-115,サハ203-111の車輪交換が完了しました。これで、晴れて本来の12連
『12連は夢か幻か?203系マト66編成、車輪交換後も暫定10連化』の画像

パッと見わからない変化ですが・・・一昨日に引き続き、203系の離脱が続きます・・・。こちらでアップする前に変化が生じてしまいましたが、3月中旬頃より203系マト69編成が中間運転台化されていたクハ203-1、クハ202-1を何らかの理由で欠車し、暫定8連化されていました。電動車で
『さよならトップナンバー!!203系常磐線マト69編成組成変更』の画像

4M6T化されたマト52編成メトロチョッパ車の次は203系・・・。そんな未来が現実のものになりつつあります。昨年に突如運用落ちしたマト68編成(今のところ休車扱い)に始まり、マト66編成も12連化から一転の再10連化、そして今月に入り、マト69編成が8連化、そしてマト52編成の10連
『さよならへのカウントダウン!?203系常磐線マト52編成暫定10連化』の画像

通過時刻早すぎて影影です・・・7月下旬より車輪限度値割れの為、暫定8連化されていたマト69編成が12月中旬、ようやく10連に復帰しました。欠車していたのはサハ203-118,117の2両ですが、蓋を開けてみれば5が月近くに及ぶ長い欠車期間の割に、なんと交換されていたのはサハ203-1
『長かった・・・203系常磐線マト69編成10連復帰』の画像

とりあえず10連化されたマト66編成7月下旬に12連化されたものの、8月上旬から車輪限度値割れの為暫定8連化されていた203系マト66編成。既報の通り、11月下旬にMM’122の車輪交換を終えひとまず10連化されています。長らくスルポン運用になっていましたが、年の瀬も迫ってよう
『【10連不足?】203系常磐線マト66編成、暫定10連化』の画像

203系で唯一新ロゴ化されたマト66編成残存3本のうち2本が暫定短縮化されている203系。特にマト66編成は7月26日に12連化されたものの、わずか1週間で暫定8連化されています。さらに、僅かに先んじてマト69編成も同じく暫定8連化されており、それより後から短縮化された205系
『元組成復帰はまだ?203系常磐線マト66編成&マト69編成』の画像

え?マト52がまた短くなった??いえ、マト66です9月中旬頃から、一部の塗装が劣化している編成にて前面の化粧直しが始まっています。これで、ようやくトホホな武蔵野線が消滅するかと思いきや、まずやってきたのはマト66でした。まあ、確かにマト66もだいぶ肌荒れが進んでいま
『203系常磐線マト66編成、前面化粧直し』の画像

国旗も正常位置に変更!!8月下旬頃、203系マト52編成の前面行先表示器がトホホLED化されました。既にマト66、マト69編成もLED化されていますので、これにて203系の前面方向幕装備車は消滅しました。先日のお召し旗特集でマト52の画像をアップしていますが、その後すぐにLEDに
『【幕車消滅!!】203系マト52編成、前面表示器LED化』の画像

晴れずに1週間・・・こんな画像しかありませんが8月上旬頃より、203系マト66編成が8連化されています。マト66編成と言えば7月26日に12連化されたばかり・・・。これでまた車両故障だったら、もう洒落になりませんが、どうやら車輪限度地割or車輪削正の模様です。国旗が出てるう
『早すぎ!!203系常磐線マト66編成8連化』の画像

無事12連に復帰したマト52編成【4月13日に発生したMG故障の影響で再び暫定編成になっていた203系マト52編成】ですが、4月下旬、晴れて12連に復帰しています。MGは割と修理が可能(問題はSIVでしょう)なんですね。意外に早い復帰(8連での営業は実質数日間しか行われていない
『【祝!!】203系マト52編成12連復帰』の画像

2020年塗装x12連は幻で終わってしまうのか・・・【2020年1月の全検入場編成だったマト52編成】、不調が続きます・・・。元々車輪限度値割れのため、昨年は長らく8連での運用が続き、化粧直し後の綺麗な12連が見たい!!という期待が高まっていたにも関わらず、【検査明けに早速不
『【悲報】203系マト52編成8連化』の画像

2か月ぶり?に運用復帰したマト68編成3月16日にBalaiyasa ManggaraiからBogorまで配給されたマト68編成のサハ203-116及びクハ203-108ですが、19日に試運転を実施。その翌日から運用に復帰しています。マト68は昔から元気なイメージで、今回もすんなり営業に入り、連日運用
『203系マト68編成車輪交換、運用復帰』の画像

世界最長タイトル奪還(?)2020年1月のBalaiyasa Manggarai全検入場分となっていたマト52編成。既報の通り、MM'4の不具合により、4M6Tで2月下旬から運転を開始しています。その後MM'4は再度Balaiyasa Manggaraiで故障修理を受けることになりましたが、再度試運転をしては不
『祝!!203系マト52編成12連復帰』の画像

珍ドコ列車がやってきた既報の通り、Balaiyasa Manggaraiにて2020年1月分の全検入場となっていたマト52編成ですが、MM'4に車両故障があり、暫定10連で運用復帰しています。運用開始前に実施されていた2度目の出場試運転はManggarai~Bogor~Depok間での施行であったため、
『203系マト52編成MM'4ユニット、マンガライへ配給(2月23日)』の画像

4M6T化されたマト52編成205系以外のオーバーホールは課題山積みです。2020年一発目、1月度全検入場となった203系マト52編成とメトロ6000系6107Fですが、大幅に遅れての運用再開となっていますが、まずはこちらから。2月14日に出場試運転を実施した後も、全く運用に入らず
『203系マト52編成、全検出場&運用復帰』の画像

何度見ても違和感ありすぎです・・・203系マト69編成の車両限界測定、物凄い反響でした・・・。おそらく当ブログ開設以来のアクセス数を記録したのではないかと思います。鉄道コムのトップページにこんな海外ブログが常に表示されちゃっていいのかよと思うほどですが、それだ
『【変態スカート!!】203系マト69編成車両限界測定試験』の画像

さよなら、ノーラッピングの美しい姿・・・メトロ車への広告ラッピングが再開されている今日この頃ですが、同じくアルミ車への解禁ということで、203系マト69編成へのラッピングが12月下旬頃から確認されています。205系導入前、いっとき広告だらけという時代がありましたが
『【ラッピング復活】203系マト69編成』の画像

ようやくBogor線に戻ってきたマト698月分の全検入場編成だったマト69編成、出場後はさっさとSerpong線に送り込まれてしまい、しかも基本はParung Panjang常駐の予備車という立ち回りで、その留置シーンを撮って以来、全くご無沙汰でしたが、その任も解かれようやくBogor線に
『検査明けの203系マト69編成走行画像を』の画像

2度目の試運転以降は安定的に稼働しているマト68編成8月の全検入場でありながらいっこうに運用に入る気配無く、2度目の出場試験を実施したマト68編成。しかし、その試運転以降は順調に稼働しており、従来通りの元気なマト68編成に戻ったようです。1000,5000の運用機会がめっ
『203系マト68編成、全検出場運用復帰』の画像

太帯復活のマト69!!Balaiyasa ManggaraiとDepok電車区でマト69、マト68がぞれぞれ入場した8月の全検ですが、両編成とも9月5日に出場試運転を実施しています。しかしながら、前にお知らせしているの通りマト68は不具合で運用に入らず、2度目の試運転施行・・・。そして、マ
『203系マト69編成、全検出場運用復帰@PRP電留線』の画像

PERCOBAANサボを掲出し、出発に備えるマト68編成9月17日、Depok電車区8月度全検編成の203系マト68編成がDepok~Manggarai~Depok間で2度目の出場試運転を実施しています。8月にDepok電車区とBalaiyasa Manggaraiに2本同時入場し、9月5日出場試運転を行ったマト68とマト69編成
『大丈夫?203系マト68編成、全検明け試運転2回目(9月17日)』の画像

張り上げ部が細帯に統一されたマト68編成7月上旬、203系マト66編成が中間のMM'122を欠車し8連化されています。このMM'122は全検入場待ちのマト68のMM'ユニットで、これを借り入れることで車輪限度値割れのため8連化されていたマト66を10連化していました。MM'122が戻ったとい
『203系マト66編成8連化』の画像

化粧直しに期待するも・・・長らくSerpong線に行ったきりになっていた203系マト69編成が、運輸省による性能確認のため、先週中ごろDepokに戻ってきており、マト52の先例から、まさか塗装変更があるか?と期待しましたがダメでした。まあ、久しぶりにマト69が撮れたので満足で
『久しぶりに撮影も変化なし、203系マト69編成』の画像

塗装変更は203系まで・・・7月上旬、203系マト52編成が2019年仕様の赤色塗料にて、前面再塗装が実施されています。なお、引き続き暫定8連となっており、旧塗装での12連は既に過去帳入りしたことになりますが、方向幕・編成札装備と、一番良好な姿を保っているマト52ですので
『203系マト52編成化粧直し』の画像

先週末は203系がBekasi線に溜まっていました先日お伝えしている通り、203系マト66編成がマト68編成のMM'122を組み込んで運用に就いています。長らくマト69と66が2本揃ってSerpong運用に就いていましたが、予想通り全検出場したハエ22がBogor線内での数日間の走り込みの後、Se
『203系マト66編成暫定編成撮り直し』の画像

通常より4両も短縮されたマト52編成5月下旬より車輪限度値割れの為、203系マト52編成が8連化されています。車輪の納入は未だになされていないことから、しばらくの間8連での活躍が続きそうです。武蔵野編成を組み替えても、その分12連がこのように短縮しているわけで、いつま
『203系マト52編成8連化』の画像

Sudimara駅に入線するマト69編成4月26日夕方より、203系マト69編成がSerpong線運用に充当されています。これは、205系10連編成の不足に起因するものです。通常、205系に統一されているSerpong線ですが、203系の入線は2017年12月依頼のものになります。
『203系マト69編成、スルポン線へ再び』の画像

↑このページのトップヘ