JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

日本車両

黄色い救援気動車Ⅱ世、ジャカルタに凱旋撮影:Pierre2427様エディ政権化で進められた一連の日本車輛製気動車、MCW302系改造シリーズとして唯一事業用に改造された、ピカチュウことK2​ 3​ 78​ 02​,K2​ 3​ 82​ 07の2両が常駐先のYogyakartaからTanah Abangに回送されま
『新しい救援気動車“ピカチュウ“Tanah Abangへ回送(10月13日)』の画像

前面までラッピングが回り込んでいるTs4MRTJで、第一号記念?のラッピングはこちら。ミネラルウォーター、Le Mirelareの広告です。ホームドアなどにもラッピングがなされており、ゴジェックと共に、かなり力を入れて宣伝されています。水と言えば、圧倒的Aquaであり、Le Mirel
『【ジャカルタ地下鉄】顔面真っ青になったTs4』の画像

折り返し電車が入線構内入替は尾灯・前照灯両点灯。日本式が徹底されています。試乗会レポートも今回が最終回です。Lebak Bulusに到着した一行は、一旦階段を下りて上りホームに移動します。営業開始後も、降車ホームと乗車ホームに分離され、折り返し乗車客は締め出されるこ
『【ジャカルタ地下鉄】MRTJ試乗会に行ってきた③』の画像

↑このページのトップヘ