JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

横浜線

ついに晴れカット在庫切れです・・・月曜日から一度も晴れずに終わったジャカルタ・・・。全く撮影にも出ていませんが、この1本だけ駅撮りで回収です。2月15日付けの記事にてお知らせしている通り、2021年1発目の全検(P48)出場編成となるH1編成が運用を開始していますが、運用開始
『【車内画像も】205系横浜線H1編成前面ロゴ設置』の画像

12連復帰と同時に新仕様に10月上旬より車輪限度値割れの為に暫定10連化されていた205系南武線ナハ7+ナハ8が1月下旬、12連に復帰しています。また、その復帰と前後して前面塗装が額縁に黄帯が回り込まない「新仕様」に変更されています。化粧直し自体は昨年10月下旬には完了し
『【新仕様続々】205系南武線ナハ7+8編成12連復帰』の画像

新塗装に早くもBYM仕様が・・・2020年度初の全検(P48)出場編成が登場です。2020年1月分のP48編成としてBalaiyasa Manggaraiに入場していた205系横浜線H1編成が出場、2月9日にマンガライ~ボゴール~マンガライ間で試運転を行っています。しかし、不具合があったことからその後デ
『横浜線も赤帯へ!!205系H1編成全検出場&運用復帰』の画像

え?何これ?と思った人も多いはず1月下旬頃より、昨年末から今年初めにかけて化粧直しが実施された一部の205系に対してさらなる塗装変更が加えられています。塗装変更と言っても微修正といった程度のことなのですが、これまでの処理とは明らかに異なるデザインとなり、違和感
『旧塗装車に今更の新仕様発生…205系横浜線H23+4編成他』の画像

年末年始は205系が2本もプリオク運用という異常事態・・・月曜に引き続き、曇りのプリオク線です。M4の撮影と同時に狙っていたのはこちら。205系横浜線H28編成が12月下旬から車輪限度値割れの為、暫定8連化されてます。さらに8連化と同時にプリオク運用に閉じ込めとなっており、
『サークルP解消か!?205系横浜線H28編成も暫定8連でプリオクへ』の画像

化粧直しはナシですか・・・10月下旬から車輪限度値割れの為、暫定8連化されていた205系横浜線H23+H4編成ですが、12月中旬、車輪交換を終え、12連に復帰しています。同時期に12連復帰している編成が、同時に前面塗装変更も併せて施工されている中、この編成は新ロゴも貼られず(
『12連復帰してもトホホ・・・205系横浜線H23+4編成、12連復帰』の画像

暫定8連のまま化粧直しもなく新ロゴ化されたH27+H14編成1両だけ青い床下なのもそのまま・・・8月下旬にMM'ユニットをばらすかたちで暫定8連化されている205系H27+H14編成ですが、後から暫定8連、10連化された編成が元組成に戻っていく中、一向に元に戻る気配がありません・・・
『【キモい205系2本】横浜線H27+14編成&H23+4編成』の画像

地味な脱線でしたので事後報告事故やトラブルは忘れたころにやってきて、いざ発生すると立て続けに起きるというのが通例です。205系M23編成の輸送中のトラブル、そして6130Fの脱線事故以来、どうも悪い気に包まれている最近のKCIで鉄ヲタ界隈を騒がせていますが、こちらの編
『【脱線事故当該】205系横浜線H18編成運用復帰』の画像

美しく蘇ったH17+H15205系塗装劣化編成の化粧直しが続々と進んでいます。今回は9月下旬から暫定8連化されているH17+H15編成を紹介します。というか、この編成、最近記事に上がる頻度が高すぎるのですが・・・、帯部分がシミかソバカスのように色あせが進んでいましたので、皆さ
『【暫定編成のまま再塗装】205系横浜線H17+15編成化粧直し』の画像

床下機器に注目10月下旬頃から205系横浜線H23+H4編成が車輪限度地割れの為、暫定8連化されています。同じく暫定8連化されている横浜線12連編成は武蔵野8連に合わせるかたちでサハを中央の4・5号車へと連結位置を変更していますが、今回、H23+H4は2・7号車という埼京10連のよ
『【変な組成】205系横浜線H23+4編成暫定8連化』の画像

ようやく12連に戻ったH22+21編成10月上旬、約3か月に渡り暫定8連化されていた205系横浜線H22+21編成が車輪交換を終え、12連に復帰しました。今年に入ってから度々8連化されていたH22+21編成ですが、これでようやく安定した運用が保証されるでしょうか・・・。欠車していた4
『【しれっと組成変更】205系横浜線H22+21編成12連復帰』の画像

今度は貫通8連です7月中旬頃より車輪削正のため暫定8連化されその後10連化、国旗掲出期間中はお召旗仕様となり話題を振りまいていたH17+H15編成ですが、9月下旬頃から再び8連に短縮されています。全く安定しないH17+H15編成、一体どうなっているのでしょうか。なお、ご覧の
『【再び】205系横浜線H17+15編成暫定8連化』の画像

神出鬼没の205系10連モノは動向把握が大変です・・・でもこれからは・・・9月中旬頃??(※要出典)、205系横浜線H19編成が要検出場し前面を再塗装の上運用に復帰しています。H19編成は2018年2月に全検出場し、2017年~2018年前半にかけて流行していたHMステーの黄色塗装化が実施され
『【要検出場】205系横浜線H19編成前面化粧直し』の画像

え?ナニコレ8月下旬頃、205系横浜線H27+14編成が暫定8連化されています。さらに独立記念日駆け込みセーフで、おそらく最後のお召し旗への変更が行われました。しかし、HMステーと網の間に掛けられるはずなのに、何故か05-108Fタイプになっていて笑ってしまいました。まあ、
『キモい!205系横浜線H27+14編成、再び暫定8連化』の画像

国旗が出たものの・・・既にお知らせしてる通り、クハ205/204-62, サハ204-102,モハ205/204-344の車輪交換を実施し8月14日に試運転を実施していた205系横浜線H2編成ですが、その後、MM'344とMM'183をハエ18編成との間で差し替え、元組成に復帰しています。その後、ハエ18編成は
『【混成パンタ】205系横浜線H2編成、元組成に戻る』の画像

しれっと12連に戻ったナハ35+448月下旬、205系南武線ナハ35+ナハ44編成、そして横浜線H15+H17編成が相次いで12連に復帰しています。いずれも8連から10連になった姿を先日紹介していますが、その後しばらくして本来の12連に復帰しています。しかも、いずれも車輪交換ではなく
『205系南武線ナハ35+44編成&横浜線H15+17編成12連復帰』の画像

H17+H15編成もお召し仕様7月中旬頃より車輪限度値割れの為、暫定8連化されていた205系横浜線H17+H15編成ですが、先日お伝えしている通り、MM'214のみが先に車輪削正を終え、まずは10連化されています。引き続き欠車しているサハ205-137,サハ204-117は車輪交換を実施している
『【6両+4両】205系横浜線H17+15編成暫定10連化』の画像

旗がはためきゃ日が陰る既にお知らせしている通り、今年の独立記念日の国旗掲出はスペシャルバージョン。しかし、全く快晴に恵まれないまま8月17日を迎えてしまいました。あまりの不完全燃焼さをズルズルと引きずってしまい、ブログの更新が滞りまして申し訳ございません。
『メルヘンもお召し!!独立75周年ジャカルタの日本型電車2020』の画像

混成パンタをお楽しみください8月14日、車輪限度値割れの為2か月以上に渡り休車状態だった205系H2編成が車輪交換を終え、デポック~マンガライ~デポック間で試運転を実施しました。6月5日にボゴールからデポックへ自力回送されて以来の本線走行です。なお、お知らせしてい
『復活!205系横浜線H2編成、車輪交換明け試運転(8月14日)』の画像

せっかく晴れても旗が開くかどうかは運次第・・・注目のナハ12+ナハ11編成既にお知らせしている通り、8月上旬より独立記念日に向けた国旗掲出が開始されています。今年の国旗は一味違うと言うことで、現地マニアたちにとってもアツい8月(暑すぎて全然晴れません・・・まるで日
『【増える特別仕様】205系お召し風編成、8月中旬現在の状況』の画像

国旗も誇らしげにお馴染みインカーブを行く7月下旬頃より、横浜線H22+H21編成が車輪限度値割れの為、再び8連化されています。この編成は今年2月上旬にMM'224とクハ205/204-82を欠車し暫定8連化されていました。さらには7月上旬に車輪添削の為、8連化、このときは数日で12連
『【4両+4両】205系H22+21編成再び暫定8連化』の画像

4+4はやっぱりネタ7月中旬より205系横浜線H17+H15編成が暫定8連化されています。車輪限度値割れor車輪削正の為と思われます。今回欠車したのはMM'214とサハ204-117,サハ205-137の4両。横浜編成の4+4組成は久々の登場です。
『【4両+4両】205系横浜線H17+15編成暫定8連化』の画像

H1編成のLED久々の点灯指令器からの伝送不良?からか、2年以上に渡り使用が停止されていた205系横浜線H1編成のLED行き先表示器ですが、武蔵野編成のROM更新と合わせ修繕が実施されました。もはや忘れ去られた編成かと思っていましたが、しっかり故障リストに入っていたようで
『205系横浜線H1編成LED表示器故障改修』の画像

床下色チャンプルーのH27/14編成6月下旬、車輪限度値割れの為暫定8連化されていたH27/14編成が車輪交換を終え運用に復帰しています。復帰後の組成変更は実施されておらず、特に・・・です。なお、モハ205-399のシングルアームがどの編成から移植されてきたのかは未だに不
『205系横浜線H27/14編成12連復帰』の画像

実質4M8T状態で自力回送するH17+15編成7月7日10時10分頃、ジャカルタコタ発ボゴール行き1094列車がJakarta Kota~Jayakarta間(高架線上)で緊急停車しました。モハ205-61のパンタクラフが大きく損傷しており何らかの架線トラブルが発生していた模様です。この影響で中央線は2
『【パンタ破損】205系横浜線H17+15編成架線支障当該(7月7日)』の画像

すっかり上げそびれておりました・・・先日の投稿で205系12連編成の暫定組成はあと2本と書きましたが、改めて記事を確認してみると、2月に暫定組成になっていた12連2本のその後の状況をアップするのをすっかり忘れておりました。申し訳ございません。コロナ禍のペースを落とし
『【お詫び】205系横浜線H22+21編成,南武線ナハ12+11編成12連復帰しています』の画像

噂をすれば何とやら・・・先日、モハ205-399のパンタ交換をお知らせし、一昨日の更新でもこの編成にふれたばかりですが、なんと今度は暫定8連化です。車輪限度値割れの為、5月中旬頃から205系横浜線H27/14編成が暫定8連化されています。今回欠車したのはサハ及びMM'227で、6M2T
『205系横浜線H27/14編成暫定8連化』の画像

青い床下が元メルヘンの証昨年12月、10M2TとなったM62編成のMT比を適正化する為に【中間クハとMM'399 (元M63編成)をトレードしていた205系横浜線H27/14編成】。その後、さらに【MM'357をH24+H4編成のMM'227をトレードするという動き】を経て現在に至っています。これで、
『205系横浜線H27/14編成、パンタクラフ統一』の画像

床下混色編成がまた増える【205系横浜線H25+24編成、再組成変更】でお知らせしている通り、3月下旬頃にH25+24編成のMM'67とH7編成のMM'210が差し替えられています。これにより、H7編成が全車車内広告ディスプレイ未設置、H25+24編成が全車車内ディスプレイ設置済への統一
『205系横浜線H7編成組成変更』の画像

ハエ24編成、再び10連化3月下旬より205系埼京線ハエ24編成が車輪限度値割れの為、10連化されています。ハエ24編成はたびたび形態変更、10連化、それに車両差し替えを実施しており、もはや何が何だかわからない状態です。H19編成からMM'221を組み込んでからは初めての暫定1
『205系埼京線ハエ24編成10連化』の画像

また組成変更ですか?3月下旬、205系横浜線H24+25編成が再び組成変更を行っています。同編成は今年1月下旬にオール4扉化のため組み替えを行っていますが、わずか数か月で再び変更が加えられることになりました。今回差し替えが行われたのはH24側に入っていたMM'67でH7編成
『205系横浜線H25+24編成、再組成変更』の画像

10連編成の8連化また始まる?205系横浜線編成H19編成が車輪限度値割れの為、3月下旬頃から8連化されています。10連運用中はSerpong線に行ったきりでほとんど撮影ならず、Bogorに戻ってきた途端8連とは・・・。なお、H19編成は1月下旬にハエ24編成のMM'188とMM'221を差し替
『205系横浜線H19編成8連化』の画像

12連車の8連化が止まりません・・・2月上旬頃より205系横浜線H22+21編成が車輪限度値割れの為、暫定8連化されています。暫定8連だった10連車の多くが元組成に復帰する中、ここに来て12連車の欠車が増えています。武蔵野を組み替えまくりましたから12連車には余裕があるので
『205系横浜線H22+21編成暫定8連化』の画像

10連の撮影は大変です・・・間隔が開いてしまいましたが、既にお知らせしている通り、1月下旬にハエ24編成のMM’188とH19編成のMM'221が差し替えられています。10連はすぐにSerpong線に行ってしまいますので、なかなか撮影機会がありませんでしたが、ようやくBogor線に戻っ
『205系横浜線H19編成組成変更(MM'ユニット差し替え)』の画像

オール4ドア化されたH27+H14昨日の投稿の流れでH27+H14編成を。10M2Tという驚異の組成になったM62編成を8M4T化するため、中間クハとMM'357をトレードし6M6Tから8M4T化されたH27+H14編成ですが、昨日お知らせした通り、MM'357がH24+H4のMM'227と差し替えられています。さら
『205系横浜線H27/14編成、再組成変更(オール4ドア化)』の画像

変化が激しすぎるH23+H4編成車輪限度値割れの為。昨年10月中旬より暫定8連化、さらに11月下旬からクハ204-83でLEDヘッドライト試験が始まったりと、話題を振りまいていたH23+H4編成ですが、1月に入り12連に復帰しています。が、それも束の間、再度の組成変更となりました
『【LED点灯中動画追加しました】205系横浜線H23+H4編成12連復帰&組成変更』の画像

また組成変更ですか?昨日の更新で大団円と思ったら大間違い。そうジャカルタは甘くありません。なんと、一連の組み替えでオール4ドア化され、編成バランス的も改善されていたハエ24編成が再び形態変更。サハ位置が中途半端な場所に来ると共に、MM'188をH19編成のMM'221と
『205系ハエ24編成再組成変更(MM'ユニット差し替え)』の画像

オール4ドアの12連になったH25+H24編成ドン曇りなので、逆光側から昨年末のジャカルタ鉄界隈を賑わせた、突如の205系再組み替え劇。現在、初回の組み替えはいったん終わり、次の動きが見えない状況ですが、実はあと1本忘れられている存在がありました。それがこちら、H25+
『205系横浜線H25+H24編成12連復帰&組成変更』の画像

スルポン送りになる前に手堅く撮影12月下旬頃から車輪限度値割れにより8連化されていたH28編成ですが、デポック通信でお知らせしている通り、車輪交換を終えて10連に復帰しています。なお、復帰に際して組成が若干変更になっていますので合わせてお知らせします。
『205系横浜線H28編成10連復帰&組成変更』の画像

Serpong駅で記録撮影検明け編成シリーズManggarai分。既にお知らせしている通り、12月のBalaiyasa Manggarai入場分のH7編成は1月6日に出場試運転を実施し、運用に復帰していますが、予想通りの展開というか何というかSerpong線に送り込まれています。特にネタなしなので、
『205系H7編成全検出場運用復帰』の画像

久々の登場H28編成12月下旬頃より車輪限度値割れの為、205系横浜線H28編成が8連化されています。欠車したのはMM'43の2両。なお、このDepok行き運用をもって、10連に復帰しています(詳細は次回デポック通信で)。8連になってからというものの、Tangerang線の朝夕運運用に専
『205系横浜線H28編成8連化』の画像

ロゴ無しでの出場撮影:Argo Sakurai様Balaiyasa Manggaraiにおける2019年最後の入場車、205系H7編成が全検出場、Manggarai~Bogor~Manggarai間で試運転を実施しました。入場前は暫定8連化されていたH7編成ですが、出場に際して10連復帰しています。週末までにはSerpong線
『205系横浜線H7編成出場試運転(1月6日)』の画像

12連で菱形・シングルアーム混成は初10M2Tから8M4T化されたM62編成に遅れること1日、差し替え相手となった205系横浜線H27+14編成も8M4T化され運用に復帰しています。貫通12連の横浜編成は初登場です。貫通編成で前後でクハ車番が異なるというのも初の事例と思われるかもし
『【横浜+武蔵野+南武】205系H27+14編成、編成組替え(12月25日)』の画像

この位置で5丁パンタを撮りたかった・・・12月9日から10M2Tの組成で運用開始しているM62編成ですが、結局当初予定されていた8M4Tに組み替えられることになり、24日から新組成で運用に就いています。運用開始当初から組み替えれば良いものの、ここまでずれ込んだ背景には12連
『【10M2T消滅!!】205系武蔵野線M62編成、編成組替え(12月24日)』の画像

年が明けてしまいました・・・ハエ20編成の全検明け&運用復帰記事にてお知らせしているとおり、Depok電車区に11月分で入場していたハエ12編成も順当に出場し、そして順当にSerpong線に入ってしまいました。郊外に出ないとロクな撮影地のないSerpong線ですので、どうせ陰湿な
『205系H12編成全検出場&運用復帰』の画像

貫通オール4ドア12連となったハエ24編成引き続きの組成変更ネタになりますが、ひとまずの最後となるのがこちら、ナハ35+44に6ドア車を取られてしまったハエ24編成です。ナハ35+44からサハ205-59とサハ205-141を組み込んでいます。本当に謎な動きですよね。単純に南武の8+4
『205系ハエ24編成オール4ドア化』の画像

6ドア組み込みが続きます・・・ナハ37+42に引き続き、ナハ10+13編成にも6ドアが新たに1両追加されています。今回の組み替えでは、運用開始前の試運転が実施されず(10連の形態変更などと同じ扱いなのでしょう)、その把握が非常に難しいのですが、12月中旬には既に新たな組
『【もはやカオス】205系ナハ10+13編成、6ドア2両組み込みへ』の画像

6ドアのない横浜線というわけで、続いてはサハ204‐125をナハ37+42に供出してしまったH25+24編成です。8+4で6ドアの入らない12連を期待していたのですが、同時に車輪限度値割れで8連化されてしまいました。ただし、8連化と同時に形態も変更されています。
『205系横浜線H25+24編成オール4ドア&暫定8連化』の画像

↑このページのトップヘ