JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

横浜線

よくある軽微な脱線です4月中旬、205系横浜線H12編成が暫定8連化されています。これは4月13日に発生したカンプンバンダン駅付近での脱線事故で同編成が当該になっていることによるものです。脱線事故は、4月13日朝、環状線カンプンバンダン発チカラン行き5508列車で発生した
『【脱線事故当該】205系横浜線H12編成暫定8連化』の画像

12連からの一転、8連化・・・3月中旬から205系武蔵野線M21編成が暫定8連化されています。同編成は1月にM31編成からMM’5022、MM’5062を組み込むかたちで12連化(サハ205-117、サハ205-118欠車)していましたが、その後、一時的に10連になっては、また12連に戻るなどを繰り返して
『205系武蔵野線M21編成暫定8連化&横浜線H22+21編成12連復帰』の画像

12連復帰したばかりだったのに・・・昨年10月のデポック電車区要検(P24)入場編成の205系H22+H21編成、出場時に車輪限度値割れのMM'55を組み込まずに10連で出場し、2月上旬に車輪交換を終え、やっとの12連復帰となったばかりだったのですが、3月上旬、何らかの理由で暫定8連化さ
『どうして?205系横浜線H22+21編成暫定8連化&H25+24編成12連復帰』の画像

車輪削正のみで12連復帰1月中旬、車輪削正の為暫定10連化されていた205系南武線ナハ37+ナハ42編成が12連復帰しています。同編成は12月上旬頃から中間運転台のクハ205-21及びクハ204-26が欠車していました。アップするタイミングがなかなか無く、お知らせが遅くなってしまいま
『205系南武線ナハ37+42編成12連復帰&H25+24編成10連化』の画像

検査明けの編成が曇り画像ばかりですみません※ホワイトフェイスは見納めになっていますので、なおさら顔が暗く見えます2月のBalaiyasa Manggarai要検(P24)入場編成、205系横浜線H19編成が出場し、3月2日夕方から運用に復帰しています。同日には午後から全検(P48)明けのM33編
『【JR東】205系横浜線H19編成要検出場&運用復帰』の画像

検査明けにも関わらず元組成に復帰しなかったH22+H21ようやくの12連復帰です私も記憶からすっかり抜け落ちていたのですが、昨年10月のデポック電車区要検(P24)入場編成の205系H22+H21編成は、出場時に車輪限度値割れのMM'55を組み込まずに10連で出場していましたが、2月上旬
『ようやくの・・・205系横浜線H22+H21編成12連復帰』の画像

元組成に戻ったH28編成なるべく長編成の稼働車を捻出するために、最近、非常に複雑な暫定組み換えの動きが続いていますが、1月中旬、車輪削正の為、205系横浜線H28編成が編成丸ごと休車となり、MM'45をハエ12編成に、MM'187をハエ26編成に貸し出し、代わりに前者からMM'327
『【事後報告】205系横浜線H28編成&埼京線ハエ26編成元組成復帰』の画像

ええ?久々に205系ノーマル編成へのちびロゴ掲出を確認しました。インドネシア交通行政のお家騒動から、一時的にKCI所属編成の前面にKCIロゴが設置出来なくなっていましたが、2022年初頭までに解消し、KCI新ロゴの設置が始まっていますが、検査タイミング等の都合から、未だに
『【小変化】205系横浜線H9編成ロゴ(小)掲出』の画像

こうして丸く収まった??昨年10月中旬頃から、暫定組成と元組成復帰、そして他編成との組み換えと動きが激しすぎる205系横浜線H25+H24編成・・・、直近では12月下旬にサハ2両を欠車し、暫定10連化されていました。車輪削正だけだったようで、それが、1月下旬、早くも12連復帰して
『【お騒がせ編成】205系横浜線H25+24編成12連復帰&組成変更』の画像

車輪削正だけで早々に復帰12月中旬からMM'403を欠車し暫定10連化されていた205系武蔵野背M64+63編成が12月下旬、12連に復帰しました。車輪交換ではなく、車輪削正のみで1週間ちょっとでの復帰でした。さて、12月27日の記事でお知らせしている通り、MM’403が欠車したことで、
『205系武蔵野線M64+63編成12連復帰&横浜線H25+24編成暫定10連化』の画像

代わり映えのないネタで恐縮ですSelamat Tahun baru 2024. 新年あけましておめでとうございます。年末のマンレポで書いた通り、今年は本当にネタの無い1年になりそうです。昨年の1月にTwitter版の方に「2023年がインドネシアの鉄道の分水嶺になりそうな、先行き真っ暗なご時
『205系埼京線ハエ15/32編成&横浜線H19編成元組成復帰』の画像

一目見てわかるほど変な組成になったH25+H24編成12月上旬、205系横浜線H25+H24編成が、ハエ31編成からMM'49及びサハ204-22を組み込むかたちで一時的な組成変更を実施しています。これは、MM'230とサハ205-145に車輪削正が生じたことによるものと思われ、同じく、一時離脱して
『【お騒がせ】205系横浜線H25+24編成組成変更からの元組成復帰』の画像

純正白顔を守るH19編成11月中旬、車輪削正の為205系横浜線H19編成が、埼京線ハエ32/15編成からMM'335を組み込む形で、編成ごと一時的に休車になりました。この際、MM'217は抜き取られ、ハエ32/15編成に一時的に貸し出しとなりました。そのH19編成が11月下旬、運用に復帰して
『【MM'トレード】205系横浜線H19編成、埼京線ハエ32/15編成組成変更』の画像

ようやく撮影出来ました10月のデポック電車区要検(P24)入場編成の205系横浜線H22+H21編成ですが、デポック電車区内の車輪削正機械トラブルの為、マンガライに自力回送してからの削正、そしてMM'55の車輪限度値割れの為、暫定10連での営業復帰という、遅延&イレギュラー過ぎる
『【JR東】205系横浜線H22+21編成要検出場&運用復帰』の画像

やはり冷房トラブルだったようで・・・10月下旬、6ドア車の冷房故障の為、暫定8連化されていた205系埼京線ハエ7編成ですが、11月中旬10連に復帰しました。毎度、毎度、修繕出来るレベルなので良いですが、抜本的対策をしてもらいところです。というわけで、大した変化もないので
『205系埼京線ハエ7編成10連復帰&横浜線H25+24編成12連復帰』の画像

ピンポイント曇り・・・撮り直し確定・・・11月のBalaiyasa Manggarai2本目となる全検入場編成、205系横浜線H7編成が出場、11月30日に試運転を実施しています。即日SOかと思いきや、なかなか運用入りせず、12月2日のスルポン線送り込みからの営業再開となりました。最近このパター
『205系横浜線H7編成全検出場&運用復帰』の画像

ようやく元組成に戻りました11月中旬、205系埼京線ハエ13編成のMM'329車輪交換が完了し、元組成に復帰しました。MM'329の欠車中、同編成は横浜線H9編成からMG付きユニット、MM’197を借り入れ、10連での運行を続行していましたので、このMM'197も本来のH9編成に戻り、同じく1
『205系埼京線ハエ13編成&横浜線H9編成10連復帰』の画像

今日も証拠写真だけですみません7月下旬より、車輪限度値割れにより暫定8連化されていた205系横浜線H7編成が、10月中旬、10連に復帰しています。これまたすぐにスルポン線送りになってしまい撮れずにいましたが、6000系とトレードするかたちか、スルポン線に戻ってきました。
『205系横浜線H7編成10連復帰&H24+25編成暫定10連化』の画像

曇り画像ですが、とりあえず・・・昨日のマンガライレポートでお伝えした通り、10月のBalaiyasa Manggarai全検(P48)入場分の205系横浜線H18編成が11月30日より運用復帰しています。試運転は11月30日の午前中に実施されていたものと思われます。復帰早々にスルポン送りになってし
『【JR東】205系横浜線H18編成、全検出場&運用復帰』の画像

今回も傷物顔側から既報の通り、車輪限度値割れの為、暫定8連化されていた205系武蔵野線M28編成が10月下旬、12連に復帰しています。車輪交換にしては1ヵ月弱という早いスピードでの復帰です。流石に車両が不足している為、尻に火が付いているということでしょうか。以前なら
『205系武蔵野線M28編成12連復帰&埼京線ハエ7編成暫定8連化』の画像

月内出場を果たしたデポック分のH12編成撮影:E103系デポック通信でお知らせした通り、10月のデポック電車区担当の全検(P48)編成は205系横浜線H12編成で、先週中ごろには既に検査をほぼ終えた様子が観察されていましたが、10月27日に出場試運転を実施し、翌28日から運用復帰し
『【JR東】今月も変なスカート!!205系横浜線H12編成全検出場&運用復帰』の画像

運用復帰早々スルポン送りで慌てて撮影です昨日のマンガライレポートでお伝えした通り、9月のBalaiyasa Manggarai要検(P24)入場編成の205系横浜線H2編成が出場、10月上旬に運用復帰しています。H2編成は昨年末から今年初めに実施されたラッピングによる新色化の対象で、所謂
『【JR東】205系横浜線H2編成要検出場&運用復帰』の画像

がっつりスカートが切り上げられていますね9月のBalaiyasa Manggarai全検(P48)入場編成の205系横浜線H6+H8編成が出場、10月2日にマンガライ~ボゴール間往復で出場試運転を実施しています。運用復帰は1日おいて、10月4日からとなりました。12連編成ですので、慌てて撮る必要
『【JR東】205系横浜線H6+8編成、全検出場運用復帰』の画像

デポック電車区からはH28編成が要検出場9月上旬頃、デポック電車区8月の要検(P24)入場編成、205系横浜線H28編成が出場しています。Balaiyasa Manggarai入場分のナハ35+ナハ44編成と共に、昨年末から今年初めにかけて実施された化粧直し(美白化)対象外となっており、前面、側
『【JR東】205系横浜線H28編成要検出場&運用復帰』の画像

美白顔は見納めに7月のデポック電車区要検(P24)編成、205系横浜線H25+H24編成が出場、8月上旬頃より運用復帰しています。先月の要検(P24)編成はデポック、マンガライ共に入場が大幅に遅れ、7月27日時点でもまだ入場が確認出来ていませんでした。その翌日あたりにようやく入場
『【JR東】205系横浜線H25+24編成要検出場運用復帰』の画像

残りわずかとなった旧塗装205系5月中旬より、車輪限度値割れ又は車輪削正の為、暫定8連化されていた205系横浜線H12編成が7月下旬、10連復帰しています。2か月間の離脱でしたが、欠車していたMM’88の車輪交換が確認出来ました。なお、これに伴う組成変更はありません。てっき
『205系横浜線H12編成10連復帰&埼京線ハエ7編成暫定8連化』の画像

今月は横浜編成の出場が続きます既報の通り、7月のBalaiyasa Manggarai全検(P48)入場分の205系横浜線H11編成が出場、運用復帰しています。8月1日に出場試運転、翌2日から運用復帰ですので、これまた非常にスムーズ。復帰後は、数日ブカシ線を走った後、一旦ボゴールに入って
『【JR東】205系横浜線H11編成全検出場&運用復帰』の画像

ロゴ付きで運用復帰マンレポVol.320で7月のマンガライ全検(P48)入場分の205系横浜線H11編成の様子をお伝えしていますが、それより一足早く、デポック入場分のH13編成が出場試運転実施、営業復帰を果たしています。入場前は旧塗装にKAI新ロゴ(旧KCIプレートにステッカー添付)
『【JR東】205系横浜線H13編成全検出場&運用復帰』の画像

え、この前要検(P24)出場したばかりでは・・・7月下旬、205系埼京線ハエ25編成が暫定8連化されています。同編成と言えば、6月のBalaiyasa Manggaraiの要検(P24)入場編成で、運用復帰後1ヵ月も経ってないわけですが、既に車輪限度値割れ??確かに見た目かなり薄い車輪があったので
『どうして??205系埼京線ハエ25編成&横浜線H7編成暫定8連化』の画像

半年ぶりの12連復帰1月下旬より、車輪限度値割れにより暫定10連化されていた205系横浜線H6+H8編成が車輪交換を終え、12連復帰しています。欠車していた中間クハのクハ204-66、クハ205-68ですが、この2両は昨年11月に車両交換を終えて復帰したばかりでしたが、この台車をクハ2
『205系横浜線H6+H8編成&武蔵野線M28編成12連復帰』の画像

祝!!⑩連復帰6月のBalaiyasa Manggarai全検(P48)入場編成の205系横浜線H9編成が出場、6月下旬から運用開始しています。月を跨がずに順調な出だしです。週刊マンガライレポートVol.316でお知らせしている通り、SF8表示でゲート前に通電状態で留置されていましたが、晴れて出場
『【JR東】205系横浜線H9編成全検出場&運用復帰』の画像

え?また被り??編成札無いし・・・5月中旬から暫定8連化されていた205系横浜線H12編成ですが、6月中旬、欠車したMM’88が復帰した一方、同時にサハ2両を欠車したため、引き続き暫定8連の状態が続いています。前回も被られて証拠写真しか挙げられていませんが、今回も証拠写真です
『また被り・・・205系横浜線H12編成暫定8連化(形態変更)』の画像

輝きを取り戻したH23+H4編成5月分のデポック電車区要検(P24)入場編成だった205系横浜線H23+H4編成が5月下旬に出場、運用に復帰しています。同編成は昨年12月に前面化粧直し(美白化)を実施し、その後、KAI新ロゴが設置されていましたが、要検入場で外装整備が為された為、ロゴ
『【JR東】205系横浜線H23+4編成要検出場&運用復帰』の画像

ここにきて暫定編成がじわりじわりと・・・5月下旬、205系武蔵野線M4編成が車輪削正又は車輪限度値割れの為、暫定10連化されています。大人の事情で暫定編成化されている一部の編成以外、205系はほぼ元組成に戻っていたわけですが、今月に入り、また短縮される編成が増えていま
『205系武蔵野線M4編成暫定10連化&横浜線H12編成暫定8連化』の画像

ロゴ無し、そして編成札も無し・・・4月分の要検(P24)で、デポック電車区に入場していた205系横浜線H17+H15編成が出場し、運用に復帰しています。入場前、ステッカー処理の美白顔&ロゴ設置済というスタイルでしたが、ご覧の通り、全検出場車同様のグレー顔にロゴ無しという姿に
『205系横浜線H17+15編成要検出場&運用復帰』の画像

即行で12連に戻ったハエ24編成4月中旬、冷房故障?の為、サハ204-47、サハ204-41を欠車する形で暫定10連化されていた205系埼京線ハエ24編成ですが、4月下旬、12連に復帰しました。とにかく12連の本数を死守しないとブカシ線の運用が回らなくなってしまうため、電車区も気合が
『205系埼京線ハエ24編成&横浜線H25+24編成12連復帰』の画像

比較的、綺麗な状態を保つ旧塗装のH9編成このところのラッピング処理による新色化の進展で一気に数を減らしたKCI旧塗装車。ご承知の通り、メトロ6000系チョッパ車と東急車では旧塗装は消滅、7000系は7123Fのみに残っているものの現在、休車中でこのまま全検入場する可能性も
『実は案外残っている?旧塗装の205系(4月下旬現在)』の画像

スカートが再設置されました・・・というだけなのですが・・・2月下旬、205系横浜線H19編成が車輪削正の為に暫定8連化されていました。また欠車したサハ204-119は一時的に埼京線ハエ23編成に組み込まれていましたが、3月下旬までにいずれも元組成に復帰しており、特にハエ23編成は
『【事後報告】205系横浜線H19編成10連復帰&南武線ナハ2+4編成撮り直し』の画像

祝10連復帰去る2月19日に発生したスルポン線内での脱線事故に伴い、当該ユニットを欠車し、暫定8連にて運用復帰していた205系埼京線ハエ14編成が3月下旬、10連復帰しています。事故当該で欠車していたMM'333は車輪削正だけで済んだようで欠車が長引かず良かったです・・・。たま
『【脱線当該】205系埼京線ハエ14編成10連復帰&横浜線H2編成暫定8連からの10連復帰』の画像

踏切事故当該のH19編成(2月20日撮影)さて、当方ジャカルタに戻りましたが未だに画像ストックが消化不良気味・・・。しかも、ジャカルタを外している間に元組成に戻っており、撮り直しも効かない&一部撮りこぼしたものもありますので、一時的に複雑な組成変更(差し替え)が発生し
『【事後報告】不思議な差し替えが発生した205系3本(H19,ハエ23,H13編成)』の画像

え?どうして??2月下旬、205系横浜線H27+H14編成がデポック電車区を要検(P24)出場し、運用に復帰しています。おそらく、先月のH1編成に次ぐデポック電車区からの要検出場と思われますが、なんと今回、側面帯のみならず、前面も再塗装での出場となっています。既報の通り、同編
『結局前面も塗装に?205系横浜線H27+14編成要検出場&運用復帰』の画像

朗報!!からの暫定10連化1月下旬より、205系横浜線H6+H8編成が車輪限度値割れの為に暫定10連化されています。また、それと前後して、先頭車への編成札の再設置が確認されています。同編成は長らく編成札が無い状態で、所属先のデポック電車区はあまり、札に対するの関心が薄い
『ようやくの編成札設置!!205系横浜線H6+8編成暫定10連化&南武線ナハ39+34編成』の画像

こちらも美しく蘇る!!2月上旬、205系横浜線H1編成がデポック電車区から要検(P24)出場、運用復帰しています。これまで、P24ネタはよほどのことが無い限り、取り上げてきませんでしたが、今後は毎回チェックする必要が出てきたかもしれません。というのも、既にBalaiyasa Mangg
『顔は白いまま!!205系横浜線H1編成要検出場&運用復帰』の画像

10か月ぶりの10連復帰!!昨年3月下旬より、サハ204-107,サハ205-127を欠車する形で、組成をコロコロ変えつつも暫定8連化が続いていた205系横浜線H7編成ですが、欠車2両の車輪交換を終え、2月上旬に10連復帰しました。いやぁ、長すぎる暫定8連でした。また、上記画像をご覧いた
『長かった・・205系横浜線H7編成10連復帰&形態変更』の画像

一時的な暫定8連から10連に復帰したH2編成デポック電車区への配置変更に伴い、1月中旬から組成(形態)変更を実施している205系横浜線H2編成ですが、2月10日付記事でお知らせした通り、2月上旬から暫定8連化されていました。車輪削正でも限度値割れでもなく、おそらく欠車したM
『続々増える?韓国製SIV!!205系横浜線H2編成10連復帰&補助電源換装』の画像

あえてここで撮ったのですがわかりますでしょうか12月中旬、205系横浜線H2編成の前面化粧直し(美白化)が確認されていますが、これまたすぐにスルポン送りになっていましたが、1ヵ月後ボゴール線に戻ってきました。すると、1月から例の所属区替えの対象になり、デポック電車区
『美白化からの組成変更!!205系横浜線H2編成に変化+暫定8連化』の画像

実は大きな変化が1月中旬頃、原因不明ながら、205系横浜線H11編成のちょうど中央のMM’ユニットであるMM'202が欠車し、同編成は暫定8連化されていましたが、2月1日に10連復帰しています。また、暫定8連化当初は、サハ両端揃えのままの状態でしたが、1月下旬に元横浜線オリジ
『補助電源更新で延命へ!!205系横浜線H11編成に韓国製SIVが設置される』の画像

1か月ぶりの運用復帰10月下旬から車輪削正の為?暫定8連化されていた205系横浜線H12編成ですが、11月中旬に10連復帰しました。が、その後すぐに今度は編成丸ごと休車になってしまい10連復帰後の姿をお知らせ出来ずにいました。よほどのフラットが各車に発生したのかなんなのか
『【新ロゴ試験車】205系横浜線H12編成10連復帰』の画像

こちらは美白化されずが、ロゴ設置済(何も違和感が無いので当初気づきませんでした;;)12月上旬頃から車輪削正の為、暫定8連化されていた205系武蔵野線M36編成が車輪削正を終え、1月上旬、12連に復帰しました。8連化時の記事でも書きましたが、M36編成は出場後の日が1年ほど
『205系武蔵野線M36編成&横浜線H27+14編成12連復帰』の画像

MMM’210が戻って来たH7編成(手前の綺麗なパンタのユニットがMM'210)205系横浜線H7編成とH9編成は、11月下旬、車輪削正又は車輪交換の為、MM'210をH7編成からH9編成へ貸し出し、H9編成の運用を8連で継続、またH9編成から抜かれたMM’228の車輪削正を急ぎ、先にH7編成に組み
『205系横浜線H7編成&H9編成、MM’トレード&新塗装化』の画像

↑このページのトップヘ