JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

武蔵野線

全く安定しないM18編成、とりあえず暫定10連化6月中旬頃から、205系武蔵野線M18編成が暫定10連化されています。M18編成と言えば、5月28日のダイヤ改正前に12連に戻ったばかりですが、改正直後には暫定8連化されていました。欠車していた4両のうち、サハ205-116,サハ205-115が
『またも・・・205系武蔵野線M18編成暫定10連化』の画像

ソロ行き表示は今後、夜にしか見れないレア行き先になりますね兼ねてから複数回の試運転が繰り返されてきたジョグロ線の電化延伸部、ソロバラパン~パルール間ですが、いよいよ7月上旬に電化開業を迎える模様です。それに先立ち、今週20日月曜日から1週間の日程で、毎度おな
『電車は東へ!!ジョグロ線ソロバラパン~パルール間無料乗車会開始(6月20日~)』の画像

ついに割られてしまいましたね・・・先日、M62編成を撮っていたところ、後続でM64編成もやってきました。M64編成、現地鉄掲示板に投石で前面窓が割れた旨が先日上がっており、ついに割られたか・・・と思っていたのですが、幸い当たりどころが良かったようで、大破には至っていない
『割れた前面窓・・・205系武蔵野線M64編成』の画像

薄晴れの午後、なんとなくホーム先に立っていると・・・おや??6月上旬頃、205系武蔵野線M62編成が組成変更を実施しています。M62編成は5月下旬、車輪削正の為、MM'399,MM'400を欠車する形で暫定8連化されていましたが、12連不足の今日において、優先的に削正が行われたのか、6月
『さらば5丁パンタ!!205系武蔵野線M62編成組成変更』の画像

1年半ぶりに12連に戻ったと思いきや・・・5月下旬から、205系武蔵野線M18編成が再び暫定8連化されています。同編成は、5月28日のダイヤ改正で12連運用が増加することに備え、5月上旬に12連復帰したばかりでした。ご承知の通り、1年半にわたり、とっかえひっかえ車輪交換を進めて
『どうして・・・205系武蔵野線M18編成暫定8連化』の画像

今頃、ジョグロ線はパルールまで延伸しているはずでしたが・・・無事、ジャカルタ首都圏の白紙ダイヤ改正が実行されたKCIですが、ジョグロ線はほぼほぼ変化がありません。土休日のみ運転の2往復が毎日運転に格上げされたくらいでしょうか。元々、レバラン前までのパルール電化を
『ブディカルヤ謝罪しろ!!どうした!?ソロバラパン~パルール電化開業』の画像

キモいスカートはそのまま5月上旬、車輪限度値割れの為に暫定10連化されていた205系武蔵野線M18編成が12連復帰しました。2020年11月から続くM18編成の暫定組成ですが、1年半ぶりにようやく本来の組成に戻ったことになります。先日のM31編成のついでの撮影で、ドン曇り画像で
『205系武蔵野線M18編成12連復帰&組成変更』の画像

こちらも12連復帰3月上旬から暫定8連化、4月上旬からMM’5011が復帰し暫定10連化されていた205系武蔵野線M6編成ですが、4月下旬、最後まで欠車していたサハ205-94,サハ205-93を組み込み、12連復帰しました。このうち、サハ205-93のみが車輪交換を行っています。1両の交換だけ
『205系武蔵野線M6編成、車輪交換12連復帰』の画像

12連復帰が続きます3月上旬から暫定8連化されていた205系武蔵野線M32編成が車輪交換を終え、12連復帰しています。このところ、12連編成の復帰が相次いでいますが、これは今度こそ実施されるであろうブカシ線の環状線直通化に伴うダイヤ改正に備えているのではないかと思われ
『205系武蔵野線M32編成、車輪交換12連復帰&組成変更』の画像

レバラン前最後の撮影です1月下旬から車輪径限度値割れの為に205系武蔵野線M12編成が暫定8連化されています。同編成は3月上旬、MM'5024が車輪交換を終えていますが、既報の通り、MM'5032が欠車し、引き続きの8連となっていました。そのMM'5032の車輪交換が終了し、4月下旬か
『205系武蔵野線M12編成&M15編成、12連復帰』の画像

編成札が傾いてます・・・2月上旬より、MM’197を欠車するかたちで暫定8連化されていた205系横浜線H9編成が3月下旬、10連復帰しています。車輪削正のみだったようで、早めの元組成復帰となりました。とはいえ、それでも2か月もかかっていますので、削正だけなら、もう少し早く出
『205系横浜線H9編成元組成復帰&武蔵野線M8編成暫定8連化続く』の画像

ようやく10連復帰2月中旬より、6ドア車2両を欠車するかたちで暫定8連化されていた205系埼京線ハエ14編成ですが、4月中旬、ようやく10連復帰しました。ただ、車輪交換は実施されておらず、車輪削正のみの模様です。それにしては時間がかかりすぎです。埼京編成ですので、特に
『205系埼京線ハエ14編成&武蔵野線M19編成元組成復帰』の画像

要検(P24)出場と同時に暫定8連化4月中旬頃から、205系武蔵野線M33編成が暫定8連化されています。M33編成はマンガライレポートでもお知らせしている通り、4月上旬頃からBalaiyasa Manggaraiにて要検(P24)を受けていましたが、出場と当時にサハ205-207,サハ205-68を欠車してい
『205系武蔵野線M33編成&横浜線H13編成暫定8連化』の画像

暫定組成は増えすぎですね・・・3月上旬頃、205系武蔵野線M32編成が車輪限度値割れの為、暫定8連化されています。M32編成は昨年11月にもMM'5063とサハ205-231,サハ205-230を欠車し、暫定8連化されていましたが、今回、再びこの4両が抜き取られました。前回は削正だけで終わって
『205系武蔵野線M32編成&M15編成暫定8連化』の画像

スロウォット側線に留置される205系M23+M22編成早いもので1ヵ月前の話になってしまいましたので、そろそろアップ。走行距離超過の為、昨年末頃から稼働機会が減少しているジョグジャ配置の205系M23+M22編成ですが、やはり訪問時にも動いていませんでした・・・。これまでハズレ
『【スロウォット疎開】まさかの運用離脱?205系M23+M22編成』の画像

シーズン入りですね昨日、M6編成の話題が出ましたのでついでに。3月上旬、205系武蔵野線M6編成が車輪限度値割れor車輪削正の為、暫定8連化されています。既報の通り、この編成はクハ205-47にThermo Rail製冷房を試験搭載していましたが、半年ほどで試験は終了し、この通り現
『205系武蔵野線M6編成、暫定8連化からの暫定10連化』の画像

ようやく撮れたと思ったら・・・2月上旬頃より車輪削正の為、暫定10連化されていた205系武蔵野線M36編成ですが、長らくスルポン運用に入っており、全く撮れずにここまで引きずって来てしまったのですが、先日ようやく撮影する機会がありました。欠車していたのはMM'5072の2両で
『205系武蔵野線M36編成、暫定8連化&12連復帰』の画像

前回と全く同じ構図・・・でも編成向きが逆で札無し1月下旬、車輪削正or車輪径限度値割れの為に暫定8連化されていた205系武蔵野線M12編成ですが、3月上旬、MM'5024が車輪交換を終え、編成に復帰しました。だ、今度はMM'5032が欠車し、引き続きの8連となっています。残るサハ2両
『車輪交換も・・・205系武蔵野線M12編成暫定8連化&M10+M16編成暫定8連化』の画像

網と共に編成札も消えてしまいましたね・・・1月下旬、車輪限度値割れor車輪削正の為、205系横浜線H6+H8編成が暫定10連化されています。欠車したのは中間運転台のクハ205-66,クハ204-68の2両。元の組成から単に中間クハを抜いたため、アンバランスな組成になっています。両端サ
『205系横浜線H6+8編成暫定10連化&武蔵野線M19編成暫定8連化』の画像

すっかり忘れていたM12編成そんなわけで、パシルブングール配給にかまけて全くフォロー出来ていなかったこちらを。1月下旬、車輪削正or車輪径限度値割れの為、205系武蔵野線M12編成が暫定8連化されています。発色が悪く、ロゴ欠落というトホホ編成でしたが、ロゴ欠落部の接着
『205系武蔵野線M12編成暫定8連化+α』の画像

ようやく正統スタイルになったM64編成昨年末頃から突如再開した前面投石防護網撤去の動き(全検出場車は除く)。撤去再開後のほぼトップバッターであった205系武蔵野線M64編成は、突如の通達からか、前回の月検では助手席側のみを撤去するという変なスタイルで運用に就いていま
『【変なメルヘン返上】205系武蔵野線M64編成、前面防護網完全撤去』の画像

武蔵野第12陣のうちの怪しいM4編成1月に入り続々と続く前面投石防護網の撤去。いよいよ東急8500系にも波及し、8610Fが撤去第一号となっているのですが、月検後、そのままタンゲラン運用に入ってしまったためしばらくお預けです。そんなわけで、先に205系武蔵野線M4編成を。こ
『網撤去続々・・・205系武蔵野線M4編成&埼京線ハエ31編成』の画像

新塗装編成も早速8連化・・・1月中旬頃、205系横浜線H25+H24編成が車輪限度値割れor車輪削正の為、暫定8連化されています。新塗装編成の暫定8連化は先日、東急8500系8618Fで発生していますが、純粋な車輪摩耗関係での新塗装車の欠車はこれが初になるのではないでしょうか(見落と
『全検出場したものの・・・205系横浜線H25+24編成&武蔵野線M36編成暫定8連化』の画像

撮影時には、てっきり網付きで変化なしと思っていました既報の通り、前面投石防護網の撤去のペースが2022年に入ってから急激に早まっており、連日編成が増えており、全く追い切れていないのですが、今回もその中から特徴編成を紹介します。網が超絶似合わない05系とは裏腹に
『【変なメルヘン】205系武蔵野線M64編成前面防護網撤去(のはずが・・・)』の画像

今日も手抜き撮影ですみません・・・今週は完全に雨で終了ですね。逆に言えばモノ書き日和で、明日、いつものところに記事が出ます(今回はインドネシアではありません)のでお楽しみに。とはいえ、こちらの更新も止めるわけにもいきませんので、今回も出勤前に1枚。トホホ顔の205
『【事後報告】205系武蔵野線M51編成12連復帰』の画像

引き続き10M2TのM62編成ですが・・・昨年3月下旬から開始された前面投石防護網撤去の動き。当初は月検に入った編成から続々撤去していましたが、一部の編成の窓が破損するなどして時期尚早と判断されたのか、わずか1か月ほどで様子見状態に移行してしまい、5月以降は全検(P48)出
『祝!!メルヘンもすっぴんに!!205系武蔵野線M62編成前面防護網撤去』の画像

ようやく運用入りしたM24編成2021年12月のBalaiyasa Manggarai全検(P48)入場分の205系武蔵野線M24編成が出場、1月10日より運用復帰しています。既報の通り、M24編成は1月4日に出場試運転を実施していますが、そのまま運用入りすることはなく、車輪削正を再度実施した後、1月
『【JR東】205系武蔵野線M24編成、全検出場&運用復帰』の画像

オレンジ帯の武蔵野線が今月もまた増えます2021年12月のデポック電車区全検(P48)入場編成、205系武蔵野線M15編成が出場、1月3日に試運転を実施しています。しかし、数日間運用入りすることなく、昨日、1月6日からようやくの運用復帰となりました。退色が進んでいた武蔵野第一
『【JR東】205系武蔵野線M15編成、全検出場&運用復帰』の画像

撮影地に行くとやたら現れる武蔵野最終陣(第12陣)M17編成最近、メトロ車の記事ばかりで、205系の露出が減っていましたので今回はこちら。広告ラッピング車シリーズ、205系編です。2020年末以降、武蔵野12陣の3本を皮切りに、その後は新塗装車が月に2本ペースで増えていますが
『新塗装車にもラッピング続々・・・205系武蔵野線M17編成他』の画像

早々に12連復帰したM28編成10月下旬頃より暫定8連化されていた205系武蔵野線M28編成が12月上旬、12連に復帰しています。車輪交換は無く、車輪削正だけだったようです。欠車4両はいずれも元の位置に再挿入され、組成変更もありません。それでもお知らせしないことにはなりま
『205系武蔵野線M28編成&南武線ナハ41+40編成12連復帰』の画像

M7+M3の後続でやって来たM36引き続きの全検出場ネタです。既報の通り、12月3日に出場試運転を実施していた11月のBalaiyasa Manggarai入場分の205系武蔵野線M36編成ですが、週明け6日より営業運転に復帰しています。出場後、デポック電車区への回送はなく、そのままブキットド
『【JR東】205系武蔵野線M36編成全検出場&運用復帰(12月7日)』の画像

天候が回復しないので、とりあえず撮影後ろにM36も見えています(見えるかな?)週刊マンガライレポートVol.257でお伝えした通り、私がジャカルタを外している間に11月のデポック電車区全検(P48)入場分、205系武蔵野線M7+M3編成が12月2日に出場試運転を実施しています。週末に運
『【JR東】205系武蔵野線M7+M3編成全検出場&運用復帰(12月6日)』の画像

これも何の為の暫定8連~10連化だったのか撮影:E103系11月下旬、長らく暫定組成が続いていた205系武蔵野線M52編成が12連に復帰しました。M52編成は9月上旬から暫定8連化、その後中間運転台となるクハ205/204-149が車輪交換、車輪削正もなく復帰し、11月上旬から10連化されて
『205系武蔵野線M52編成12連復帰&M32編成暫定8連化』の画像

ようやく撮影、そして久々の変態スカート側顔もだいぶやつれてきましたね・・・昨年11月頃から暫定10連化の続いている205系武蔵野線M18編成ですが、10月下旬、欠車していたMM'5039の車輪交換が完了し編成に戻りました。が、今度はサハ205-105,205-115が欠車し、引き続きの10連と
『変態スカートは健在!!205系武蔵野線M18編成、暫定10連化(その4)』の画像

半月足らずで12連に戻ったナハ39+ナハ34既報の通り、10月中旬に暫定8連化されていた205系南武線ナハ39+ナハ34編成ですが、車輪削正を終え、11月上旬12連に復帰しています。長引くと非常に長引く車輪削正ですが、今回は迅速でした。元々6M6T編成ですので、組成変更等もありま
『205系南武線ナハ39+34編成12連復帰、横浜線H9編成暫定8連化』の画像

噂の編成の登場です11月中旬頃より、205系武蔵野線M19編成が10連化されています。欠車したのは元M9編成の電装解除されたのはMM'5018。単なる車輪限度値割れなのか、噂されるM9編成の復活を見越した動きなのかは現時点では不明ながら、カンプンバンダン事故で損傷したM33編成
『M9復活の布石??205系武蔵野線M19編成10連化』の画像

武蔵野編成が続々短縮化されていきますね・・・10月下旬、205系武蔵野線M28編成が車輪限度値割又は車輪削正の為、暫定8連化されています。欠車したのは中間運転台のクハ205/204-53とMM'5055の4両。2019年12月運用開始のM28編成、デビュー以来、化粧直しなく今日に至りますが、初
『205系武蔵野線M28編成&M24編成暫定8連化』の画像

相変わらずの空模様ですが、いい加減アップしておきます武蔵野線編成のトップバッターとして全検(P48)を受けていた205系M34+M29編成、既報の通り11月6日に出場試運転を実施しており、8日から同じく10月の全検編成H22+H21と共に運用を開始しています。初の5000番台車のオーバ
『【JR東】205系武蔵野線M34+29編成全検出場&運用復帰』の画像

引き続き編成札を貰えていない残念な編成・・・10月中旬頃より、車輪限度値割れ又は車輪削正のため、205系武蔵野線M6編成が暫定10連化されています。欠車したのはサハ205-93,94の2両で、6M4T組成です。ジャカルタデビュー以来、M6編成が暫定組成化されるのは初。M18のように、と
『205系武蔵野線M6編成&南武線ナハ39+34編成暫定編成化』の画像

本日も女子大生踏切からお送りします不明の理由により9月上旬より暫定8連化されていた205系武蔵野線M52編成ですが、11月上旬、中間クハとなるクハ205/204-149を再度組み込み10連化されています。それにしても、組み込まれたと思ったらまた欠車、そして配給編成の制御車に駆り
『こちらも一体何だったのか?205系武蔵野線M52編成10連化』の画像

半年ぶりに12連復帰したM64編成5月下旬から車輪限度値割れ為??MM'403を欠車し、暫定10連化が続いていたM64編成ですが、10月下旬ようやく12連復帰しました。コロナの感染悪化による電車区ロックダウン、それに配給用牽引車Djoko Tingkir(NR)の故障という二重苦で不可思議な動
『半年間何していたの・・・205系武蔵野線M64編成12連復帰』の画像

こちらも5か月ぶりの12連復帰9月下旬、5月以来長らく5+5両組成で暫定10連状態が続いていた205系武蔵野線M35編成が車輪交換を終え、12連に復帰しています。先日12連復帰したナハ37+ナハ43編成に次いで、暫定組成最長期間を誇っていましたが、これにより現状最も暫定組成が長引
『長かった・・・205系武蔵野線M35編成12連復帰』の画像

ただの記録写真ですが5番線の撮り納めになってしまいました10月3日撮影9月中旬頃、車輪限度値割れの為、205系武蔵野線M8編成が暫定8連化されています。欠車したのはMM'5015。記録写真だけ撮ればいいだろうとスタバで仕事をしつつ手抜きをしたら、これがマンガライ5番線の遺影
『【さよならマンガライ5番線】205系武蔵野線M8編成暫定8連化』の画像

ジャカルタにも4+4の8連が登場!!9月中旬頃より、車輪限度値割れ?の為、205系武蔵野線M2編成が暫定8連化されています。欠車したのはMM’5002で、4+4組成による暫定8連になっています。5+5がしばしば発生する205系5000番台ですが、4+4の姿は案外貴重かもしれませんね。ジョグジ
『まるでジョグジャ仕様・・・205系武蔵野線M2編成暫定8連化&南武線ナハ2+4編成暫定10連化』の画像

結局10M2Tがデフォルトになるの??今週一週間のドサ回りの疲労が溜まっており、本日も手短更新で失礼します。ドサ周りの結果は折を見て一部をお知らせできれば、と思います。また今日でひと段落で、明日はしっかり更新出来ると思いますのでご期待ください。そんなわけで、掲題
『変電所キラー復活!!205系武蔵野線M62編成+α』の画像

要検(P24)と同時に車輪交換したM13編成パンタも全て蛍光色化7月下旬から車輪限度値割れの為暫定10連化されていた205系武蔵野線M13編成ですが、9月中旬に12連復帰しています。同編成は8月中旬にP24入場となり、同時に車輪交換が実施されることになりました。P24にしては結構長
『【要検と同時】205系武蔵野線M13編成12連復帰』の画像

こちらも超久々の撮影ですここにきて続々と車輪交換が進み始めています。今年3月上旬から長らく暫定10連化が続いていた205系武蔵野線M27編成ですが、この時に欠車していたMM'5027は5月下旬頃に車輪交換を終えているのですが、一瞬12連に戻った後、MM'5053を欠車。続いて7月下
『205系武蔵野線M27編成12連復帰』の画像

絶妙なタイミングで雲乱入ですが・・・7月上旬から暫定10連化されていた205系武蔵野線M62編成ですが、8月下旬12連に復帰しました。ご存じの通り10M2Tというパワーあり過ぎ編成で、M51・M52編成あたりとの組成変更が注目されましたが、蓋を開けてみると、先日マンガライに回送さ
『変電所キラー復活も不調・・・205系武蔵野線M62編成12連復帰』の画像

↑このページのトップヘ