JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

205系

全く安定しないM18編成、とりあえず暫定10連化6月中旬頃から、205系武蔵野線M18編成が暫定10連化されています。M18編成と言えば、5月28日のダイヤ改正前に12連に戻ったばかりですが、改正直後には暫定8連化されていました。欠車していた4両のうち、サハ205-116,サハ205-115が
『またも・・・205系武蔵野線M18編成暫定10連化』の画像

ソロ行き表示は今後、夜にしか見れないレア行き先になりますね兼ねてから複数回の試運転が繰り返されてきたジョグロ線の電化延伸部、ソロバラパン~パルール間ですが、いよいよ7月上旬に電化開業を迎える模様です。それに先立ち、今週20日月曜日から1週間の日程で、毎度おな
『電車は東へ!!ジョグロ線ソロバラパン~パルール間無料乗車会開始(6月20日~)』の画像

ついに割られてしまいましたね・・・先日、M62編成を撮っていたところ、後続でM64編成もやってきました。M64編成、現地鉄掲示板に投石で前面窓が割れた旨が先日上がっており、ついに割られたか・・・と思っていたのですが、幸い当たりどころが良かったようで、大破には至っていない
『割れた前面窓・・・205系武蔵野線M64編成』の画像

薄晴れの午後、なんとなくホーム先に立っていると・・・おや??6月上旬頃、205系武蔵野線M62編成が組成変更を実施しています。M62編成は5月下旬、車輪削正の為、MM'399,MM'400を欠車する形で暫定8連化されていましたが、12連不足の今日において、優先的に削正が行われたのか、6月
『さらば5丁パンタ!!205系武蔵野線M62編成組成変更』の画像

1年半ぶりに12連に戻ったと思いきや・・・5月下旬から、205系武蔵野線M18編成が再び暫定8連化されています。同編成は、5月28日のダイヤ改正で12連運用が増加することに備え、5月上旬に12連復帰したばかりでした。ご承知の通り、1年半にわたり、とっかえひっかえ車輪交換を進めて
『どうして・・・205系武蔵野線M18編成暫定8連化』の画像

マンガライ出場車は22年仕様なんですね・・・5月の全検編成のうち、Balaiyasa Manggaraiに入場していた205系南武線ナハ43+ナハ38編成が出場、6月3日にマンガライ~チカラン間で試運転を実施しています。マンガライ駅構内の工事進捗により、出場編成の試運転区間が変更になってい
『【JR東】205系南武線ナハ43+38編成全検出場&運用復帰』の画像

スルポンから戻って来たH13編成編成札の位置が・・・5月28日付け記事で紹介している通り、稼働数確保の為、205系埼京線ハエ20編成をドナーとすることで、車輪限度値割れor車輪削正の必要のある205系埼京線ハエ23編成及び横浜線H13編成の10連運行を継続させています。先日、環状
『205系横浜線H13編成組成変更』の画像

今頃、ジョグロ線はパルールまで延伸しているはずでしたが・・・無事、ジャカルタ首都圏の白紙ダイヤ改正が実行されたKCIですが、ジョグロ線はほぼほぼ変化がありません。土休日のみ運転の2往復が毎日運転に格上げされたくらいでしょうか。元々、レバラン前までのパルール電化を
『ブディカルヤ謝罪しろ!!どうした!?ソロバラパン~パルール電化開業』の画像

また複雑な動きが発生しています4月中旬より、車輪限度値割れの為に暫定8連化されていた205系埼京線ハエ23編成ですが、5月中旬より、10連化されています。しかし、これは10連編成を確保する為の暫定的なもので、車輪限度値割れ又は車輪削正が多数発生している205系埼京線ハエ
『205系埼京線ハエ23編成組成変更』の画像

キモいスカートはそのまま5月上旬、車輪限度値割れの為に暫定10連化されていた205系武蔵野線M18編成が12連復帰しました。2020年11月から続くM18編成の暫定組成ですが、1年半ぶりにようやく本来の組成に戻ったことになります。先日のM31編成のついでの撮影で、ドン曇り画像で
『205系武蔵野線M18編成12連復帰&組成変更』の画像

曇りですがとりあえず・・・既報の通り、4月のBalaiyasa Manggarai全検入場分の205系埼京線ハエ31編成が4月29日に出場、試運転を実施しています。検査表記通り、翌日30日から運用を開始していますが、この日は、レバラン輸送安全総点検為のブディカルヤ巡視の特別列車に充当され
『【JR東】205系埼京線ハエ31編成、全検出場&運用復帰』の画像

一部損傷した前面は修復されました4月20日朝、チタヤム~デポック間の踏切で直前横断した自動車衝突し、一部損傷していた205系南武線ナハ41+ナハ40編成ですが、4月下旬、元の12連に復帰しました。この事故では、当時ジャカルタコタ側だったクハ204-25を先頭に3両程度クハ204-
『【踏切事故当該】205系南武線ナハ41+40編成、12連復帰』の画像

こちらも12連復帰3月上旬から暫定8連化、4月上旬からMM’5011が復帰し暫定10連化されていた205系武蔵野線M6編成ですが、4月下旬、最後まで欠車していたサハ205-94,サハ205-93を組み込み、12連復帰しました。このうち、サハ205-93のみが車輪交換を行っています。1両の交換だけ
『205系武蔵野線M6編成、車輪交換12連復帰』の画像

12連復帰が続きます3月上旬から暫定8連化されていた205系武蔵野線M32編成が車輪交換を終え、12連復帰しています。このところ、12連編成の復帰が相次いでいますが、これは今度こそ実施されるであろうブカシ線の環状線直通化に伴うダイヤ改正に備えているのではないかと思われ
『205系武蔵野線M32編成、車輪交換12連復帰&組成変更』の画像

イスティカルモスクには新塗装が似合います週刊マンガライレポートVol.274でお伝えした通り、4月分のデポック電車区全検(P24)入場編成である205系南武線ナハ37+ナハ42編成が4月28日に出場試運転を実施しています。そのままレバラン休暇に入ることから、SO日が4月30日で記載済
『【JR東】205系南武線ナハ37+42編成全検出場&運用復帰』の画像

レバラン前最後の撮影です1月下旬から車輪径限度値割れの為に205系武蔵野線M12編成が暫定8連化されています。同編成は3月上旬、MM'5024が車輪交換を終えていますが、既報の通り、MM'5032が欠車し、引き続きの8連となっていました。そのMM'5032の車輪交換が終了し、4月下旬か
『205系武蔵野線M12編成&M15編成、12連復帰』の画像

車輪削正だけで12連復帰2月上旬から暫定8連化されていた205系南武線ナハ3+ナハ36編成ですが、3月上旬にクハ204-20,クハ205-87、MM'58を欠車するかたちで暫定8連化されていましたが、3月上旬にこの4両が車輪削正だけ実施して復帰、同時にMM'233が欠車するという、パズルのよう
『205系南武線ナハ3+ナハ36編成元組成復帰&埼京線ハエ23編成暫定8連化』の画像

編成札が傾いてます・・・2月上旬より、MM’197を欠車するかたちで暫定8連化されていた205系横浜線H9編成が3月下旬、10連復帰しています。車輪削正のみだったようで、早めの元組成復帰となりました。とはいえ、それでも2か月もかかっていますので、削正だけなら、もう少し早く出
『205系横浜線H9編成元組成復帰&武蔵野線M8編成暫定8連化続く』の画像

ようやく10連復帰2月中旬より、6ドア車2両を欠車するかたちで暫定8連化されていた205系埼京線ハエ14編成ですが、4月中旬、ようやく10連復帰しました。ただ、車輪交換は実施されておらず、車輪削正のみの模様です。それにしては時間がかかりすぎです。埼京編成ですので、特に
『205系埼京線ハエ14編成&武蔵野線M19編成元組成復帰』の画像

要検(P24)出場と同時に暫定8連化4月中旬頃から、205系武蔵野線M33編成が暫定8連化されています。M33編成はマンガライレポートでもお知らせしている通り、4月上旬頃からBalaiyasa Manggaraiにて要検(P24)を受けていましたが、出場と当時にサハ205-207,サハ205-68を欠車してい
『205系武蔵野線M33編成&横浜線H13編成暫定8連化』の画像

損傷の大きいナハ41側4両を欠車し、ナハ40のみの8連で単独走行4月20日朝、チタヤム~デポック間の踏切で直前横断した自動車と電車が衝突する事故が発生しています。当該は、ボゴール発ジャカルタコタ行き1077列車で運行中だった205系南武線ナハ41+ナハ40編成。自動車は大破し
『【踏切事故当該】205系南武線ナハ40編成、暫定8連化』の画像

暫定組成は増えすぎですね・・・3月上旬頃、205系武蔵野線M32編成が車輪限度値割れの為、暫定8連化されています。M32編成は昨年11月にもMM'5063とサハ205-231,サハ205-230を欠車し、暫定8連化されていましたが、今回、再びこの4両が抜き取られました。前回は削正だけで終わって
『205系武蔵野線M32編成&M15編成暫定8連化』の画像

スロウォット側線に留置される205系M23+M22編成早いもので1ヵ月前の話になってしまいましたので、そろそろアップ。走行距離超過の為、昨年末頃から稼働機会が減少しているジョグジャ配置の205系M23+M22編成ですが、やはり訪問時にも動いていませんでした・・・。これまでハズレ
『【スロウォット疎開】まさかの運用離脱?205系M23+M22編成』の画像

すっかり忘れていました・・・昨年5月上旬より暫定8連化が続いていた205系ハエ31編成ですが、1月中旬10連復帰しています。10か月弱ぶりの10連復帰でしたが、期間が長すぎて完全に見落としておりました・・・。それにしても、欠車していたサハ204の2両は車輪交換したわけでもなく、
『【お詫び】205系埼京線ハエ31編成10連復帰』の画像

やっと撮れたナハ3+ナハ36編成3月上旬頃より、車輪限度値割れor車輪削正の為、205系南武線ナハ3+ナハ36編成が暫定10連化されています。当編成は2月上旬から暫定8連化されていましたが、中間クハ及び、MM'58が復帰し、今回新たにMM'233が欠車しています。前面塗り分けが新仕様
『205系南武線ナハ3+36編成暫定10連化&横浜線H7編成暫定8連化』の画像

シーズン入りですね昨日、M6編成の話題が出ましたのでついでに。3月上旬、205系武蔵野線M6編成が車輪限度値割れor車輪削正の為、暫定8連化されています。既報の通り、この編成はクハ205-47にThermo Rail製冷房を試験搭載していましたが、半年ほどで試験は終了し、この通り現
『205系武蔵野線M6編成、暫定8連化からの暫定10連化』の画像

フルThermorail(6ドア車除く)となったH27+H14編成3月下旬から、205系横浜線H27+H14編成の冷房がオリジナル品のAU75から、現地メーカー、Thermorail製TR50に置き換えられています。但し、サハ204に関しては容量又は電源供給の関係で、AU722?のままとなっています。AU75の置き
『【冷房更新】AU75置き換えなるか?205系横浜線H27+14編成ThermoRail冷房に』の画像

ようやく撮れたと思ったら・・・2月上旬頃より車輪削正の為、暫定10連化されていた205系武蔵野線M36編成ですが、長らくスルポン運用に入っており、全く撮れずにここまで引きずって来てしまったのですが、先日ようやく撮影する機会がありました。欠車していたのはMM'5072の2両で
『205系武蔵野線M36編成、暫定8連化&12連復帰』の画像

新色同士の離合も当たり前の光景に3月のデポック電車区全検(P48)入場分の205系南武線ナハ39+ナハ34編成が出場、3月30日にデポック~マンガライ~デポック間で出場試運転を実施しました。また、翌31日から営業運転に復帰しています。珍しく月内出場&運用復帰と稀に見る順調な
『【JR東】205系南武線ナハ39+34編成、全検出場&運用復帰』の画像

前回と全く同じ構図・・・でも編成向きが逆で札無し1月下旬、車輪削正or車輪径限度値割れの為に暫定8連化されていた205系武蔵野線M12編成ですが、3月上旬、MM'5024が車輪交換を終え、編成に復帰しました。だ、今度はMM'5032が欠車し、引き続きの8連となっています。残るサハ2両
『車輪交換も・・・205系武蔵野線M12編成暫定8連化&M10+M16編成暫定8連化』の画像

ようやく撮れました車輪削正中の編成捻出の為、1月中旬に205系横浜線H13編成と一部車両を差し替えていた205系埼京線ハエ23編成ですが、2月上旬には元組成に復帰しています。しかし、直後にスルポン送りと言うことで、全く撮れていなかったのですが、ようやく戻ってきました。
『【一時的な組成変更】205系埼京線ハエ23編成、元組成復帰』の画像

今回はクラテンからスタートしましょう2週間ほど前に、ガウォック、スロウォットの変貌ぶりをお伝えしましたが、今回はクラテンより東側区間を見てみましょう。前回、クラテンのピット線も、手前のKFWに被られて見えにくかったですので、再掲します。ピット線1本+事務所機能
『変わりゆく駅風景・・・【続】ここはどこ(何駅)?』の画像

最近、ここでばかり撮っていますね・・・2月のBalaiyasa Manggarai全検(P48)入場分の205系南武線ナハ12+ナハ11編成が出場、3月2日に試運転を実施、4日から運用復帰しています。H19編成と並び、順調です。また、復帰後にはさっそく新設された環状線直通の12連運用でジャティネガ
『【JR東】205系南武線ナハ12+11編成、全検出場&運用復帰』の画像

こんな雨でも顔が明るい2022年仕様前回のマンレポでお知らせした通り、2月のデポック電車区全検(P48)入場分の205系横浜線H19編成が出場、3月3日に試運転、5日から運用復帰しています。スルポン線に送り込まれる前にととりあえずの撮影です。3月って本当に撮影地がない上、こ
『【JR東】205系横浜線H19編成、全検出場&運用復帰』の画像

KFWにも地味な変化が去る3月1日、南本線ジョグジャカルタ~ソロ間(通称ジョグロ線)は電化本開業1周年を迎えました。あの「ジョコウィ御一行様乗車の為の運用変更祭り」から早くも1年ですか。この間、あまりにも変化が多すぎて、あっという間に過ぎ去りました。この間、果たし
『電化開業から早くも1年経過したジョグロ線』の画像

一応、証拠写真2月中旬頃より、205系南武線ナハ3+ナハ36編成が車輪限度値割れor車輪削正の為、暫定8連化されています。欠車したのは中間運転台のクハ205-87,クハ204-20とMM’58で、6M2T組成となっています。が、架線の低いスディルマンで撮りましたので、パンタも良く見えず
『【6M2T】205系南武線ナハ3+26編成暫定8連化』の画像

網と共に編成札も消えてしまいましたね・・・1月下旬、車輪限度値割れor車輪削正の為、205系横浜線H6+H8編成が暫定10連化されています。欠車したのは中間運転台のクハ205-66,クハ204-68の2両。元の組成から単に中間クハを抜いたため、アンバランスな組成になっています。両端サ
『205系横浜線H6+8編成暫定10連化&武蔵野線M19編成暫定8連化』の画像

1か月ほどで元組成復帰1月中旬より埼京線ハエ23編成と一部車両を差し替えていた205系横浜線H13編成ですが、暫定ハエ23編成側の車輪削正が完了し、2月上旬、両編成とも元組成に復帰し運用入りしています。が、あろうことかハエ23編成は早々にスルポン線送りになってしまい、未
『【一時的な組成変更】205系横浜線H13編成、元組成復帰』の画像

わずか4か月で浦島太郎です突然ですがジョグジャにスクランブル発進しております。そんなわけで今週末のゲート前は回収出来ておらず、マンガライレポートはお休みです。昨年10月中旬以来、4か月ぶりのジョグジャですが、あらゆるものが変わっています。鉄道沿線には雨後の筍
『【問題】ここはどこ(何駅)??』の画像

すっかり忘れていたM12編成そんなわけで、パシルブングール配給にかまけて全くフォロー出来ていなかったこちらを。1月下旬、車輪削正or車輪径限度値割れの為、205系武蔵野線M12編成が暫定8連化されています。発色が悪く、ロゴ欠落というトホホ編成でしたが、ロゴ欠落部の接着
『205系武蔵野線M12編成暫定8連化+α』の画像

雨でも撮っておいて良かったですね;;1月下旬、車輪削正の為、205系南武線ナハ39+ナハ34編成が暫定8連化されました・・・が、2月上旬には12連に復帰しています。パシルブングール配給に忙殺されていた1月下旬から2月下旬にかけて、2週間ほどジャカルタ地区でほぼ撮影出来ておらず
『205系南武線ナハ39+34編成暫定8連化&12連復帰』の画像

わずか半年でこうなります・・・昨日のマンガライレポート定点観察の続きです。新たな暫定編成と元組成復帰がありましたので、こちらで紹介します。まずやってきたのは205系ハエ22編成、サハ欠車の上、6M2Tで暫定8連化されています。それだけのネタですが、せっかくの機会ですか
『顔面劣化が酷い・・・埼京線ハエ22編成暫定8連化&横浜線H25+24編成12連復帰』の画像

10連復帰と思いきや・・・11月中旬頃より車輪限度値割れの為、暫定8連化されていた205系横浜線H9編成が1月下旬、10連復帰しています。マンガライレポートVol.263で目撃されていた通り、MM’198が車輪交換を終えています。が、それから1週間、なんと2月上旬には再度暫定8連化され
『205系横浜線H9編成10連復帰、からの再暫定8連化・・・』の画像

待望のホワイトフェイス出場もこの天気・・・2022年1発目となるBalaiyasa Manggaraiでの1月分全検編成、205系南武線ナハ41+ナハ40編成が出場、2月8日にマンガライ~ボゴール~マンガライ間で試運転を実施しています。これまた運用復帰がやや遅れ、11日からブカシ線運用からのス
『【JR東】205系南武線ナハ41+40編成、全検出場運用復帰』の画像

要検から遅れること約1ヵ月、ようやく10連復帰1月上旬の要検(P24)明けから暫定8連化されていた205系埼京線ハエ20編成ですが、1月下旬、10連に復帰しました。マンガライレポートVol.263で入換中のサハ204が目撃されていましたが、車輪交換が行われたのはサハ204-10のみで、サ
『205系埼京線ハエ20編成10連復帰&横浜線H25+24編成12連復帰』の画像

ようやく正統スタイルになったM64編成昨年末頃から突如再開した前面投石防護網撤去の動き(全検出場車は除く)。撤去再開後のほぼトップバッターであった205系武蔵野線M64編成は、突如の通達からか、前回の月検では助手席側のみを撤去するという変なスタイルで運用に就いていま
『【変なメルヘン返上】205系武蔵野線M64編成、前面防護網完全撤去』の画像

武蔵野第12陣のうちの怪しいM4編成1月に入り続々と続く前面投石防護網の撤去。いよいよ東急8500系にも波及し、8610Fが撤去第一号となっているのですが、月検後、そのままタンゲラン運用に入ってしまったためしばらくお預けです。そんなわけで、先に205系武蔵野線M4編成を。こ
『網撤去続々・・・205系武蔵野線M4編成&埼京線ハエ31編成』の画像

新塗装編成も早速8連化・・・1月中旬頃、205系横浜線H25+H24編成が車輪限度値割れor車輪削正の為、暫定8連化されています。新塗装編成の暫定8連化は先日、東急8500系8618Fで発生していますが、純粋な車輪摩耗関係での新塗装車の欠車はこれが初になるのではないでしょうか(見落と
『全検出場したものの・・・205系横浜線H25+24編成&武蔵野線M36編成暫定8連化』の画像

要検と同時に8連化・・・1月上旬、205系ハエ20編成が暫定8連化されています。マンガライレポートVol.261,Vol.263でお知らせしている通り、ハエ20編成は12月末から1月上旬にかけてBalaiyasa Manggaraiで要検を受けていましたが、出場の際にサハ204の2両が欠車しています。なお、
『要検出場も・・・205系埼京線ハエ20編成暫定8連化』の画像

↑このページのトップヘ