JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

JABODETABEK

この風景も見納めに(9月19日からブカシ線下りは左上の新線経由に)ジャティネガラ~チャクン間の複々線化完成後も引き続き工事の進むマンガライ~ジャティネガラ間、及びチャクン~ブカシ間(ようやく着工し、現在ブカシ駅の橋上化及び改良工事が目下進捗中)ですが、そのうちマ
『マンガライ~ジャティネガラ間(下り線)新線切り替え(9月19日)』の画像

曇りを見越していたらピンポイントで太陽が出ました・・・9月21日に設定取り消しとなってしまった東急8500系8610Fの全検明け出場試運転ですが、Balaiyasa Manggaraiでの対応不可と判断されたのか、翌22日にマンガライ~デポック間で臨時回送されています。不具合箇所をデポック
『極太帯!!東急8500系8610Fデポック電車区へ臨時回送(9月22日)』の画像

やっと出場6122F8月の全検入場分としてデポック電車区で検査を受けていたメトロ6000系6122Fが出場、運用に復帰しています。出場試運転は9月17日にデポック~マンガライ~デポック間で実施され、翌日から運用に復帰しています。試運転は大幅な遅れのため撮影せず(マンガライス
『メトロ6000系6122F全検出場&運用復帰』の画像

お馴染みの光景もまもなく見納め・・・タンジュンプリオク駅構内留置中のM22編成9月20日早朝、武蔵野線205系M22,M23,M6編成を積載し、9月9日に千葉港を出港していた貨物船がジャカルタ、タンジュンプリオク港に着岸、蘇我配給通りの順序でオンレール作業が実施されました。貨物
『【あと1回!!】205系武蔵野線M22,23,6編成Yokoso! Tanjung Priok!!(9月20日)』の画像

過渡期の風景ということで、こちらの画像を表紙用として推していたのですが、205系が採用されてしまいましたね・・・。やっぱ205系でないと今の時代ダメなのか・・・在宅勤務としているとすっかり曜日間隔が狂ってしまい、すっかり失念していたのですが、交友社の鉄道ファン11
『ジャカルタの日本形車両2019‐2020』の画像

あくまでも証拠写真です7月中旬から長らく暫定10連化されている205系武蔵野線M35編成ですが、9月に入りスルポン線での運用が確認されています。メルヘン顔のスルポン運用と言えば、やはり暫定10連化されていたM64編成が7月に入線を果たしていますが、VVVF車であるM35編成
『スルポン行きメルヘン第二弾!暫定10連の205系M35編成と現在の運行情報』の画像

スルポン線入線の証拠を、編成はTs3国産電車KFW I9000の走行試験が続きます。急ピッチで電化工事の進むジョグジャ~ソロ間の開業に間に合わせるべく、KFWの試運転も佳境を迎えています。これまで先行的にTs3・Ts9がマンガライ~スカルノハッタ国際空港間で機器測定をメイン
『国産電車KFW I9000、走り込み2000㎞試験開始(9月11日~)』の画像

もはや205系の天下です撮影はジャカルタコタ駅報道されている通り、ジャカルタ特別州は本日9月14日より大規模な社会制限(PSBB)を規制緩和前の状態(原文ママ)に戻しています。引き続き、インドネシア全土で1日に3000人程度の新型コロナウイルス感染者が増えており、そのまま
『二度と見られない!?怒涛の205系とマシンガン放送!!ネシ検聴解対策にも。』の画像

奇跡的に撮影出来た05-102F※予約更新の時刻をミスっていました。公開が遅れまして申し訳ございません。国旗掲出期間中にあまりにも撮影しすぎた反動から、最近は真面目に?家に籠って溜まった仕事をこなす日々が増えていますが、明日14日からの再度の大規模な社会制限(PSBB)
『1カ月で大幅減!!東京メトロ05系チョッパ車の今・・・』の画像

12連化と共にトホホLED化7月上旬から車輪限度値割れの為4M6Tによる暫定10連化されていたM27編成が車輪交換を終え、8月下旬に12連復帰しています。車輪交換後も欠車していたMM'5054は電車区内に放置されたままになっていたため、M13編成と共に恒久的な10連になると噂されてい
『【トホホLED】205系武蔵野線M27編成12連復帰』の画像

え?ナニコレ8月下旬頃、205系横浜線H27+14編成が暫定8連化されています。さらに独立記念日駆け込みセーフで、おそらく最後のお召し旗への変更が行われました。しかし、HMステーと網の間に掛けられるはずなのに、何故か05-108Fタイプになっていて笑ってしまいました。まあ、
『キモい!205系横浜線H27+14編成、再び暫定8連化』の画像

ドン曇りを当て込んでいたら晴れました・・・編成はTs3試運転が続くINKA製国産電車KFW I9000リニューアル車ですが、8月28日、ついに初となる8連での試運転を日中に実施しています。その後も9月4日・5日と同ダイヤでの試運転が立て続けに施行されたことから、きっと8連で来るの
『【併結8連も!!】国産電車KFW I9000日中試運転続く(8月28日・9月4日・5日)』の画像

確実にはためく従来旗も良いものです8月中旬頃より、車輪限度値割れor車輪削正のため205系南武線ナハ41+40編成が暫定10連化されています。このところ12連ものの欠車が続きますね。幕装備編成でかつ、スルポン運用に入ったとの報を受け、H2編成と共に回収出来ることから、再
『【レア幕!!】205系南武線ナハ41+40編成暫定10連化』の画像

コタで並ぶ205系M2編成と6124F名実共にアツい!!ジャカルタの夏が終わりました。7月下旬から順次進んでいた独立記念日に合わせた各編成への国旗掲出ですが、8月末から撤去が進んでいます。やはり山場は最後の土日だったようです。ご承知の通り、8月中頃より、一部編成で旗の
『さらばメラプティ!1か月間楽しい思い出をありがとう!!』の画像

旗の柄が長くサマになっていたナハ43+38ロゴさえあれば!!4月下旬から長らく暫定10連化されていたナハ43+ナハ38編成がようやく車輪交換を終え、7月上旬に12連復帰しています。何故かあまり遭遇する機会がなく、アップが遅れてしまいましたが、お召し編成集中撮影中に見事な旗
『205系南武線ナハ43+38編成12連復帰』の画像

国旗が出たものの・・・既にお知らせしてる通り、クハ205/204-62, サハ204-102,モハ205/204-344の車輪交換を実施し8月14日に試運転を実施していた205系横浜線H2編成ですが、その後、MM'344とMM'183をハエ18編成との間で差し替え、元組成に復帰しています。その後、ハエ18編成は
『【混成パンタ】205系横浜線H2編成、元組成に戻る』の画像

まだこれがマシな方?編成毎の小出し記事でも引き続き国旗掲出中の姿をアップしておりますが、205系ネタだらけですので箸休めにメトロ車を上げておきます。とはいえ、タイトルの通り、メトロ車の旗は総じて開きませんでしたので予めご了承ください。掲出位置に加え、この微妙
『最後まで開かなかったメトロ6000系の国旗掲出』の画像

しれっと12連に戻ったナハ35+448月下旬、205系南武線ナハ35+ナハ44編成、そして横浜線H15+H17編成が相次いで12連に復帰しています。いずれも8連から10連になった姿を先日紹介していますが、その後しばらくして本来の12連に復帰しています。しかも、いずれも車輪交換ではなく
『205系南武線ナハ35+44編成&横浜線H15+17編成12連復帰』の画像

国旗も正常位置に変更!!8月下旬頃、203系マト52編成の前面行先表示器がトホホLED化されました。既にマト66、マト69編成もLED化されていますので、これにて203系の前面方向幕装備車は消滅しました。先日のお召し旗特集でマト52の画像をアップしていますが、その後すぐにLEDに
『【幕車消滅!!】203系マト52編成、前面表示器LED化』の画像

本日も微動だにしない旗・・・3月中旬頃より、車輪限度値割れの為10連化されていたナハ2+ナハ4編成ですが、その後欠車していたMM'21の車輪交換を終え12連に復帰・・・したかのように思えたのですが、その後すぐ、5月中旬から今度はMM'15の車輪限度値割れの為、再び10連化されてい
『久々!205系南武線ナハ2+4編成、12連復帰』の画像

シーズンオフする前にまずはこちらで7月の全検入場分としてデポック電車区で検査を受けていた東急8500系8604Fですが、既報の通り出場試運転を実施しており、その後はトラブルなく順調に運用入りしています。試運転時はダメダメなほどに曇ってしまいましたのでリベンジです。
『東急8500系8604F全検出場&運用復帰』の画像

H17+H15編成もお召し仕様7月中旬頃より車輪限度値割れの為、暫定8連化されていた205系横浜線H17+H15編成ですが、先日お伝えしている通り、MM'214のみが先に車輪削正を終え、まずは10連化されています。引き続き欠車しているサハ205-137,サハ204-117は車輪交換を実施している
『【6両+4両】205系横浜線H17+15編成暫定10連化』の画像

まさかの国旗掲出になったハエ11編成開かなかったけど・・・そんなわけで昨日の続き、205系ハエ11編成を。当然、8618F撮影時には撮れていないので今度は家を5時に出て再出撃です。他の編成は撮っているので、出勤前にピンポイントでハエ11だけ。それにしても全検明けというのに
『【国旗掲出】205系埼京線ハエ11編成撮り直し』の画像

8618Fもお召し仕様にさて、一部の方が疑問に思われている東急車の国旗掲出がどうなっているのかについてお答えしましょう。現地鉄がツイッター等にアップするのも205系や6000系ばかりで東急車の国旗の扱いがどうなっているのか、皆さん気になっているのではないかと思います
『東急8500系8618F「東急車の国旗掲出が注目されなかったわけ」』の画像

絶妙なタイミングで旗が開きました既報の通り、8月14日に205系横浜線H2編成8両が埼京線ハエ18編成のMM’344と共に車輪交換明け試運転を実施しています。果たしてその状態で営業に入るのかが注目されましたが、その後H2編成はボゴール電車区で再び休車となってしまい、ハチャ
『205系埼京線ハエ18編成元組成に戻る』の画像

混成パンタのネタ編成7月中旬頃から車輪限度値割れの為、205系南武線ナハ35+44編成が暫定8連化されました。他のネタに時間が割かれアップしそびれていたのですが、いつの間にか中間クハのみを組み込み10連化されています。お召し旗掲出&6+4両に加え、1ユニットを武蔵野編成
『【中間運転台組み込み!】205系南武線ナハ35+44編成、8連から10連へ』の画像

お召し旗掲出となったM2編成8月15日に10連組み換え後の試運転を実施した205系武蔵野線M2編成ですが、17日より運用復帰しています。なお、16日に試運転を行ったM11編成も同日からスルポン運用に入っています。試運転を撮っていないM2編成の方がブカシに入ってくれてラッキー
『【さよならM1編成】205系武蔵野線M2編成10連化』の画像

ドン曇りの中の試運転・・・昨日はブログの更新が出来ず申し訳ございませんでした。曇天の中、晴れ間を狙ってお召旗を撮ろうとすると普段以上に時間を割かねばならず、仕事が溜まっております・・・。しかし、こんな空模様でも東急8604Fの出場試運転となれば、撮りに行かねばな
『【8連で出場!!】東急8500系8604F全検出場、試運転実施(8月18日)』の画像

曇ったおかげで撮れました8月16日、武蔵野線205系第10陣到着編成のうち、最後まで営業運転に入っていなかったM11編成が10連化され、デポック~マンガライ~デポック間で試運転を実施しました。なお、今回の試運転は方転回送の午前スジを使っての施行となり、まさかのタイミ
『【さっそく組換】205系武蔵野線M11編成10連化試運転(8月16日)』の画像

混成パンタをお楽しみください8月14日、車輪限度値割れの為2か月以上に渡り休車状態だった205系H2編成が車輪交換を終え、デポック~マンガライ~デポック間で試運転を実施しました。6月5日にボゴールからデポックへ自力回送されて以来の本線走行です。なお、お知らせしてい
『復活!205系横浜線H2編成、車輪交換明け試運転(8月14日)』の画像

晴れずに1週間・・・こんな画像しかありませんが8月上旬頃より、203系マト66編成が8連化されています。マト66編成と言えば7月26日に12連化されたばかり・・・。これでまた車両故障だったら、もう洒落になりませんが、どうやら車輪限度地割or車輪削正の模様です。国旗が出てるう
『早すぎ!!203系常磐線マト66編成8連化』の画像

これにて細帯消滅7月分としてBalaiyasa Manggaraiに全検入場していた205系埼京線ハエ11編成が出場、運用復帰しています。出場試運転は8月10日に実施されていましたが、時間帯が悪く、マンガライに戻ってきたタイミングで駅撮りでもと考えていたところ、10番線に入ってしまい
『【AU75再搭載】205系埼京線ハエ11編成、全検出場&運用復帰』の画像

国旗も誇らしげにお馴染みインカーブを行く7月下旬頃より、横浜線H22+H21編成が車輪限度値割れの為、再び8連化されています。この編成は今年2月上旬にMM'224とクハ205/204-82を欠車し暫定8連化されていました。さらには7月上旬に車輪添削の為、8連化、このときは数日で12連
『【4両+4両】205系H22+21編成再び暫定8連化』の画像

日曜日も薄曇・・・前日に引き続き、8月9日にはM8編成も10連化され、デポック~マンガライ~デポック間で試運転を実施しました。今回6M4Tの10連ですが貫通編成とされ、現状M11編成の4両が余剰車となっています。やはりクハ205/204-7が中間運転台となってしまうのでしょうか??
『【さっそく組換】205系武蔵野線M8編成10連化試運転(8月9日)』の画像

4M6T化されたM31編成8月5日~7日にかけて運輸省試運転を実施していた205系武蔵野線第10陣編成ですが、やはり一度も営業に投入されることのないまま、全車の運輸省許可の取得をもって10連化されることとなりました。さっそく組換えが実施されたのはM31編成で、8月8日にデポッ
『【さっそく組換】205系武蔵野線M31編成10連化試運転&営業開始』の画像

今回も編成札設置済武蔵野線第10陣到着編成の運輸省試運転が連日設定されています。最終日となった7日は進路表示灯の設置の有無が注目されていたM11編成での施行です。試運転区間はデポック~ジャカルタコタ~デポック間。ご覧の通り、進路表示灯と合わせ編成札も設置されて
『【武蔵野第10陣】見納め8連!!205系武蔵野線M11編成運輸省試運転(8月7日)』の画像

今年は国旗掲出に力が入ってます!!写真はナハ12+11撮影:E103系8月17日の独立記念日を前に街中がメラプティ(紅白旗)で装飾される今日この頃ですが、コロナ禍にあって例年よりもちょっと控えめな印象。道路端の旗売りの屋台も全然目にしません。世の中が自粛モードというより
『【がんばろう!インドネシア!!】日本車全編成に国旗掲出開始』の画像

クハ204-6もトホホLED化8月6日、前日に引き続き、205系武蔵野線第10陣の運輸省試運転がデポック~ジャカルタコタ~デポック間で施行されています。2日目となるこの日はM8編成で実施されました。社内試運転時に1発目で出てきたM11編成が逆に最後になってしまったというのは、
『【武蔵野第10陣】編成札設置!!205系M8編成運輸省試運転』の画像

とりえずトホホLED化は見送られたM64編成とは言え、ボードも掲出せず・・・7月中旬より、通常は中間運転台となっているクハ205-147を先頭にするかたちで暫定10連化されていたM64編成が、7月下旬より12連に復帰しています。車輪削正のみだった模様です。特異な形態は本当にすぐ
『【さよならM63】205系武蔵野線M64編成12連復帰』の画像

見やすいLEDのM31編成8月5日、205系武蔵野線編成第9陣のうち、M31編成がデポック~ジャカルタコタ~デポック間で運輸省試運転を実施しました。これで運用投入出来るわけですが、第9陣編成は未だに8連のまま残るM1,M2編成と組み替えを行い、10連化の後デビューとなる模様です
『【武蔵野第10陣】205系武蔵野線M31編成運輸省試運転(8月5日)』の画像

このところ動きの激しい203系マト69編成は8連化・・・既報の通り、7月下旬より203系マト69編成が車輪限度値割れの為8連化されています。7月19日に武蔵野10連の増備によりスルポン線代走が終了し、翌日からT車が抜き取られました。しばらく音沙汰がなかったものの、タンジュンプ
『幕車消滅??203系常磐線マト69編成、前面表示器LED化&暫定8連化』の画像

4+4はやっぱりネタ7月中旬より205系横浜線H17+H15編成が暫定8連化されています。車輪限度値割れor車輪削正の為と思われます。今回欠車したのはMM'214とサハ204-117,サハ205-137の4両。横浜編成の4+4組成は久々の登場です。
『【4両+4両】205系横浜線H17+15編成暫定8連化』の画像

先頭車の上部の旧塗装はそのまま放置デポック通信7月分でお知らせしている通り、メトロ6000系6108Fの先頭ラッピングが解除されています。解除時に帯も新たに貼り直しているようですが、腰部のみで上の帯は太いまま、かつ位置も中間車と異なってしまっています。特にデビュー
『斜めカット復活!!メトロ6000系6108Fラッピング解除』の画像

スルポン運用に入るM13編成7月上旬頃より205系武蔵野線M13編成が車輪限度値割or車輪削正のため暫定10連化されています。欠車したのはMM'5051。武蔵野5000番台車が4M6Tによる10連化が立て続けに発生しています。いずれもブカシ線を中心に充当されていましたが、先週末頃よりM
『【4M6Tさらに増える】205系武蔵野線M13編成暫定10連化』の画像

祝!!復活12連車両トラブルのため暫定10連化されていた東急8000系8003Fですが、7月中旬修理が完了し12連に復帰しています。ジャカルタ最後の8000系、12連に復帰して何よりです。残る3本と共に最後の活躍を見せてもらいたいところですね。
『修繕完了!!東急8000系8003F12連復帰』の画像

南武編成も暫定10連化7月上旬頃より、車輪限度値割れの為205系南武線ナハ7+8編成が暫定8連化しています。欠車したのはMM'274。元々8M4T編成でしたので6M4Tによる10連化です。かつては、非常に稀なケースですが界磁添加励磁制御の編成でも4M6T組成を実施しましたが、VVVF車の
『【6両+4両】205系南武線ナハ7+8編成暫定10連化』の画像

↑このページのトップヘ